映画『ジュラシック・ワールド 炎の王国』無料動画情報

Featured Video Play Icon 無料動画配信

『ジュラシック・ワールド 炎の王国』は2018年公開されたアメリカ映画で『ジュラシック・ワールド』の続編となり、シリーズの第5作目となります。

2018年7月13日・14日のぴあ初日満足度調査では88.3点で第5位を記録し、最終興行収入は約80.6億円になりました。

今回の記事では、映画『ジュラシック・ワールド 炎の王国』の無料動画の視聴方法や作品についてご紹介いたします。

映画『ジュラシック・ワールド 炎の王国』無料動画フル視聴方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

動画配信サービス

映画『ジュラシック・ワールド 炎の王国』は、3つの動画配信サイトお試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

U-NEXT TELASA music.jp

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
[字][吹]
hulu ×
TELASA ○(無料視聴できる)
[字][吹]
music.jp ○(無料視聴できる)
[字][吹]
TSUTAYA TV ×
FODプレミアム ×
dTV ○(無料視聴できない)
[字][吹]

※2020年6月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

おすすめはU-NEXT

映画『ジュラシック・ワールド 炎の王国』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『ジュラシック・ワールド 炎の王国』を視聴するためには「330ポイント」を必要としますが、お試し登録時にもらえるポイントを利用することにより、実質無料で視聴することができます。

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTにはその他にもたくさんのメリットがあります。

  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
  5. 読み放題の雑誌約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

おすすめしたいポイントは『ダントツで動画の数が多いこと』です!

私は主にアニメ•国内ドラマの視聴で利用していますが、どの動画配信サービスよりも動画本数は負けていないと思います。

個人的に利用したい決め手のポイントとなったのは名探偵コナンとデジモンシリーズの動画本数でした。これには本当に驚きです。

だいたいどこの動画サービスでも期間限定だったり一部のみ配信のものが多かったですが、いつでも見放題というのはかなり嬉しい内容です。

特に名探偵コナンはテレビシリーズから過去の映画全てあるので、時間がある時は名探偵コナンにどっぷりつかっています(笑)

デジモンシリーズも最新作の復習として全話+映画も見てしまいましたし、ドラマも昔ハマった懐かしのものが数えきれないほどたくさんありました!本当にオススメです!【20代女性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの特徴と登録方法

U-NEXTの登録はとても簡単にでき、スムーズに見たい映画を視聴できます。

特徴や登録手順をご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

U-NEXTの特徴やメリット・デメリットは?おすすめポイントも解説!
動画配信サービスと聞いて、思い浮かべるのが「U-NEXT」という方も多いのではないでしょうか? テレビのCMで見かけたり、ネット広告で見る回数も多いでしょう。 でも気になるけど、ほかの動画配信サービスと比べて何がいいのか分からな...
U-NEXTにiphoneやアンドロイドのスマホからお試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 i...

パンドラやデイリーモーション

パンドラ、デイリーモーションの無料動画サイトで映画『ジュラシック・ワールド 炎の王国』を検索しましたが、フル動画はアップロードされていませんでした。(2020年6月26日時点)
今後、映画『ジュラシック・ワールド 炎の王国』の動画がアップロードされる可能性もありますが、その場合、著作権が厳しいため、早めに削除されることでしょう。

これらの無料動画サイトは数多くあり、公式ではない方法でアップロードされた違法なサイトです。

  1. Pandora
  2. Dailymotion
  3. 9tsu
  4. miomio
  5. openload

たとえ違法アップロードサイトで見たい映画を見ることができた場合でも画質が悪かったり、スマホやパソコンにウイルスが感染する危険性があります。

安心安全に視聴したい人は動画配信サービスで観ることをおすすめいたします。

映画『ジュラシック・ワールド 炎の王国』作品情報

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』最新予告

あの大惨事から3年。テーマパーク、ジュラシック・ワールドは恐竜たちが暮らす野生の島へと姿を変えていた。しかしある日、島内で火山噴火の予兆が観測される。恐竜たちを救い出すのか、それとも自然に生死をゆだねるのか。人間たちは選択を迫られるが…。

出典:U-NEXT

キャスト

  • (オーウェン・グレイディ)クリス・プラット
  • (クレア・ディアリング)ブライス・ダラス・ハワード
  • (ジア・ロドリゲス)ダニエラ・ピネダ
  • (イアン・マルコム)ジェフ・ゴールドブラム
  • (ヘンリー・ウー博士)B・D・ウォン
  • (ベンジャミン・ロックウッド)ジェームズ・クロムウェル
  • (ケン・ウィートリー)テッド・レヴィン
  • (メイジー・ロックウッド)イザベラ・サーモン
  • (アイリス)ジェラルディン・チャップリン
  • (フランクリン・ウェブ)ジャスティス・スミス

スタッフ

  • 監督 J・A・バヨナ
  • 音楽 マイケル・ジアッキノ
  • 脚本 デレク・コノリー
  • コリン・トレヴォロウ
  • 製作 フランク・マーシャル
  • パトリック・クローリー
  • ベレン・アティエン

映画『ジュラシック・ワールド 炎の王国』ネタバレあらすじ

テーマパークとして賑わっていたジュラシック・パークに突然悲劇がおこります。

人間の手によって作られた凶暴な恐竜インドミナス・レックスが逃げてしまうアクシデントが起こり、ジュラシック・ワールドは最悪な危機を迎えます。

ジュラシック・ワールドの運営責任を任されたキャリアウーマンのクレア、肉食恐竜ヴェロキラプトルの調教師で元海軍のオーウェンは互いに協力し合い、危機から脱します。

しかしイスラ・ヌブラル島は人間が立ち入ることができない危険極まりない場所となってしまいます。

恐竜たちは人間の管理から解放されることになりました。

それから3年、島の火山活動がおこり恐竜たちは絶滅の危機に直面します。

事情を知ったクレアとオーウェンは恐竜たちを助けるため恐竜保護団体であるDPGのメンバーと協力し合い島へ向かいますが彼らの本当の目的を知ることになります。

しかし、DPGの本当の目的は恐竜を助けることではなく恐竜を生物兵器として扱うことだったのです。

ヴェロキラプトルのブルーとの再会に成功しますが彼らの本当の目的はブルーだったのです。

それを知ったクレアとオーウェンは阻止しようと立ち向かいますが彼らだけではなく人間に第二の悲劇が起こってしまいます。

彼らの本当の目的

クレアは火山の危機から恐竜を救い出すためにロックウッド財団という慈善事業団体と連絡を取り恐竜保護計画を立てます。

財団の実質畝医者であるイーライ・ミルズは予算の都合上救い出せる恐竜が11種類だとクレアに説明します。

その中にはTレックスやヴェロキラプトルが含まれています。

ブルーを助けるため元恋人であるオーウェンに助けを求めます。

ブルーを捜索しオーウェンが近づき話しかけます。

そんな時ブルーに麻酔が撃ち込まれます。

オーウェンも麻酔を打たれてしまいその場に倒れます。

彼らの目的は恐竜を保護することではなく、捕まえて人間社会へ生物兵器として売りさばくことです。

彼らに騙されたクレアやオーウェンたちは島に取り残されそうになります。

何とか船に乗り込み本土へ帰ることに成功します。

メイシ―の本当の正体

彼は孫娘であるメイシ―の話を聞き、本当の目的を察していました。

ベンジャミンはミルズに警察に自首するよう言います。

しかし、ベンジャミンが寝ているベッドに近寄り、枕を顔に押し当てて殺害してしまいます。

一方メイシー自分の寝室の窓から逃げ出し外壁を伝って祖父ベンジャミンの部屋に行きます。

殺されてしまったベンジャミンを発見し悲しみます。

祖父が抱えているアルバムの中に自分の母親と思われる女性の写真を見つけます。

その写真を見たメイシ―は驚きます。

そこに移っている女性はそっくりと表現するレベルではないほどメイシーと容姿が完全に一緒だったのです。

メイシーはベンジャミンの孫娘ではなく、彼が娘を亡くした悲しみのあまり作ってしまったクローン人間だったのです。

ブルーの価値

地下の研究施設にはオーウェンがブルー調教し心を通わせていくまでの映像が記録としてありました。

そこへミルズとウー博士がやってきます。

ウー博士はブルーが負傷したことを知り文句を言っています。

メイシーは地下の奥に移動しながら盗み聞きを続けます。

隠れながら話を聞いていたメイシーですが、彼女の後ろにある檻から鋭い鉤爪を持った巨大な手が伸びます。

なんと、ウー博士が開発したインドミナスレックスとヴェロキラプトルのDNAを掛け合わせた新種「インドラプトル」でした。

ブルーが人間の言うことを聞く特性を持っていたことを知ったウー博士はその才能を新種のインドラプトルに組み込もうしていたのです。

そのために必要なのがブルーだったのです。

映画『ジュラシック・ワールド 炎の王国』ラストの結末

メイシーは恐竜たちを逃がすために扉のボタンを押していました。

「クローンだけど私と同じく生きているから」と悲しそうに言います。

インドミナスのDNAさんブルを持って逃げようとしていたミルズたちは飛び出してきた恐竜たちに踏みつぶされてしまいます。

外に出ていく恐竜たちを見守っていたみんなのもとへブルーが現れます。

オーウェンはブルーに「俺達と一緒に行こう」と言います。

しかし、ブルーも屋敷近くの森に走り去ってしまうのでした。

オーウェンとクレアはメイシーを引き取りました。

オーウェンが住んでいた田舎へと車を走らせていました。

窓から外を見ると地平線にプテラノドンが飛んでいるのが見えます。

また、別の場所ではサーファーたちとモササウルスが波に乗って現れ、動物園ではティラノサウルスがライオンと出会い雄たけびを上げています。

これからは人間と恐竜が共存する時代がやってきたと告げジュラシックワールドは終わりを迎えます。

映画『ジュラシック・ワールド 炎の王国』感想

前作を見た後に今作をすぐに見ました。

ブルーの人間に対する気持ちがよくわかる展開でした。

恐竜たちが火山の噴火でなくなってしまうことが残念で全員が助かってほしかったです。

最後に取り残されてしまった恐竜が煙に包まれていく姿は冒頭から泣いてしまいました。

最初の場面でここまで引き込まれるとは思いもしませんでした。

人間の手によって作られてしまい死んでしまった恐竜たちがかわいそうでした。

それなのに、生物兵器として新種を作りブルーだけではなくクレアやオーウェンたちを傷付けたのが許せませんでした。

恐竜を売りさばく瞬間を見た後に悪い人たちがどんどん食べられていく瞬間は言い難いものがありましたがすっきりすることができました。

恐竜の凶暴な一面を改めて見てしまい恐怖を感じましたが、最後には恐竜と共存する世界が出来上がっており感動しました。

また、メイシ―が実の孫娘ではなく恐竜のように人間の手によって作られたことなど恐竜の気持ちをよくわかるだろうと感じました。

辛いことだらけのストーリーでしたが、人の気持ちや動物などに対する大切さに気付いたり考えさせられる深い映画だと感じます。

クレアやオーウェン、メイシーは三人で幸せになってほしいです。

映画『ジュラシック・ワールド 炎の王国』視聴者の声

前作で、新装オープンした大人気テーマパーク”ジュラシック・ワールド”が、巨大な”インドミナス・レックス”によって破壊され、甚大な被害を出して島ごと封鎖されました。
その島で火山活動が活発になったために、残された恐竜たちを心配する者たちが現れました。自然に任せるべきだと主張する博士と議論が持ち上がりますが、恐竜保護団体と自分たちの利益を考えた人間たちは早々に島に到着します。
前作でヴェロキラプトルを調教したオーウェンのことを、ブルーは覚えているでしょうか。またしても新種の恐竜”インドミナス・ラプトル”が誕生しています。
今作は恐竜だけでなく人間に対するクローン技術についても描かれています。これこそ神の領域で、絶対に人間が踏み込んではいけないところです。自分がクローンだと知ってしまった少女によって街に恐竜が解き放たれました。「どんな命でも生きる権利がある」と。
いったいこの事態をどうやって回収するのでしょうか。普通の暮らしの中で恐竜に出くわすかもしれないと考えたら、生きた心地なんてしませんね。
炎に包まれた恐竜には悲しくて涙が出そうでした。ホラーの演出も冴えまくった、恐竜の怖さを体感させてくれる映画でした。【40代女性】

ジュラシック・ワールドの制作側は、あの映像を作り上げるだけでは満足いかなかったのですね…。しかし、前作よりもこちらは人間が恐竜に寄り添っていて、恐竜映画の発展を感じられました。動物を大事にしなくてはいけないという世論は年々強くなっているので、それを反映しているのかなと思いました。有名シリーズなので、世論の影響は受けやすいですよね。また、前作は映像に関する評判の方をよく聞いたので、今回はストーリーに対して反応が欲しかったのかもと感じました。恐竜と暮らしていかなくてはならなくなった世界で、人間は一体どういった行動を取るのか?という部分をリアルに描いていると思います。生身では決して勝てる相手ではない生き物ですが、知能では人間の方が上です。またお互い言葉が通じない為に、コミュニケーションを取るのがとても難しいです。登場人物の、”恐竜によって映し出される人間性”がとても面白く感じられました。前作が迫力満点のリアル映像だとしたならば、今作はそれにヒューマンストーリーという要素を入れ込んでいる映画だと言えるのでは無いでしょうか。あの映像にシナリオにまで力を入れたら、それはもう面白いに決まっています。ただ観ているだけでも楽しめると思いますが、良い意味で頭を使うタイプの油断出来ない内容になっていると感じました。【20代女性】

恐竜たちの楽園が火山の噴火で無くなってしまうことに端を発した作品です。
たしかに、恐竜たちが絶滅するのを知っててそのままというのもひどい気もしますが、元々は滅んだ生物だし、ほっておこうという意見もわかります。
それに保護するにも危険が伴いますしね。
で、保護しようという意見が出て、前シリーズの主役二人が、また島に行くことになるという話です。
島での恐竜との攻防は面白かったです。
ブルーとオーウェンの絆が回復する物語もあり、やっぱりブルーはかわいいなと思いました。
それに火山噴火も迫力がありました。
恐竜が火に飲み込まれていく場面は、なんだか切なかったです。
ただ、後半の屋敷に恐竜が来てからの話は結構込み合っててよくわかりませんでした。
あんなにでかくて、脅威でしかない恐竜を利用しようとする人間がいるなんて驚きです。
あと、最後の展開もやめてって感じでした。
恐竜と人間が共存だなんて、もう人類は終わりじゃんと思ってしまいます。
次回作の製作も決まっているそうですが、どんな展開になるのか楽しみです。
また、本作には、旧シリーズに出ていたマルコム博士が久しぶりに出演していて、それがすごくうれしかったです。
ちょっとのれない展開もありましたが、やっぱりジュラシック・シリーズは面白いなと思いました。【30代女性】

前作の「ジュラシック・ワールド」で戦ったインドミナスの遺骨を回収するのに、ティラノサウルス・レックスとモササウルスに傭兵部隊の隊員たちが犠牲になったシーンは、少し怖かったです。
しかも、一度は仲間に見捨てられそうになって、それも無事に助かることができたと思った瞬間、モササウルスに襲われてしまったのは傭兵たち同様、呆然としてしまいました。
イスラ・ヌブラ島も3年前の惨劇よりもっと酷くなってしまい、せっかく自由になった恐竜たちが、平和に暮らしていたのにと思うと胸が苦しくなりました。
そんな中、ミルズと結託した傭兵部隊たちによって、その恐竜たちは嫌な形であれ、島を脱出できたのは良かったなと思います。
そして島を出る時、オーウェンたちが見た、島に取り残された恐竜が火山の噴火に巻き込まれていくシーンは、とても見ていて辛かったし、悲しかったです。
メイジーやオーウェンが見た、オーウェンとブルーたちの飼育映像はとても微笑ましく、ブルーたちが可愛くて癒されました。
特に、ブルーが他の皆に声をかけて整列させたシーンは、一番可愛かったです。
そんなブルーとオーウェンが再会できて、手術も成功して、また一緒にインドラプトルという新種の恐竜に立ち向かっていったシーンは感動しました。【20代女性】

コメント

タイトルとURLをコピーしました