映画『ジョジョ・ラビット』無料動画情報

Featured Video Play Icon 無料動画配信

「ジョジョ・ラビット」はナチス統治下のドイツで暮らす10歳の少年の成長を茶目っ気たっぷりに描いた作品です。

2019年に公開されると話題沸騰、愛くるしい主人公ジョジョと妄想ヒトラーを含めた彼を取り巻く人々との笑いあり涙ありのストーリーに絶賛の声が続々。

アカデミー賞には作品賞を始め6部門にノミネートされました。

今回の記事では、映画『ジョジョ・ラビット』の無料動画の視聴方法や作品についてご紹介いたします。

映画『ジョジョ・ラビット』無料動画フル視聴方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

動画配信サービス

映画『ジョジョ・ラビット』は、4つの動画配信サイト(CM広告なし)お試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
[字][吹]
hulu ×
TELASA ○(無料視聴できる)
[字][吹]
music.jp ○(無料視聴できる)
[字][吹]
TSUTAYA TV ○(無料視聴できる)
[字][吹]
FODプレミアム ×
dTV 〇(無料視聴できない)

※2020年6月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

おすすめはU-NEXT

映画『ジョジョ・ラビット』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『ジョジョ・ラビット』を視聴するためには「440ポイント」を必要としますが、お試し登録時にもらえるポイントを利用することにより、実質無料で視聴することができます。

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTにはその他にもたくさんのメリットがあります。

  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
  5. 読み放題の雑誌約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

わたしは、U-NEXT以外に、AmazonプライムとHuluなどさまざまな動画配信サイトを登録させて頂いていますが、U-NEXTの一番のポイントは月に一度ポイントがもらえて、有料の最近の映画などが、ポイントで見えるというところが一番のお勧めです!
わたしは一番最近U-NEXT登録していてよかったって思ったのは、最近出たアナと雪の女王の新しい映画をずーっと見たかったのですが、Amazonプライムだと有料でお金かかってしまうのですが、U-NEXTの場合そのポイントで見れるので、無料で見れてるのと同じ感じで見れるのでとても良いなって思います!

それに、サイトが見易くてわたし的にはいろんなサイトの中で一番好きだなって思ってるアプリです!【20代女性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの特徴と登録方法

U-NEXTの登録はとても簡単にでき、スムーズに見たい映画を視聴できます。

特徴や登録手順をご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

U-NEXTの特徴やメリット・デメリットは?おすすめポイントも解説!
動画配信サービスと聞いて、思い浮かべるのが「U-NEXT」という方も多いのではないでしょうか? テレビのCMで見かけたり、ネット広告で見る回数も多いでしょう。 でも気になるけど、ほかの動画配信サービスと比べて何がいいのか分からな...
U-NEXTにiphoneやアンドロイドのスマホからお試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 i...

パンドラやデイリーモーション

パンドラ、デイリーモーションの無料動画サイトで映画『ジョジョ・ラビット』を検索しましたが、フル動画はアップロードされていませんでした。(2020年6月25日時点)
今後、映画『ジョジョ・ラビット』の動画がアップロードされる可能性もありますが、その場合、著作権が厳しいため、早めに削除されることでしょう。

これらの無料動画サイトは数多くあり、公式ではない方法でアップロードされた違法なサイトです。

  1. Pandora
  2. Dailymotion
  3. 9tsu
  4. miomio
  5. openload

たとえ違法アップロードサイトで見たい映画を見ることができた場合でも画質が悪かったり、スマホやパソコンにウイルスが感染する危険性があります。

安心安全に視聴したい人は動画配信サービスで観ることをおすすめいたします。

映画『ジョジョ・ラビット』作品情報

映画『ジョジョ・ラビット』1月17日(金)公開!

第二次世界大戦下のドイツ。10歳の少年・ジョジョは、空想上の友達であるアドルフ・ヒトラーの助けを借りて、立派な兵士になろうと奮闘していた。そんなある日、ジョジョは母親と暮らす家の隠し部屋に、ユダヤ人少女・エルサが匿われていることに気づき…。

出典:U-NEXT

キャスト

  • ジョジョ:ローマン・グリフィン・デイヴィス
  • エルサ:トーマシン・マッケンジー
  • アドルフ:タイカ・ワイティティ
  • ミス・ラーム:レベル・ウィルソン
  • ディエルツ大尉:スティーヴン・マーチャント
  • フィンケル:アルフィー・アレン
  • ヨーキー:アーチー・イェーツ
  • クレンツェンドルフ大尉:サム・ロックウェル
  • ロージー:スカーレット・ヨハンソン

スタッフ

  • 監督:タイカ・ワイティティ
  • 原作:クリスティーン・ルーネンズ
  • 音楽:マイケル・ジアッキノ
  • 脚本:タイカ・ワイティティ
  • 製作:カーシュー・ニール、タイカ・ワイティティ、チェルシー・ウィンスタンリー

映画『ジョジョ・ラビット』ネタバレあらすじ

気弱で甘えん坊の少年ジョジョ、彼はナチスを信奉しヒトラーを崇拝する軍国少年でもありました。

ヒトラーユーゲントのキャンプに参加して立派なナチ党員となることを目指しますが、優しすぎる彼は訓練でウサギすら殺せず「ジョジョラビット」というあだ名をつけられたちまちいじめのターゲットに。

落ち込む彼を励ますのは大親友のヒトラー総統閣下。

父を戦争で失い孤独な少年だった彼はイマジナリーフレンドとしてヒトラーと交流を深めてきたのです。

キャンプで大きなけがをしたジョジョは、大好きな母ロージーの愛を一身に受け元気を取り戻していきます。

キャンプで知り合ったクレンツェンドルフ大尉からも目をかけてもらい、ますます軍国主義に傾倒するジョジョ。

ところが、彼の家にはユダヤ人の美しい少女エルサが匿われていたことが発覚。

次第にジョジョはナチズムとエルサへの感情との間で揺らいでいくことに。

孤独な少年の大親友はヒトラー

ジョジョラビットは少年の視点からナチス政権と戦争を描いていきます。

そして、これまでの戦争映画と全く異なる点はジョジョの妄想したヒトラーという存在です。

不謹慎と言われてしまうかもしれませんが、作中のヒトラーに対して「かわいい」という感想を抱いてしまいました。

ヒトラーに関するコメディでは「帰ってきたヒトラー」という傑作がありますが、あちらのヒトラーが狡猾だったのに対しこちらはジョジョの妄想なので本物よりも幼稚でおっちょこちょい。

ジョジョが苦難に直面すると彼を励ましたりアドバイスを与えたりするために登場しますが、しょせん妄想なので全く役に立ちません(笑)

歴史上のヒトラーを知るだけに、史上最も頼りなく描かれたヒトラーとジョジョのやり取りに思わず笑みがこぼれます。

全く新しいタイプのヒトラー映画、戦争映画が誕生しました。

ユダヤ人少女への初恋

ジョジョの母ロージーは実は隠れた反戦主義者であり、姉の友人で会ったユダヤ人少女エルサを匿っていました。

母不在の際にエルサを発見したジョジョは家から追い出そうとしますが、年上のエルサに完璧にやり込められてしまいます。

例のごとく現れたヒトラーとの作戦会議、ここでのヒトラーのずれっぷりは注目ですね。

かなわないと悟ったジョジョは、エルサの排除を諦めてとりあえず彼女からユダヤ人の生活を聞き出すことにしました。

当初お互い反発しあっていた両者ですが、ともに大切な家族を失ったもの同士。

二人だけの対話の時間は傷を癒すかけがえのないものになっていきます。

とはいえ、敵対する宿命にある二人には以前越えられない壁が。

この時の二人の距離感絶妙です。

思春期時代の恋愛一歩手前の甘酸っぱい感覚。

エルサへの思いに素直になれないジョジョ。

主演のローマンくん最高の演技、いい子役見つけてきましたね。

最愛の母ロージーとの別れ

ロージー不在の際にナチスの秘密警察、ゲシュタポが突然の来訪。

エルサはジョジョの姉に成りすましてやり過ごそうとしますが絶体絶命、その時クレンツェンドルフ大尉が現れ機転を利かして危機を救います。

一息ついて外に出たジョジョでしたが、彼の眼に飛び込んできたのは、「密告者」として首つりの刑に処されてしまったロージーの姿でした・・・

このシーンは誰もが「やられたッ」と叫ばずにはいられないでしょう。

戦争やナチスをテーマにしつつも底抜けに明るいストーリーだった本作がここまで強烈に転調するなんて。

演出も憎らしい。

少年ジョジョの目線の高さで、首つりにされたロージーの靴が飛び込んでくるカメラワーク。
直接的な描写でないでけに余計に残酷さが際立ちます。

妄想癖のある少年が主人公であるため、ここまで隠されてきた戦争の残虐性を一気に観客に提示。
完全に一本取られました。

ジョジョラビットはただ面白いだけの映画ではないのです。

映画『ジョジョ・ラビット』ラストの結末

ロージーの死後、エルサと二人だけで必死に生きていくジョジョ。

連合国はすぐ側に迫ってきていました。

ユーゲント時代の知り合いとの再会を果たしたのもつかの間、ついに始まった大規模な市街戦に巻き込まれてしまうのでした。

ドイツ軍や一般市民が次々と銃弾に倒れていく中、ジョジョも少年兵だと勘違いされて囚われてしまいます。

間一髪のところでクレンツェンドルフ大尉が命を犠牲にすることでジョジョは救われたのでした。

戦争が集結したということは、エルサは自由の身となり逃げだしていけるということ。

一人ぼっちとなることを恐れたジョジョは「ナチスが勝利した」とエルサに嘘をつきます。

しかし、落ち込むエルサの姿と母からのメッセージを思い出したジョジョ。

戦争の継続を主張する妄想ヒトラーと決別し、エルサに真実を告げることを決断します。

外の世界に足を踏み出した二人。

二人は見つめ合いながら踊り、自由な世界を身体中で感じ取るのでした。

映画『ジョジョ・ラビット』感想

起承転結がしっかりした脚本で笑いあり涙あり、予想外の展開に驚き、恋の行方にドギマギし、ラストにはさわやかな余韻が残る。

ジョジョラビットを見ると感情が総動員されるので一言では映画を語りきることは難しいですね。

語りたい部分が多すぎて短くまとめてしまうのがもったいない。

ただ確実に言えることは、誰からも愛される良い映画だということです。

ヒトラーをこのように描くことに賛否はあると予想されますが、私はその挑戦的な姿勢に拍手を送りたいと思いました。

久しぶりに、年齢性別鑑賞シチュエーションを越えて多くの人におすすめしたいと感じた映画でした。

映画『ジョジョ・ラビット』視聴者の声

混沌とした時代に輝く子供の純粋さ

ヒトラーが君臨していた第二次世界大戦時のドイツを舞台にヒトラー・ユーゲント(青年団)に所属する少年が1歩1歩少しずつ成長し変わっていくことを物語として描いた作品です。

予告編やキャッチコピーにコメディ作品と思われた方も多いかもしれません。

しかしこの作品はコメディ要素以上に当時のドイツの混沌さを描いた戦争映画であることをまず伝えたいです。

主人公は上記の青年団に所属する心優しい気弱な少年で、この当時どこにでもいるナチス的反ユダヤ主義に染まった子供でした。

反ユダヤ主義とは言っても少年たちにはユダヤ人がどういった存在かわからないので教官の言っていることを真に受けているにすぎません。

そんな中、反ナチス活動をしている母親がかくまっているユダヤ人少女と少年は交流を深めていきます。

はじめはユダヤ人少女を警戒していた少年も徐々に受け入れていきます。

この作品でもう1つ重要な描写として少年の空想上の友人であるアドルフの存在があります。

このアドルフとはもちろんアドルフ・ヒトラーのことです。

ユダヤ人少女との交流とアドルフとの友人関係は相反するものです。

この少年がこの相反関係をどう克服していくのかそれも見どころの1つです。

ユダヤ人、同性愛者、政治犯などありとあらゆるものを排除したヒトラーやナチスですが、作中では皮肉のように排除された側の人たちが重要な人物として登場します。

ご覧になればわかると思います。

ナチスやヒトラーなど決して軽いテーマではない作品ではありますが、重くなりすぎないようにコメディ要素も加えてあります。

この時代のドイツに興味のある方はぜひご覧ください。【20代男性】

実の親よりもヒトラーを、ナチスを信じるようにと洗脳されていく子どもの視点で描かれた、今までになかった反ナチスもの、戦争映画だと思います。
ヒトラーがどんな人物で、ナチスが何をしているか、まだわかっていない子どもを集めて、歪んだ善悪や正義を教え込もうとします。
両親は反ナチスのレジスタンスなのに、その息子はヒトラーが空想上の友だちであり、ユダヤ人を憎んでいます。
そんな彼の母は、とても器が大きくユーモアたっぷりな、カラフルファッションに身を包んだ明るい女性です。息子がナチスに傾倒していくことは心配ですが、彼自身で気づいてほしいと願っています。
そしてその母は自宅にユダヤ人の少女を匿っていました。ユダヤ人は頭が悪いと教わったけど少女はとても聡明です。
ユニークでもあります。
それに美しいです。息子はこれまでの教えそのものに疑問を抱いていき、二人は少しずつ絆を深めていきます。
戦争が終わって、少女が自由に外に出られるところで映画は終わります。
空想上の友だちのヒトラーを、タイカ・ワイティティ監督自身が演じています。
ヒトラーを面白おかしく描くことが痛烈な皮肉でもあります。
こんな戦争映画は観たことがありませんでした。
スカーレット・ヨハンソンの見守る愛も、逆に強さを感じ、賞レースに絡むのが納得の演技でした。【40代女性】

ナチスを扱ったコメディです。
すごく大きな問題だし、それをコメディ仕立てにするなんて、どんな作品になるのだろうと思っていましたが、普通に面白く、それでいて考えさせられるいい作品でした。
ナチス政権下に生きるとある子ども、ジョジョのイマジナリー・フレンドがヒットラーだというトンデモ設定で、ヒットラーがいろいろ意見してくるところがおもしろかったです。
それに、それが正しいと思っていたジョジョが、ユダヤの少女に出会って、考えを変えていくところがすごくいいです。
ジョジョはほんとにまだ子どもで、ただ大人のいう正しさを信じていたんだと思います。
日本でも戦時教育ってあったし、そういう大人が間違った考えを子どもに植え付けるのって恐ろしいことだなと思いました。
キャスト陣も素晴らしくて、まず、何よりもローマン・グリフィン・デイビズ演じるジョジョがかわいかったです。
彼は口ではヒトラーバンザイと言っていてもウサギは殺せないし、少女を傷つけちゃったらすぐフォローするし、ほんとは優しくて子どもらしい子どもなんだなってことが見てわかります。
ユダヤの少女演じるトーマシンさんも子供と大人の間の中途半端な感じが出ていてよかったです。
見る分には面白いし、いろいろ考えさせられるいい映画でした。【30代女性】

ヒトラーが国を制していた時代の話ですが、悲しみを温かく教えてくれる作品です。
製作がディズニーなので、子供も大人も楽しめると思います。主人公の少年の心の拠り所となる重要人物を演じているのが、まさかのこの作品の監督なのですが、何故自身が演じたのか分かるような気がします。
監督のタイカ・ワイティティさんは心から人々に伝えたい事があるのだと思います。
その表現手段として多くの人に身近な映画を選んだのではないでしょうか。
ストーリーは最初から最後までとても良いです。
視点を変えるとこんなに見える風景が違うのかと感じ、フィクションの重要性を実感しました。ナチスと聞くと思い浮かぶ近寄りがたいイメージを崩してくれます。
主人公の少年は子供らしい子供で、彼の動きを見ているだけで楽しくなる場面もありました。
他の登場人物も表情豊かで、それが見やすい雰囲気に繋がっていると感じます。
また、洋風のまさにディズニーといった映像もその理由の一つだと思います。
演出が魅力的でした。内容はリアルに拘らずにいる事によって、リアルを視聴者に読み取らせる形になっています。
そこが私の最大のお気に入り部分です。
観た後に優しい気持ちになれる、人に薦めたくなる映画でした。【20代女性】

ヒトラーが国を制していた時代の話ですが、悲しみを温かく教えてくれる作品です。
製作がディズニーなので、子供も大人も楽しめると思います。
主人公の少年の心の拠り所となる重要人物を演じているのが、まさかのこの作品の監督なのですが、何故自身が演じたのか分かるような気がします。
監督のタイカ・ワイティティさんは心から人々に伝えたい事があるのだと思います。
その表現手段として多くの人に身近な映画を選んだのではないでしょうか。
ストーリーは最初から最後までとても良いです。
視点を変えるとこんなに見える風景が違うのかと感じ、フィクションの重要性を実感しました。
ナチスと聞くと思い浮かぶ近寄りがたいイメージを崩してくれます。
主人公の少年は子供らしい子供で、彼の動きを見ているだけで楽しくなる場面もありました。
他の登場人物も表情豊かで、それが見やすい雰囲気に繋がっていると感じます。
また、洋風のまさにディズニーといった映像もその理由の一つだと思います。
演出が魅力的でした。内容はリアルに拘らずにいる事によって、リアルを視聴者に読み取らせる形になっています。
そこが私の最大のお気に入り部分です。
観た後に優しい気持ちになれる、人に薦めたくなる映画でした。【20代女性】

コメント

タイトルとURLをコピーしました