多部未華子の芸能界入りのきっかけは?代表作は映画「あやしい彼女」

俳優

人気実力派女優・多部未華子さんの芸能界入りのきっかけから、代表作の映画『あやしい彼女』についてまとめてみました。

2019年は、主演したNHKドラマ『これは経費で落とせません!』が好評を得た多部未華子さん。

CM「UQモバイル」で旦那さんと出会い、ご結婚も発表されましたね。

そんな多部未華子さんの芸能界入りのきっかけは、スカウトでした。

その詳しい経緯から、さらに代表作の映画『あやしい彼女』についても紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

多部未華子の芸能界入りのきっかけは?

デビューのきっかけ

小学校5年生の時に見たミュージカル『アニー』が、多部未華子さんの将来を決めることになりました。

華やかな舞台に感動と衝撃を受けた当時の多部未華子さんは、「自分もアニーの舞台に立ちたい!」とすぐに思ったそうです。

以降、多部未華子さんは小学校5年生から中学2年生まで、何度も『アニー』のオーディションを受け続けました。

しかし、残念ながら合格には至らず、出演することはできなかったのです。(この頃は芸能事務所「ムーン・ザ・チャイルド」に所属していたのだそう)

捨てる神あれば拾う神ありとでも言うのでしょうか、落胆続きの多部未華子さんに、あるところから声がかかりました。

それは、大手芸能事務所のヒラタオフィスです。

ヒラタオフィスでは、多部未華子さんにミュージカルではなく、女優やモデルの仕事をさせたいと考えたそうです。

こうして2002年、当時13歳だった多部未華子さんはビジュアル系バンド「Janne Da Arc」の楽曲『Rainy ~愛の調べ~』のMVで女優デビューを果たしました。

それからは、ドラマ・映画にコンスタントに出演し、多忙な合間を縫って東京女子大学を卒業されています。

なんでも、大学では人間関係について学んでみたかったのだそうです。

2019年にはNHKドラマ『これは経費で落ちません!』での好演が光り、2020年4月からは出演最新作のドラマ『私の家政夫ナギサさん』がスタートする予定です。

プロフィール

氏名:多部未華子(たべ みかこ)
生年月日:1989年1月25日(現在31歳)
出身:東京都西東京市
身長:158cm
血液型:O型
趣味:読書、映画鑑賞、写真
特技:水泳、乗馬、スプーン曲げ
経歴:東京女子大学現代文化学部コミュニケーション学科
所属事務所:ヒラタインターナショナル

人気実力派女優の多部未華子さん。

2019年には、写真家・熊田貴樹さんとご結婚され、公私ともに絶好調です。

多部未華子さんは13歳だった、2002年にデビューしています。

子供時代を振り返ると、幼稚園時代には忍者修行をしていたという異色の過去もありました。

以前テレビ番組出演時には、忍者服を着て、にんにんとポーズをとっている幼少期の多部未華子さんの写真が出たこともあります。

どうやら、通っていたのは、通称「忍者幼稚園」(2004年に閉園)という個性的な幼稚園です。

「忍者幼稚園」では、忍術の他、華道、茶道、和太鼓に琴といった日本の伝統文化も教えていました。

また、多部未華子さんは子供の頃から、ピアノ、ジャズダンスや水泳を習っていたそうです。

スポンサーリンク

代表作は映画「あやしい彼女」

続いては、人気実力派女優・多部未華子さんの代表作映画『あやしい彼女』について見ていきたいと思います。

多部未華子さんの代表作・映画『あやしい彼女』とは?

  • 2016年4月に公開された爆笑コメディ映画
  • 韓国映画『怪しい彼女』(2014年)の日本版リメイク作品
  • 多部未華子さんは主演(20歳になった瀬山カツ役)
  • 監督は『謝罪の王様』、『舞妓 Haaaan!!!』の水田伸生さん
  • 共演には、要潤さん、倍賞美津子さん、小林聡美さん、北村匠海さんら

映画『あやしい彼女』は、多部未華子さんが27歳の時の作品です。

実は多部未華子さん、『アニー』に夢中になる前は、吉本新喜劇が憧れだったそうです。

映画『あやしい彼女』は、大ヒットした韓国映画『怪しい彼女』の日本版リメイク作品で、中国やベトナムなどアジア各国でリメイクされています。

各国のお国柄も反映されているそうで、日本版独自の要素も見どころでした。

さて、映画『あやしい彼女』は、73歳のおばあちゃんが、突然20歳になり歌手として人気になるというストーリー。

劇中では歌唱シーンがあり、実際に多部未華子さんが歌っています。

この撮影のため、多部未華子さんは3カ月のボイストレーニングに臨んだそうです。

挿入歌をプロデュースした小林武史さん(Mr.Childrenのプロデュースなどで有名)からも指導を受けたそうで、かなり本格的なものでした。

特訓の成果もあり、レコーディングもうまくいったそうです。

映画の舞台挨拶では、共演者が多部未華子さんの天性の歌の才能を茶化す、楽しいやりとりもありました。

ミュージカル『アニー』への憧れから始まった、多部未華子さんの芸能活動。

映画『あやしい彼女』はコメディ作ではありますが、思わぬ形で吉本新喜劇とアニーの両方の夢がかなった形となりました。

多部未華子さんの天性の歌の才能、そして3カ月に及ぶボイストレーニング特訓の成果を、ぜひ代表作映画『あやしい彼女』でお確かめ下さい。

以上、今回は人気実力派女優・多部未華子さんの芸能界入りのきっかけから、代表作の映画『あやしい彼女』についてまとめました。

スポンサーリンク

映画「あやしい彼女」のネタバレあらすじ

ネタバレあらすじを知りたい方はこちら。

あやしい彼女(日本映画)のネタバレあらすじと感想を簡単にわかりやすく
今回ご紹介する映画『あやしい彼女』は、2014年に公開された韓国映画の日本版リメイク作品となります。 原作は、オ・マルスンという老女が20歳に若返ってしまうというストーリーで、話題を振りまきました。 その後、中国で2015年、ベ...

まとめ

  • 多部未華子さんは東京都西東京市出身の31歳
  • 2019年10月に写真家・熊田貴樹さんとの結婚を発表
  • 小学校5年生の時にミュージカル『アニー』への出演を志す
  • 小学5年生から中学2年生までオーディションを受け続けたが、『アニー』には出演できなかった
  • ヒラタオフィスからスカウトされ、2002年に13歳で女優デビュー
  • 代表作のは映画『あやしい彼女』
  • 『あやしい彼女』の撮影のため、3カ月間のボイストレーニング特訓をした
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました