映画『君の膵臓をたべたい』無料動画情報

無料動画配信

映画『君の膵臓をたべたい』は2017年に公開され、浜辺美波北村匠海がW主演を務め、キャストは小栗旬など豪華なものになっていました。

今回の記事では、映画『君の膵臓をたべたい』の無料動画を視聴する方法や作品についてご紹介いたします。

「君の膵臓をたべたい」予告

映画『君の膵臓をたべたい』フル動画無料視聴方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

動画配信状況

映画『君の膵臓をたべたい』は、7つの動画配信サービス(CM広告なし)お試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
hulu ○(無料視聴できる)
TELASA ○(無料視聴できる)
music.jp ○(無料視聴できる)
TSUTAYA TV ○(無料視聴できる)
FODプレミアム ○(無料視聴できる)
dTV ○(無料視聴できる)

※2020年8月時点の情報となります。最新の配信情報は各動画配信サービスの公式サイトでご確認して下さい。

おすすめはU-NEXT

映画『君の膵臓をたべたい』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえて31日間無料期間があるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『君の膵臓をたべたい』お試し登録後、31日間見放題で無料視聴することができます。

\U-NEXT CM動画/

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

\U-NEXTの特長/
  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録後にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は18万本以上
  5. 読み放題の雑誌が約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

まず1つ目のおすすめポイントは、ポイントシステムがあって最新作映画を観る事が出来る点です。

U-NEXTは月額1980円で他の配信サービスよりは正直高めです。

しかし、毎月1200ポイントが配布され、そのポイントを使う事によって最新作映画が観られます。

旧作などは自由に観られ、最新作品はポイントでという形なので、他の配信サービスは違う独自のサービスを行なっているのも魅力です。

2つ目は、独占配信されている作品がとても魅力的という点です。

U-NEXTは他の配信サービスと同じように、映画やドラマ、バラエティなども配信されています。

しかし、現在では劇場版名探偵コナンシリーズやあいみょんのライブ映像の配信も行なってます。

さらに電子書籍の配信もあります。とても独自なサービスを行うのは、魅力的です。【20代男性】

韓国ドラマがたくさんあるのが嬉しい。

他の動画配信サイトは韓国ドラマはあるが字幕が英語だったり、吹き替えしかない場合がほとんどですが、U-NEXTはほとんど全作品が字幕付き。

ランキングが毎週更新されるので、次に見たいものが参考になるし、ランキングが比較的正確なためハズレがない作品が多い。

バラエティ番組が他の動画配信サービスよりもたくさんあるので、ドラマや映画に飽きたらたまに観れるのがいい。

アプリを開くと、あなたにおすすめの作品としてトップに上がってくるので知らなかった作品や出演者が目に留まりやすい。

初めは毎月の料金が少し高いと思っていたが、利用し始めてからはほぼ毎日寝る前など視聴するので、コスパがいいと感じています。【20代女性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの登録方法

登録は5分ほどで完了し、スムーズに見たい映画を視聴できます。

手順をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

『U-NEXT』お試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 iPhon...

自分に合うサービスを選ぶ

動画配信サービス各社の内容を確認し、ご自身に合ったベストなサービスを選びましょう。

動画配信サービス『U-NEXT』
動画配信サービスと聞いて、思い浮かべるのが「U-NEXT」という方も多いのではないでしょうか? テレビのCMで見かけたり、ネット広告で見る回数も多いでしょう。 でも気になるけど、ほかの動画配信サービスと比べて何がいいのか分からないと疑問...
動画配信サービス『hulu』
動画配信サービスは、月額料金を支払うことで、観たい作品を視聴できるのサービスです。 月額料金を支払うことで、どの作品も見放題になるのが嬉しいポイントですね。 観たいときに観れるため、24時間いつでもどこでも視聴できるのがおすすめです。 ...
動画配信サービス『music.jp』
「music.jp」と聞いて、音楽を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか? しかし、「music.jp」は、音楽だけでなく、動画やマンガ、小説など様々なコンテンツを楽しむことができます。 月額料金で見放題のサービスとは違い、月額料金...
動画配信サービス『TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV』
TSUTAYAのネットレンタルサービスに、 TSUTAYA DISCAS TSUTAYA TV があるのをご存知でしょうか? 名前を聞いたことがあるけど、詳しいサービス内容が分からない方も多いのではないかと思います。 ...
動画配信サービス『FODプレミアム』
FODプレミアムという、動画配信サービスをご存知でしょうか? 名前を聞いたことはあるけど、サービスの詳しい内容は知らないという方も多いのではないかと思います。 FODプレミアムを詳しく知りたい方に向けて、FODプレミアムの特徴やメリット...
動画配信サービス『dTV』
dTVは、NTTドコモが提供している動画配信サービスです。 ドコモを使っている方はもちろん、ドコモ以外の方も使用することができます。 映画は邦画や洋画、ドラマも国内から海外など、たくさんのジャンルを楽しめるのが魅力的なポイント。 dT...

映画『君の膵臓をたべたい』作品情報

住野よるの同名小説が原作で、原作小説は、本屋大賞で2位にランクインされたほか、2018年にはアニメ映画化されるなど、社会現象となりました。

切ないラブストーリーであると同時に、あまりにも衝撃的な展開によって、視聴者におどろきを与えてもいます。

高校時代のクラスメート・桜良の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】と、結婚を控えた桜良の親友・恭子。膵臓の病を患っていた桜良の死から12年。彼女と過ごした日々を思い出していたふたりは、ある事をきっかけに桜良が伝えたかった本当の思いを知る。

出典:U-NEXT

キャスト

  • 山内桜良:浜辺美波
  • 【僕】(学生時代):北村匠海
  • 恭子:大友花恋
  • ガム君:矢本悠馬
  • 委員長:桜田通
  • 栗山:森下大地
  • 【僕】(現在):小栗旬
  • 中脇樹人
  • 三上紗弥
  • 中田圭祐
  • 広岡由里子

スタッフ

  • 監督:月川翔
  • 原作:住野よる
  • 音楽:松谷卓
  • 脚本:吉田智子
  • 製作:市川南

映画『君の膵臓をたべたい』ネタバレあらすじ

高校教師であることに自信がない僕は、栗山という男子生徒と図書館の整理をしますが、そんななか、自身の高校時代を思い出します。

高校時代、僕は、山内桜良という女子生徒と出会いました。

病気で病院に行ったところ、たまたま共病文庫という、山内桜良の日記を手にしたことが原因だったのです。

山内桜良は、人気者でしたが、実は、膵臓に重大な病気を抱えていました。

そして、僕は以後、彼女の死ぬまでにしたいことを実現するという行為に協力することとなったのでした。

僕は、ガム君との交流、山内桜良の友人の滝本恭子からの微妙な目のなか、次第に山内桜良との信頼関係を築いていくのです。

しかし、実は、山内桜良の病気のことは、滝本恭子すら知りませんでした。

膵臓を食べていい

僕と山内桜良は、すっかり親密になっていきました。

僕は、山内桜良にとことん振り回されていくものの、それは楽しいひとときです。

さらに、山内桜良は、いきなり旅行をすると言い出して、僕は付き合わされることに。

山内桜良は、僕に、真実か挑戦というゲームをするよう誘いました。

真実か挑戦とは、トランプで大きい数字を引いた者が、もう一方に対して、真実を言わないといけないことを聞くか、しないといけないことをさせるという、奇妙な遊びです。

山内桜良は、僕に向かって、自分が死んだら膵臓を食べていいと、おかしなことを言います。

山内桜良によれば、膵臓を食べられると、食べた人のなかで魂が生き続けるとのこと。

その後、僕と山内桜良はぎこちなくなりつつ、これを切り抜け、僕は、山内桜良と学級委員長の隆弘が昔、交際していたことを知ります。

唐突過ぎる展開

山内桜良は検査入院することになって、僕に、自分の死後は、滝本恭子と仲よくなるようにと言います。

一方、そんな滝本恭子は、山内桜良をとても慕っていて、あいかわらず、僕に対しては、とても厳しいようす。

山内桜良は、僕が生きていてほしいと述べると、僕を抱きしめ、2人は退院後、桜を見に行くことを誓いました。

そして、山内桜良は一時退院することになりますが、彼女はなぜか待ち合わせ場所には現れませんでした。

その後、あまりにも衝撃的な事実が明らかになります。

街頭モニターに通り魔事件が流れますが、よりによって、山内桜良は、僕に会いに行く途中、その犯人に殺されていたのでした。

僕は、あまりのことに、言葉を失なってしまいます。

山内桜良を失って

僕は、山内桜良を喪失したことによって、現実と向き合うことができないまま、日々を送っていました。

山内桜良の家に行き、彼女を弔うと、僕は、母親から、共病文庫を遺品として渡されます。

生前、山内桜良は、自分の死後、共病文庫を僕に渡すよう遺言していたのでした。

共病文庫には、山内桜良の毎日のことが書かれていました。

まさか通り魔に遭うとは知るよしもなく、僕と桜を見られると信じていた様子など。

母親は、山内桜良は、僕のおかげで生きることができたと感謝します。

これを受け、僕はとうとう号泣してしまうのでした。

これまでなかなか山内桜良が死んだことを理解できなかったものの、僕も、とうとう現実と向き合わざるを得なくなったからです。

映画『君の膵臓をたべたい』ラストの結末

ここまで高校時代の回想を続けていた僕は、現在に戻り、それから図書館で、山内桜良が、僕と滝本恭子に宛てた手紙を見つけます。

僕は、ガム君と結婚することになっていた滝本恭子の結婚式場に行き、この山内桜良からの手紙を彼女に手渡しました。

そして、僕は今さら、山内桜良が、みずからの死後、滝本恭子と友人になるよう言っていたことを語って、滝本恭子はこれに呆れてしまいます。

僕はやがて、山内桜良が自身に宛てた手紙のほうも読み始めました。

そこには、山内桜良からの感謝の言葉が並んでいて、君の膵臓を食べたいと書かれていました。

それまで僕は、高校教師を辞めてしまおうと思っていたものの、この考えを改め、続けることにします。

映画『君の膵臓をたべたい』感想

このように、映画『君の膵臓をたべたい』は、ありきたりな感動系ストーリーとはひと味違った、独特としか言いようのない内容でした。

なんとなく、ハッピーエンドではなく、山内桜良は死ぬだろうとは思っていたものの、まさか、ああいうかたちになるとは、信じられない限りでしたね。

もっとも、この作品は、山内桜良の死に方自体が重要なのではなく、人生がどんな形で終わるか分からないという事実を突きつけています。

既存の難病ものとは一線を画した本作を、ぜひ、視聴してみましょう。

映画『君の膵臓をたべたい』視聴者の声

特徴的なタイトルに惹かれてみました!

ヒロインのさくらを演じていた浜辺美波さんの透明感がすごかったです!

しっかりしてるけどお茶目で親友にも愛される理由がわかるなーっていうさくらにぴったりでした!主人公の北村匠海くんも個性的な「僕」の独特の世界観を上手く出していました!

こういう高校が舞台の恋愛映画って役者さんの年代があってなくて違和感があることが多いイメージですが2人は実際若いからかかなり自然でした!

あと衣装の制服がかわいかったです(笑)大人になってからのシーンと高校時代の回想シーンを行き来する感じもよかったです!

原作にはない描写だそうで監督さんの良いアイデアだなと思います。ただ学生時代北村匠海くんで大人になってから小栗旬さん、同じく大友加恋ちゃんから北川景子さんというキャスティングは、少し違和感がある気がしなくもないです…

小学生とかならまだしも高校生のときと大人になってからの容姿ってそこまで激変しないのでは…

まあ全員好きなのでキャストが豪華でよかったということにしときます(笑)タイトルからどうせ病気系の感動ストーリーだろうと思っていたのですが見終わったときは予想と全く違った結末であっけにとられました…

わかってるから泣かないだろうと思っていたのにしっかり泣いてしまいました…!【20代女性】

大人パートと高校生パートが交錯する、セカチュー的なつくりで、高校生とかってこういう話が好きなのかなと思いました。きっと、大人になっても忘れられない恋愛がしたいとか思っているんでしょうね。ストーリーもよくある話でそんなに印象に残らないです。死因が意外だけど、その意外性はいらないです。クラスの人気女子と根暗男子が仲良しにっていうのはありえなさそうでありうるかなとは思います。ただ、あそこまで急速に仲良くならないし、一緒に部屋に泊まるとかありえないです。もっと、少ないかかわりだけど、今から思うと、互いに好きだったとか、彼女も楽しそうだったとかそういう描写の方がリアリティがあったなと思いました、グループは違うけど、なぜか仲いい子とかいましたから。役者は浜辺美波さんが究極にかわいいです。名前からして素敵な女性だなと思っていましたが、たしかに透明感があり、抜擢された理由もわかりました。男の子のほうも根暗な感じでよかったです。よくある話だったし、そんな驚きはないけれど、だれかの一部になって生き続けたいと思ったり、ずっと誰かのことを思っていたり、ああ人は人と関係して生きているんだなあと思えた、いい映画でした。【30代女性】

初めてこの作品を知ったのは、書店に立ち寄った際その週の人気ランキングに掲載されており試しに単行本を読んで知りました。
最初は少しゾッとするタイトルに感じたのでホラー要素のあるストーリーなのかなと感じましたが全くそんなことはありません。
映画では小説での表現がとても忠実に再現されており、より心に響きました。
この映画を見て感じたことは、改めて今ある自らの命の尊さ、大切さです。私たちは普段の日常の中で何かと「当たり前」に感じている物事が多々あると思います。ですがその「当たり前」なこと、ありきたりな事が突然特別なことに変わってしまう。その時自分はどうする?と、自らに問いかけたくなるそんな作品でした。
「人間いつ何が起こるかなんてわからない」この言葉は普段TVや雑誌様々なメディアで目に、耳にする機会はあると思います。しかしながら実際に自分の力だけではどうにもならない、運命に抗う事ができない状況になったらあなたはその時どうしますか?
私はこの映画を見終わった頃涙が溢れ出たのと同時に何か自分の中で変化があったのです。日々当たり前だと思っている事、ありきたりだと思っている事、それはいつ崩れ落ちるかも分からないこの世の中にある奇跡であり宝物のような物だと。
この映画に出会って私は何事にも感謝の気持ちを持ち、周囲の仲間や家族にたくさんの愛情に恵まれ生きているという事を改めて理解する事ができたそんな作品だったと感じております。
今ある日常にあきあきとしている方、大切なものが何なのかを見失ってしまった方、それ以外にも最近感動してないな・・・と感じている人などに私は是非この作品をお勧めさせて頂きたいです。【20代女性】

「君の膵臓をたべたい」はまず感想から言うとかなり面白く、とても感動できる映画でした。自分は原作を読んでいたのでおおまかな内容はわかっていたのですが、映画と原作では違う部分があるので、原作を読んだ人もぜひ見てほしいと思います。映画が大きく違うところは、主人公が大人になっているところから始まり、高校時代を思い出していくということです。原作のストーリーにひと手間加えたものなので、ストーリーとしてのレベルが上がっています。高校時代の主人公は北村匠海くんが演じ、大人になった主人公は小栗旬が演じます。主人公の、ヒロインである山内桜良以外には心を閉ざした感じが演技に出ており北村匠海は主人公のキャラクターにぴったりでした。また、この映画は題名の付け方が天才的だと思います。見ないとタイトルの意味が全く分からないと思いますが、見た後にはそういうことだったのかと必ず思うと思います。恋人が病気を患うという設定はありきたりかもしれませんが、内容的には今までにはない感じのものです。ヒロインの死因については賛否両論があるかと思いますが、生きることがどれだけ貴重なことか、というメッセージなのだと思います。深い映画でした。【20代男性】

初めに君の膵臓をたべたいと言う題名ですが想像しているような怖いものではありません笑
ホラーでは無いのです純粋なラブストーリー。
それでは参りましょう。
彼女の余命が膵臓の病気により、もう長くはないことが記されていた。「僕」はその本の中身を興味本位で覗いたことにより、身内以外で唯一桜良の病気を知る人物となる。
しかし、余命を全うすることなく、4週間の入院治療から解放されたその日に桜良は通り魔に刺されて亡くなってしまう。「僕」は桜良の通夜や葬儀に出席せず、数日後に桜良の家を訪れる。
「山内桜良の死ぬ前にやりたいこと」に付き合うことにより、「僕」、桜良という正反対の性格の2人が、互いに自分には欠けている部分にそれぞれ憧れを持ち、次第に心を通わせていきながら成長していく。

そして「僕」は「人を認める人間に、人を愛する人間になること」を決意。桜良は、恋人や友人を必要としない「僕」が、初めて関わり合いを持ちたい人に自分を選んでくれたことにより「初めて私自身として必要とされている、初めて私が、たった一人の私であると思えた」と感じていく。【10代男性】

この「君の膵臓をたべたい」という映画、初めてそのタイトルを耳にしたときにはちょっとぎょっとしました。
だって、「膵臓」を「たべたい」だなんて、ちょっと独特すぎると思いませんか??
膵臓を食べる料理って私は知りません。
膵臓というと、膵炎や膵臓癌などの重篤な病気が思い浮かびます。
膵臓癌は医学が発展した今でも「癌のチベット」と言われているくらい発見が難しいものであり、死亡率はかなり高く、また膵炎は症状が激しく激痩せする、なんて過激なイメージがあるからです。
「膵臓」と言っているからには、主人公、もしくは登場人物が何か(膵臓に)重篤な症状を抱えているんだろうな、ということは安易に想像できますし、病気をテーマにしたドラマなんだろうな、悲しいのかな、、なんて想像してしまいました。
ところが実際に見てみると、主演の浜辺美波さんの明るいキャラクターもあり(実は裏では苦しんでいたが表に出さないように天真爛漫に過ごしていた)、学園ものの甘酸っぱいドラマとして、ちょっとドキドキしながら爽やかに楽しむことができました。
病気のことを感じさせず、ストーリーが暗くなることもなく見事でしたね。
でもなぜ、最後の最後に通り魔に殺されるなんてフィナーレを迎えなければならなかったのか・・・。
映画にのめり込んでしまったため、そのフィニッシュについて納得することができませんでした。
でもきっとこれが良い映画なのでしょう。予定調和(この映画では病気で死んでしまうこと)ではなく、あっけない幕切れ。
何かしてやられた気分になりました。

見終わった直後はショックでしたが、しばらくすると「それでもありかな」と受け入れられるような。【30代男性】

コメント

タイトルとURLをコピーしました