映画『こどもしょくどう』無料動画情報

無料動画配信

2019年に公開された映画『こどもしょくどう』をピックアップしていきたいと思います。

日向寺太郎監督作品で、豊かに見える日本社会のひずみを受け、満足な食事を取れない子供たちを描いたドラマになります。

今回の記事では、映画『こどもしょくどう』のフル動画を無料視聴する方法や作品についてご紹介いたします。

映画『こどもしょくどう』フル動画無料視聴方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

動画配信サービス

映画『こどもしょくどう』は、4つの動画配信サイト(CM広告なし)お試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
hulu ×
TELASA ○(無料視聴できる)
music.jp ○(無料視聴できる)
TSUTAYA TV ○(無料視聴できる)
FODプレミアム ×
dTV ○(無料視聴できない)

※2020年8月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

おすすめはU-NEXT

映画『こどもしょくどう』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえて31日間無料期間があるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『こどもしょくどう』を視聴するためには「550ポイント」を必要としますが、お試し登録時にもらえるポイントを利用することにより、実質無料で視聴することができます。

映画『こどもしょくどう』予告編

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

\U-NEXTの特長/
  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録後にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は18万本以上
  5. 読み放題の雑誌が約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

U-NEXTのお勧めな点はやはり作品数が非常に多いことです。

また、アニメや映画やドラマなど多岐にわたって公開されており、古いものから新しいものまでラインナップがかなり豊富に取り揃えられています。

また、動画だけでなく漫画も見ることが出来るようになっており、少ししか時間がないような時でも漫画を見るなど、様々なジャンルを利用することができます。

作品によっては料金がかかることもありますが、U-NEXTは毎月ポイントが貯まっていきますので、それを利用して見たい作品を見ることができます。

ポイント数もかなり入ってくるので、基本的に追加でお金を支払うことがなく見たい作品を見れるようになっているといったところが非常におすすめポイントだと思います。【30代男性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの特徴と登録方法

登録は5分ほどで完了し、スムーズに見たい映画を視聴できます。

手順をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

『U-NEXT』お試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 iPhon...

パンドラやデイリーモーション

パンドラ、デイリーモーションの無料動画サイトで映画『こどもしょくどう』を検索しましたが、フル動画はアップロードされていませんでした。(2020年8月12日時点)
今後、映画『こどもしょくどう』の動画がアップロードされる可能性もありますが、その場合、著作権が厳しいため、早めに削除されることでしょう。

これらの無料動画サイトは数多くあり、公式ではない方法でアップロードされた違法なサイトです。

  1. Pandora
  2. Dailymotion
  3. 9tsu
  4. miomio
  5. openload

たとえ違法アップロードサイトで見たい映画を見ることができた場合でも画質が悪かったり、スマホやパソコンにウイルスが感染する危険性があります。

安心安全に視聴したい人は動画配信サービスで観ることをおすすめいたします。

映画『こどもしょくどう』の作品情報

食堂を営む両親、妹と健やかな日々を過ごしていた小学5年生の高野ユウト。一方、ユウトの幼馴染み・タカシの家は育児放棄の母子家庭で、ユウトの両親はタカシに夕食を振る舞っていた。ある日、ユウトとタカシは河原で車中生活をしている姉妹に出会い…。

出典:U-NEXT

キャスト

  • 高野ユウト:藤本哉汰
  • 木下ミチル:鈴木梨央
  • 大山タカシ:浅川蓮
  • 木下ヒカル:古川凛
  • 高野ミサ:田中千空
  • 木下次郎:降谷建志
  • 木下朋美:石田ひかり
  • 高野佳子:常盤貴子
  • 高野作郎:吉岡秀隆
  • 林卓

スタッフ

  • 監督:日向寺太郎
  • 原作:足立紳
  • 音楽:Castle In The Air
  • 脚本:足立紳、山口智之
  • 製作:鈴木ワタル、瀬井哲也

映画『こどもしょくどう』ネタバレあらすじ

高野ユウトは、両親が家で食堂をやっていて、友人に大山タカシという男の子がいました。

しかし、大山タカシがいじめに遭っていたのに、高野ユウトは、助けようとしません。

野球の練習の後、高野ユウトと大山タカシは、高野ユウトの家へ行き、妹の高野ミサも交えて、食事することになります。

実は、大山タカシは、いじめ被害だけではなく、家ではシングルマザーの母親からかまってもらえませんでした。

そのため、高野ユウトの両親の高野作郎と高野佳子は、大山タカシを何かと気にかけていたのです。

そんななか、高野ユウトは、木下ミチルと、妹の木下ヒカル、そして父親の木下次郎が、車の中で寝泊まりしているのを目撃することに。

その後、高野ユウトは、木下ミチルが万引きして、店員に捕まるのも目撃することになりました。

木下ミチルと木下ヒカル

木下ミチルと木下ヒカルが心配になった高野ユウト、大山タカシ、高野ミサは、様子を見に行くようになります。

高野ユウトは、木下ミチルと木下ヒカルに食事を届けようとすることに。

が、みんなが暮らしていた車が、高校生たちに荒らされ、高野次郎は行方をくらましてしまいました。

高野ユウトは、木下ミチルと木下ヒカルを食堂でもてなします。

もっとも、高野作郎と高野佳子は、木下ミチルと木下ヒカルのことを心配し、あれこれと詮索していくことに。

これに答えられない、木下ミチル。

追い詰められていった木下ミチルは、木下ヒカルにいっしょに死のうと持ち掛けてしまうのでした。

高野ユウトは、木下ミチルと木下ヒカルをふたたび、食堂に呼びますが、高野次郎のことを案じていた2人は、帰ってしまいます。

虹の雲

高野ユウトは、高野作郎と高野佳子が、木下ミチルと木下ヒカルの件で対立していることを知ります。

高野作郎は現状維持派だったのに対し、高野佳子はそうではなかったのでした。

高野ユウトが車の木下ミチルと木下ヒカルを見に行くと、大山タカシがいました。

木下ミチルと木下ヒカルが気になって、やって来て、眠ってしまったようです。

そんななか、木下ヒカルが木下ミチルに、家族みんなが幸せだったころ、ホテルで見た虹の雲を探そうと言い出しました。

また虹の雲を見つけることができれば、みんな幸せになれると思っていた、木下ヒカル。

一方、木下ミチルは難色を示しますが、大山タカシが同調し、結局、探すことに。

ところがあいにく、見つけることはできません。

木下ヒカルと木下ミチルの処遇

みんなが車に帰って来ると、高校生たちによって、すっかり壊されてしまっていました。

高野ユウトと大山タカシは、動揺する木下ヒカル、木下ミチルとともに、食堂へ行きます。

すると、高野作郎と高野佳子は、高野ユウトが小学校を勝手に休んだことで怒っていました。

高野作郎と高野佳子は、木下ヒカルと木下ミチルに、助けてくれる人がいないのか訊きますが、高野ユウトはそれに怒りました。

高野作郎と高野佳子が、他人にかまわないから、高野ユウトもまた、大山タカシのいじめをかまわなくなってしまったのです。

結局、高野作郎と高野佳子は、またもめていき、高野ユウトは、食堂からお金を盗んで、木下ヒカル、木下ミチル、大山タカシとともに、ふたたび、虹の雲を探しに行くのでした。

映画『こどもしょくどう』ラストの結末

しかし、またもや、みんなは虹の雲を見つけることはできませんでした。

結局、車に行くと、そこには警察がいて、木下ヒカルと木下ミチルは施設に引き取られることになります。

高野ユウトは、木下ヒカルと木下ミチルを追いかけていって、木下ヒカルはその後、虹の雲をとうとう発見したのでした。

木下ヒカルと木下ミチルは、すっかり興奮してしまい、母親を呼び続けます。

木下ヒカルと木下ミチルがいなくなってから、高野作郎と高野佳子は、食堂であらたな試みを始めることにしました。

それは、子ども食堂といって、木下ヒカルと木下ミチルのように、ものを食べることに困っているような子供たちにサービスで食事を与えるというものだったのです。

映画『こどもしょくどう』感想

映画『こどもしょくどう』は、あたたかいヒューマンドラマでしたね。

当初は、大山タカシのいじめに無関心だった高野ユウトの成長は心強い限りでしょう。

木下ヒカルと木下ミチルは実に気の毒でしたが、せめて最後に希望の光が差したことは何よりです。

一方、高野作郎と高野佳子による子ども食堂も、心に深々としみわたるようなラストとなりました。

みんなが、それぞれ環境は異なるものの、幸せになることを願わずにはいられません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました