映画『ワイルド・スピード MAX』無料動画情報

無料動画配信

映画『ワイルド・スピードMAX』は2009年製作。

言わずとも知れたワイルド・スピードシリーズの第四作目となる今作では、主人公はお馴染みブライアン。

そして第一作目で登場したドミニクが再登場ということもあり、ファンを喜ばせるキャスティング。

最初の作品から約十年経っており、撮影技術も向上しているため、カーレースではより一層見ごたえのある仕上がりとなっています。

今回の記事では、映画『ワイルド・スピード MAX』のフル動画を無料視聴する方法や作品についてご紹介いたします。

映画『ワイルド・スピード MAX』フル動画無料視聴方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

動画配信サービス

映画『ワイルド・スピード MAX』は、5つの動画配信サイト(CM広告なし)お試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

U-NEXT hulu TELASA
music.jp dTV

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
[字][吹]
hulu ○(無料視聴できる)
[字][吹]
TELASA ○(無料視聴できる)
[字][吹]
music.jp ○(無料視聴できる)
[字][吹]
TSUTAYA TV ○(無料視聴できない)
[字][吹]
FODプレミアム ×
dTV ○(無料視聴できる)
[字][吹]

※2020年8月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

おすすめはU-NEXT

映画『ワイルド・スピード MAX』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえて31日間無料期間があるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『ワイルド・スピード MAX』お試し登録後、31日間見放題で無料視聴することができます。

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTにはその他にもたくさんのメリットがあります。

  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
  5. 読み放題の雑誌約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

邦画、洋画問わずサイレント映画から白黒映画、最新の映画と豊富にあります。
昔の映画もヒッチコックの有名な作品から、コアなものまであります。
最新の映画だと、結局買わなきゃいけなかったりしますが、毎月ポイントをもらえるので私は買わずに最新映画も見れています。
他にも、PFF作品などインディーズ作品もたくさんあり、映画館でもなかなか見る機会がないのあって、新たな出会いがたくさんあります。

また、操作に関してもマイページがありお気に入りのも簡単に登録できたり、ジャンルで探すこともできるので、かなり便利です。

さらに、俳優特集や監督特集などでおすすめもしてくれるので、こんなな映画もあったのかと発見もあります。
私は動画配信サービスの中で最も好きです。【20代女性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの特徴と登録方法

U-NEXTの登録はとても簡単にでき、スムーズに見たい映画を視聴できます。

特徴や登録手順をご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

動画配信サービス『U-NEXT』
[contact-form][contact-field label="名前" type="name" required="true" /][contact-field label="メール" type="email" required="true" /][contact-field label="サイト" type="url" /][contact-field label="メッセージ" type="textarea" /][/contact-form]
『U-NEXT』お試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 iPhon...

パンドラやデイリーモーション

パンドラ、デイリーモーションの無料動画サイトで映画『ワイルド・スピード MAX』を検索しましたが、フル動画はアップロードされていませんでした。(2020年8月17日時点)
今後、映画『ワイルド・スピード MAX』の動画がアップロードされる可能性もありますが、その場合、著作権が厳しいため、早めに削除されることでしょう。

これらの無料動画サイトは数多くあり、公式ではない方法でアップロードされた違法なサイトです。

  1. Pandora
  2. Dailymotion
  3. 9tsu
  4. miomio
  5. openload

たとえ違法アップロードサイトで見たい映画を見ることができた場合でも画質が悪かったり、スマホやパソコンにウイルスが感染する危険性があります。

安心安全に視聴したい人は動画配信サービスで観ることをおすすめいたします。

映画『ワイルド・スピード MAX』作品情報

ドミニクは逃亡先ドミニカで輸送車の襲撃を続けていたが、恋人レティに危険が及ぶことを恐れて彼女のもとを去る。だがその後、妹のミアから「レティが殺された」と知らされ、復讐のためLAへ。やがて、FBI捜査官となって麻薬組織を追うブライアンと再会し…。

出典:U-NEXT

キャスト

  • (ブライアン・オコナー)ポール・ウォーカー
  • (レティ)ミシェル・ロドリゲス
  • (ミア・トレット)ジョーダナ・ブリュースター
  • (カンポス/ブラガ)ジョン・オーティス
  • (フェニックス)ラズ・アロンソ
  • (ジゼル)ガル・ガドット
  • (テゴ・レオ)テゴ・カルデロン
  • (リコ・サントス)ドン・オマール
  • (スタジアック捜査官)シェー・ウィガム

スタッフ

  • 監督 ジャスティン・リン
  • 音楽 ブライアン・タイラー
  • 脚本 クリス・モーガン
  • 製作 ニール・H・モリッツ、マイケル・フォトレル

映画『ワイルド・スピード MAX』ネタバレあらすじ

以前、警察官のブライアン・オコナーの手助けにより、国外へと逃亡した走り屋ドミニク・トレットは、ドミニカ共和国にてタンクローリーを襲ったり、相変わらずの生活を送っていました。

ですが、グループを組み派手に動いているため、ドミニカ共和国でも警察から目をつけられるように。

そのため、危険を察知したドミニクは仲間たちを散させることに。

恋人のレティ・オルティスは、どんなことが起きようとも彼と行動を共にするつもりでしたが、ドミニクは彼女に警察の手が伸びるのを恐れ、一人遠くに離れることにします。

ある日、妹のミアから連絡があり、レティが亡くなったと聞きます。

それも事件に巻き込まれた様子で、「自分と一緒に居なければ安心なはずだったのにどうして」と、ドミニクは独自でレティの死を探ることに。

またそれと同じ時期、警察をクビになったブライアンは行動力を買われ、今ではFBIとして活動していました。

そして今は麻薬の密売人ブラガを追っており、彼がドライバーを募集していることを知り潜入することになります。

レティの死にブラガが関わっていると考えたドミニクもまた、ブライアンと同じ会場に出向き、ドライバーの採用試験としてストリートレースに参加し、二人は再会を果たす。

果たしてドミニクはレティの仇を討てるのか、ブライアンはブラガを捕まえることが出来るのか。

ドミニカ共和国で大暴れのドミニク

ドミニクは凄腕のドライバーであり、ロサンゼルスで強盗に手を染めていたが、警察に捕まり間一髪のところをブライアンに助けてもらう。

そして国外でなにをしているかといえば、相も変わらずガソリンを積んだタンクローリーを狙い追いかけていた。

仲間には恋人のレティ、ハンらを連れて複数の車を駆使し協力して襲うが、運転手に気づかれ反撃を食らい、危険な状態になる。

そしてドミニクは、自らに吹っ飛んできたタンクローリーの下を加速して潜り抜けるという神業を成し遂げ、無事ミッションを終了させる。

だがあまりにも派手に暴れたため、この国でも自分たちの身が危ないと、グループを解散することに。

そして最愛のレティにも、生活に困らないだけのお金を残すと、何も告げずに一人去るドミニクでしたが、レティはショックを受けドミニクが平穏に暮らせるようにと行動に移す。

レティの死と久々の再開

一人逃亡を続けるドミニクでしたが、ある日妹のミアからレティが殺されたと一報が入り、葬儀のため戻ることに。

ですが、警察が張っているため、皆に見送られるレティを遠くから寂しく見守るドミニクでした。

そしてレティの復讐のため、関係があったと思われる整備士のパークを問い詰めると、麻薬の密売人ブラガの存在が明らかになり、彼に近づくためドライバーとして採用テストに参加する。

ブライアンはFBIとしてブラガを追っており、自身のドライブテクニックを活かし、レースに潜り込む。

そこにはドミニクも居たため、昔の俺じゃないんだと、どこか再会と勝負を楽しむ様子。

レースは封鎖されていない公道で行われる危険なものでしたが、一般人を巻き込んでの激しいバトルに勝利したのはドミニクでした。

ですがブライアンもFBIのツテを使い採用してもらい、ブラガ周辺の人物を調べることに成功する。

最愛の人の死は誰のために

標的のブラガはあまり姿を見せず、主に右腕的存在カンポスとその部下フェニックスが仕切っています。

ドミニクとブライアンの最初の仕事は、廃坑になったトンネルを通りメキシコへ麻薬を密輸することでした。

そして仕事を終えたドライバーを口封じのため始末するフェニックスを見て、レティを殺したのはこいつだと確信した。

ドミニクは車を爆発させ荷物を奪い負傷しながらもブライアンと共に逃げます。

盗んだ麻薬を隠して、ドミニクを妹ミアに引き合わせるブライアンは、自分が以前警察という身分を隠しドミニクを検挙しようとしたことで、この兄弟がバラバラになってしまったのを悔やんでいたようです。

しかし、それだけではありませんでした。

実はブライアンは生前のレティと通じており、レティは追われる身のドミニクのため、ブライアンにブラガのもとへ潜入捜査をするから彼の指名手配を解くように契約していたのです。

それを知ったドミニクは複雑な心境の中、ブライアンと手を結び、仇を討つと心に決める。

映画『ワイルド・スピード MAX』ラストの結末

盗んだ麻薬を返すとカンボスに連絡をいれ、引き取り人をブラガに指定しFBIを配置させたが、来たのは偽物のブラガだったため、失敗に終わる。

そして危険を察知した本物のブラガはメキシコへ逃亡、FBIは管轄外だと手を出せなくなります。

ブライアンは責任をすべて押し付けられるが、ブラガの秘書ジゼルの情報提供により場所を特定。

二人で本物のブラガの元へ行くと、そこにいたのはカンボス。

実はカンボスがブラガであり、普段は影武者を用意していたのです。

彼を連れFBIに引き渡そうとするが、部下のフェニックスが手下を連れて追いかけてきます。

そこで例の秘密トンネルを使い全速力で、真っ暗で複雑なトンネル内を走り命からがら逃げきる二人。

最後にはレティを殺した張本人のフェニックスを車で轢き、仇を討つドミニクですが、結局ブラガと共に捕まることに。

諦めた顔で刑務所行きの護送車に乗ると、遠くから車のエンジン音が聞こえ、ブライアン達がドミニクを奪い返すために来たようです。

にやりと笑うドミニクで映画は終わります。

映画『ワイルド・スピード MAX』感想

ワイルド・スピードの四部作目ですが、グンとスピード感が増し、ドミニクとブライアンの再共演が嬉しい作品となっています。

また冒頭で出てくるドミニクとともに、強盗を働いている仲間にハンがおり、彼は三作目で亡くなっているはずなので、これにより時系列はそれよりも前だと分かります。

改めて前作のTOKYO DRAFTを見返すのもお勧めです。

そしてドミニクはやんちゃをしているのは変わりませんが、今作ではよりストイックでフ愛情の深い強いキャラになっており、恋人や仲間のために行動する姿に胸打たれます。

ブライアンは見事FBIに引き抜かれていますが、好き勝手するのは変わらないので、職場内でも同僚とトラブルを起こしたり、見ていてひやひやさせられます。

二人がブラガのドライバーになるべくレースに参加しますが、鍛え上げたこの腕前を見ろと言わんばかりのブライアンに対し、ドミニクの大人の余裕が対照的でした。

そして映画の最大の見どころと言えるカーレースでは、より高い撮影技術とCGにより、激しいのはもちろん、躍動感たっぷりに画面に映るため、まるでジェットコースターに乗っているかのような感覚です。

ラストはドミニクの怪しげな笑みで終わるので、次作も続けて観たくなること間違いなしです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました