映画『青空エール』無料動画情報

無料動画配信

2016年に公開された映画『青空エール』は河原和音のコミックが原作で、三木孝浩監督作品。

主演は土屋太鳳、ほか、キャストは、竹内涼真山田裕貴など、豪華なメンバー。

今回の記事では、映画『青空エール』フル動画無料視聴する方法や作品についてご紹介いたします。

映画 青空エール 予告

映画『青空エール』フル動画無料視聴方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

動画配信状況

映画『青空エール』は、4つの動画配信サービス(CM広告なし)お試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
hulu ×
TELASA ×
music.jp ○(無料視聴できる)
TSUTAYA TV ○(無料視聴できる)
FODプレミアム ○(無料視聴できる)
ポイントがたまるまで時間がかかる
dTV ○(無料視聴できない)

※2020年7月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

おすすめはU-NEXT

映画『青空エール』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえて31日間無料期間があるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『青空エール』お試し登録後、31日間見放題で無料視聴することができます。

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTにはその他にもたくさんのメリットがあります。

  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
  5. 読み放題の雑誌約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

U-NEXTを使い始めて約3か月です。

きっかけは引っ越したマンションがインターネット無料!そしてU-NEXTの使用料も無料なことでした。

それまではNetflixを使用していましたが、韓国映画やドラマが好きな私にとってはU-NEXTが最適で、どっぷりはまってます。

U-NEXTは無料で視聴できる韓国ドラマのラインナップが豊富だと思います。

韓国で放映されたばかりの新作も多いです。

レンタルに行かなくても定額で見放題できるのはうれしいですよね。

私はお気に入りの俳優さんの名前でドラマを検索して楽しんでいます。

その他、おすすめ作品は本当に面白いものが多いのでかなり信用しています。

次々に新しい作品が入荷されるし、作品が多すぎて見切れません!【30代女性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの登録方法

登録は5分ほどで完了し、スムーズに見たい映画を視聴できます。

手順をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

『U-NEXT』お試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 iPhon...

自分に合うサービスを選ぶ

動画配信サービス各社の内容を確認し、ご自身に合ったベストなサービスを選びましょう。

動画配信サービス『U-NEXT』
動画配信サービスと聞いて、思い浮かべるのが「U-NEXT」という方も多いのではないでしょうか? テレビのCMで見かけたり、ネット広告で見る回数も多いでしょう。 でも気になるけど、ほかの動画配信サービスと比べて何がいいのか分からないと疑問...
動画配信サービス『hulu』
動画配信サービスは、月額料金を支払うことで、観たい作品を視聴できるのサービスです。 月額料金を支払うことで、どの作品も見放題になるのが嬉しいポイントですね。 観たいときに観れるため、24時間いつでもどこでも視聴できるのがおすすめです。 ...
動画配信サービス『music.jp』
「music.jp」と聞いて、音楽を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか? しかし、「music.jp」は、音楽だけでなく、動画やマンガ、小説など様々なコンテンツを楽しむことができます。 月額料金で見放題のサービスとは違い、月額料金...
動画配信サービス『TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV』
TSUTAYAのネットレンタルサービスに、 TSUTAYA DISCAS TSUTAYA TV があるのをご存知でしょうか? 名前を聞いたことがあるけど、詳しいサービス内容が分からない方も多いのではないかと思います。 ...
動画配信サービス『FODプレミアム』
FODプレミアムという、動画配信サービスをご存知でしょうか? 名前を聞いたことはあるけど、サービスの詳しい内容は知らないという方も多いのではないかと思います。 FODプレミアムを詳しく知りたい方に向けて、FODプレミアムの特徴やメリット...
動画配信サービス『dTV』
dTVは、NTTドコモが提供している動画配信サービスです。 ドコモを使っている方はもちろん、ドコモ以外の方も使用することができます。 映画は邦画や洋画、ドラマも国内から海外など、たくさんのジャンルを楽しめるのが魅力的なポイント。 dT...

映画『青空エール』作品情報

吹奏楽に取り組んでいく女子高生と、野球で甲子園を目指していく男子高生の交流を描くという、青春もの。

吹奏楽の名門・白翔高校に通うトランペット初心者の小野つばさ。レベルの高い練習についていけず何度も挫折しそうになる彼女は、クラスメートで野球部員の山田大介に勇気づけられていた。夢に向かって互いに応援しあう2人は、ある“約束”を交わす。

出典:U-NEXT

キャスト

  • 小野つばさ:土屋太鳳
  • 山田大介:竹内涼真
  • 水島亜希:葉山奨之
  • 城戸保志:堀井新太
  • 春日瞳:小島藤子
  • 脇田陽万里:松井愛莉
  • 碓井航太:山田裕貴
  • 松本穂香
  • 渡辺佑太朗
  • 福山翔大
  • 黒瀬サラ

スタッフ

  • 監督:三木孝浩
  • 原作:河原和音
  • 音楽:林ゆうき
  • 脚本:持地佑季子
  • 製作:市川南

映画『青空エール』ネタバレあらすじ

小野つばさは、吹奏楽の名門といわれる白翔高校に入学します。

もともと、小野つばさは、甲子園での吹奏楽による応援を目的としていて、さっそく、吹奏楽部へと入部したのです。

ところが、そこで小野つばさを待っていたものとは、みんなのあまりにも高度な吹奏楽の水準だったのです。

白翔高校には、小野つばさと似たような男子高生がいました。

その名は、山田大介。

彼は、小野つばさと同級生で、野球で甲子園に出場することを目標としていたのです。

小野つばさはネガティブな性格だったものの、山田大介は対極的にポジティブな性格の持ち主です。

小野つばさと山田大介はやがて、知り合うこととなり、それぞれジャンルは違うものの、甲子園という点はいっしょだったため、激励しあうことになるのでした。

小野つばさと山田大介の挫折

小野つばさと山田大介は、やがてたがいに約束しあうことにしました。

それは、2人ともそれぞれ甲子園に行けたなら、スタンドで応援しようというものです。

小野つばさは、演奏会で失敗をしでかしてしまって、へこんでしまうことに。

もっとも、山田大介の存在があったため、なんとか立ち直ることができたのです。

一方、山田大介は、先輩が負傷したため、試合に出ることになりますが、こちらも失敗してしまいます。

このせいで白翔高校は甲子園に行けなくなってしまい、小野つばさは、スタンドで彼を励まそうとトランペットを吹きます。

しかし、それは認められていなかったため、処分されてしまいました。

山田大介は、そんな小野つばさを案じて、彼女の自宅へ行くことにします。

山田大介に迫った危機

すると、山田大介は、小野つばさから告白されますが、甲子園の問題で、そのまま応えることはできなかったのでした。

それから2年後、小野つばさと山田大介の高校生活は、終わりが近づいていました。

2人とも、吹奏楽部と野球部で、それぞれ成長していました。

が、小野つばさも山田大介も、ピンチに陥ってしまいます。

小野つばさはコンクールに出場できなくなり、山田大介も負傷してしまって、大会出場が危惧されることになったのでした。

小野つばさは、山田大介を応援するため、吹奏楽部の部員たちに協力を求めますが、みんなの理解は得られませんでした。

そんななか、水島亜希が協力してくれたおかげで、やっとみんなは小野つばさに協力してくれることになったのです。

山田大介の復活

こうして、吹奏楽部は、山田大介の復活のために、彼の病院で演奏をするという、異例の激励を彼に贈ることになりました。

このことによって、当初はすっかり落ち込んでしまっていた山田大介は、なんとか、野球のために再起をはかりたいと思えるようになっていったのです。

やがて、山田大介は、みるみるうちに身体の調子がよくなっていき、とうとう、野球部へと戻ってくることができました。

そして山田大介は、そのまま、熱望していたものの、一時は出場が危ぶまれていた大会へと、無事に出場をはたすことに成功します。

もっとも、白翔高校はピンチに陥ってしまいますが、山田大介が出場したおかげで、なんとかこれを突破することができたのでした。

映画『青空エール』ラストの結末

とうとう、白翔高校は、大会で9回裏を迎えることになり、小野つばさも、山田大介も、それぞれ緊迫したムードに包まれていきました。

そして結果はどうなったかといいますと、見事、山田大介によるホームランとなったのでした。

このようにして、とうとう甲子園に出場するという念願の目標を達成できることになった、白翔高校。

そして山田大介はようやく、実に2年越しに、小野つばさに告白することができたのです。

一方、小野つばさも、出場が危ぶまれていたコンクールへ出場できることが決定しました。

そして、白翔高校は、コンクールで大躍進を遂げ、目標を達成することができたのです。

小野つばさと山田大介は、それぞれ見事、自分に勝ったのでした。

映画『青空エール』感想

女子高生と男子高生の恋愛や青春を描いたストーリーはたくさんあるでしょう。

しかし、本作の場合、まったくジャンルが異なる2人がたがいを励まし合うという趣向が斬新ですよね。

結果的に無事、ハッピーエンドを迎えることができて、何よりでした。

これで、小野つばさと山田大介の一方、または両方が失敗していたら、後味が悪すぎますからね。

ぜひ、本作を鑑賞して、自身の青春を追体験してみてはいかがでしょうか。

映画『青空エール』視聴者の声

これぞ青春だなと思う作品でわたしが憧れていた作品でした。

私は高校野球が小さい頃から大好きで高校生になったら野球部のマネージャーになるかそのみんなを応援する吹奏楽部に入りたかったです。

でも私が中学生のころにいきたいと思った高校には野球部がなかったのでその夢を叶えることが出来ませんでした。

そんな高校に入学してから見た映画で、こんな風になるのが夢だったなと思いました。

野球部があったらこんな風に私が夢に描いていたような青春が送れていたのかなと思いましたし、部活に一生懸命に取り組んでもっと青春が出来ていたのかなと思いました。

高校に入ってから名門の吹奏楽部に入って努力している姿に感動しました。

もう高校生になってから新しいものを初めてそれを部活で極めるなんてできなかったので、あんな風に努力してなにかを極めたかったなと思いました。

高校野球をみていると吹奏楽部の音楽や歌での応援って、あったら絶対に力になるものだと思っていたのでそういうことがしたくて部活に入って頑張れるヒロインに感動しました。

私がしたくても出来なかった青春がたくさん詰まっていて普通に感動しましたし、少し自分の高校時代を後悔した作品でした。【20代女性】

少女漫画の実写映画は数多く撮影されていますが、その中でも上位に位置するレベルで手が込んでいると思います。

序盤から、超ド級の王道少女漫画のストーリーだと分かるのですが、それでも最後まで見届けたくなるほど充実した内容になっていました。

つばさと大介は、純粋そのものです。

時には真っ直ぐ過ぎて先輩や同級生をイラつかせていましたが、あのような生徒が人の心を動かすのだと思います。

吹部の雰囲気は、学生時代に見ていた”あの吹部”そのままでした。

強豪校の吹部と野球部という設定なので、部員が全員ちゃんとモサいところが好きです。

つばさと大介も、モサいです。

リアルな部活風景への拘りが、キャスティングにも表れていると思います。

特に顧問役を務めた上野樹里さんが切れ味の鋭い指導を行う時の緊迫した空気は、本物過ぎて恐怖と説得力を感じました。

そしてエンディングロールと最後のコンクールを被らせる演出は残念でしたが、”金賞を受賞する演奏”を再現するには、俳優陣を交えると難しかったのかなと思います。

また制作側のGOサインを出す基準も、並大抵では無かったのかもしれません。

ただ、つばさの入部理由である「応援」のカットは、長い時間が掛けてあって良かったです。

好きな事に一心不乱になる学生達が、とても眩しい青春映画でした。【20代女性】

一見イメージしづらいタイトルの「青空」と「エール」が、まさにこの映画を表している。

「吹奏楽部のさえない女の子が、甲子園を目指すクラスメイトの野球男子に恋をする青春ラブストーリー」と聞くと、ハッピーエンドが約束された、甘酸っぱい物語を想像するかもしれない。

しかし、この映画はそんな薄っぺらなドラマではない。

10代特有のひたむきな想い、切なさ、挫折、そして試練を越えていく強さがしっかりと描かれ、かつて青春を過ごしたオトナたちへの「エール」にもなっている。

練習中に大きなケガをしてしまい「甲子園どころか野球さえ続けられないかもしれない」と落ち込むクラスメイトの大介を、主人公つばさが吹奏楽部の演奏で励ますシーンは、観ている側の心をも揺さぶられる。

この演奏曲のタイトルを知ると、誰しもが感嘆せずにはいられないだろう。

つばさの励ましを受け、懸命のリハビリで再びバッターボックスに立つ大介。サヨナラホームランで見事甲子園への出場を決め、つばさは吹奏楽コンクールで念願の金賞を手にする。

ずっと秘めていた気持ちを打ち明け、結ばれる二人。

エンドロールを観ながら、あの頃には戻れないという切なさ、そして、泣きたくなるような清々しさを思い出させてくれた感謝で、胸がいっぱいになっていた。【50代女性】

コメント

タイトルとURLをコピーしました