映画『新聞記者』無料動画情報

Featured Video Play Icon 無料動画配信

今回は、映画『新聞記者』はタイトルの通り、本作は新聞記者が活躍するストーリーとなっていました。

一見、ふつうのドラマのような響きがありますが、実は、その内容はサスペンス。

それもとても社会性の高いものとなっていたのです。

今回の記事では、映画『新聞記者』の無料動画の視聴方法や作品についてご紹介いたします。

映画『新聞記者』フル動画無料視聴方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

動画配信サービス

映画『新聞記者』は、5つの動画配信サイト(CM広告なし)お試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
hulu ×
TELASA ○(無料視聴できる)
music.jp ○(無料視聴できる)
TSUTAYA TV ○(無料視聴できる)
FODプレミアム ○(無料視聴できる)
dTV ○(無料視聴できない)

※2020年6月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

おすすめはU-NEXT

映画『新聞記者』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『新聞記者』を視聴するためには「550ポイント」を必要としますが、お試し登録時にもらえるポイントを利用することにより、実質無料で視聴することができます。

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTにはその他にもたくさんのメリットがあります。

  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
  5. 読み放題の雑誌約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

U-NEXTは他の動画配信サービスに比べ高額(月額2400円)になりますが、その分、他のサービスよりも優れている点が多いです。
①配信本数が他のサービスよりも多く2020年5月現在で20万本を突破しており、見放題だけでも18万本以上の作品を楽しむことができます。
②動画だけではなく漫画や雑誌も楽しめます(有料コンテンツ)。
③U-NEXTにはダウンロード機能があり、出先でも通信制限を気にせず映画や漫画を見ることができます。
④毎月ポイントが1200ポイント貰え、そのポイントを利用して有料コンテンツを購入でき、映画のチケットとの交換も可能です。

最初1ヶ月の無料期間でも600ポイント貰えるので2ヶ月で1800ポイント貯めれます。【30代男性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの特徴と登録方法

U-NEXTの登録はとても簡単にでき、スムーズに見たい映画を視聴できます。

特徴や登録手順をご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

U-NEXTの特徴やメリット・デメリットは?おすすめポイントも解説!
動画配信サービスと聞いて、思い浮かべるのが「U-NEXT」という方も多いのではないでしょうか? テレビのCMで見かけたり、ネット広告で見る回数も多いでしょう。 でも気になるけど、ほかの動画配信サービスと比べて何がいいのか分からな...
U-NEXTにiphoneやアンドロイドのスマホからお試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 i...

パンドラやデイリーモーション

パンドラ、デイリーモーションの無料動画サイトで映画『新聞記者』を検索しましたが、フル動画はアップロードされていませんでした。(2020年6月29日時点)
今後、映画『新聞記者』の動画がアップロードされる可能性もありますが、その場合、著作権が厳しいため、早めに削除されることでしょう。

これらの無料動画サイトは数多くあり、公式ではない方法でアップロードされた違法なサイトです。

  1. Pandora
  2. Dailymotion
  3. 9tsu
  4. miomio
  5. openload

たとえ違法アップロードサイトで見たい映画を見ることができた場合でも画質が悪かったり、スマホやパソコンにウイルスが感染する危険性があります。

安心安全に視聴したい人は動画配信サービスで観ることをおすすめいたします。

映画『新聞記者』作品情報

『新聞記者』予告篇

東都新聞記者・吉岡のもとに、大学新設計画に関する極秘情報が匿名FAXが届く。日本人の父と韓国人の母を持つ彼女は真相を究明するため調査を開始する。一方、現政権に不都合なニュースのコントロールを任された内閣情報調査室官僚・杉原は葛藤していた。

出典:U-NEXT

キャスト

  • 吉岡エリカ:シム・ウンギョン
  • 杉原拓海:松坂桃李
  • 杉原奈津実:本田翼
  • 倉持大輔:岡山天音
  • 関戸保:郭智博
  • 河合真人:長田成哉
  • 神崎千佳:宮野陽名
  • 都築亮一:高橋努
  • 神崎伸子:西田尚美
  • 神崎俊尚:高橋和也

スタッフ

  • 監督:藤井道人
  • 音楽:岩代太郎
  • 脚本:詩森ろば、高石明彦、藤井道人
  • 製作:河村光庸

映画『新聞記者』ネタバレあらすじ

すべてのことの発端は、東都新聞に送られてきた、とある大学の設立に関する秘密でした。

これを受け、記者の吉岡エリカは、いったい、だれが情報を寄こしたのか、調べることになったのです。

さて、エリート官僚の杉原拓海は、反政府的な情報を抑えるという自身の仕事に、ずっと違和感を覚えていました。

そんななか、首相と近い作家が性犯罪を起こし、被害者の女性がそれと戦うのを見て、吉岡エリカは記事で応援するものの、力及ばず。

一方、杉原拓海もこの件で裏工作をさせられていくのです。

そして杉原拓海の上司の神崎俊尚が謎の自殺を遂げることに。

吉岡エリカは次第に、自殺した神崎俊尚が情報提供者だったのではないかと考えていきました。

吉岡エリカに政府から圧力がかかるなか、彼女は杉原拓海と接触します。

マスコミ側と政府側という立場を超え、吉岡エリカと杉原拓海は協力関係になっていきました。

そして、大学設立の背景を探っていき、政府が軍事目的の大学を作ろうとしていると疑っていくことに。

吉岡エリカはこれを記事に書きますが、彼女も杉原拓海も、次第に苦境に立たされていきました。

やがて上司の多田智也から、海外駐在まで匂わされた杉原拓海は、すっかり苦悩を余儀なくされます。

そして吉岡エリカは、杉原拓海の姿を見かけますが、あまりにも変わり果てた彼の表情に愕然とさせられるのでした。

吉岡エリカの家族

映画『新聞記者』の主人公の吉岡エリカの人物造形はおおきな見どころとなることに。

吉岡エリカは、とても複雑な生い立ちの女性なのでした。

まず、母親が韓国人というハーフで、育ったのは日本ではなくアメリカ。

さらに、吉岡エリカの父親も新聞記者だったのですが、自殺していたのです。

理由は、誤報を出してしまったため。

そのため、吉岡エリカは、父親の死の真相を気にしてきました。

後半では、親しくなった杉原拓海の上司の多田智也から、そんな父親が実は誤報など出していなかったと匂わされますが、ここはとても不気味なシーンとなりました。

杉原拓海の家族

映画『新聞記者』のもう1人の主人公が杉原拓海。

そんな杉原拓海の家族も、見どころとなりました。

杉原拓海には杉原奈津美という嫁がいますが、彼女は妊娠中。

にもかかわらず、杉原拓海は政権の尻拭いに奔走させられていたのですね。

おまけに、そんななか、神崎俊尚が自殺してしまいます。

そして、杉原奈津美は、破水してしまい、帝王切開で何とか無事、出産したのでした。

これでは杉原拓海が追い詰められていくのも当然というものでしょう。

政府の果てしない闇

とにかく、映画『新聞記者』では、軍事目的の大学の計画といい、神崎俊尚の自殺といい、政府の不穏さが目立つ展開となりましたね。

なかでも、自殺した神崎俊尚が生前に描き遺した羊の絵のエピソードが印象的でした。

これは、アメリカの生物兵器実験場の近くでたくさんの羊が死んだ事件の暗示と受け取った、吉岡エリカ。

ここから、吉岡エリカと杉原拓海のあいだに、政府が軍事目的の大学を作ろうとしているという疑惑が生じていくのです。

映画『新聞記者』感想

映画『新聞記者』は、マスコミとは何なのか、そして権力とは何なのかを考えさせられる、そうとうな社会派のドラマでした。

タイトルこそシンプルなものの、ストーリーはあまりにも濃く、そしてダークさに覆われています。

本作で取り扱われていることは、ほとんど救いようがないといっても過言ではありませんからね。

一方で、大学をめぐる動きもさることながら、登場人物たちの家庭の描写も興味深いものとなりましたけどね。

それにしましても、くれぐれも、本作の内容が虚構であって、現実にはこんなことは起こりえないと信じたいものですよね。

映画『新聞記者』視聴者の声

豪華なキャストさん達ですが、皆さんよくこの映画への出演を決めたな…と思うくらい挑戦的な内容でした。
主人公を演じられたのが韓国の有名俳優さんであるシム・ウンギョンさんでしたが、確かにこの内容は日本人が主人公という設定では無理だろうと思います。
アジア系のアメリカ人の女性という設定でしたが、リアリティーのある社会派の作品を作ろうとするのであれば、主人公にはそのくらいの背景が必要です。
アメリカで生まれ育った日韓混血女性と聞くだけで、英語が母語で人種差別や自分の意見を堂々と言う事に慣れていて、歴史の重要性等を深く理解しているであろうと想像出来ますね。
そんな主人公がある真実を求めて日本の新聞社で記者として働いている、これだけで記者として相当な覚悟があるのが伝わります。
設定の時点でもう十分に意志の強い女性だと感じられるのではないでしょうか。
日本の映画とは思えないほどに、責めています。
ここまで踏み込んだものが、現代日本にて、松坂桃李さんや本田翼さんという世間的な人気や知名度もある俳優さん達を集めて製作された事には、製作側の物凄い気合いを感じます。
そして衝撃と救いの気持ちを覚えます。
この映画に携わった方々に感謝と尊敬の念を抱くような作品でした。【20代女性】

コメント

タイトルとURLをコピーしました