山田孝之の芸能界入りのきっかけは?デビュー作はドラマ『サイコメトラーEIJI2』

注目人物

人気俳優・山田孝之さんのデビューのきっかけから、デビュー作・ドラマ『サイコメトラーEIJI2』についてまとめてみました。

大ヒットドラマ『全裸監督』での怪演が光り、さらに評価が高まった山田孝之さん。

今や芸能界を代表する人気俳優の一人となりましたが、どのようなきっかけで芸能界入りしたのでしょうか。

また、山田孝之さんヒゲが似合う、ワイルドな印象ですよね。

しかし、デビュー作・ドラマ『サイコメトラーEIJI2』では、女の子のようにかわいい山田孝之さんが見られます。

スポンサーリンク

山田孝之の芸能界入りのきっかけは?

それでは、まずは人気俳優・山田孝之さんの芸能界入りのきっかけから見ていきましょう。

デビューのきっかけ

『全裸監督』が記憶に新しい山田孝之さんですが、芸能界入りのきっかけはスカウトでした。

山田孝之さんは、3人兄弟の末っ子です。

長女・椿かおりさんは、女優でモデル、次女のSAYUKIさんも歌手となっています。

鹿児島県川内市生まれの山田孝之さんですが、山田孝之さんが中学3年生の2学期が終わった頃(1998年)に家族で上京します。

上京後、山田孝之さんは、お姉さんの荷物持ちで原宿に買い物に行きました。

訪れたのは、ランドマークのラフォーレ原宿。

その時の山田孝之さんは、オレンジのジャージという中々目立つ格好。

当時はバスケ少年だったそうです。

荷物持ちで付いてきていただけの山田孝之さんでしたが、ここでスカウトされました。

しかし、スカウトマンは山田孝之さんを女の子だと勘違いしていたそうです。

今や、髭が似合うワイルドな見た目の印象が強い、山田孝之さん。

ところが、確かに当時は女の子のようにかわいい美少年だったのです。

特に夢もなかった山田孝之さんは、とりあえずやってみようと、スターダストプロモーションに入所しました。

こうして、1999年に俳優デビューとなります。

プロフィール

  • 氏名:山田孝之(やまだ たかゆき)
  • 生年月日:1983年10月20日(現在36歳)
  • 出身:鹿児島県川内市
  • 身長:169cm
  • 血液型:A型
  • 趣味:ゲーム、漫画、音楽、カメラ、旅行、散歩、ビリヤードなど
  • 特技:バスケットボール、洋裁、乗馬
  • 経歴:川内市立川内南中学校、武蔵野市立第三中学校
  • 所属事務所:スターダストプロモーション

人気俳優・山田孝之さんは、鹿児島県川内市出身の36歳。

2012年に7歳年上の一般女性との結婚を発表し、2013年にお子さんも誕生しています。

15歳でデビュー後、ドラマ『WATER BOYS』(2003年)で初主演。

続く2004年にはドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』でも重要な役を演じ、若手俳優として注目されました。

高い演技力に加え、映画『電車男』、ドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズ、ドラマ『闇金ウシジマくん』シリーズと、コミカルな演技や個性豊かなキャラクターを演じ分けられる、”カメレオン俳優”としても高い評価を得ています。

最新作は、2020年4月3日公開の映画『ステップ』です。

今回は”普通の”お父さん役となっており、逆に注目を集めています。

スポンサーリンク

デビュー作はドラマ『サイコメトラーEIJI2』

続いては、人気俳優・山田孝之さんのデビュー作・ドラマ『サイコメトラーEIJI2』について紹介していきます。

  • 1999年10月~12月にかけて日本テレビで放送されたドラマ(全10回・平均視聴率15.4%)
  • 週刊少年マガジンで連載されていた人気コミック『サイコメトラーEIJI』が原作
  • 主演はTOKIO・松岡昌宏さん
  • 共演に工藤静香さん、井ノ原快彦さん、生田斗真さん、田辺誠一さん、加藤茶さんら
  • 山田孝之さんが演じたのは「タカユキ」役(当時16歳)

山田孝之さんのデビュー作・ドラマ『サイコメトラーEIJI2』は、1999年に土曜9時枠で放送されていました。

ドラマ『サイコメトラーEIJI2』は、1997年に放送されヒットしたドラマ『サイコメトラーEIJI』の第2期となる作品。

こちらも、平均視聴率15.4%を記録する大ヒットとなりました。

主演は、TOKIOの松岡昌宏さんでした。

また、ドラマ『サイコメトラーEIJI2』では一部の主要キャストに変更があり、工藤静香さんや加藤茶さんが出演しています。

山田孝之さんが演じたのも第2期から登場するキャラクター、不良グループ「城北レーベル」のメンバーである、「タカユキ」役でした。

「タカユキ」は城北レーベルの最年少で、ハーフパンツを着た一見普通の中高生という見た目。

女の子に見間違えられてスカウトされた、山田孝之さん。

ドラマ『サイコメトラーEIJI2』の映像を見ると、見間違えるのも納得のかわいさでした。

当時のプロフィールを見ると、「鹿児島県出身 A型 158cm 趣味・バスケ」とあります。

身長158cmでこの見た目なら、スカウトマンもバスケ少女と思ったのかもしれませんね。

また、ドラマ『サイコメトラーEIJI2』には、V6・井ノ原快彦さんや生田斗真さんも出演していました。

井ノ原快彦は、現在は『アド街』の司会者を務めるなど、ジャニーズきっての”いい人”。

しかし、ドラマ『サイコメトラーEIJI2』では、不良グループのリーダー役という真逆のキャラクターを演じています。

人気俳優として活躍されている生田斗真さんは、1984年生まれなので、当時15歳。

山田孝之さん含め、後のスターが多数出演しているのも、ドラマ『サイコメトラーEIJI2』の見どころとなっています。

ドラマ『サイコメトラーEIJI2』は、サイコメトリー能力(物や人に触れると、その過去の断片的な記憶を読み取れる)を持つ明日真映児が事件を解決するストーリー。

当時を知る人にとっては懐かしく、若い方にとってはある意味新鮮かもしれません。

レンタルなどで、デビュー当時の山田孝之さんをチェックされてみて下さい。

 

以上、今回は人気俳優・山田孝之さんの芸能界入りのきっかけから、デビュー作・ドラマ『サイコメトラーEIJI2』についてまとめました。

スポンサーリンク

山田孝之の出演映画関連記事

出演している以下の映画作品タイトルのリンクをクリックすると、フル動画を無料視聴する方法や作品情報(あらすじやネタバレ、感想など)を知ることができます。

スポンサーリンク

まとめ

  • 山田孝之さんは、鹿児島県川内市出身の36歳
  • 中学3年の時に家族で上京
  • 15歳の時、姉と訪れたラフォーレ原宿でスカウトされる
  • デビュー作はドラマ『サイコメトラーEIJI2』(1999年)
  • 山田孝之さんが演じたのは「タカユキ」役(不良グループ「城北レーベル」のメンバー)
  • ワイルドな印象の強い山田孝之さんだが、デビュー当時は女の子のような美少年だった
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました