映画『ドラゴンヘッド』無料動画情報

Featured Video Play Icon 無料動画配信

映画『ドラゴンヘッド』は2003年8月30日に公開された望月峯太郎の人気コミックの実写映画化作品。

高校生たちがパニックに陥っていくというサバイバルとなっています。

こういうジャンルが好きな方であれば、おもしろく観られること間違いありません。

今回の記事では、映画『ドラゴンヘッド』のフル動画の無料視聴方法や作品についてご紹介いたします。

映画『ドラゴンヘッド』フル動画無料視聴方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

動画配信サービス

映画『ドラゴンヘッド』は、4つの動画配信サイト(CM広告なし)お試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

U-NEXT TELASA 
music.jp  
TSUTAYA TV

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
hulu ×
TELASA ○(無料視聴できる)
music.jp ○(無料視聴できる)
TSUTAYA TV ○(無料視聴できる)
FODプレミアム ×
dTV ×

※2020年7月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

おすすめはU-NEXT

映画『ドラゴンヘッド』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『ドラゴンヘッド』お試し登録後、31日間見放題で無料視聴することができます。

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTにはその他にもたくさんのメリットがあります。

  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
  5. 読み放題の雑誌約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

わたしは、U-NEXT以外に、AmazonプライムとHuluなどさまざまな動画配信サイトを登録させて頂いていますが、U-NEXTの一番のポイントは月に一度ポイントがもらえて、有料の最近の映画などが、ポイントで見えるというところが一番のお勧めです!
わたしは一番最近U-NEXT登録していてよかったって思ったのは、最近出たアナと雪の女王の新しい映画をずーっと見たかったのですが、Amazonプライムだと有料でお金かかってしまうのですが、U-NEXTの場合そのポイントで見れるので、無料で見れてるのと同じ感じで見れるのでとても良いなって思います!それに、サイトが見易くてわたし的にはいろんなサイトの中で一番好きだなって思ってるアプリです!【20代女性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの特徴と登録方法

U-NEXTの登録はとても簡単にでき、スムーズに見たい映画を視聴できます。

特徴や登録手順をご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

U-NEXTの特徴やメリット・デメリットは?おすすめポイントも解説!
動画配信サービスと聞いて、思い浮かべるのが「U-NEXT」という方も多いのではないでしょうか? テレビのCMで見かけたり、ネット広告で見る回数も多いでしょう。 でも気になるけど、ほかの動画配信サービスと比べて何がいいのか分からな...
U-NEXTにiphoneやアンドロイドのスマホからお試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 i...

パンドラやデイリーモーション

パンドラ、デイリーモーションの無料動画サイトで映画『ドラゴンヘッド』を検索しましたが、フル動画はアップロードされていませんでした。(2020年7月12日時点)
今後、映画『ドラゴンヘッド』の動画がアップロードされる可能性もありますが、その場合、著作権が厳しいため、早めに削除されることでしょう。

これらの無料動画サイトは数多くあり、公式ではない方法でアップロードされた違法なサイトです。

  1. Pandora
  2. Dailymotion
  3. 9tsu
  4. miomio
  5. openload

たとえ違法アップロードサイトで見たい映画を見ることができた場合でも画質が悪かったり、スマホやパソコンにウイルスが感染する危険性があります。

安心安全に視聴したい人は動画配信サービスで観ることをおすすめいたします。

映画『ドラゴンヘッド』作品情報

ドラゴンヘッド(プレビュー)

修学旅行帰りの高校生・テルを乗せた新幹線が原因不明の事故に遭遇し、トンネル内に閉じ込められてしまう。ほぼ全ての乗客が死亡した中、同級生のアコとノブオだけが生き残っていた。3人は救助を待つことにするが、ノブオが次第に暗闇の恐怖に飲まれ…。

出典:U-NEXT

キャスト

  • 青木テル:妻夫木聡
  • 瀬戸アコ:SAYAKA
  • 高橋ノブオ:山田孝之
  • 仁村:藤木直人
  • 岩田:近藤芳正
  • 松尾:根津甚八
  • 安藤:寺田農
  • 福島:谷津勲
  • シュン:大川翔太
  • ジュン:吉岡祥仁

スタッフ

  • 監督:飯田譲治
  • 原作:望月峯太郎
  • 音楽:池頼広
  • 脚本:NAKA雅MURA、斉藤ひろし、飯田譲治

映画『ドラゴンヘッド』ネタバレあらすじ

高校生の青木テルは修学旅行で新幹線に乗っていたところ、なにか大きな異変が起こって、先生やクラスメイトらはみんな死んでしまいました。

車両はトンネル内にあり、生き残っていたクラスメイトの瀬戸アコと高橋ノブオに会いますが、高橋ノブオはどこか変です。

やがて高橋ノブオは狂っていき、振動も来るため、青木テルは脱出を計画。

また振動がやって来て、青木テルは瀬戸アコを救うものの、高橋ノブオは犠牲に。

2人が脱出すると外は白い灰で覆われていました。

青木テルは、安藤という男とその仲間たちに殺されかけますが、仁村と岩田に救われ、瀬戸アコも含め、みんなで逃げます。

彼らは病院に行きますが、そこには、死にかかった女性と、手術で感情をなくした息子たちがいて、女性は死にました。

やがて、仁村は内紛で岩田を射殺し、瀬戸アコを拉致しようとしたものの、噴火で死にます。

青木テルと瀬戸アコは自衛隊のヘリに助けられ、東京へ向かうことに。

帰宅した青木テルは、両親の死を知り、狂いそうになりました。

その後、青木テルは感情をなくした少年の生き残りを見かけ、ついていくと、やはり感情をなくした人々がいました。

彼らは薬でおとなしくさせられていたのです。

青木テルは、感情を持った瀬戸アコと再会。

が、そこでまた振動や噴火に襲われるのでした。

青木テルと瀬戸アコ

おそろしいパニック映画だった『ドラゴンヘッド』の主人公とヒロインである、青木テルと瀬戸アコ。

2人の動きを見ていると、ハラハラさせられる一方で、考えさせられることもしばしばですね。

助かったものの、青木テルと瀬戸アコを待ち受けていたのは、みんなが死に絶えた世界です。

はたして、2人は本当に助かってよかったのでしょうか。

人間にとって幸福とは何なのかを思わずにはいられません。

それだけに、ラストで、青木テルが瀬戸アコを助けながら、絶対に生き残ると誓うシーンが、なんとも悲しさを誘うものとなりました。

高橋ノブオの錯乱

映画『ドラゴンヘッド』の序盤で注目となった人物に、青木テルと瀬戸アコに加え、高橋ノブオがいました。

高橋ノブオは狂っていました。

彼はクラスでいじめられていて、それを見逃していたという理由で、実はまだ新幹線内で息があった先生を殺していたのです。

その後、瀬戸アコを発見すると、高橋ノブオは彼女を死体だらけの車両に引っ張ろうとするなど、その狂気はエスカレート。

さらに、高橋ノブオは、化粧をしたうえで青木テルと瀬戸アコを襲いますが、事故死を遂げたのでした。
彼もまた、本当に助かってよかったのかと思わずにはいられませんね。

仁村と岩田

そして、映画『ドラゴンヘッド』の狂気といえば、仁村と岩田も忘れられません。

安藤という男とその仲間たちから、青木テルと瀬戸アコを救ってくれた、仁村と岩田。

原発事故、隕石落下、さらには最後の審判など、彼らが異変の正体を推理するシーンは見どころでした。
が、2人が争って、仁村が岩田を殺し、瀬戸アコを拉致しようとしたのは残念でしたね。

仁村が狂ったのは、先天的なものだったのか、それとも異変のせいだったのか…?

いずれにせよ、人間の脆弱さを感じずにはいられませんでした。

映画『ドラゴンヘッド』感想

このように、映画『ドラゴンヘッド』は、ただのパニックものではありません。

何から何まで不条理だらけの世界観だけに、正直いって、分からないことだらけのストーリーになっています。

でも、そうであるからこそ、見えてくることもあるのではないでしょうか?

想像以上に哲学的なものを含んだ作品になっていますので、観る価値はとても大きいと思いますね。

もちろん、映画もですが、望月峯太郎さんの原作コミックにも、いっぺん、目を通してみてはどうかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました