間宮祥太朗の芸能界入りのきっかけは?デビュー作はドラマ『スクラップ・ティーチャー』

俳優

人気イケメン俳優・間宮祥太朗さんの芸能界入りのきっかけから、デビュー作・ドラマ『スクラップ・ティーチャー』についてまとめてみました。

切れ長の目が印象的な、塩顔系イケメン俳優の間宮祥太朗さん。

ドラマ・映画のオファーが絶えない間宮祥太朗さんの、気になる芸能界入りのきっかけについて詳しく調べました。

スポンサーリンク

間宮祥太朗の芸能界入りのきっかけは?

それではさっそく、人気イケメン俳優・間宮祥太朗さんの芸能界入りのきっかけから見ていきましょう。

デビューのきっかけ

間宮祥太朗さんは、中学生の時に読者モデルになり芸能界入りしています。

この読者モデルになったきっかけが、またなんとも個性的なエピソードでした。

それは、間宮祥太朗さんが中学1年生の時。

ある日、間宮祥太朗さんは3年生の先輩から”学食の裏”に来るように呼び出しを受けました。

恐いですね、きっとあれですよね。

間宮祥太朗さんも、当然「テレビとか漫画でよく見たあれなのかな…」と内心ビクビクしていたそうです。

いざ学食の裏に行くと、先輩が放った一言は「土日空いてる?」でした。

これには、間宮祥太朗さんも「??」という感じ。

完全に拍子抜けです。

どうやら、その3年生の先輩は雑誌モデルとして活動していたそうです。

さらに、スタッフの方から、若くてかっこいい子がいたら呼んできて欲しい、と頼まれていました。

間宮祥太朗さんも図書券が欲しかったそうで、先輩のこの誘いを受けます。

こうして間宮祥太朗さんは、雑誌『Hana* chu→』の読者モデルとして芸能活動を始めました。

当時は、本名「馬渡祥太朗」で活動しています。

また、雑誌『Hana* chu→』は女子中学生がメインターゲット。

当時の間宮祥太朗さんは、読者から”スマイル王子”と呼ばれ大人気になりました。

そして、2008年に中学3年生の15歳で俳優デビューすることになります。

元々、間宮家では家族で映画を見る習慣があり、間宮祥太朗さんも幼い頃から映画の制作に携わりたいと考えていたそうです。

雑誌『Hana* chu→』に掲載されていた間宮祥太朗さんを、あるプロデューサーが目にしました。

そのプロデューサーはすぐに知り合いの芸能事務所に連絡を取り、間宮祥太朗さんはスカウトされたそうです。

プロフィール

  • 芸名:間宮祥太朗(まみや しょうたろう)
  • 本名:馬渡祥太朗(まわたり しょうたろう)
  • 生年月日:1993年6月11日(現在26歳)
  • 出身:神奈川県横浜市神奈川区
  • 身長:179cm
  • 血液型:O型
  • 趣味:映画鑑賞、音楽鑑賞、ギター、野球観戦(阪神ファン)
  • 特技:野球
  • 経歴:神奈川県立神奈川総合高等学校
  • 所属事務所:トライストーン・エンタテイメント

人気イケメン俳優・間宮祥太朗さんは、神奈川県横浜市神奈川区出身の26歳です。

特技は野球で、小学校2年から中学3年生までやっていました。

ポジションはピッチャーだったそうで、2019年の阪神対DeNA戦では始球式に登場し、139km/hを記録しています。

ちなみに、根っからの阪神ファンだそうです。

間宮祥太朗さんは、2008年に当時15歳で俳優デビューします。

10代から、『ヤンキー君とメガネちゃん』、『3年B組金八先生ファイナル』、『花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~』といった人気ドラマに次々と出演しました。

若い女性を中心に、イケメン俳優として大きな支持を得ていきます。

20代に入ってからも活動のペースは落ちることなく、むしろ上がる一方。

間宮祥太朗さんは、26歳にしてすでに芸歴10年。

今最も安定した人気のある、イケメン俳優の一人です。

2020年は、NHK大河ドラマ『麒麟がくる』で明智左馬助役を演じています。

スポンサーリンク

デビュー作はドラマ『スクラップ・ティーチャー』

続いては、人気イケメン俳優・間宮祥太朗さんのデビュー作・ドラマ『スクラップ・ティーチャー』について紹介していきましょう。

  • 『スクラップ・ティーチャー~教師再生~』は2008年10月~12月まで日本テレビで放送されていた
  • 主演はHey! Say! JUMPの中島裕翔さん、山田涼介さん、知念侑李さん、有岡大貴さんの4人
  • 共演は菊池風磨さん、中島健人さん、西内まりやさん、伊藤沙莉さんら
  • 廃校寸前の中学校を舞台に、転校生がダメ教師を再生させるストーリー
  • 間宮祥太朗さんが演じたのは「日置祥太朗」役(当時中学3年生の15歳)

間宮祥太朗さんのデビュー作・ドラマ『スクラップ・ティーチャー』は2008年に日本テレビで土曜9時台に放送されていました。

主演はHey! Say! JUMPの中島裕翔さん、山田涼介さん、知念侑李さん、有岡大貴さんの4人。

生徒役には、菊池風磨さん、中島健人さんらジャニーズの人気メンバーもおり、「スクティー」の愛称で親しまれていたそうです。

他の生徒役では、西内まりやさん、伊藤沙莉さん、足立梨花さんら。

さらに、教師役には、加藤あいさん、上地雄輔さん、向井理さんと、豪華メンバーでした。

間宮祥太朗さんが演じたのは、「日置祥太朗」です。

日置祥太朗は、ストーリーの中心となる2年B組の生徒で、メガネをかけたクールな少年でした。

当時の間宮祥太朗さんは、まだ中学3年生の15歳ですが、あどけないという印象はあまり感じません。

むしろ高校生くらいの大人っぽさがあり、視聴者から若手イケメン俳優として、すぐに見つかるのも納得です。

世間には”メガネ男子”好きの女性がたくさんおられますが、『スクラップ・ティーチャー』の間宮祥太朗さんはその理想形かもしれません。

気になった方は、ぜひ一度チェックされてみて下さい。

 

以上、今回は人気イケメン俳優・間宮祥太朗さんの芸能界入りのきっかけから、デビュー作・ドラマ『スクラップ・ティーチャー』についてまとめました。

スポンサーリンク

まとめ

  • 間宮祥太朗さんは神奈川県横浜市神奈川区出身の26歳
  • 先輩からの誘いで中学生の時に読者モデルになり芸能界入り
  • 雑誌『Hana* chu→』を見たプロデューサーの勧めで、芸能事務所が間宮祥太朗さんをスカウトした
  • 中学3年の15歳の時にドラマ『スクラップ・ティーチャー』で俳優デビュー
  • 間宮祥太朗さんが演じたのは「日置祥太朗」役
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました