今田美桜の芸能界入りのきっかけは?デビュー作はドラマ「私は父が嫌いです」

注目人物

人気若手女優・今田美桜さんのデビューのきっかけから、デビュー作・ドラマ『私は父が嫌いです』についてまとめてみました。

最近、人気急上昇中の若手女優・今田美桜さん。

男性のみならず、女性からも「かわいい」と大人気ですよね。

そんな今田美桜さんのデビューのきっかけについて、詳しく調べてみました。

今田美桜さん、意外にも下積みが長かったのです。

さらに、デビュー作・ドラマ『私は父が嫌いです』についても紹介しています。

スポンサーリンク

今田美桜の芸能界入りのきっかけは?

それではさっそく、人気若手女優・今田美桜さんの芸能界入りのきっかけから見ていきましょう。

デビューのきっかけ

今田美桜さんは、スカウトされて芸能界入りしています。

それは、高校2年生で16歳だった2013年のことでした。

地元福岡市天神の新天町にある、ゲームセンターに遊びに来ていた今田美桜さん。

ここでスカウトされ、福岡のモデル事務所に所属することになりました。

デビュー当時の今田美桜さんは、テレビ西日本で放送された福岡ローカル番組『BeeGee』で見られます。

この放送で、今田美桜さんは、実際に通っていた高校の制服を着て出演していました。

それを見れば、今田美桜さんの美少女ぶりは一目瞭然。

”博多美人”に代表されるように美人が多い街、福岡・博多。

その福岡においても、当時の今田美桜さんは、飛び抜けてかわいかったのでしょうね。

田美桜さんは、カラコンのモデルに起用されていたことから、女性からの人気も高いです。

そのため、ネットでは、今田美桜さんの私服やメイクにも皆さん興味津々。

中でも、今田美桜さんの涙袋が特殊な技術によるものなのか、はたまた天然なのかはとりわけ関心が高い模様です。

こうした疑問にも、デビュー時の今田美桜さんの画像がしっかり答えてくれます。

ご覧の通り、生まれつきの大きな涙袋ですね。

女性からも憧れとなっている今田美桜さんですが、モデル事務所に入ってからは、福岡県で活動していました。

プロフィール

  • 氏名:今田美桜(いまだ みお)
  • 生年月日:1997年3月5日(現在23歳)
  • 出身:福岡県福岡市
  • 身長:157cm
  • 血液型:A型
  • 趣味:語学(中国語検定2級取得)、料理
  • 特技:博多弁での早口言葉
  • 経歴:福岡県立福岡講倫館高等学校
  • 所属事務所:コンテンツ3(旧・BIGFACE)

人気若手女優・今田美桜さんは、福岡県福岡市出身の23歳です。

モデル事務所にスカウトされ、高校2年生だった2013年にデビュー。

地元福岡県で、ローカル番組に出演したり、モデルとして活動していました。

また、ローカルアイドル3人組ユニット「SAGEMON GIRLS(さげもんガールズ)」(雛人形「三人官女」がモチーフ)のメンバーとしても活動しています。

転機となったのは、2016年。

さげもんガールズは、福岡県柳川市観光PRのイメージキャラクターの起用されました。

そのため、柳川市のPRビデオやポスターも制作されます。

このポスターを見たのが、今田美桜さんが現在所属する、コンテンツ3の社長だったのです。

福岡の駅でポスターを見た社長は、すぐに今田美桜さんをスカウトしました。

こうして、2016年の19歳の時に、今田美桜さんは上京。

全国へと活動の場を広げ、”福岡で一番かわいい女の子”のキャッチコピーで女優に転身します。

2017年にはフジテレビの月9ドラマ『民衆の敵』に出演し、注目を集めました。

さらに、2018年に主演したドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season』では、真矢愛莉役の好演で高く評価されます。

特に多かった声は、「かわいい」、「原作再現度のクオリティが高い」といったものでした。

『花のち晴れ~』は、少女漫画原作のスピンオフ作品。

そのため、視聴者には女性が多く、今田美桜さんは同姓からも注目されるようになったのです。

スポンサーリンク

今田美桜のデビュー作はドラマ「私は父が嫌いです」

続いては、人気若手女優・今田美桜さんのデビュー作・ドラマ『私は父が嫌いです』について紹介していきたいと思います。

  • 2015年3月29日にNHK BSプレミアムで放送された単発の1時間ドラマ
  • 岡康道さんの小説『夏の果て』が原作で、CMクリエイターとして苦闘した作者の自伝的作品
  • 主演は瑛太さん(主人公の若い時)と奥田瑛二さん
  • 今田美桜さんは当時17~18歳くらい
  • 今田美桜さんはメインではなく、端役での出演だった

今田美桜さんのデビュー作・ドラマ『私は父が嫌いです』は、2015年にNHK BSプレミアムで放送された単発のドラマです。

『私は父が嫌いです』というタイトルだけ見ると、父と思春期の娘の話かと思いましたが、もっと深いストーリーでした。

CMプランナーである主人公(瑛太さんと奥田瑛二さん)の、自伝的作品です。

シベリア抑留から帰還した父が税理士の資格を取り、生活は豊かになり父の羽振りも良くなります。

しかし息子である主人公は、そんな父の変化を軽蔑していました。

だから、『私は父が嫌いです』のようです。

このドラマはNHK福岡放送局の制作で、ロケ地にも福岡市や佐賀県唐津市が選ばれました。

今田美桜さんは、当時福岡のモデル事務所でローカルな活動をしていた時期。

地元NHK福岡の制作ということもあり、出演が決まったのかもしれませんね。

今田美桜さんはメインキャストではなく、端役での出演でした。

撮影時17~18歳と思われますが、今田美桜さんファンならドラマデビュー作での演技も気になるところでしょう。

以上、今回は人気若手女優・今田美桜さんの芸能界入りのきっかけから、デビュー作・ドラマ『私は父が嫌いです』についてまとめました。

スポンサーリンク

今田美桜の出演映画関連記事

出演している以下の映画作品タイトルのリンクをクリックすると、フル動画を無料視聴する方法や作品情報(あらすじやネタバレ、感想など)を知ることができます。

まとめ

  • 今田美桜さんは高校2年生だった16歳の時に福岡・天神でモデル事務所からスカウトされた
  • デビュー当初はローカル番組に出演するなど地元福岡で活動していた
  • 2016年に福岡県柳川市観光PRのポスターを見た現事務所の社長からスカウトされ上京する
  • 今田美桜さんは福岡県福岡市出身の23歳
  • デビュー作はNHK BSプレミアムのドラマ『私は父が嫌いです』(2015年)
  • 撮影時の今田美桜さんは17~18歳でメインキャストではなかった
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました