映画『プラダを着た悪魔』無料動画情報

無料動画配信

2006年に公開された、デヴィッド・フランケル監督の映画『プラダを着た悪魔』。

今回の記事では、映画『プラダを着た悪魔』動画無料視聴する方法や作品についてご紹介いたします。

プラダを着た悪魔 予告編 The Devil wears Prada – trailer + Brands

映画『プラダを着た悪魔』フル動画無料視聴方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

おすすめはU-NEXT

映画『プラダを着た悪魔』は、5つの動画配信サービス(CM広告なし)お試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
[字][吹]
hulu ○(無料視聴できる)
[字][吹]
TELASA ○(無料視聴できる)
[字]
music.jp ○(無料視聴できる)
[字][吹]
TSUTAYA TV ○(無料視聴できる)
[字]
FODプレミアム ×
dTV 〇(無料視聴できない)
[字][吹]

※2020年9月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

映画『プラダを着た悪魔』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえて31日間無料期間があるU-NEXTが一番おすすめよ!

U-NEXTにおいて、映画『プラダを着た悪魔』お試し登録後、31日間見放題で無料視聴することができます。

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTにはその他にもたくさんのメリットがあります。

  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
  5. 読み放題の雑誌約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

圧倒的に動画数が多いです。他の動画サイトで見つけることが出来なかった作品や有料だったものが、U-NEXTであれば大抵見つけることができる。
価格は少し高額ですが、邦画・洋画問わず動画をたくさん見る方にはコスパは良いと思います。
コロナウイルスの影響で自宅にいる時間がたくさん今だからこそ、こういった動画サイトに登録してできるだけ無駄な時間を過ごすことの無いよう1日1本でも良いから映画を見て、教養を増やす努力をしています。
また、金額が高くて迷っている方は無料お試しの期間も設けられていますので、そういったものを利用して自分の向き不向きを確認確認するのもいいと思います。
ストレスなく見たいものをすぐ見れる環境を作りたいのであれば、U-NEXTは本当にオススメです。【30代女性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの登録方法

登録は5分ほどで完了し、スムーズに見たい映画を視聴できます。

手順をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

『U-NEXT』お試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 iPhon...

動画配信サービスを選ぶ

動画配信サービス各社の内容を確認し、ご自身に合ったベストなサービスを選びましょう。

動画配信サービス『U-NEXT』
動画配信サービスと聞いて、思い浮かべるのが「U-NEXT」という方も多いのではないでしょうか? テレビのCMで見かけたり、ネット広告で見る回数も多いでしょう。 でも気になるけど、ほかの動画配信サービスと比べて何がいいのか分からないと疑問...
動画配信サービス『hulu』
動画配信サービスは、月額料金を支払うことで、観たい作品を視聴できるのサービスです。 月額料金を支払うことで、どの作品も見放題になるのが嬉しいポイントですね。 観たいときに観れるため、24時間いつでもどこでも視聴できるのがおすすめです。 ...
動画配信サービス『music.jp』
「music.jp」と聞いて、音楽を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか? しかし、「music.jp」は、音楽だけでなく、動画やマンガ、小説など様々なコンテンツを楽しむことができます。 月額料金で見放題のサービスとは違い、月額料金...
動画配信サービス『TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV』
TSUTAYAのネットレンタルサービスに、 TSUTAYA DISCAS TSUTAYA TV があるのをご存知でしょうか? 名前を聞いたことがあるけど、詳しいサービス内容が分からない方も多いのではないかと思います。 ...
動画配信サービス『FODプレミアム』
FODプレミアムという、動画配信サービスをご存知でしょうか? 名前を聞いたことはあるけど、サービスの詳しい内容は知らないという方も多いのではないかと思います。 FODプレミアムを詳しく知りたい方に向けて、FODプレミアムの特徴やメリット...
動画配信サービス『dTV』
dTVは、NTTドコモが提供している動画配信サービスです。 ドコモを使っている方はもちろん、ドコモ以外の方も使用することができます。 映画は邦画や洋画、ドラマも国内から海外など、たくさんのジャンルを楽しめるのが魅力的なポイント。 dT...

映画『プラダを着た悪魔』作品情報

本作は、ローレン・ワイズバーガーさんの小説が原作。

ファッション業界を舞台にしたドラマとなっていて、アメリカでも日本でも、それぞれおおいに話題になりました。

ジャーナリスト志望のアンドレアが就職したのは、一流ファッション誌の編集部。業界の誰もが恐れる編集長ミランダの無理難題をこなしながら、自身もファッショナブルに変身していく。しかし仕事を頑張れば頑張るほど、彼氏や仲間との関係が崩れていき…。

出典:U-NEXT

キャスト

  • ミランダ・プリーストリー:メリル・ストリープ
  • アンドレア・サックス:アン・ハサウェイ
  • エミリー:エミリー・ブラント
  • ナイジェル:スタンリー・トゥッチ
  • ネイト:エイドリアン・グレニアー
  • リリー:トレイシー・トムズ
  • クリスチャン・トンプソン:サイモン・ベイカー
  • ダグ:リッチ・ソマー
  • ジェームズ・ホルト:ダニエル・サンジャタ
  • レベッカ・メイダー

スタッフ

  • 監督:デヴィッド・フランケル
  • 原作:ローレン・ワイズバーガー
  • 音楽:セオドア・シャピロ
  • 脚本:アライン・ブロッシュ・マッケンナ
  • 製作:ウェンディ・フィネルマン

映画『プラダを着た悪魔』ネタバレあらすじ

アンドレア・サックスは、ジャーナリストをめざしてニューヨークにやって来ました。

そして出版社から面接の知らせが来たため、さっそく来社することに。

が、その仕事はファッション雑誌『ランウェイ』の編集長のミランダ・プリーストリーのアシスタント。

アンドレア・サックスは、ファッションに無関心だったため、雑誌にも編集長にもなじみがありません。

が、ミランダ・プリーストリーは仕事の鬼で、歴代アシスタントはみんな消えていたのです。

ミランダ・プリーストリーは、結局、アンドレア・サックスを採用しました。

これ以降、なにかと苦労を強いられていく、アンドレア・サックス。

ミスもしでかしてしまうアンドレア・サックスでしたが、ミランダ・プリーストリーの側近のナイジェルのアドバイスで、別人のように華麗に変身。

仕事もうまくいき始め、ミランダ・プリーストリーからも一目置かれることに。

アンドレア・サックスを難題が襲いますが、彼女はこれも突破し、信望は高まっていきます。

やがて、アンドレア・サックスは、ミランダ・プリーストリーとともにパリコレへ行き、彼女の素顔を知って、ようやくリスペクトし始めました。

その後、アンドレア・サックスは、ミランダ・プリーストリーといろいろあったものの、彼女のおかげで新聞社へ就職できることになったのです。

アンドレアの奮闘

映画『プラダを着た悪魔』では、アンドレア・サックスが、ミランダ・プリーストリーの厳しさによって、翻弄させられていくことに。

彼女が課された難題でも、もっともひどかったものは、なんと、4時間以内に未発売の『ハリー・ポッター』を入手しろというもの。

が、おどろくべきことに、アンドレア・サックスは、クリスチャン・トンプソンの協力で、これを乗り切ったのでした。

ミランダ・プリーストリーもいろんな意味で普通ではありませんが、彼女も非凡すぎですよね。

ミランダの素顔

アンドレア・サックスへの無理難題など、ミランダ・プリーストリーの横暴が極まった、映画『プラダを着た悪魔』。

ところが、パリコレにて、アンドレア・サックスは、そんなミランダ・プリーストリーの悲しい素顔を初めて知ることに。

ミランダ・プリーストリーは、前夫とのあいだに双子の娘がいたものの、今の夫と離婚しそうになっていたのです。

マスコミの好奇の目にさらされるであろう娘たちのことを想うミランダ・プリーストリーを見て、アンドレア・サックスもやっと彼女に心を動かされていくのでした。

ミランダとアンドレアのきずな

映画『プラダを着た悪魔』では、このように、ミランダ・プリーストリーとアンドレア・サックスのあいだに、数え切れないほどのドラマが展開されました。

さて、最終的に、ミランダ・プリーストリーは、アンドレア・サックスを高く買って、彼女のおかげで、アンドレア・サックスはジャーナリストへの道を進めることになります。

が、興味深いのはこの後のこと。

2人がたまたま路上で出くわすのですが、お互いそのことに気付いているのに、ミランダ・プリーストリーは、アンドレア・サックスを無視するのです。

とはいえ、彼女は顔に謎の微笑をまとっていたのでした。

映画『プラダを着た悪魔』感想

映画『プラダを着た悪魔』は、ファッション業界という華麗な世界が舞台のドラマです。

しかし、ミランダ・プリーストリーの無茶に苦戦させられるアンドレア・サックスなど、過酷すぎる描写も続き、呆気にとられることもしばしば。

もっとも、ミランダ・プリーストリーに振り回されるのはアンドレア・サックスだけではなく、職場の人間関係の複雑さが魅力的です。

パリコレなど、見どころも少なくありませんので、今までファッションにくわしくなかった方も、ぜひ、視聴してみることをおすすめいたします。

映画『プラダを着た悪魔』視聴者の声

プラダを着た悪魔を見たとき、本当に見てよかったと思いました。この映画はあまり関心がなかったのです。題名からして,どんなものと思うことがあったからです。ところが見ると、本当にいい映画だと思うことができました。私が見た映画の中で、3番目に何度もみたい映画としてあげることができます。
まずいいと思うのは、なんといっても頑張り気持ちをもたせてくれるところです。プラダを着た悪魔の主人公は、そこでとても辛い思いをします。ところが、できないことはないという精神で、どんどん成長していくのです。普通の冴えない女性が、そこで成長していくんですね。それがたまらなく励まされました。やれば出来るという、そんな気持ちにさせてくれるのです。
この映画を見たとき、仕事について行き詰っている時でした。できないと思っていたのです。楽な方に流れたいと思ったこともあります。しかしこれを見て,そんな気持ちがすっ飛んでしまったのです。頑張ろうと思う気持ちを持つことができたのです。ここでは、不可能なことをどんどん可能としていきます。そのバイタリティを自分も感じたい、できないことはないと思えて本当に勇気をもらうことができた映画だと思っています。【40代女性】

主人公のアン・ハサウェイはアンドレア役としての作品として、非常に当たり作となった。
元々、プリティプリンセスの映画に役どころが定着していた為、地味な人間が変貌を遂げるという意味で、同作の映画は視聴者の期待に応えた作品だ。
上品な英語から、一気に普通の若い女性らしくかつ、アダルティーなシーンも含む意味で、アメリカ映画寄りに近付く。
多くの若い女性が夢を持ち、社会に飛び出す就活ストーリーは、社会人女性の強い共感を得られる。
華やかな世界に憧れを持つ一方で、仕事として生活の一部に取り入れる世の女性達は、自分の本来の能力の間でうごめく気持ちをどの様に受け止めるのか、考えさせられる作品だ。
幸運にも世の憧れの仕事に就く事が出来たアンドレアは、プライベートを失っていく事に気づく。
実際にはおかしてはいけない、ギリギリのラインで仕事を放棄するラストシーンは、モヤモヤではなく潔く気持ちの良い終わり方となった。
ラストシーンは非常に短いが、自分の気持ちに正直になった結末は現代のやりたい事を仕事にする時代への火付け役になった作品だろう。
セリフではなく、映像でアンドレアの志に感動出来る映画は数少ない名作になるのも頷ける。
旧友の元に再び戻る事となるハッピーエンドだが、現実ではそう上手くは行かないだろうとは思う。しかし、これは重要ではなく、やはり目的は就活奮闘記と訴えかけたいのだと感じさせられる。【30代女性】

男性ですけど楽しめました。テーマからして同世代の働く女性ならシンパシーでもっと楽しめたんじゃないかと思います。ファッションに興味がない主人公がキャリアを積む目的で入社した編集者のトップが悪魔のような女性で彼女の下で働きます。何度もやめたくなりますが、その都度自分を奮い立たせて食らいついていく姿はガッツをもらえます。メリル・ストリープ演じる悪魔のような上司ミランダはたしかに悪魔だと思います。主人公を成長させるために試練を与えてるとかもないですし、助け舟とかは一切出しません。映画『セッション』のテレンス・フレッチャーに性根は近いと思います。ただ、フレッチャーのように激しい暴言はせず、皮肉メインです。人格否定も皮肉を交えてします。絶対できないレベル(ハリーポッターの原稿入手)のミッションを与えてやめさせようとしたり本気です。フレッチャーは飴と鞭を使って上げてから落とすのような嫌がらせをしますが、ミランダは目的最優先のためそういうことはしませんし、部下が成果を上げれば影で認めます。劇中では子供のおもりを部下にさせるなど公私混同も甚だしいですが。話はテンポよく進んでいき最後にサプライズもありハッピーエンドだったのでよかったです。【30代男性】

とにかくかわいい映画で、ファッションが好きな女性は絶対好きになる映画の一つだと思います。主人公のアンハサウェイもかわいくてこの映画をきっかけにファンになりました。物語の最初は化粧もしていなくて、オシャレにもうとくてダサい女性でしたが、ストーリーが進むにつれて、どんどんあか抜けてかわいくなっていくのが目が離せません。最初と最後で同じ女性だというのがなんだか信じられないくらいの変わりようです。髪型やメイク、ファッションを変えるだけで、こんなに女性って素敵になれるんだと夢を持てました。色々なハイブランドのファッションを楽しめるのも、この映画の醍醐味の一つです。仕事とプライベートに奮闘するのも、現代の女性ならではで、特に働いている女性は感情移入できると思います。ニューヨークのファッション誌での仕事内容も知れて、またパリの街並みのシーンもあるので、旅行をしているような気分になれて画面もとてもきれいです。難しい仕事をふってくる厳しい上司や、少し意地悪なきつい同僚などよくありそうなシチュエーションも、思わず主人公を応援したくなります。ファッションが好き、仕事を頑張っている女性にはぜひオススメしたい映画です。【30代女性】

女性ならこの映画は絶対見てほしい、と心からお勧めできる映画です。

アンハサウェイ演じる見た目がちょっと冴えない女性が、鬼上司のもとで働き、見た目も中身も洗練されていくというシンデレラストーリーのような物語です。

映画の中で特に注目して見てほしいのは、ダサかった主人公が時間が経つにつれてハイブランドを着こなし、美しくなっていく姿です。
見た目もそうですが、女性らしく強く働く姿が本当に憧れます。学生時代に見た時は、私もこうなりたい!と思ってました。

この映画に出てくる、ファッション界のドンであるミランダはただ命令をするだけの嫌なお局上司でなく、
影で意外と部下を細かく見ており、きつい事を言いつつそれを乗り越えさせて成長を見守ってるのかなとも感じます。

アンハサウェイ演じる主人公は、ファッションに疎く、ファッション紙の編集者自体も本来彼女のやりたいことは違う仕事でした。
でもあえて自らを成長させるために新しい状況に自分を置き、必死についていこうとする姿勢は女性ならみんな見習うべき姿だと思います。
仕事に夢中になりすぎて、プライベートを失い、恋人とも距離をおかざるを得なくなる状況もすごくリアルでつい自分と重ねてしまいました。

最後は、主人公が本当に大事なものに気づかされ、今までやって来た仕事を吹っ切れたかのように全部さっぱりと捨ててしまいます。
特に最後のシーンで、今までずっと肩身離さず持っていた携帯を噴水に捨てるのですが、そこが見ていてめちゃくちゃ気持ちいいです、、笑

見終わった後は、自分も負けてられないな、頑張ろう!と思わせてくれる映画です。【20代女性】

見始めて最初は「こんな怖い上司の下で働くなんてどうなってしまうのだろう」とハラハラしていました。ですが、主人公の底抜けのポジティブさと努力家なところから、どんどんと道が切り開かれていくところが見ていてワクワクしてきます。
どんどんと秘書としての仕事を覚えていくところを見て、「自分だここまで仕事ができて、難しい上司に認められるようになったらこのままこの仕事をするんだろうな」と思いました。主人公は元は違う夢を思っていて、偶然に今の職場にたどり着いただけだったので、ストーリーが進んでいく中で彼女はどちらを選ぶんだろうと疑問はありました。正直ほとんどの人は、仕事が上手くいっていて人間関係も良く、大手で給料もしっかりしているのであれば安定を考えてそちらを選ぶと思います。
ですが、主人公は今まで自分で道を切り開いてきた分違う選択をするのではないか、他の人では考えられないことを選ぶのではないか?と期待させてくれるのです。夢を持つ女性の大半は夢を諦めて生きていると思います。それは、家庭があったりなどの事情などからでしょう。そんな中でも「私も夢を叶えたいな」とポジティブに考えさせてくれる夢のある作品だなと思いました。【20代女性】

コメント

タイトルとURLをコピーしました