映画『蜜蜂と遠雷』無料動画情報

無料動画配信

2019年に公開された、恩田陸さんの直木賞&本屋大賞ダブル受賞小説の実写化作品という、大変、興味深い作品となっています。

音楽をテーマにした情熱あふれるストーリーということで、おおいに注目を集めることになりました。

松岡茉優さんが主演、共演者が松坂桃李さんなど、キャストも非常に魅力的になっていますので、期待は高まりますね

今回の記事では、映画『蜜蜂と遠雷』のフル動画の無料視聴方法や作品についてご紹介いたします。

映画『蜜蜂と遠雷』フル動画無料視聴方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

動画配信サービス

映画『蜜蜂と遠雷』は、5つの動画配信サイト(CM広告なし)お試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
hulu ×
TELASA ○(無料視聴できる)
music.jp ○(無料視聴できる)
TSUTAYA TV ○(無料視聴できる)
FODプレミアム ○(無料視聴できる)
ポイントがたまるまで時間がかかる
dTV ○(無料視聴できない)

※2020年7月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

おすすめはU-NEXT

映画『蜜蜂と遠雷』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえて31日間無料期間があるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『蜜蜂と遠雷』を視聴するためには「550ポイント」を必要としますが、お試し登録時にもらえるポイントを利用することにより、実質無料で視聴することができます。

映画『蜜蜂と遠雷』予告【10月4日(金)公開】

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

\U-NEXTの特長/
  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録後にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は18万本以上
  5. 読み放題の雑誌が約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

映画やドラマの本数が圧倒的に多く、本当に一日中見れてしまうところが一番おすすめです。
アマゾンプライムビデオやネットフリックスでは、出てこない洋画が見れます。不朽の名作はもちろん、最新作も早く、見れることが嬉しいです。
1ヶ月の無料お試し登録も簡単で、手軽に自宅で映画を楽しめます。大きなスクリーンやiPadなどで見ると、なお、本物の映画館のようです。片手にポップコーンを共に、映画を本格的に楽しめる、そんな素晴らしいサービスを提供してくれます。
プラダを着た悪魔(2006年)を久しぶりに見ました。
ほかの動画配信サービスでは見当たらず、諦めてしまったが、U-NEXT だけは、きちんと配信してくれました。
本当に素晴らしいサービスです。

【20代女性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの特徴と登録方法

登録は5分ほどで完了し、スムーズに見たい映画を視聴できます。

手順をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

『U-NEXT』お試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 iPhon...

パンドラやデイリーモーション

パンドラ、デイリーモーションの無料動画サイトで映画『蜜蜂と遠雷』を検索しましたが、フル動画はアップロードされていませんでした。(2020年7月25日時点)
今後、映画『蜜蜂と遠雷』の動画がアップロードされる可能性もありますが、その場合、著作権が厳しいため、早めに削除されることでしょう。

これらの無料動画サイトは数多くあり、公式ではない方法でアップロードされた違法なサイトです。

  1. Pandora
  2. Dailymotion
  3. 9tsu
  4. miomio
  5. openload

たとえ違法アップロードサイトで見たい映画を見ることができた場合でも画質が悪かったり、スマホやパソコンにウイルスが感染する危険性があります。

安心安全に視聴したい人は動画配信サービスで観ることをおすすめいたします。

映画『蜜蜂と遠雷』作品情報

芳ヶ江国際ピアノコンクールに集まったピアニストたち。復活をかける元神童・亜夜、不屈の努力家・明石、信念の貴公子・マサル、そして今は亡き“ピアノの神”が残した異端児・風間塵。1人の異質な天才の登場により、3人の天才たちの運命が回り始める。

出典:U-NEXT

キャスト

  • 栄伝亜夜:松岡茉優
  • 高島明石:松坂桃李
  • マサル・カルロス・レヴィ・アナトール:森崎ウィン
  • 風間塵:鈴鹿央士
  • 高島満智子:臼田あさ美
  • 仁科雅美:ブルゾンちえみ
  • ジェニファ・チャン:福島リラ
  • ピアノ修理職人の男:眞島秀和
  • コンクール会場のクローク係:片桐はいり
  • 菱沼忠明:光石研

スタッフ

  • 監督:石川慶
  • 原作:恩田陸
  • 脚本:石川慶
  • 製作:市川南

映画『蜜蜂と遠雷』ネタバレあらすじ

舞台となっていくのは、ピアニストなら誰もが夢見る、芳ヶ江国際ピアノコンクールです。

国際的に活躍することも期待できるピアノコンクールとして、全国のピアニストたちが、ここに出場することをめざしていました。

いつも、すごい腕を持ったピアニストが集まるなか、今回も同様に、ピアニストたちによる腕の競い合いが激化していくことに。

そんななか、1人の少女がいました。

栄伝亜夜といって、昔は天才の名をほしいままにしていたものの、母親が亡くなったことによって、その運命は暗転してしまいました。

それ以降、彼女はすっかりピアノの世界から遠ざかってしまっていたのです。

しかし、栄伝亜夜はこのたび、再起をかけることにしたのでした。

ピアノコンクールへの挑戦者たち

芳ヶ江国際ピアノコンクールへの挑戦者には、栄伝亜夜以外にも、まだまだ、実にいろんな人たちがいたのでした。

そのなかでも、とくに注目すべき存在となってくるのが、高島明石、マサル・カルロス・レヴィ・アナトール、風間塵の3人です。

高島明石は、楽器店で働きながらも、生活者の音楽を探求しているという、独特の男性でした。

マサル・カルロス・レヴィ・アナトールは、栄伝亜夜の幼なじみ。

風間塵は、ピアニストのユウジ・フォン・ホフマンから推薦されたという、稀にみる演奏技術を持った男性だったのです。

こうした個性豊かな4人のピアニストたちは、見事、一次審査を乗り越えることに成功して、それぞれ、さらなる高みを目指していくことになります。

二次審査

4人はやがて、二次審査へと進むことになります。

二次審査の内容とは、かなりの難題でした。

「春と修羅」という課題曲が用意されていて、後半は、それぞれが即興で演奏しなければいけなかったのです。

ここで、4人のそれぞれの個性が発揮されていくことに。

栄伝亜夜と風間塵は、個性を重視した即興をしました。

これに対して、高島明石は、日常性にこだわった即興で、マサル・カルロス・レヴィ・アナトールは、演奏技術に重きを置いた即興で、それぞれ対抗していきます。

やがて高島明石は二次審査を通過できず、残りの3人と、ほかの3人が最終審査に挑むことになりました。

高島明石は、年齢的にもうチャンスがありませんでしたが、本人は納得していたのです。

最終審査

いずれも甲乙つけがたい3人は、芳ヶ江国際ピアノコンクールをざわつかせていきます。

栄伝亜夜は、かつての天才だけに、話題性抜群。

風間塵は、ユウジ・フォン・ホフマンから推薦されたことが強く影響していました。

マサル・カルロス・レヴィ・アナトールは、そんな2人より、やや抜きんでた情勢。

やがて最終審査がやって来て、オーケストラとともに演奏の技を戦わせるという、そうとう困難な展開になります。

風間塵は器用にこれに対応していきました。

が、指揮者の小野寺昌幸によって追い詰められていく、マサル・カルロス・レヴィ・アナトール。

そして栄伝亜夜は、ピアノの世界から遠ざかるキッカケになったときを思い出して、スランプになってしまいます。

映画『蜜蜂と遠雷』ラストの結末

実は、栄伝亜夜はその昔、まさにオーケストラといっしょに演奏する直前、母親の訃報を知らされ、トラウマになってしまっていたのです。

演奏できない栄伝亜夜は、残りの2人と競うのをやめ、最終審査を辞めようとします。

が、そんな栄伝亜夜は、昔、母親といっしょにピアノを弾いていたことを思い出し、最終審査に復帰し、ピアノに再び挑むことに決めました。

そしてとうとう、芳ヶ江国際ピアノコンクールの運命の結果が決まります。

はたして、優勝したのは、マサル・カルロス・レヴィ・アナトールでした。

でも、栄伝亜夜は、次点となったのです。

風間塵は3位でした。

そして脱落したかに思えた高島明石にも、奨励賞が与えられ、一件落着となったのです。

映画『蜜蜂と遠雷』感想

映画『蜜蜂と遠雷』は、奇想に満ちた作家として知られる恩田陸さんの小説が原作だけあって、実に巧みなストーリーでしたね。

登場人物たちの葛藤、音楽の情感など、さまざまな要素が絡み合うことによって、実に小気味いい展開になっていったと思います。

クラシック音楽はまったくくわしくないという方であっても、青春ストーリーとしても存分に楽しむことができる作品になっていますので、ぜひとも、見逃さないでいただきたいものです。

映画『蜜蜂と遠雷』視聴者の声

のだめに続き、クラシック音楽って素敵だなと思いました。
オーケストラとピアノが一緒に演奏するというところもすごかったし、音楽のすごさを感じました。
4人の若きピアニストが主役の作品です。
みんなそれぞれピアノの感じが違うくてすごいなと思っていたら、ピアノの吹替もきちんと違うピアニストの人が当てていました。
だから違う感じだったんですね。
その徹底ぶりにびっくりです。
のだめとかもそうですが、音楽系の漫画、小説って映像化するとき、説得性を持たせる音を作らなければならないから大変だなと思っていましたが、さすがこだわっているなあと思いました。
私が、感情移入したのは、年齢制限すれすれのピアニストの明石さんです。
夢をいつまでもといっても将棋にも年齢制限があるように、制限のあるものって結構多いと思います。
だから、それに近づいた人はより緊張するだろうし大変です。
明石さんのピアノで生活したかったという気持ちが伝わってきて胸が詰まりました。
ピアノって華やかな世界ですが、プロになれるのはほんの少しで、彼らの周りにはつらい思いをして諦めた人がいるんだなと改めて感じました。
私はピアノを弾けませんが、見ると弾きたくなるし、ピアノが弾ける人ってほんとうにかっこいいなと思わせてくれる作品でした。【30代女性】

夢をいつまでもとか言いますが、やはり夢には年齢制限とかあるよなあと思いました。
若手のコンクールとかありますもんね。
私はピアノには全然詳しくないので、この映画でコンクールのことを知りました。
すごくピリピリしていて、皆さんの緊張が伝わってきました。
皆さん、真剣で大変そうなのに、ライバルが楽器のことで困っていたら協力したりしていてすごいと思いました。
切磋琢磨するのがライバルとよく言いますが、この映画にでてくるピアニストたちはまさに真の意味でのライバルでした。
ピアノの曲も一人一人違っている感じがして、弾く人でこんなにも違うんだなと知りました。
演出的にはドキュメンタリータッチで、たんたんと進むところがあるのは否めませんが、若い人たちの夢へ向かう姿が見れてとてもいい映画だと思います。
漫画ピアノの森のような感じだと聞いていましたが、確かにそんな感じです。
原作小説はもっと複雑だと聞きます。
なかなか一つの映画にまとめるのは大変だったでしょう。
でも、映画では1人を主において、彼女の話にしたことでうまくまとまっていました。
ピアノの音についても実際に聴かせないといけないから気を使っただろうし、すごいなあと感心しました。
見ると、ピアノを始めたくなる、そんな映画でした。【30代女性】

ピアニスト四人全員が素敵でした。

大会に参加している者同士ライバル関係でもあるのに、他参加者の演奏を聴いて笑みがこぼれるような、素直にリスペクトを送る事ができる人が集まっている空間は滅多にないと思います。

今年はレベルが高いと審査員が話していたのは、こういった面も含まれているのかなと感じました。

後半は、本物とそうでない者が炙り出され、本格的な勝負の世界になっていきました。前半の優しい世界とはガラっと変わって、恐怖を感じる場面もあり、プロとして生き残る難しさがよく伝わってきます。

これは人生を捧げなければ無理だと思いました。

まず場数を踏まなければ、自分を支えてくれる裏方さんや参加者の冷たい空気だけで心が折れてしまいそうです。

音楽に携わる者という共通点はあれど、協力的になる訳ではないのですね。

同じレベルの者と固まるのは、お互い嫉妬などの悪感情を抱かずに刺激を与え合える数少ない同業者だからだと考えるとしっくりきます。

ピアノに悩み苦しんできた亜夜が、塵のピアノで救われる展開は、亜夜がこれまでさり気なく周りの人を助けてあげていた事に繋がっているみたいで、とても良かったです。

大事なコンクールなのに、「助け合い」で全員が受賞という結果を残したのが印象的でした。

自分好みの映画で、観て良かったなと思っています。【20代女性】

コメント

タイトルとURLをコピーしました