佐藤健の芸能界入りのきっかけは?デビュー作やおすすめ映画人気作品5選

佐藤健

ドラマ『恋つづ』が絶好調の佐藤健さん。

そこで、気になる人気イケメン俳優・佐藤健さんの芸能界入りのきっかけ、デビュー作とおすすめの映画について詳しく調べてまとめました。

スポンサーリンク

佐藤健の芸能界入りのきっかけは?

デビューのきっかけ

今や人気イケメン俳優の代表格となっていますが、芸能界入りのきっかけはどのようなものだったのでしょうか。

遡ること2005年(または2006年)。

当時高校2年生だった佐藤健さんは、初めて原宿に訪れました。

仲の良い友達と行ったのでしょうかね。

さあ、原宿とはどんなところかと楽しみにしていたところ、なんと佐藤健さんはスカウトされます。

そして、これがきっかけで芸能界入りに至ったのです。

そして、デビューから間もなく特撮ドラマ『仮面ライダー電王』の主演に抜擢され、若手イケメン俳優として注目されます。

その後は、『ROOKIES』、大河ドラマ『龍馬伝』、朝ドラ『半分、青い』、2018年の大ヒットドラマ『義母と娘のブルース』と、着実に出演を重ねてきました。

みなさんの中にも、原宿に訪れた方は多いと思います。

しかし、初めての原宿でいきなりスカウトされるなんてことがあるでしょうか。

芸能界には特に興味がなく、埼玉県のローカルイケメンだった高校2年当時の佐藤健さん。

しかし、そのイケメンポテンシャルは全国レベルだったということですね。

ちなみに、佐藤健さんが通っていたのは、埼玉県立越谷北高等学校になります。

こちらは偏差値67もある、とても優秀な高校です。

佐藤健さんは勉強もできたんですね。

スカウトから1週間後に、佐藤健さんはお母様とアミューズから説明を受けることになります。

そして、佐藤健さんは高校に通いながらレッスンに通い、高校3年だった2006年にデビューすることとなりました。

高校卒業後の進路にも悩んだそうですが、お母様から「大学はいつでも行けるから」と言われ、大学には進学せず芸能活動に専念することにしたそうです。

  • ブレイクダンスが得意
  • 少林寺拳法で黒帯を持っている
  • 小中と野球をやっており、中学時代は外野手だった
  • 特技はオセロ
  • 猫好きとしてもファンの間では有名

これらは、佐藤健さんの意外な一面を集めたものです。

ブレイクダンスも意外ですが、少林寺拳法の黒帯を持っているのは、驚きですよね。

派手なアクションと殺陣でも話題となった、佐藤健さん主演作『るろうに剣心』。

運動神経の良さと、少林寺拳法で培った動きは、『るろ剣』の殺陣にも活きたようです。

プロフィール

  • 氏名:佐藤健(さとう たける)
  • 生年月日:1989年3月21日(現在30歳)
  • 出身:埼玉県さいたま市岩槻区(旧・岩槻市)
  • 身長:170cm
  • 血液型:A型
  • 趣味・特技:ブレイクダンス、野球、少林寺拳法(黒帯)
  • 経歴:埼玉県立越谷北高等学校
  • 所属事務所:アミューズ

人気イケメン俳優の佐藤健さんは、埼玉県さいたま市岩槻区(旧・岩槻市)の出身で、2020年3月で31歳になられます。

佐藤健さんが、埼玉県出身というのは、なんだかちょっと意外ですよね。

人気ドラマ『恋はつづくよどこまでも』でも、佐藤健さんのイケメンぶりは話題となっています。

スポンサーリンク

佐藤健のデビュー作は?

今イケメン総選挙をやれば文句なしの1位になりそうな勢いを感じる、佐藤健さん。

現在放送中のドラマ『恋つづ』に至るまで、数多くのドラマ・映画に出演されてきています。

そんな、佐藤健さんのデビュー作とはどのようなものだったのでしょうか。

佐藤健さんのデビュー作となったのは『プリンセス・プリンセスDです。

佐藤健さんは2006年の芸能界デビュー直後に、この『プリンセス・プリンセスD』に出演されています。

ドラマ『プリンセス・プリンセスD』とは?

  • つだみきよさんによる漫画が原作
  • 2006年にテレビアニメとドラマが制作された
  • ドラマは当時テレビ朝日の深夜枠で全12話が放送された
  • 『プリンセス・プリンセスD』は男子高校生の友情を描いた作品
  • 佐藤健さんが演じたのは主人公の河野亨(ドラマ版では準主役)

佐藤健さんのデビュー作となったドラマ『プリンセス・プリンセスD』は、つだみきよさんの漫画が原作となっている作品です。

『プリンセス・プリンセスD』のドラマ版は、2006年に全12話が制作され、佐藤健さんは準主役の河野亨を演じました。

すごいですね、デビュー作で準主役です。

それもそのはず、『プリンセス・プリンセスD』の原作では、主人公の河野亨は圧倒的な美貌を持つ美少年なのです。

イケメンの佐藤健さんにぴったりですよね。

原作者のつだみきよさんは、BLを題材にした作品が多いことで知られています。

しかし、『プリンセス・プリンセスD』は少し趣が異なり、男子高校生の友情がテーマです。

ただ、ストーリーの中では、男子だらけの学園の中で「姫」という役割があるそうです。

それを示すかのように、『プリンセス・プリンセスD』は女装要素があるとされています。

そして、主人公・河野亨はこの「姫」に選ばれるそうです。

ドラマ版『プリンセス・プリンセスD』がどのような作品になっているのかは分かりませんが、原作を忠実に再現しているのなら、佐藤健さんの女装シーンも見られるのでしょうか。

気になった方は、『プリンセス・プリンセスD』をご覧になってみて下さい。

スポンサーリンク

佐藤健のおすすめ映画人気作品5選

佐藤健さんが出演している好きな映画のアンケート(インターネット投票)を100人に投票してもらいました。

あなたが好きな作品はランクインしていますか?

第1位 るろうに剣心

映画『るろうに剣心』予告編映像

『るろうに剣心』(るろうにけんしん)は、和月伸宏による日本の漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』を原作とした日本の実写映画シリーズ。主演・佐藤健。監督は大友啓史。製作・配給はワーナー・ブラザース映画。

第1作『るろうに剣心』は2011年8月から撮影が開始され、2012年8月25日に公開された。物語は、原作におけるニセ抜刀斎騒動・黒笠編・観柳邸突入までのストーリーが基になっている。

るろうに剣心(佐藤健映画)のネタバレあらすじとラスト結末!感想も
今回は、和月伸宏さんのコミックが原作の映画『るろうに剣心』について取り上げていきたいと思います。 映画『るろうに剣心』シリーズは、2012年公開の映画『るろうに剣心』からスタート。 その後、2014年公開の『るろうに剣心 京都大...

第2位 るろうに剣心 京都大火編

「るろうに剣心 京都大火編」予告編
るろうに剣心 京都大火編の結末は?(実写映画)ネタバレあらすじと感想も!佐藤健主演
剣術ものとしては、群を抜く知名度と人気を誇ってきた、和月伸宏さん原作のコミックである、『るろうに剣心』。 コミックだけではなく、実写化された映画『るろうに剣心』シリーズも人気になりました。 2012年には、映画『るろうに剣心』シ...

第3位 るろうに剣心 伝説の最期編

映画『るろうに剣心 伝説の最期編』予告編
るろうに剣心 伝説の最期編(実写映画)の結末は?ネタバレあらすじと感想!【佐藤健】
今回は、映画『るろうに剣心 伝説の最期編』のあらすじをお届けしていきたいと思います。 言わずと知れた和月伸宏さん原作のコミック『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』の実写映画化シリーズの第3作ですね。 前作である映画『るろうに剣心 ...

第3位 カノジョは嘘を愛しすぎてる

『カノジョは嘘を愛しすぎてる』映画オリジナル予告編

『カノジョは嘘を愛しすぎてる』(カノジョはうそをあいしすぎてる)は、青木琴美による日本の漫画作品。『Cheese!』(小学館)にて、2009年5月号から2017年4月号まで連載された。
第59回小学館漫画賞(少女向け部門)を受賞した。単行本は全22巻。
2013年12月14日に佐藤健主演による実写映画化作品が公開(全国東宝系)された。
略称は「カノ嘘」(カノうそ)。
ヒロイン・理子役には、一般から募集した「リコを探せ!オーディション」で勝ち抜いた、当時現役女子高生の大原櫻子が選ばれた。

カノジョは嘘を愛しすぎてる(映画)の結末は?ネタバレあらすじと感想も
映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」の原作は漫画で、青木琴美さんが2009年から「Cheese!」で連載スタートしました。 単行本は22巻で完結し、第59回小学館漫画賞(少女向け部門)を獲得しています。 2013年12月14日に映...

第4位 億男

「億男」予告編

『億男』(おくおとこ)は、映画プロデューサーで小説家の川村元気による長編小説。雑誌『BRUTUS』(マガジンハウス)での連載を経て、2014年10月15日にマガジンハウスより刊行された。2015年(第12回)本屋大賞第10位入賞作。2018年には56万部を突破し、小野大輔主演・ナレーションによる「オーディオブック付き スペシャル・エディション」が限定発売された。

大友啓史監督により映画化され、2018年10月19日に公開。主演は原作者、川村元気の小説デビュー作を映画化した『世界から猫が消えたなら』にも主演した佐藤健。

億男(映画)のラスト結末は?ネタバレあらすじと感想も!【佐藤健主演】
今回は、2018年に公開された映画『億男』について、お届けしていきたいと思います。 本作は、川村元気さんの小説が原作。 宝くじで大金をゲットした男が、その宝くじによって振り回されていくという、とてもあわただしいストーリーとなって...

第5位 ROOKIES 卒業

予告 VIDEO 映画「ROOKIES 卒業 」 映画「ROOKIES」製作委員会 オフィシャルチャンネル

『ROOKIES -卒業-』のタイトルで2009年5月30日、東宝系劇場で公開。キャッチコピーは「夢が、俺たちを強くした。」。テレビドラマ版と同一のキャスティング・スタッフによる製作で、監督はドラマ版では演出を担当した平川雄一朗。ストーリーはドラマ版の続編的な位置づけとされ、ドラマ版では登場しなかった笹崎戦などを織り込んだオリジナルの内容で構成される。またドラマ版では登場しなかった赤星・濱中も登場する。

日本全国428スクリーンで公開され、土日2日間で98万7,387人を動員。2009年公開映画で一番の週末記録を出し、最終興行収入85.5億円を記録した。これは2009年に公開された邦画・洋画全作品中で興行収入1位となっている。また、実写邦画歴代興行収入第8位(2019年、現在)となっている。

 

以上、今回は人気イケメン俳優・佐藤健さんの芸能界入りのきっかけ、デビュー作とおすすめの映画についてまとめました。

スポンサーリンク

まとめ

  • 佐藤健さんは、2006年(当時高校3年生)で芸能界入りした
  • きっかけは、初めて訪れた原宿でスカウトされたことから
  • 埼玉県さいたま市岩槻区出身
  • ブレイクダンス、オセロ、野球が得意
  • 少林寺拳法では黒帯を持っているほどの腕前
  • 佐藤健さんのデビュー作はドラマ『プリンセス・プリンセスD』
  • 『プリンセス・プリンセスD』で佐藤健さんが演じたのは準主役の河野亨
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました