伊藤健太郎の芸能界入りのきっかけは?デビュー作はドラマ『昼顔 平日午後3時の恋人たち』

俳優

若手イケメン俳優・伊藤健太郎さんの芸能界入りのきっかけから、デビュー作・ドラマ『昼顔 平日午後3時の恋人たち』についてまとめました。

人気急上昇中の若手イケメン俳優・伊藤健太郎さん。どのようなきっかけで芸能界入りしたのでしょうか。

そして、流行語にもなった『昼顔』がデビュー作だったんですね。

さらに、『昼顔』には17歳だった伊藤健太郎さんのキスシーンがあることでも話題です。

スポンサーリンク

伊藤健太郎の芸能界入りのきっかけは?

それではさっそく、若手イケメン俳優・伊藤健太郎さんの芸能界入りのきっかけから、見ていきましょう。

デビューのきっかけ

伊藤健太郎さんは、中学生だった14歳の時に芸能界入りしています。

きっかけは、知り合いの紹介だったそうです。

紹介されたのはモデル事務所のボン・イマージュ。

特に芸能界に興味のなかった伊藤健太郎さんでしたが、話だけでもと思い事務所に行きました。

当初は楽しくなければやめれないいや、という気持ちで芸能活動を始めたそうです。

こうして、芸名「kentaro」としてモデルデビューした伊藤健太郎さん

当時は『Men’s non-no』、『FINEBOYS』、『smart』、『CUT』、『JELLY』といったファッション誌や広告で活動していたそうです。

2014年、伊藤健太郎さんは「お芝居のオーディションを受けてみないか」と誘われ、現所属事務所のaoaoに移籍します。

この時もモデル事務所の時と同様に、軽い気持ちだったそうです。

初めて受けた芝居のオーディションは、あの蜷川幸雄さんの舞台

まだ何も知らなかった伊藤健太郎さんにとって、カルチャーショックのような体験となりました。

オーディションに来ていた俳優たちは、皆真剣そのもの。

何も準備していなかった伊藤健太郎さんは、そうした周りの雰囲気にも圧倒されたようです。

当然オーディションには落ちましたが、かえって俳優の仕事に強く興味を持つことになりました。

2014年に、伊藤健太郎さんは「健太郎」の芸名で俳優デビューも飾ります。

プロフィール

  • 氏名:伊藤健太郎(いとう けんたろう)
  • 生年月日:1997年6月30日(現在22歳)
  • 出身:東京都
  • 身長:179cm
  • 血液型:A型
  • 趣味:料理、スノーボード、革製品に油を塗りこむこと
  • 特技:バスケットボール
  • 経歴:聖徳学園高等学校
  • 所属事務所:aoao

若手イケメン俳優・伊藤健太郎さんは、東京都出身の22歳です。

2014年に「健太郎」の芸名でデビュー後、ドラマ・映画への出演で着実に知名度を上げてきました。

特に2015年に公開された映画『俺物語!!』では、髪の毛が逆立った個性的なヤンキー役を見事に演じて見せます。

伊藤健太郎さんのコミカルな演技は、観客からも好評でした。

若手イケメン俳優としてさらに注目されることになったのは、『テラスハウス』への出演です。

伊藤健太郎さんが出演したのは、2016年2月からNetflixで配信された「ハワイシーズン」

それまでドラマ・映画を中心に活動してきた伊藤健太郎さんでしたが、『テラスハウス』への出演により、新たな一面をアピールできました。

視聴者には若い女性が多く、目ざとい方々は、この時すでに伊藤健太郎さんをチェックしていたそうです。

2018年にはドラマ『今日から俺は!!』にも出演するなど、その後もコンスタントに出演作品を積み重ねています。

また2018年、21歳の誕生日には、芸名を本名の「伊藤健太郎」に変えています

スポンサーリンク

デビュー作はドラマ『昼顔 平日午後3時の恋人たち』

続いては、若手イケメン俳優・伊藤健太郎さんのデビュー作・ドラマ『昼顔 平日午後3時の恋人たち』について紹介していきましょう。

伊藤健太郎さんのデビュー作・ドラマ『昼顔 平日午後3時の恋人たち』とは?

  • 2014年7月~9月にかけてフジテレビで放送されたドラマ(全11話)
  • 不倫というタブーを扱ったことで話題になった作品
  • 主演は上戸彩さん
  • 共演に吉瀬美智子さん、斎藤工さん、北村一輝さんら
  • 伊藤健太郎さんが演じたのは「木下啓太」役(当時高校2年生の17歳)
  • 『昼顔』には伊藤健太郎さんのキスシーンがあり、ファンの間で大きな話題に

伊藤健太郎さんのデビュー作・『昼顔 平日午後3時の恋人たち』は、2014年にフジテレビで放送されました。

タブーである不倫をテーマに扱った作品ですが、ドラマは平均視聴率13.9%の大ヒット。

タイトルでもある「昼顔」は、この年の流行語にも選ばれました。

伊藤健太郎さんが演じたのは、「木下啓太」役になります。

「木下啓太」は高校教師・北野裕一郎(演:斎藤工さん)の教え子という役どころ。

両親が家にいない家庭環境の悪さから、問題を起こして補導される難しい少年を演じました。

この『昼顔』は、伊藤健太郎さんファンの間では、キスシーンがあることでも大きな関心を集めています。

そのキスシーンがあったのは、第2話でした。

相手役の女優さんは、田中日奈子さんです。

この時の監督からの指示は、「全部揉み出すようなキス」だったそうです。

どのような感じだったのかは、映像でご確認下さい。

伊藤健太郎さんは、『昼顔』のオーディションに8回も挑み「木下啓太」役を掴んでいます

しかし、ほぼ演技経験のない状態だったらしく、撮影現場では大変だったそうです。

役作りがどのようなものなのか、右も左も分からなかったとインタビューでは回想されています。

しかし、伊藤健太郎さんが演じた「木下啓太」は、『昼顔』では上戸彩さんと斎藤工さんを引き合わせる重要な役どころ。

そうしたこともあってか、視聴者の女性たちからは、イケメンだとすでに注目されていたようです。

以上、今回は若手イケメン俳優・伊藤健太郎さんの芸能界入りのきっかけから、デビュー作・ドラマ『昼顔 平日午後3時の恋人たち』についてまとめました。

スポンサーリンク

まとめ

  • 伊藤健太郎さんは中学生だった14歳の時にモデル「kentaro」としてデビュー
  • 知り合いからの紹介でモデル事務所ボン・イマージュに入る
  • 2014年にaoaoに移籍し、「健太郎」で俳優デビューする
  • 伊藤健太郎さんは東京都出身の22歳
  • デビュー作は上戸彩さん主演の『昼顔 平日午後3時の恋人たち』
  • 演じたのは「木下啓太役」で、第2話ではキスシーンもあった(当時高校2年生の17歳)
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました