山田裕貴の芸能界入りのきっかけは?デビュー作は映画「私の優しくない先輩」

注目人物

人気イケメン俳優・山田裕貴さんのデビューのきっかけと、デビュー作・映画『私の優しくない先輩』についてまとめてみました。

イケメンなだけではなく、”カメレオン俳優”としても高く評価されている、山田裕貴さん。

ファンなら絶対知っておきたい、山田裕貴さんのデビューのきっかけについて詳しく調べました。

さらに、デビュー作はファンの間でも有名な『海賊戦隊ゴーカイジャー』ではなく、映画『私の優しくない先輩』が”幻のデビュー作”だったのです。

スポンサーリンク

山田裕貴の芸能界入りのきっかけは?

デビューのきっかけ

高校卒業後、山田裕貴さんは大学には進学しませんでした。

プロ野球選手としてテレビに映るお父さんの姿を見て以来、「自分も有名になりたい」という思いがあったそうです。

進路を考えるにあたり、俳優の仕事に興味を持つようになりました。

山田裕貴さんは、演技の勉強のため、「ワタナベエンターテイメントカレッジ(WEC)」に入学します。

演技経験が全くなかった山田裕貴さんでしたが、俳優としてお父さんより有名になると心に決めていたそうです。

WEC在学中だった2010年、山田裕貴さんは「D-BOYSスペシャルユニットオーディション」を受けます。

D-BOYSとは、ワタナベエンターテイメントに所属する、若手イケメン俳優グループです。

当初、山田裕貴さんはこのオーディションには合格できませんでした。

しかし、事前投票で1位だったことから、急遽作られた「D-BOYS部門」のグランプリになります。

こうして、山田裕貴さんはD-BOYSおよびD2(D-BOYSの弟分的存在)メンバーとなり、芸能活動を始めました。

2011年には特撮戦隊ドラマ『海賊戦隊ゴーカイジャー』に出演し、若手イケメン俳優として注目されます。

2017年には、NHK大河『おんな城主直虎』に出演し、”カメレオン俳優”として高評価を受けました。

さらに昨年2019年には、主演舞台『終わりのない』で、文化庁芸術祭賞演劇部門新人賞を受賞されています。

山田裕貴のプロフィール

  • 氏名:山田裕貴(やまだ ゆうき)
  • 生年月日:1990年9月18日(現在29歳)
  • 出身:愛知県名古屋市
  • 身長:178cm
  • 血液型:O型
  • 趣味:映画鑑賞、家電
  • 特技:野球、バレーボール
  • 経歴:愛知県私立東邦高等学校
  • 所属事務所:ワタナベエンターテインメント

人気イケメン俳優・山田裕貴さんは、愛知県名古屋市出身の29歳です。

実は、山田裕貴さんの父親は、元プロ野球選手。

現役時代は中日や広島で活躍し、現在は広島で一軍コーチをされている、山田和利さんです。

そんな父親の背中を見て育った山田裕貴さんは、当然のように子供の頃から野球を始めました。

当時の夢は、お父さんよりもたくさん活躍して有名になることだったそうです。

山田裕貴さんは、小学校から中学校まで野球を続けました。

しかし、中学生の時に野球の才能に限界を感じたそうです。

そのため、野球は辞めてしまいました。

自分で言い出したことなのだからと、お父さんは少々がっかりされていたそうです。

ただ、高校はお父さんと同じ野球の名門・東邦高校に進学します。

山田裕貴さんは高校ではバレーボール部に所属し、熱心に打ち込みます。

当時からかなりイケメンで、高校生活は充実していたようです。

高校3年時には野球部が甲子園に出場し、「続けていたら自分もあの中にいたのかも…」と思う瞬間もあったのだとか。

この野球を断念した歯がゆさのようなものが、後の山田裕貴さんに大きな影響を与えることになりました。

スポンサーリンク

デビュー作は映画「私の優しくない先輩」

人気イケメン俳優・山田裕貴さんのデビュー作は『海賊戦隊ゴーカイジャー』と思われがちですが、これは誤りです。

本当の山田裕貴さんのデビュー作は、映画『私の優しくない先輩』でした。

  • 2010年に公開された青春ラブコメ映画
  • 日日日さんによる同名ラブコメ小説が原作で、漫画化もされている
  • 主演は川島海荷さん
  • ”優しくない先輩”は、はんにゃ・金田哲さん
  • 山田裕貴さんが演じたのは、川島海荷さんのクラスメイト

山田裕貴さんのデビュー作・映画『私の優しくない先輩』は、2010年に公開された青春ラブコメ映画です。

主演は川島海荷さん(西表耶麻子役)と、はんにゃ・金田哲さん(不破風和役)の異色コンビによる共演。

テレビアニメを手掛けてきた山本寛監督の初実写映画ということもあり、各方面から注目を集めました。

ストーリーは、人に言えない秘密を持つ女子高生のヒロインが、大嫌いな”優しくない先輩”のお節介に振り回されるラブコメディ。

恋と友情をコミカルなタッチで描き、大好評を得ました。

映画『私の優しくない先輩』で、山田裕貴さんが演じたのは、ヒロイン・川島海荷さんのクラスメイト役です。

クレジットには名前はなく、役名もなかったことから、”幻のデビュー作”となりました。

劇中では、南先輩に恋心をつのらせているヒロインを尻目に、校内でイチャイチャしているカップルを演じていました。

当時の山田裕貴さんは、まだ駆け出しの19歳。

フレッシュな山田裕貴さんのイケメンさが気になった方は、ぜひ映画『私の優しくない先輩』をチェックされてみて下さい。

 

以上、今回は人気イケメン俳優・山田裕貴さんの芸能界入りのきっかけと、デビュー作・映画『私の優しくない先輩』についてまとめました。

スポンサーリンク

山田裕貴の出演映画関連記事

まとめ

  • 山田裕貴さんは愛知県名古屋市出身の29歳
  • 父親は元プロ野球選手の山田和利さん
  • 小学~中学生までは野球をやっていた
  • 高校ではバレーボール部だった
  • 高校卒業後に「ワタナベエンターテイメントカレッジ(WEC)」に入学
  • D-BOYSのオーディションに受かり芸能界入りを果たす
  • デビュー作は映画『私の優しくない先輩』(2010年公開)
  • 主演は川島海荷さん&はんにゃ・金田哲さん
  • 山田裕貴さんが演じたのはヒロインのクラスメイト役
  • クレジットに名前がないので、”幻のデビュー作”となっている
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました