空母いぶき(映画)の無料動画をフル視聴する方法!パンドラやデイリーモーションで見れない?

無料動画配信

原作では明確に敵国を某隣国に設定していますが、この映画では”東亜連邦”という架空の東アジアに位置する連邦国家を想定しています。

舞台となる時代は、秋津・新波らが防衛大54期であることから、40歳ころで一佐昇任と考えて…恐らく2028~2030年頃ではないかと考えられます。

今より少し未来の世界ではありますが、ものすごく先、という訳でもなく。

今回の記事では、今からでも楽しめる映画『空母いぶき』はどこの動画配信サービスで見れるのか?

そしてpandora(パンドラ)やDailymotion(デイリーモーション)、9tsuやmiomioなどの無料サイトはどうなのか?

映画『空母いぶき』の無料動画を視聴する方法について調べてみました。

映画『空母いぶき』の無料動画をフル視聴する方法

映画『空母いぶき』をお得に無料で視聴できる方法はないのか、気になりますよね。

動画配信サービスやpandora(パンドラ)などの違法サイトで見たい映画を無料視聴できる方法があります。

動画配信サービスといっても、たくさんの種類があるため、見たい映画が配信されているのか、知りたいですよね。

まず映画『空母いぶき』を無料視聴できる動画配信サービスをご紹介します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(550ポイント)
hulu ×
ビデオパス ○(550ポイント)
music.jp ○(550ポイント)
TSUTAYA TV ○(550ポイント)
FODプレミアム ×
dTV ×

※今すぐお試し無料登録するには、動画配信サービス名をクリックしてお進み下さい。
※2020年1月時点の情報となります。最新の配信情報は各動画配信サービスの公式サイトでご確認して下さい。

映画『空母いぶき』は、U-NEXT、ビデオパス、music.jpTSUTAYA TVの4つの動画配信サイトでお試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料で視聴できます。

特にこだわりがなく、お試し期間中のみのご利用をお考えの方は、映画『空母いぶき』が配信されているどのサービスを選んでも登録後、すぐに無料視聴できます。

今すぐ好きなサービスを選んで登録してみるのがいいでしょう。

一番のおすすめはU-NEXTでお試し登録するだけで600円分のポイントがもらえます。

新作映画は550円分のポイントを使って視聴できるので、お試し登録時付与される600円分のポイントを使って無料視聴するができ、その他の作品は見放題で視聴可能です。

また無料会員登録後は31日間見放題で視聴できるというのが最大の魅力です!

次にpandora(パンドラ)やDailymotion(デイリーモーション)などの違法サイトがあります。

映画『空母いぶき』をU-NEXTで無料視聴するためのお試し登録やパンドラやデイリーモーション等の違法サイトについて詳しく知りたい方はこちら。

▼今すぐ無料視聴する▼

この映画を無料で観る

作品情報

『空母いぶき』第二弾予告映像【90秒】(5月24日 全国ロードショー)

作品概要

原作では明確に敵国を某隣国に設定していますが、この映画では”東亜連邦”という架空の東アジアに位置する連邦国家を想定しています。

近未来の日本、12月23日早暁、領海最南端にあるハルマ群島・初島に正体不明の船団が接近、海保の巡視船が拿捕される事件が発生しました。

船団は脅威となっている東亜連邦の艦隊であり、日本政府は空母いぶきを中心とした第5護衛艦隊を派遣しました。

いぶきには、大変な競争率で選抜された記者の本田と、田中が乗艦しており、彼らの目前で予想を超えた事態が起こることになったのです。

いぶき艦長の秋津一佐は東亜連邦の攻撃が始まると同時に、戦後日本が直面してきた一線を越える難しい決断を迫られていました。

同時刻の東京でも、首相の垂水が政府内の強硬派を抑えながらも、外交ルートから”最悪の事態”を回避すべく奔走していたのです。

キャスト・スタッフ

キャスト

  • 秋津竜太:西島秀俊
  • 新波歳也:佐々木蔵之介
  • 湧井継治:藤竜也
  • 中根和久:村上淳
  • 葛城政直:石田法嗣
  • 淵上晋:戸次重幸
  • 迫水洋平:市原隼人
  • 柿沼正人:平埜生成
  • 井上明信:金井勇太
  • 浦田鉄人:工藤俊作
  • 山本修造:千葉哲也
  • 浮船武彦:山内圭哉
  • 岡部隼也:和田正人
  • 瀬戸斉明:玉木宏
  • 清家博史:横田栄司
  • 滝隆信:高嶋政宏
  • 有澤満彦:堂珍嘉邦
  • 大村正則:袴田吉彦
  • 備前島健:渡辺邦斗

スタッフ

  • 監督:若松節朗
  • 原作:かわぐちかいじ
  • 音楽:岩代太郎
  • 脚本:伊藤和典、長谷川康夫

映画『空母いぶき』の見どころ

舞台となる時代は、秋津・新波らが防衛大54期であることから、40歳ころで一佐昇任と考えて…恐らく2028~2030年頃ではないかと考えられます。

今より少し未来の世界ではありますが、ものすごく先、という訳でもなく。

日常の描写は現代と地続きの雰囲気があります。

ミリオタと呼ばれる層からは、漫画的であるとか、陳腐という批判的な意見も多かったいぶきのCICの描写などもありましたが、防衛省・海上自衛隊の協力なしで装備や制服などを見事に再現しているだけあって、こだわりも満載で見ごたえのある表現がありました。

さてこの作品ではとにかく個性的なキャラクターが数多く登場しています。

ことに、艦長の個性がその艦のクルーたちに大きく影響している描写がとても楽しく、クールな瀬戸艦長(玉木宏)の護衛艦はつゆきは冷静沈着なブリッジの描写がとてもカッコよくて、熱血関西人の浮舟艦長(山内圭哉)の護衛艦いそかぜのクルーたちは岡部砲雷長(和田正人)を始めとして豪快で賑やかな戦いぶりで場を沸かせてくれました。

空母いぶきでは、秋津艦長や新波副長の考え方の違いや対立といったシーンもありますが、注目していただきたいのが民間人の記者らを世話していた広報官の井上三佐(金井勇太)です。

自衛官というよりは役場の職員といったキャラクターですが。

非常時においては本田記者らを守り、気遣い、しかし広報官として情報の管理に対しては徹底的に一線を引き、おもねることもしないという筋の通った自衛官を演じていました。

派手さはありませんが、作中でも最もリアルな自衛官の姿であったように感じました。

また実際の戦場だけでなく、東京の政府中枢でも水面下で壮絶な戦いが繰り広げられていました。

垂水総理大臣を始め、政府首脳が賢明な外交努力を重ねていく様子は、絵空事とは思えない重厚さもあり、非常に見ごたえのあるお芝居でした。

戦争は、起こすより、終わらせることの方が難しいとよく言われますが。

自国の利益と安全を守り、自衛官たちの生命もギリギリのところで守るために、ある意味、日本中が戦っていたのかもしれません。

あくまでエンターテインメントですが、日常的な描写も加味されながらの”戦争”は、まったくの絵空事ではない怖さを伴い、観る者に迫ります。

U-NEXTへの登録方法

詳しい登録方法はこちら。

U-NEXTにiphoneやアンドロイドのスマホからお試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 i...

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐU-NEXTで映画を観る

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

映画『空母いぶき』のネタバレあらすじ

ネタバレあらすじを知りたい方はこちら。

空母いぶき(映画)のネタバレあらすじと感想!東亜連邦は実在する?
2019年に公開された映画『空母いぶき』のあらすじを取り上げていきたいと思います。 かわぐちかいじさん原作の人気コミックの実写映画化作品で、同名の航空機搭載型護衛艦を舞台にした、軍事ものとなっています。 スタッフ、キャストも、若...

レビュー・評価・感想

巨匠・かわぐちかいじ氏が問題作として世に投げかけた「空母いぶき」が実写化されました。
間もなく公開される「Fukushima 50」や「沈まぬ太陽」など、社会派の映画を手掛けた若松節朗監督の作品で、主演の”いぶき”艦長であり、元・航空自衛隊のエースパイロットであった秋津一佐を西島秀俊、その防衛大学校の同期生で”いぶき”の副長を務める新波二佐を佐々木蔵之介という布陣で物語を構築しています。

漫画的と言われる表現もありながら、軍事評論家の恵谷治氏の見識、福井晴敏氏の構成力が素晴らしく、ドキュメンタリーではないまでも、現在の日本がおかれた国際情勢を滲ませ、逆にリアルな世界をじっくりと考えさせる作品です。【50代女性】

映画「空母いぶき」を観た感想として「前線にいる自衛隊を中心に描いていて緊迫感に満ちており、ハラハラドキドキして面白かった」です。

中国と戦っていると設定なのでとても現実味があり、本当にこういうことが起こるかもしれないと思わせてくれる物語になっており、その中でも前線にいる自衛隊を中心に描いているので、俳優たちの必死な芝居やベテラン俳優の力の抜けた上手な芝居が、戦場の緊迫感がこちらにも伝わってきました。

空母いぶきを知らない小学校高学年や中学生が観ても楽しむことができますし、女性が観ても面白い内容になっているのではないかなと感じました。

映画を観るまで原作は見ていたなかったので読んでみたいと思いました。【30代男性】

『沈黙の艦隊』など軍事ものの名手・かわぐちかいじの原作。

西島秀俊と佐々木蔵之介が主演。

時代設定は20XX年となっています。

20XX年が、自衛隊が発足してから60年目という描写がありましたので、2014年か2015年という設定かと思われます。

映画版では、日本に侵略行為を行う、敵国として描かれるのは、架空の東亜連邦という東南アジアの小さな新興国家です。

ここはちょっと残念なところ。

原作のほうが、近年繰り返されている領海侵犯や、尖閣諸島中国漁船衝突など、緊迫する日中関係を彷彿とさせ、リアリティがありました。

自衛隊の在り方、国防の在り方、「戦後」のとらえ方など、ちょっと首をかしげたいところもありました。【30代女性】

映画「空母いぶき」はマンガが原作でそれを映像化したものです。

話のベースは日本の領域である初島に巡視船の乗組員を拘束した第三国が上陸。
第5護衛官隊群が出動しますが向かう途中に攻撃を受け負傷者を出します。
これを受け政府から初めての防衛出動が発令。対抗処置を取りますが、この行動が戦争への道になってしまうのか。

ヒリヒリするようなやり取りの中で、映画独自のサイドストーリーが緊張を和らげる手助けをしています。
作中、第三国から繰り出される攻撃に対し、直接攻撃をし返すのではなく回避態勢ばかり取るので観ていて歯がゆかった。
しかし一貫して戦争には発展させないという政府や自衛隊の考えが最終的に感動を呼んだ気がする。【40代女性】

この映画は空母いぶきが日本侵略を図る新興国と対峙しながら戦闘に巻き込まれて行く様子を描いています。
たまたま取材で女性の記者がいぶきに乗っていましたが、最初はいぶきの艦長を堅物のためにあまりいいようには思っていませんでした。
しかし、自衛官が安易に武力行使をすることが出来ず、捨て身で国を守ろうとしている姿を見て女性記者の考え方も変わって行きます。
自衛官が強い使命感を持ち、国を守ろうとしていることが伝わって来て見る人はその姿に感動出来ます。
自衛隊の武器なども映画の中では、忠実に再現されており派手さはないですが、それだけにリアルに感じる事が出来ます。
この映画を見た人は自衛官の使命感に感動するはずです。【50代女性】

まとめ

映画『空母いぶき』を安全に無料視聴する方法について紹介しました。

おすすめなのはU-NEXTです!

お試し登録後、付与された600ポイントを利用し、安全且つ確実に無料視聴できます!

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐU-NEXTで映画を観る

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました