映画『桐島、部活やめるってよ』無料動画情報

無料動画配信

2012年に公開された映画『桐島、部活やめるってよ』。

映画版は、吉田大八監督作品で、主演は神木隆之介。

ほか、キャストは、橋本愛、東出昌大、清水くるみ、山本美月、松岡茉優などとなっていました。

今回の記事では、映画『桐島、部活やめるってよ』のフル動画を無料視聴する方法や作品についてご紹介いたします。

映画『桐島、部活やめるってよ』予告編

映画『桐島、部活やめるってよ』フル動画無料視聴方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

おすすめはU-NEXT

映画『桐島、部活やめるってよ』は、5つの動画配信サービス(CM広告なし)お試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
hulu ○(無料視聴できる)
TELASA ○(無料視聴できる)
music.jp ○(無料視聴できる)
TSUTAYA TV ○(無料視聴できる)
FODプレミアム ×
dTV ×

※2020年8月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

映画『桐島、部活やめるってよ』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえて31日間無料期間があるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『桐島、部活やめるってよ』お試し登録後、31日間見放題で無料視聴することができます。

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTにはその他にもたくさんのメリットがあります。

  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
  5. 読み放題の雑誌約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

一つ目のいいところは映像が綺麗なところが気に入っています。

他のムービーアプリよりは鮮明だと感じています。
二つ目は、何より作品数が多いところです。
アニメから洋画、邦画が好きでよく見るのですが、たいていのものはあります。
ただポイントで購入必須なのが最新作だと多いですが、ポイントも貰える為特段不便には思っておりません。
またダウンロードしてみれるのもいいです。
料金は他の企業と比べると高めかなぁ、とやはり感じますが、家族割などのパッケージプランもあり、3人まではパッケージに加入できるなどといったシステムもあるため、そこで料金の問題については解決しつつ、毎日の映画の視聴や、漫画も楽しんでいます。
満足してますので是非利用してみてください。【20代女性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの特徴と登録方法

U-NEXTの登録はとても簡単にでき、スムーズに見たい映画を視聴できます。

特徴や登録手順をご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

動画配信サービス『U-NEXT』
動画配信サービスと聞いて、思い浮かべるのが「U-NEXT」という方も多いのではないでしょうか? テレビのCMで見かけたり、ネット広告で見る回数も多いでしょう。 でも気になるけど、ほかの動画配信サービスと比べて何がいいのか分からないと...
『U-NEXT』お試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 iPhon...

映画『桐島、部活やめるってよ』作品情報

朝井リョウさんの作家デビュー作となった同名小説が原作で、小説の段階から話題になっていた作品でした。

高校を舞台にした部活系のストーリーなのですが、斬新な手法によって注目を集めています。

バレー部のキャプテンとして活躍し、成績も優秀な高校のスター的存在である桐島が、突然部活を退部して姿を消す。それまで何の疑問もなく学校生活を送ってきた彼の友人や恋人、バレー部員たちに衝撃が走るなか、彼とは無関係な映画部の面々にも余波が訪れ…。

出典:U-NEXT

キャスト

  • (前田涼也(映画部))神木隆之介
  • (東原かすみ(バドミントン部))橋本愛
  • (菊池宏樹(野球部))東出昌大
  • (沢島亜矢(吹奏楽部))大後寿々花
  • (宮部実果(バドミントン部))清水くるみ
  • (梨紗)山本美月
  • (沙奈)松岡茉優
  • (竜汰)落合モトキ
  • (友弘)浅香航大
  • (武文(映画部))前野朋哉

スタッフ

  • 監督 吉田大八
  • 原作 朝井リョウ
  • 音楽 近藤達郎
  • 脚本 喜安浩平、吉田大八
  • 製作 菅沼直樹、弘中謙、平井文宏、阿佐美弘恭

映画『桐島、部活やめるってよ』ネタバレあらすじ

前田涼也の通っている高校で、とある1人の生徒のことが、おおいに話題になっていました。

桐島というバレー部のキャプテンで、その彼が、部活をいきなり辞めてしまったとのこと。

桐島は、文武両道であり、飯田梨紗という校内でもトップの美人だと評判の彼女もいる、完壁な存在。

そんな桐島が部活を辞めた理由は、飯田梨紗すら知らないのでした。

親友の菊池宏樹などが桐島に連絡を取るものの、まったく通じません。

バレー部では副キャプテンの久保孝介によって、小泉風助が桐島の代わりにレギュラーになることに。

さて、菊池宏樹のクラスメイトの沢島亜矢は、彼が野崎沙奈と交際しているのに、片想いをしていたのです。

今日も沢島亜矢は、菊池宏樹のようすを見守っていたのでした。

映画部の奮闘

さて、前田涼也は映画部の部長で、顧問と脚本をめぐって口論になります。

自分たちの脚本で勝負したかったのに、顧問が脚本を執筆したことに不満があったのでした。

また、前田涼也は、ゾンビものを撮りたいと考えていたものの、その方向性をめぐっても、部員と顧問のあいだには距離があったのです。

さて、映画部はゾンビ映画の撮影に取り掛かるものの、ロケ地の屋上を沢島亜矢が陣取っていたため、彼女と口論に。

一方、桐島は登校せず、飯田梨紗は意気消沈し、菊池宏樹ももどかしい思いになっていくのでした。

前田涼也は休日に映画館へ行き、飯田梨紗と仲がいい東原かすみと会うことになります。

前田涼也は東原かすみに好意を抱きますが、微妙な時間が流れることになるのでした。

桐島の余波

翌週になったものの、引き続き、高校に桐島は現れませんでした。

久保孝介は、桐島が現れないことでいらだってしまって、飯田梨紗に食って掛かります。

すると飯田梨紗は、小泉風助に当たってしまい、このことが原因で、各方面に響いていってしまうのでした。

東原かすみは、宮部実果との関係が悪化してしまいます。

さて、前田涼也が映画の撮影をしようとしていると、東原かすみが話しかけてきます。

東原かすみは映画に興味津々で、このことに前田涼也は、すっかり気をよくしていくことに。

そんななか、菊池宏樹は、桐島を待つためにバスケットボールをやっていたことに疑問を感じていくのでした。

また、実は、菊池宏樹は、自身の高校卒業後のことなど、何かと考えていたのです。

複雑な人間関係

桐島がやって来るという噂によって、高校はもちきりになっていました。

一方、飯田梨紗は、野崎沙奈にも当たってしまいます。

さて、前田涼也は、映画撮影のため、台本を取りに教室へ向かったところ、東原かすみが寺島竜汰と親しくしているところを目撃して、ショックを覚えてしまいました。

実は、東原かすみと寺島竜汰は交際していたのです。

さらに、またしても映画部と沢島亜矢は、屋上をめぐって口論に。

仕方なく前田涼也は妥協しますが、野崎沙奈がやって来て、沢島亜矢が好意を抱いている菊池宏樹に迫っていきました。

動揺を抑える、沢島亜矢。

そんななか、屋上に桐島と思しき男子生徒の姿が見えたことによって、みんなはあわてて、一目散に屋上へと向かい始めます。

映画『桐島、部活やめるってよ』ラストの結末

映画部が屋上で映画撮影をしていると、みんなが桐島を求めてやって来ます。

しかしながら、あいにく、そこに桐島はいません。

このことに久保孝介はすっかり腹を立て、映画部とトラブルに発展してしまいます。

これが原因で、屋上はみんなを巻き込んで修羅場と化していきました。

前田涼也と久保孝介はケンカし、宮部実果は野崎沙奈を叩こうとし、それより早く、東原かすみが野崎沙奈を叩いてしまいます。

前田涼也はとっさにこの修羅場を映画にしようと思い立ち、みんなをけしかけますが、そのせいで撮影は失敗してしまいました。

が、前田涼也が映画への想いを語るのを見て、菊池宏樹は泣いてしまうことに。

その後、菊池宏樹はやっと、音信不通状態が続いていた桐島と電話をすることができたのです。

映画『桐島、部活やめるってよ』感想

ここまで、映画『桐島、部活やめるってよ』について見てきましたが、普遍的な青春ものであるものの、切り口が独特で、不思議な余韻が残りましたね。

一連の物語の中心人物ともいえる桐島が最後までまったく登場せず、彼の人物像が他者の語りのみで形作られていくのが秀逸です。

また、このように現れない桐島を通して、前田涼也をはじめ、さまざまな立場にある人々が振り回されていくさまは、シュールともいえるでしょう。

決定的なオチがない内容にもかかわらず、腑に落ちる結末も、独特な味わいをもたらします。

映画『桐島、部活やめるってよ』視聴者の声

とある地方の高校を舞台に、校内で一目置かれる存在の「スター高校生」がバレー部を辞めるという些細な出来事を軸に、それを知る者と知らない者それぞれが抱える心情の変化とそれがひとつの騒動に繋がっていくさまを多角度で描いた人間群像劇の傑作です。

まず、タイトルにもなっているくらい主役扱いである「桐島」は登場せず、その周りにいる生徒たちが代わりに主役を担っていることがこの作品の象徴的な魅力になっていると思います。
実質的な主役である、神木隆之介演じる「桐島」を知らない映画マニアの前田のみならず、勉強もスポーツも万能でありながら空虚さを抱えながら高校生活を送っている東出昌大演じる菊池、その菊池と付き合うことで内心はクラスでのステータスを保とうとする彼女(松岡茉優)、菊池に近づくことすらできない片想いを抱える沢島(大後寿々花)…観終わったあと、これは青春映画ではなく、社会の構図を俯瞰で描いた作品なんだと思いました。
鑑賞後すぐに頭を切り換えられるような映画ではなく、しばらく考えさせられます。
公開当時再鑑賞するリピーターが増え、8ヵ月に及ぶロングランヒットとなったこともうなずけます。

多角的な演出手法はガス・ヴァン・サント監督『エレファント』やポール・トーマス・アンダーソン監督『マグノリア』に影響を受けたことが伺えますが、吉田大八監督の映像感覚と脚本はそれを補って余りあると思います。
個人的に好きなシーンは、授業に集中せず校庭を眺める菊池と、同じ方向を眺めてささやかな共有感覚を満たす沢島の片想いの切なさが滲み出るツーショットシーンです。
是非とも御覧になって、俯瞰で人間の構図を見るという群像劇の面白さを味わっていただければと思います。【40代男性】

第36回アカデミー賞で最優秀作品賞を含む3部門で最優秀賞を受賞している作品です。
原作は朝井リョウさんで、「何者」の作者でもあります。監督は「紙の月」の吉田大八さんです。
最後まで桐島は出てきません。
桐島が神木隆之介さんかと思っていたら、神木さんは映画部で監督を務める前田涼也の役です。
桐島という人物は彼なしではバレー部は成立しないほど優秀なリベロで、塾にも通っていて多分頭もよくて、彼女(山本美月)がものすごくかわいいので、ルックスもいい人気者だということが、特に誰も説明しませんが分かってきます。
多分明るくて悩み事なんてないという感じだったんでしょう。
親友の菊池宏樹(東出昌大さん)も彼女も何も知らないまま彼は部活を辞めてしまいます。
部活をやってる人やっていない人、付き合ってる人がいる人、いない人なとで、アイデンティティを確立している高校生が、進路を決めていく2年の秋になって、桐島が部活を辞めることにことをきっかけに、自分が何者かを見つめ直すということがテーマだと思いました。
同じ場面を何度も別の登場人物の視点から撮り直しています。
同じシーンを何度も演じるのは出演者の方も大変だったろうなと思いました。
大人になりつつある、進路を決める大切な時期の心の揺れ動きがとてもよく現れていて、自分の高校時代を思い出しました。【30代女性】

コメント

タイトルとURLをコピーしました