映画『ドクター・ストレンジ』フル動画情報

無料動画配信

今回の記事では、映画『ドクター・ストレンジ』フル動画お得に視聴する方法や作品についてご紹介いたします。

ベネディクト・カンバーバッチ主演!映画『ドクター・ストレンジ』予告編

映画『ドクター・ストレンジ』フル動画視聴方法

  1. 動画配信サービス・・・ポイントでフル視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・フル視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーション他

おすすめはU-NEXT

映画『ドクター・ストレンジ』は、4つの動画配信サービス(CM広告なし)お試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、お得にフル視聴できます。

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT
ポイントでフル視聴できる
[字][吹]
hulu ×
TELASA
ポイントでフル視聴できる
[字][吹]
music.jp
ポイントでフル視聴できる
[字][吹]
TSUTAYA TV
ポイントでフル視聴できる
[字][吹]
FODプレミアム ×
dTV
ポイントでフル視聴できない
[字][吹]

※2020年8月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

映画『ドクター・ストレンジ』をお得にフル視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえて31日間無料期間があるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『ドクター・ストレンジ』を視聴するためには「385ポイント」を必要としますが、お試し登録時にもらえるポイントを利用することにより、お得にフル視聴することができます。

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTでフル動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTにはその他にもたくさんのメリットがあります。

  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
  5. 読み放題の雑誌約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

U-NEXTのお勧めな点はやはり作品数が非常に多いことです。

また、アニメや映画やドラマなど多岐にわたって公開されており、古いものから新しいものまでラインナップがかなり豊富に取り揃えられています。

また、動画だけでなく漫画も見ることが出来るようになっており、少ししか時間がないような時でも漫画を見るなど、様々なジャンルを利用することができます。

作品によっては料金がかかることもありますが、U-NEXTは毎月ポイントが貯まっていきますので、それを利用して見たい作品を見ることができます。

ポイント数もかなり入ってくるので、基本的に追加でお金を支払うことがなく見たい作品を見れるようになっているといったところが非常におすすめポイントだと思います。【30代男性】

▼U-NEXTでフル動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの特徴と登録方法

U-NEXTの登録はとても簡単にでき、スムーズに見たい映画を視聴できます。

特徴や登録手順をご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

動画配信サービス『U-NEXT』
動画配信サービスと聞いて、思い浮かべるのが「U-NEXT」という方も多いのではないでしょうか? テレビのCMで見かけたり、ネット広告で見る回数も多いでしょう。 でも気になるけど、ほかの動画配信サービスと比べて何がいいのか分からないと...
『U-NEXT』お試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 iPhon...

映画『ドクター・ストレンジ』作品情報

2016年11月4日にアメリカで公開され、2017年1月27日には日本でも公開されたアメリカ映画。

興行収入は、日本で18.7億円、世界では6億7千万ドルを超えました。

「マーベル・コミック」のコミックヒーローである「ドクター・ストレンジ」を、実写映画化した作品です。

ニューヨークの天才外科医であるドクター・ストレンジ役には、ベネディクト・カンバーバッチ。

ストレンジが想いを寄せるヒロイン・クリスティーン・パーマー役は、レイチェル・マクアダムスが演じます。

神の手を持つ天才外科医、ドクター・ストレンジ。突然の事故によって両手の機能を失った彼は、謎の治療施設のうわさを聞きつけてカトマンズへ。そこで厳しい修行により魔術を習得したドクター・ストレンジは、闇の魔術との戦いに巻き込まれていく。

出典:U-NEXT

キャスト

  • (ドクター・ストレンジ)ベネディクト・カンバーバッチ
  • (モルド)キウェテル・イジョフォー
  • (クリスティーン・パーマー)レイチェル・マクアダムス
  • (ウォン)ベネディクト・ウォン
  • (ニコデマス・ウエスト)マイケル・スタールバーグ
  • (ジョナサン・パングボーン)ベンジャミン・ブラット
  • (ルシアン/ストロング・ゼロッツ)スコット・アドキンス
  • (カエシリウス)マッツ・ミケルセン
  • (エンシェント・ワン)ティルダ・スウィントン
  • リンダ・ルイーズ・デュアン

スタッフ

  • 監督 スコット・デリクソン
  • 音楽 マイケル・ジアッキノ
  • 脚本 スコット・デリクソン、C・ロバート・カーギル
  • 製作 ケヴィン・ファイギ

映画『ドクター・ストレンジ』ネタバレあらすじ

邪悪な魔術師カエシリウスと手下たちは、魔術師の書庫に現れます。

そこで禁断の書の重要なページだけ破って盗みます。

しかしカエシリウスたちは、フードを被った謎の人物によって行く手を阻まれます。

フードの人物も魔術を操れるのです。

フードの人物によって、カエシリウスの手下たちは次々と始末されましたが、カエシリウスは残った数人の手下とともに逃げのびました。

一方、ドクター・ストレンジという医師がニューヨークで活躍していました。

ストレンジは、頭に被弾して脳に弾丸が残っている患者の手術をして助けます。

しかしストレンジには、自分の能力を鼻にかけて、傲慢な振る舞いをするところがありました。

そんなある日、ストレンジは晩餐会に車で向かいます。

その途中、事故を起こしてしまったストレンジは、病院に運ばれ手術を受けましたが、両手が自由に使えなくなってしまいました。

もちろん、もう外科医を続けることはできません。

ストレンジは諦めることなどできず、さまざまな治療をいろんな医師に依頼しますが、すべて断られてしまいます。

ストレンジは、心がすさみ、唯一優しく接してくれるクリスティーンに対しても、酷い言葉を浴びせるようになりました。

クリスティーンはそんなストレンジに愛想が尽きてしまいます。

そんな時、1人になってしまったストレンジのもとに、ある患者の治療記録が届けられました。

それは、かつてリハビリを担当してくれた医師からのもので、信じられない奇跡の回復を遂げたパングボーンという人物の治療記録でした。

ストレンジは両手の治療の為、カマー・タージに向かいます。

ストレンジは、パングボーンを尋ねます。

そして、どうやって奇跡の回復を出来たのかを、聞き出そうとします。

パングボーンは、ネパールのカマー・タージという場所で、肉体を回復させることができたのだと、教えてくれました。

ストレンジはカマー・タージを探します。

ストレンジが裏通りにさしかかると、強盗たちが襲ってきました。

しかしモルドという修行僧が現れて、ストレンジを助けてくれました。

そして、ストレンジをカマー・タージに案内してくれました。

そこには、女性魔術師のエンシェント・ワンがいました。

助けてくれたモルドの師でもあります。

さっそくストレンジは、パングボーンを治療した方法について、エンシェント・ワンに尋ねます。

エンシェント・ワンは答えました。

「肉体と魂はつながっている。魂の在り方を高めることで、体も治る」

ストレンジは、持ち前の傲慢さにより、エンシェント・ワンの言うことを信じることができません。

エンシェント・ワンはストレンジに、科学の力では説明のしようもない神秘的な体験をさせました。

その圧倒的な能力を見せつけられたストレンジは、考えを改めて、エンシェント・ワンに弟子入りを願い出ます。

さまざまな魔法を使えるようになったストレンジ

ストレンジはエンシェント・ワンから魔術を教えてもらいますが、なかなか上達しません。

エンシェント・ワンは、ストレンジに、医学を学んだときのように練習と研究が重要であることを気づかせます。

ストレンジは、カマー・タージにある図書館であらゆる本を読みました。

そして魔術の練習にも真剣に取り組みます。

ある日、ストレンジは、図書館の壁に保管されている特別な本のうちの一冊である「カリオストロの書」に、破られているページがあることに気がつきます。

修行の日々を続けたストレンジは、別の場所に瞬間移動するための輪を描く術を習得します。

また、アストラル体の幽体離脱も会得しました。

ほかにも、ミラー次元についても自在に使いこなせるようになっていきました。

カエシリウスとの戦いでエンシェント・ワンの秘密を知ったストレンジ

カエシリウスが、サンクタムという時空間ゲートから侵入してきました。

そしてストレンジは、ロンドンのサンクタムへ弾き飛ばされます。

ストレンジは、カエシリウスとその部下たちと戦います。

ストレンジは、そこに展示されていた魔法のマントに助けられながら、カエシリウスの部下たちを追いやることに成功します。

カエシリウスは、ストレンジに自分の考えを語りました。

寿命というもののある人間にとっての本当の敵は「時間」なのだと。

そして、「時間」を超越することのできる暗黒次元の魔神ドラマムゥと結託することで、幸福が訪れるのだと語りました。

さらにエンシェント・ワンも暗黒次元と取引することで、不老長寿になっているのだと言い、エンシェント・ワンのことを偽善者であると語りました。

エンシェント・ワンの秘密を知り動揺したストレンジを、カエシリウスの部下が襲いました。

深手を負ったストレンジは、空間ゲートを開いてニューヨークの病院へと瞬間移動し、クリスティーンに自分の手術を頼みました。

映画『ドクター・ストレンジ』ラストの結末

クリスティーンの治療で普通に動けるようになったストレンジは、再びロンドンへと向かいましたが、カエシリウスは消えています。

そこに、モルドとエンシェント・ワンが賭けつけます。

エンシェント・ワンは、ロンドンを防衛したストレンジに「マスター」の称号を与えて去っていきました。

カエシリウスが手下を伴い、再び現われました。

ストレンジとモルドがニューヨークの街中へ行くと、カエシウスは魔術を使ってニューヨークの街に結界を張ります。

そんななか、エンシェント・ワンが戻ってきて、カエシウスの手下たちを排除しますが、隙をつかれて負傷し地面に落下しました。

ストレンジはエンシェント・ワンを、クリスティーンのいる病院に緊急搬送しました。

その時、エンシェント・ワンはアストラル体になります。

ストレンジもアストラル体になって、エンシェント・ワンに寄り添います。

2人でニューヨークの夜景を見ながら語ります。

暗黒次元の力で不老長寿を得ていたのは、地球の未来を救うためにどうしても必要だったのだと、エンシェント・ワンは話しました。

そしてストレンジを後継者に指名し、その傲慢さを捨て、恐怖心を乗り越えれば、暗黒次元の支配者ドルマムゥを排除することができると、言いました。

そしてエンシェント・ワンは死にました。

その頃、香港はカエシウスたちによって破壊されていました。

ストレンジは時間を巻き戻す術を使って、街をほとんど元の姿に戻しました。

しかし、暗黒次元の侵攻を止めることができません。

ストレンジは暗黒次元に行き、時間を巻き戻す術を発動させてから、暗黒次元のドルマムゥに会いました。

ドルマムゥはストレンジを殺しますが、時間が繰り返されるので、何度ストレンジを殺してもストレンジは生き返ります。

とうとうドルマムゥは、根を上げてカエシウスたちを引き揚げさせて、二度と地球に現れないことを約束します。

ストレンジの活躍で、香港はもとの街並に戻りました。

自分の力をはるかに凌ぐストレンジの姿を目の当たりにしたモルドは、自尊心を保てなくなり、ストレンジに反発して去っていきました。

ストレンジはカマー・ターに戻り、「アガモットの眼」を元あった場所に戻しました。

一方、モルドはパングボーンのもとを訪れました。

そしてモルドはパングボーンが身に付けた魔術を奪いました。

するとパングボーンの身体は、もとの半身不随だった状態に戻ってしまいました。

モルドは、そんなパングボーン向けて「この世界には魔法使いが多すぎる」と、吐き捨てるように言うのでした。

映画『ドクター・ストレンジ』感想

天才医師のストレンジが傲慢で自信満々でした。

しかし交通事故を起こして、両手を自由に使えなくなったが手術をしても完全には治すことができず、魔術で治すことにした…という、なんとなくシリアスなストーリー展開が続いていきました。

そんな中、カエシリウスがストレンジに対して、ミスタードクターと言ってみたり、ある武器を手にしたストレンジに向けて、「使い方を知らないのか?」と言ってみたりと、時々笑いを誘う場面があって、戦闘場面の緊張感が一瞬緩んでよかったです。

しかし、ドクター・ストレンジの能力が、あまりにも多彩すぎて、手から武器を作り出してみたり、空間を好きに移動できたり、時間までも自由に操って時間を巻き戻したり。

何でもありな感じは、勝ったときの感動を抑えるのには役に立っていたように感じました。

ラストの暗黒世界の主を説得して勝つという勝ち方は、結末の場面であまり敵に勝ったという盛り上がりにさせない為の工夫のように思いました。

ヒロイン役のレイチェル・アン・マクアダムスが唯一、この映画で可愛かったです。

あと、名言がたまに出てきたのも良かったと思います。

「死があるから人生の時間が限られて、命が輝く」などといった名言が、いろいろと深く考えさせてくれる映画でした。

映画『ドクター・ストレンジ』視聴者の声

天才外科医が交通事故で全身骨折・打撲して特に手の打撲がひどく、ワイヤーやボルトを入れても治らず、私財を投げ打って難しい手術をしても治らず…。

たくさんあった時計も手放して。

1つだけ愛する女性からもらった時計をして、作業療法士から教えてもらった、奇跡的な回復をした男に会いに行き、教えてもらった場所へ行きます。

本当に素晴らしい腕前のドクターがそれを失った時、言われようのない喪失感が襲いかかり、何とか昔の状況に戻ろうとする気持ちがよくわかります。

ドクター・ストレンジ役のベネディクト・カンバーバッチさんが本当にセクシーで素敵です。

スタートレックの時のカーンのような悪役やイミテーション・ゲームのような天才も好きですが、ドクター・ストレンジ役が一番ハマっていると思います。
怪我をする前のストレンジだったら、多分信じることのなかった世界に、怪我が治るならと踏み込んでいきます。

この時点でエンシェント・ワン(デイルダ・スウィントン)はもうストレンジがすごい力を発揮するだろうということを知っていたということが、後々分かってきます。

アベンジャーズにも続いていきます。

最後は続編を匂わせて終わっているので、是非2021年公開予定のドクター・ストレンジ2楽しみです。【30代女性】

コメント

タイトルとURLをコピーしました