映画『ROOKIES 卒業』無料動画情報

無料動画配信

二子玉川学園の野球部という、かつて乱闘騒ぎを引きおこした問題のある野球部に川藤という高校教師が顧問に就任する。

ダイナミックな試合展開も作品内で描かれていて、俳優が実際の選手と同じように試合をしているリアル感が十分伝わってくる高校野球を描いた代表的な作品。

キャストは、佐藤隆太、市原隼人、小出恵介、城田優、中尾明慶、高岡蒼甫、桐谷健太、佐藤健、五十嵐隼士、川村陽介、綾瀬はるかなど、豪華なものになっていました。

今回の記事では、映画『ROOKIES 卒業』の無料動画の視聴方法や作品についてご紹介いたします。

映画『ROOKIES 卒業』フル動画無料視聴方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

動画配信サービス

映画『ROOKIES 卒業』は、5つの動画配信サイトお試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
hulu ×
TELASA ○(無料視聴できる)
music.jp ○(無料視聴できる)
TSUTAYA TV ○(無料視聴できる)
FODプレミアム ×
dTV ○(無料視聴できる)

※2020年6月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

おすすめはU-NEXT

映画『ROOKIES 卒業』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえて31日間無料期間があるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『ROOKIES 卒業』お試し登録後、31日間見放題で無料視聴することができます。

予告 VIDEO 映画「ROOKIES 卒業 」 映画「ROOKIES」製作委員会 オフィシャルチャンネル

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTにはその他にもたくさんのメリットがあります。

  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
  5. 読み放題の雑誌約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

3ヶ月前くらいからU-NEXTを利用しています。おすすめのポイントは、以下5点です。
1、見放題の動画が多いため、定額で様々なコンテンツを楽しむことができます。
2、新作映画の配信が早いため、映画館で見逃した映画が、すぐに観ることができます。新作の映画はポイントが必要になりますが、毎月、1200ポイントの付与があるため、そのポイントを利用すれば、新作の映画も毎月の定額料金の中で、閲覧が可能です。
3、複数端末で同時視聴が可能なため、家族や友達と一緒に視聴する際も便利です。
4、動画のダウンロードが可能なため、オフラインでも動画の視聴が可能で便利です。
5、動画だけではなく、雑誌も読み放題のため、お得です。

【30代男性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの特徴と登録方法

登録は5分ほどで完了し、スムーズに見たい映画を視聴できます。

手順をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

『U-NEXT』お試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 iPhon...

パンドラやデイリーモーション

パンドラ、デイリーモーションの無料動画サイトで映画『ROOKIES 卒業』を検索しましたが、フル動画はアップロードされていませんでした。(2020年6月30日時点)
今後、映画『ROOKIES 卒業』の動画がアップロードされる可能性もありますが、その場合、著作権が厳しいため、早めに削除されることでしょう。

これらの無料動画サイトは数多くあり、公式ではない方法でアップロードされた違法なサイトです。

  1. Pandora
  2. Dailymotion
  3. 9tsu
  4. miomio
  5. openload

たとえ違法アップロードサイトで見たい映画を見ることができた場合でも画質が悪かったり、スマホやパソコンにウイルスが感染する危険性があります。

安心安全に視聴したい人は動画配信サービスで観ることをおすすめいたします。

映画『ROOKIES 卒業』作品情報

野球部の面々が3年に進級し、川藤も教員として戻ってきた新学期。メジャーリーグを目指す赤星たちが新入部員としてやってくるが、その存在が部内に不穏な空気をもたらす。さらに、キャプテンの御子柴が事件に巻き込まれ、野球部に最大のピンチが訪れる。

出典:U-NEXT

キャスト

  • (川藤幸一)佐藤隆太
  • (安仁屋恵壹)市原隼人
  • (御子柴徹)小出恵介
  • (新庄慶)城田優
  • (関川秀太)中尾明慶
  • (若菜智哉)高岡蒼甫
  • (平塚平)桐谷健太
  • (岡田優也)佐藤健
  • (湯舟哲郎)五十嵐隼士
  • (桧山清起)川村陽介
  • 綾瀬はるか

スタッフ

  • 監督 平川雄一朗
  • 原作 森田まさのり
  • 音楽 羽毛田丈史、高見優
  • 脚本 いずみ吉紘

映画『ROOKIES 卒業』ネタバレあらすじ

二子玉川学園高校の野球部員のレギュラーは3年生が中心。

最後の夏の予選を迎えかつての問題児たちも予選突破。

そして甲子園への道を目指していた。

そして数名の新入部員の中にひと際皆が注目する名前があった。

赤星奨志である。

赤星は複数の高校からの入学の勧誘を断り、二子玉川学園に入学し野球部に入部してきた選手。

野球の技術は卓越していて、野球部員の期待もあったが練習になかなか参加しないため、チーム内では孤立してしまっていた。

しかし赤星には野球部員には知らせていない事実があった。

彼は日ごろから自分はメジャーリーグに行くのだといい、周囲から笑われる存在であった。

しかし赤星は周囲の評価はともかく、自分の将来の可能性を否定していなかった。

練習場で練習の参加を求められた赤星は、練習への参加を拒否。

練習場を去ろうとした際、赤星は生徒手帳を落としてしまう。

手帳を拾ったキャプテンの御子柴。

手帳をみると大学での練習の予定が記載されていた。

御子柴は事実を確認したいと思い大学に出向いてみたら、赤星の真剣な態度で練習に取り組む姿を目撃する事になる。

御子柴は改めて赤星が真剣に将来渡米し、メジャーでプレーする事を夢見て取り組む人物であると思い、夢への応援をしたいと決める。

それぞれの想いや個性は違えども、個性ある野球部員たちは、強豪ぞろいの予選を勝ち抜き甲子園への切符を手に入れるため、グランドに立つことになる。

御子柴のケガと赤星

御子柴に取り、赤星という個人主義ではあったもののひたむきに頑張れる人物。

赤星と校舎で偶然出会う。

赤星が喫煙していたためさりげなく「タバコは選手としてマイナスだ」とアドバイスした時、偶然居合わせた高校生と、なんと喧嘩となってします。

御子柴はとっさに「喧嘩でケガをするとメジャーへの夢を断念しないといけない」と赤星にこの場から去るように言う。

赤星は御子柴の自己犠牲と伴う懸命の行為に信じられない思いを抱きます。

赤星は御子柴に今まで出会った人物とは違うイメージを抱きました。

悪い事に御子柴はこの乱闘のせいでケガをしてしまう。

状況次第では甲子園の予選に間に合わない可能性もあるキャプテンのケガ。

赤星も正直御子柴の想いに報いるべく、自身の二子玉川学園野球部での練習を決意する。

新庄と若菜

地方大会では御子柴はケガもあり、ベンチからのスタート。

二子玉川学園野球部は順調に予選を勝ち抜き、笹川高校と対決。

しかし7回まで4対0の劣勢。

甲子園への道の険しさを感じる厳しいゲーム展開となる。

しかし7回の攻撃で5番の新庄が出塁。

6番のキャッチャーの若菜が初球を振り、ボールが指にあたりながらもヒットで出塁。

その後犠牲フライがでて新庄が生還し、二子玉川学園が1点を返し4対1となる。

若菜はこの時の攻撃で指を負傷。

若菜はケガでの痛みを隠すため、密かにチームメイトの濱中をトイレに呼び、ケガの負傷を治療させる。

なんとか試合を最後まで乗り切るため、ケガの程度を誰にも言わない事を厳命し試合に戻る。

しかし若菜のケガを試合中に新庄が気付く。

新庄は若菜に交代するように告げるが若菜は拒否。

「自分だけがここで引くわけないはいかない」とケガをチームに告げないようにいうが、新庄は「このケガはお前だけのケガではなく、チーム全員のケガであり、お前だけを置いて甲子園に行くわけではない。必ず全員で甲子園にいくために交代するんだ」と熱く伝え選手の交代を納得させる。

安仁屋の過去と御子柴の参加

若菜はキャッチャー。

キャッチャーを赤星にしようとするが、ベンチにいたキャプテンの御子柴が川藤に「自分がキャッチャーとなる」と言い出す。

ケガの具合を気にする川藤に御子柴は「必ずやれる」と必死に直訴。

ついにケガから試合に遠ざかっていた御子柴が負傷の若菜に代わりキャチャーとなる。

キャプテンの復帰もあり、ムードも盛り上がり、甲子園出場に燃える二子玉川学園。

しかし試合は8回表終了時点で5対2で、笹崎高校甲子園まであと1勝と迫るも劣勢に立つ二子玉川学園高。

そして8回裏に安仁屋にツーランホームランを打たれ笹崎高校は2点を追加。

ついに7対2となり厳しいゲーム展開になる。

笹崎高校の川上はフォークボールを随所に決める左投手。

実は安仁屋には中学時代に、安仁屋に3三振と完敗を期し、この試合でのリベンジをかけていた。

そんな中でいよいよ二子玉川学園は最後の攻撃を迎える。

映画『ROOKIES 卒業』ラストの結末

残された二子玉川学園高校の攻撃は1回のみ。

川藤は選手を信じ「必ずお前たちの願いはかなえられる」と熱い思いを伝え、選手を送り出す。

最初のバッターは御子柴。

御子柴はバントでの出塁を試みるが審判の判定はアウト。

いよいよ追い詰められた二子玉川学園だが、続くバッターである桧山はデッドボールで出塁。

そして次のバッターも幸運なあたりで出塁。

次のピンチヒッターの平塚が、右中間を大きく破るヒットで2人のランナーが生還し、平塚もホームを狙うがアウトとなりツーアウトだが、7対4まで迫る。

そしてツーアウトランナーなしから二子玉川高校は、3人が出塁しツーアウト満塁で安仁屋がバッターとなる。

安仁屋は過去の悔しい思いを抱きつつ渾身の想いで川上のボールを振りぬき、満塁ホームランで逆転する劇的な展開。

そして最後の守りで最後のバッターを三振にして優勝。

二子玉川学園高校は夢の舞台である甲子園のグランドに立つことになる。

映画『ROOKIES 卒業』感想

この映画は高校生に取り、大事な事は何なのかを野球を通じて描いた物語だと考えます。

個人主義に走る赤星は、夢をメジャーに求め自分が成功する事を考えています。

そして高校で、自分とは価値観が違う御子柴という人物と出会います。

御子柴は個人主義を認め、夢に迎える人物を素直に受け入れる事ができる柔軟性のある人物です。

赤星にとって、明らかに今までの出会った人物とは違う魅力的な人物に思えたはずです。

二子玉川学園高校の野球部は個性派ぞろいでしたが、甲子園出場という一つの目的を持ち、価値観が違う個性派集団が時にぶつかり、時に悩みながら一つの大きな目的を目指す事で、協調性や社会性を身に着けていく貴重な場としてこの映画は描かれていると考えます。

映画の途中で負傷した若菜をベンチに行くよう助言した新庄も同じ一つの夢を追い、お互いを理解しあえるからこそ「ケガは二子玉川学園高校全部員のケガなんだ」と自然に伝える事ができたんだと考えます。

それぞれが育った環境も違い、価値観も違う人たちの構成される社会。

その社会にでていく過程で経験する学生時代の部活。

こうやって人は成長していくと思えるシーンでした。

映画をみていて、改めてひたむきに頑張れる、一度しかない貴重な青春時代を野球に打ち込めた二子玉川学園高校の野球部にとても感動しました。

映画『ROOKIES 卒業』視聴者の声

高校時代の青春を思い出させる映画。
自分の経験は少しちがいますが、教師川籐幸一みたいに、熱血で生徒を思いやる先生に出会っていたら、自分自身ももう少し結果を残せるように頑張れたのかと思い返します。
今の時代ではみること、考える事もできないかと思いますが、昔はルーキーズ同様に荒れてた高校生が部活や好きなことに集中し、活動をしていき
不良だった少年が更生し、部活や勉強に力をいれ大人に成長していく場面というのが数多くあったと思います。
本編では、その成長の過程をうつしながら、学校でおそわる耐え忍ぶ姿勢、大人になるための成長を写した作品です。
主人公率いる生徒は、教師の川籐幸一の熱いを感じ、直ぐに喧嘩そしてしまう不良というレッテルから、最終的には更正し喧嘩になりそうな場面でも自分たちの好きな野球をしていきたいという熱い思いから、考えを改めて甲子園を目指して真剣に取り組み、高校球児となっていきます。
最初は個人プレーだったメンバーも共に練習そしながら生活をしていくなかで、チームを少し筒意識して切磋琢磨しながら皆で挫折や勝利したときの喜びを分かち合い、着々と成長して行き、いざ甲子園へ、っと成長の過程もかなり楽しめる作品です。【30代男性】

不良の高校球児が甲子園を目指す青春ストーリーで、ドラマの続編である。舞台は二子玉川学園野球部。

御子柴や安仁屋が率いる代が1年生の時に、乱闘事件を起こしてしまう。しかし、新任教師の川藤が顧問になったことで、様々な障害を乗り越え、再び甲子園を目指す様が描かれている。
ドラマでは2年時の終わりまでで完結していたため、映画で最後の夏を迎えることになる。最後の夏は新入生2人の入部、そして喧嘩に巻き込まれた御子柴の怪我から始まる。
アクシデントはあるも、想いは1つに順当に駒を進め決勝戦へ。

決勝戦の相手は笹崎高校。安仁屋の最大のライバルである川上との対決、試合中の若菜の怪我など、様々な出来事や想いが混沌とする中で、強く思い続けた夢への最後の挑戦が始まる。
この作品はドラマを見ていなくても、比較的見やすい仕様になっていると感じる。私自身、ドラマを見ずに映画を見たが、すんなりと内容が入ってきた。

ストーリー性に無駄がなく、感情移入しやすく、あっという間の2時間17分であった。特に学生時代に部活に一生懸命取り組んでいた人は、何か懐かしかったり、忘れていた気持ちを思い出させられたりするだろう。感動したい時にみるべき作品といえる。【20代男性】

原作以上に綺麗に話がまとまっており、とても綺麗な王道青春ストーリになっております。

10年以上前に連載していた漫画をテレビドラマ化し大ヒットした実写版の劇場版ということで高い期待値がありましたら、良くも悪くも期待通りの出来でした。

新入生の赤星の加入とエースピッチャーの安仁屋の因縁のライバル川上との甲子園をかけた高校最後の戦い、キャプテン御子柴の苦悩、監督川藤の葛藤と様々な思いが交差しながらも仲間と一緒に苦難に乗り越えていく姿は漫画版、実写テレビ版同様大変感動的で爽やかな作品の印象を得ることができました。

特にキャプテンの御子柴が仲間の怪我というアクシデントのために急遽本業ではない、キャッチャーのポジションを務めることになるが、仲間との特にエース安仁屋とのこれまでの絆を武器に強敵を抑えていく姿に、テレビ版からの視聴者は成長を感じることができると思います。

また、タイトル通り本作品では、彼らの卒業すなわち監督で恩人の川藤との別れも描いており、大変感慨深く感動的なラストとなっています。

全体的に綺麗にまとまっている良い作品ですが、原作とほとんど同じなため、新しい展開やオリジナル展開を求めていたファンには少し物足りないかもしれません。【20代男性】

野球が上手いことで有名な赤星と、平塚に救われてから尊敬している濱中が入ってきて、初めて出来た後輩に、なんだかんだ言って嬉しそうな安仁屋たちが微笑ましかったです。
自分を尊敬してくれる濱中の言動が嬉しすぎて、舞い上がった平塚があることない事言いふらしているシーンは面白かったです。
しかも、ニコガクエースの安仁屋のボールを、メジャーを目指している赤星に打ち返されてしまった時は、赤星凄いなと思いました。
そんな赤星を、不良から庇った御子柴の行動は格好良かったです。
でも、そのせいで御子柴が骨折して夏の予選に間に合うか分からないとなった時は悲しかったです。
御子柴と川藤先生のおかげで、赤星と濱中が新たに野球部員として加わったシーンは、見ているこっちも思わず嬉しくなりました。
そして迎えた大会は安仁屋の好投と、これまで必死で練習してきた成果が発揮されて、決勝まで勝ち上がれたのは本当に嬉しかったです。
その決勝戦で、安仁屋はライバルの川上と対決するシーンはドキドキハラハラしました。
安仁屋が過去を払拭できたと思ったら、次は若菜が怪我をしてしまうので、大丈夫かなと凄く心配になりました。
その若菜が皆に言われて医務室に行くシーン、でも病院には行かずに残ると言い張る若菜に思わず号泣してしまいました。
若菜の代わりに御子柴が入って、より士気が高まったニコガクが甲子園出場を決めたシーンや、卒業式に川藤先生と交わした会話シーンはとても感動しました。【20代女性】

ルーキーズはテレビドラマが好きでよく見ていました。
ドラマ版は不良たちが野球を通じて変わっていく姿に感動しましたし、先生もいい先生すぎて大好きでした。
さて、劇場版ですが、こちらも青春って感じでやっぱり感動しましたね。
笑いあり、感動ありでよかったし、川藤先生の熱い名言が聞けたのもよかったです。
それに試合のシーンが結構長くて、そこがまたいいと思いました。
私は野球漫画も結構好きでよく読むので、守備とかをきちんと描いているのが気に入りました。
まあ、ちょっと長すぎるかなとは思うんですけどね。
原作が漫画だから、ちょっと無理くりな展開もあったけど、これぞ野球、これぞ青春って感じの映画でした。
ただ残念なのは、最後の方の演出が、ちょっとくどいことです。
卒業するから、川藤先生との別れを描きたい、川藤先生なら部員一人一人と熱い別れをするだろうってのはわかるんですが、同じことの繰り返しで、ちょっと飽きます。
たしかに、ルーキーズってキャラクターものの面があるっていうか、それぞれのキャラにファンがついてそうなので、なんで彼だけないんだとか文句でそうですけど、もうちょっと見せ方に工夫をしてほしかったです。
良くも悪くもファン向けの映画だったかなと思いました。【30代女性】

コメント

タイトルとURLをコピーしました