映画『ちはやふる 結び』無料動画情報

Featured Video Play Icon 無料動画配信

競技かるたに挑む少年少女を描いたことによって、日本中に旋風を巻き起こすことになった、末次由紀さんのコミック『ちはやふる』。

そんなコミック『ちはやふる』は、2016年に『ちはやふる 上の句』、『ちはやふる 下の句』、そして2018年に『ちはやふる 結び』と、相次いで映画化され、大ヒットしました。

今回の記事では、映画『ちはやふる 結び』の無料動画の視聴方法や作品についてご紹介いたします。

映画『ちはやふる 結び』の無料動画をフル視聴する方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

動画配信サービス

映画『ちはやふる 結び』は、6つの動画配信サイトお試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
hulu ○(無料視聴できる)
TELASA ○(無料視聴できる)
music.jp ○(無料視聴できる)
TSUTAYA TV ○(無料視聴できる)
FODプレミアム ×
dTV ○(無料視聴できる)

※2020年6月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

おすすめはU-NEXT

映画『ちはやふる 結び』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『ちはやふる 結び』お試し登録後、31日間見放題で無料視聴することができます。

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTにはその他にもたくさんのメリットがあります。

  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
  5. 読み放題の雑誌約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

「U-NEXT」のおすすめポイントは、なんといっても自分が好きなアニメがたくさん見られるところだと思います。

とくに私は名探偵コナンが大好きでよく見るのですが、U-NEXTの中にはコナンがすべて映画のコナンがみられるところがいいと思っています。
メリットはたくさん見ることができるので飽きないところだと思っています。

それに、たくさんのアニメや子供向けにも配信されているものがたくさんあるので子供がいる家庭にはお勧めだと思います。

私の中でもいないいないばあのやつとかアニメなどをたくさん見ることができるので重宝していました。

アニメが好きな方にはお勧めなんじゃないかなと思いますし、ほかにも邦画とか洋画とか豊富な気がしています。昔懐かしい映画などがまた見たいと思っている人はお勧めだと思いますし何度も見ることができるところが魅力的なんじゃないかなと個人的に思います。

あとは、検索機能が付いていて検索して調べることができるところが魅力的だと思っています。

漫画とかもあるので本屋漫画や映画が好きな人にはとてもよいサイトじゃないかなと思います。私はコナンやきたろうなど結構子供向けのものを見たりしていました。

楽しめました。【30代女性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの特徴と登録方法

U-NEXTの登録はとても簡単にでき、スムーズに見たい映画を視聴できます。

特徴や登録手順をご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

U-NEXTの特徴やメリット・デメリットは?おすすめポイントも解説!
動画配信サービスと聞いて、思い浮かべるのが「U-NEXT」という方も多いのではないでしょうか? テレビのCMで見かけたり、ネット広告で見る回数も多いでしょう。 でも気になるけど、ほかの動画配信サービスと比べて何がいいのか分からな...
U-NEXTにiphoneやアンドロイドのスマホからお試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 i...

パンドラやデイリーモーション

パンドラ、デイリーモーションの無料動画サイトで映画『ちはやふる 結び』を検索しましたが、フル動画はアップロードされていませんでした。(2020年6月20日時点)
今後、映画『ちはやふる 結び』の動画がアップロードされる可能性もありますが、その場合、著作権が厳しいため、早めに削除されることでしょう。

これらの無料動画サイトは数多くあり、公式ではない方法でアップロードされた違法なサイトです。

  1. Pandora
  2. Dailymotion
  3. 9tsu
  4. miomio
  5. openload

たとえ違法アップロードサイトで見たい映画を見ることができた場合でも画質が悪かったり、スマホやパソコンにウイルスが感染する危険性があります。

安心安全に視聴したい人は動画配信サービスで観ることをおすすめいたします。

映画『ちはやふる 結び』の作品情報

「ちはやふる -結び-」予告

さらに強くなることを部員たちと誓った初めての全国大会から2年。新入部員が入り、高校3年最後の全国大会を目指す瑞沢かるた部だったが、予選を前に突然、部長の太一が辞めてしまう。千早、太一、新は、再びかるたで繋がることができるのか?

出典:U-NEXT

キャスト

  • 綾瀬千早:広瀬すず
  • 真島太一:野村周平
  • 綿谷新:新田真剣佑
  • 大江奏:上白石萌音
  • 西田優征:矢本悠馬
  • 駒野勉:森永悠希
  • 須藤暁人:清水尋也
  • 花野菫:優希美青
  • 筑波秋博:佐野勇斗
  • 我妻伊織:清原果耶

スタッフ

  • 監督:小泉徳宏
  • 原作:末次由紀
  • 音楽:横山克
  • 脚本:小泉徳宏
  • 製作:今村司、市川南、加太孝明、古川公平、谷和男、永井聖士、弓矢政法、出來由紀子、高橋誠、荒波修

映画『ちはやふる 結び』のネタバレあらすじ

綾瀬千早と若宮詩暢による、あの因縁の対決から2年が経ちました。

しかし、綾瀬千早は、若宮詩暢と再び対決することをめざすものの、実現できませんでした。

それは、我妻伊織に負けてしまったからです。

一方、周防久志が名人戦で、その実力を発揮していくことに。

綾瀬千早は高校3年生になったことで、全国大会での優勝をめざして奮闘していくのでした。

そんななか、かるた部は部員が減ってしまっていて、全国大会以前に、生き残りが懸念されていきます。

しかし、花野菫と筑波秋博が入部し、危機を脱したのでした。

こうして順風満帆に行くかに見えていた、かるた部。

が、部長の真島太一がやめてしまうという、アクシデントに見舞われてしまうのです。

真島太一の苦悩

実は、真島太一は、東京大学への進学を目標にしていたのです。

そのため、必然的に、学業と競技かるたのはざまで苦労していたのでした。

それだけにとどまらず、幼なじみである綾瀬千早への想いも重なっていた、真島太一。

そんな真島太一は、花野菫から、綾瀬千早が綿谷新から告白されたという話を聞きました。

実は、かるたが好きなのではなく、真島太一は、綾瀬千早のためにかるたをしていたため、これによって、かるたをやるモチベーションがなくなってしまったというわけです。

さて、綿谷新は、かるた部を作って、我妻伊織を部員にしていました。

一方、綾瀬千早たちは、真島太一を失いつつも、力を尽くしていき、全国大会に出場することが決定しました。

全国大会へ

綾瀬千早と真島太一は、ばったり出くわします。

綾瀬千早は真島太一に未練があったものの、彼はかるたを続ける意思がないことを告げ、行ってしまうのでした。

真島太一にとっては、すでに大学に合格する以外、眼中にはなかったのです。

やがて全国大会が開幕。

綾瀬千早たちも、綿谷新たちも、それぞれベストを尽くし、善戦していきました。

一方、真島太一は、あいかわらず、大学受験に忙殺されていて、あの周防久志の講義を受けていきます。

が、真島太一は、周防久志について、おどろくべきことを知ることに。

なんと、周防久志は、視力がきわめて低く、大変な生活を送っていたのでした。

つまり、競技かるたも必死の努力によってこなしていたわけです。

真島太一の復活

周防久志は、自身を追いかけていた真島太一に感づき、彼にかるたを教授していくことに。

そんななか、綾瀬千早たちは、全国大会を勝ち抜いていって、とうとう決勝が迫って来ました。

しかも、綾瀬千早たちの対戦するのは、あの綿谷新や我妻伊織たち。

綾瀬千早は我妻伊織と戦うことになって、捲土重来を期します。

さて、そんな全国大会のなか、サプライズが起こります。

なんと、競技かるたをやめたはずの真島太一が姿を見せたのです。

周防久志の影響を受け、真島太一は競技かるたへの復帰を決めたのでした。

これを受け、綾瀬千早たちは盛り上がっていくことに。

こうして、綾瀬千早や真島太一たちと、綿谷新や我妻伊織たちの戦いは、佳境を迎えていくのです。

映画『ちはやふる 結び』ラストの結末

全国大会では、綾瀬千早や真島太一たちと、綿谷新や我妻伊織たちが、大接戦を演じていきました。

すべては真島太一の一手次第という展開になっていって、その場にいた一同のあいだに、期待と緊張が、それぞれ、入り混じっていきます。

結果、真島太一は見事、勝って、綾瀬千早たちは全国大会優勝という栄に浴したのです。

さて、勝利が決まると、真島太一は、綾瀬千早を綿谷新に会わせることにしました。

3人のあいだの問題を解決しようとした真島太一でしたが、結局、この問題は棚上げになってしまいます。

そして、月日が流れます。

綾瀬千早の後輩のかるた部はそうとうな実力を見につけていました。

そして綾瀬千早はそんなかるた部の顧問になっていたのです。

感想

ここまでが映画『ちはやふる 結び』の内容ですが、いかがでしたか?

競技かるたはもちろん、綾瀬千早、真島太一、綿谷新の青春もすばらしいものになりましたね。

3人の関係が玉虫色になったのは、少しじれったいものの、結果的にはこれでよかったのかもしれません。

綾瀬千早に、真島太一か綿谷新か選ばせるのはむずかしいでしょうからね。

とにかく、競技かるたを背景にした青春群像劇は絶品ですので、映画『ちはやふる』シリーズは欠かせません。

最終章の本作はもちろん、前2作も観て、充実した映画生活を送ってみてはいかがでしょうか。

視聴者の声

上の句、下の句をみてから結びを見た方がいいです。

3部どの作品も感動しました。
私は、漫画を見たことがありましたが、映画は迫力もあって見応えがありました。

漫画を読んだことない方でも、楽しめる映画だと思います。
結びには、新しいキャラが登場します。佐野勇斗が演じる実力はあるけど先輩たちには厳しい。

優希美青が演じる恋心をしてしまって入部を決意したただの新入部員。清原果那が演じる準クイーンの実力者「恋のライバル」。

どのキャラも居るだけで上の句、下の句と違った素晴らしい作品です。
競技かるたの試合を映画でしか見たことがなかったので、見応えありました。

どちらかというと文化系の部活ではなく運動系の部活だなと思います。動くのは手と上半身だけですが、体力は必要な競技だなと思いました。私も高校生時代スポーツをしていたので、共感できました。

試合が始まる時にみんなの集中を高めるために、掛け声をしていましたが、私もスポーツをしてた時にチームの人と掛け声をしていたなと思い出しました。
そして、最後のエンディングには感動しました。イラストを使ったエンディングとても美しい。近江神宮もイラストで、近江神宮とても綺麗でした。

3部作どれも良かったですが一番結びが感動しました。【20代女性】

「ちはやふる 結び」は2018年に公開されました。「ちはやふる」は原作も好きで読んでいましたが、原作以上にこの映画が面白かったです。私は、広瀬すずさんのファンで、広瀬すずさんが出演している作品は欠かさず観てきました。広瀬すずさんが出演している作品の中でこの作品は特に好きです。広瀬すずさんの他にも、野村周平さんや新田真剣佑さんや上白石萌音さんなどとても豪華な俳優さんが出演しています。この作品を観ると、学生時代の部活をしていた時を思い出し懐かしく感じます。三部作の集大成として、登場する人物全員が主人公のような感じでした。上の句も下の句も観ましたが、この三部作の集大成の「ちはやふる 結び」が一番好きです。上の句と下の句に登場していた人物が成長していき、新しい登場人物も増えてとても面白かったです。物語が進むにつれて、盛り上がっていく感じがあって良かったです。青春の感じが強く、感動するシーンが多く心が熱くなりました。今までカルタには興味は無かったのですが、ちはやふるを通してカルタのことを知り、面白さを知ることができて良かったです。青春時代ならではの苦難や困難があり、努力して乗り越えていく感じがとても良かったです。ぜひおすすめする映画です。【20代男性】

上の句と下の句に付け足す感のある名称ながら絶対に必要な物語、ついに終わるんだなと感慨深く観てしまったものです。

千早たちも三年生、毎年同じように繰り返される部活動の世界ですがやはり高校生活最後のとなると今までとは違うものがあります。

下の句では百人一首そのものよりも青春に比重が行ってしまっていた感はありましたが、ここでは「こいすてふ」と「しのふれど」が運命を分かつ鍵となります。

プロの世界ならともかく本当に高校生ごときがこれほどまで深いところまで習得しているのかどうかは疑問が残りますが、何しろ全国大会を目指すような学校は違うのでしょう。

ただただ体力勝負では無い所がスポーツ系の部活動とは違う、大変そうだなと思えます。でも難しさが人々を惹きつけるのでしょう。

女の尻を追って部活動を始めるなんて軽い動機ではなくいつの間にかはまってしまっているのです。

高校生としては最後、でも新入部員だって入ってきました。それに様々な年齢層で行われる競技かるたですからこれで終わりではない、きっとそれぞれの世界で千早たちは頑張っていくでしょうしこれからも大切な仲間のはずです。

明日からもまた頑張ろうと思わせてくれた作品でした。【40代女性】

「ちはやふる 上の句・下の句」に続く完結編のこの映画では、高校生活最後の全国大会に向けて奮闘するちはやの姿が描かれます。もちろん、瑞沢高校かるた部のメンバーや、再びかるたの世界に戻ってきた綿谷新、ちはやのライバルでかるたクイーンの若宮詩暢や、ちょっと変人のかるた名人周防久志など、ちはやをとりまく様々な人々とのドラマティックな物語が展開、大団円を迎えます。ちはやを演じた広瀬すずは、かるたの対戦シーンでも、力強い「取り」を見せ、圧倒的な存在感があります。鮮やかな振袖に身をつつみ、ぎりぎりにかるたの札を攻めていく姿は、迫力がありました。しかも、かるた以外ではちょっとダメなところのある「かるたバカ」らしさをコミカルに表現している点で、原作の雰囲気を十分に伝えることが出来たと言えるでしょう。原作はまだ完結していないのですが、この映画では高校最後の全国大会が最後まで描かれ、そのあとのちはやの進路についてもなんとなくわかる点が一つの大きなポイントです。瑞沢高校の全国大会での戦いは相変わらずハラハラする展開だし、ちはやと真島太一と綿谷新との三人の恋愛模様についても、一つの方向性が見えてきて、ファンにとっては見逃せない映画といえるでしょう。【50代女性】

新人が、今年入部しないと、カルタ部が廃部になるかもしれない為、新人を入部させる為説明会を開き、二人入部に漕ぎ着けます。真島は悩んだ末、大学受験の為カルタ部を突然やめます。やめてしまった真島の代わりに、大会には一年生が出場します。真島が退部した事を一人知らなかった千早は、困惑しますが、カルタしか出来ない千早の為にカルタ部を作ったことを千早に言い、これ以上続けられない事を千早に説明しました。しかし、自分の将来と、自分のカルタへの考え方に苦悩していた真島は、自分の生き方を悩み考えた末、名人スミの言葉で背中を押され、促され、団体戦に突然出場し、真島と、幼なじみのアラタとの対決となります。そして因縁の、いろいろな意味でライバルな幼なじみの対決に、真島は、勝利しました。カルタ部という部活動を通して繰り広げられる、幼なじみの男の戦いや、学園でありがちな、イケメンに会いたいからという理由での、入部など、学生時代の切ない、楽しい恋愛模様も見応えありました。そして、人生で大事になる人間関係を、高校生活の部活を通して教えてくれる映画だと思います。やったことない競技かるたですが、、少し興味が湧いた気がします。体育会系ではないのに、体力必要なんだなと思ってみてました。【50代女性】

おじんなのですが、この作品は3本とも観ています。主演の広瀬すずの可愛さや、彼女を中心とした仲間たちの成長はとても気持ちをピュアにしてくれます。観る前は漫画原作でしかもかるたで映画が作れるわけはないと、馬鹿にしていましたが、とんでもないことでした。結びでは広瀬すずや他のメンバーも前作を高校1年生とすれば、3年生ぐらいの設定になります。この3年弱の間に成長した姿をここで再び見ることはとても気分を高揚させ、人間の成長ほど尊いものは無いと思わせてくれます。私はかるたで遊んだ記憶がほとんどありません。この映画では初心者でもわかるように説明してくれるので、その進み方、勝ち方が判り、教養ドラマのような感がありました。それにしても広瀬すずの可愛さは何でしょうか。良いものを作るための物凄いパワーのようなものを感じます。ラストに勝利しきった時の彼女の可憐さは言い尽くしがたいです。かるたは誰かが言っていましたが、一瞬にして勝敗が決まるという、瞬間の美学です。そしてその句は1000年の時を経て語り継がれてきたものです。まさにそれは永遠性でしょう。だから、一瞬と永遠が同居するかるたは、現代人を魅了してやまないのでしょう。私はこの映画を通して、かるたという日本の尊い遺産を知ることができたので、本当に感謝しております。【60代男性】

コメント

タイトルとURLをコピーしました