映画『ジュラシック・パーク』無料動画情報

無料動画配信

映画「ジュラシックパーク」は、1993年にスピルバーグ監督が作り上げた作品で恐竜映画の有名作品として大ヒットしました。

スピルバーグ監督が作り上げた作品の中でも最大のヒット作、全世界で興行収入は9億ドルを超え、この数字は当時の世界1位です。

原作となるのは1990年出版のマイケル・クライトンの同名小説です。

今回の記事では、映画『ジュラシック・パーク』の無料動画の視聴方法や作品についてご紹介いたします。

映画『ジュラシック・パーク』無料動画フル視聴方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

動画配信サービス

映画『ジュラシック・パーク』は、6つの動画配信サイト(CM広告なし)お試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
[字][吹]
hulu ○(無料視聴できる)
[字][吹]
TELASA ○(無料視聴できる)
[字][吹]
music.jp ○(無料視聴できる)
[字][吹]
TSUTAYA TV ○(無料視聴できる)
[字]
FODプレミアム ×
dTV ○(無料視聴できる)
[字][吹]

※2020年6月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

おすすめはU-NEXT

映画『ジュラシック・パーク』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『ジュラシック・パーク』お試し登録後、31日間見放題で無料視聴することができます。

【映画】ジュラシック・パーク 日本国劇場予告

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTにはその他にもたくさんのメリットがあります。

  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
  5. 読み放題の雑誌約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

登録の所でまず、1ヶ月無料の所がとにかくいいと思います。

他の映像サービスなどは1ヶ月無料体験などがない為に登録して料金を払ってからやっぱり、合わないからやめると言うのが多々あるし、自分が見たいやつがなかったりすることがあったりする為1ヶ月無料期間があるU-NEXTはとても素晴らしいと言う事です。
様々なサイトを登録しましたがここまで充実した映像コンテンツがあり、パチンコ番組がこんなに多彩にあるのはU-NEXTとだけだと思います。
あまり他のところではパチンコスロットの実践動画など無料で公開しているのがないですし、パチンコ番組じたいがない所がほとんどですし、あることが珍しいのとほとんどが無料で見れるのでおすすめです。【20代男性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの特徴と登録方法

U-NEXTの登録はとても簡単にでき、スムーズに見たい映画を視聴できます。

特徴や登録手順をご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

動画配信サービス『U-NEXT』
動画配信サービスと聞いて、思い浮かべるのが「U-NEXT」という方も多いのではないでしょうか? テレビのCMで見かけたり、ネット広告で見る回数も多いでしょう。 でも気になるけど、ほかの動画配信サービスと比べて何がいいのか分からないと...
『U-NEXT』お試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 iPhon...

パンドラやデイリーモーション

パンドラ、デイリーモーションの無料動画サイトで映画『ジュラシック・パーク』を検索しましたが、フル動画はアップロードされていませんでした。(2020年6月28日時点)
今後、映画『ジュラシック・パーク』の動画がアップロードされる可能性もありますが、その場合、著作権が厳しいため、早めに削除されることでしょう。

これらの無料動画サイトは数多くあり、公式ではない方法でアップロードされた違法なサイトです。

  1. Pandora
  2. Dailymotion
  3. 9tsu
  4. miomio
  5. openload

たとえ違法アップロードサイトで見たい映画を見ることができた場合でも画質が悪かったり、スマホやパソコンにウイルスが感染する危険性があります。

安心安全に視聴したい人は動画配信サービスで観ることをおすすめいたします。

映画『ジュラシック・パーク』作品情報

大富豪ハモンドに招かれ、古生物学者グラントとサトラー、数学者マルコムはコスタリカ沖の孤島を視察。そこはDNAから復元された恐竜が棲息する夢のテーマパークだった。だがシステムが機能不全に陥り、解き放たれた恐竜たちは人間に牙を剥き始める…。

出典:U-NEXT

キャスト

  • (ジョン・ハモンド)リチャード・アッテンボロー
  • (アラン・グラント博士)サム・ニール
  • (エリー・サトラー博士)ローラ・ダーン
  • (イアン・マルコム博士)ジェフ・ゴールドブラム
  • (アレクシス・マーフィ)アリアナ・リチャーズ
  • (ティモシー・マーフィ)ジョセフ・マッゼロ
  • (ドナルド・ジェナロ)マーティン・フェレロ
  • (マルドーン)ボブ・ペック
  • (デニス・ネドリー)ウェイン・ナイト
  • (レイ・アーノルド)サミュエル・L・ジャク

スタッフ

  • 監督 スティーヴン・スピルバーグ
  • 原作 マイケル・クライトン
  • 音楽 ジョン・ウィリアムズ
  • 脚本 マイケル・クライトンデヴィッド・コープ
  • 製作 キャスリーン・ケネディジェラルド・R・モーレ

映画『ジュラシック・パーク』ネタバレあらすじ

ジュラシックパークとはある島にあるテーマパークの名前、そこでは正に古代の世界が作られていたのです。

すでに絶滅してしまっていたはずの恐竜を生き返らせたその技術の元となるのがクローンです。

琥珀の中に閉じ込められていた当時の蚊が吸っていた恐竜の血、それを元に蘇らせる技術が確立されたわけです。

オープンを前にしてぜひ体験してみてほしいと依頼を受けたのが、考古学者であるアラン・グラント博士とエリー・サトラー博士です。

素晴らしい技術に感動するも神の領域に人間が踏みこむのは危険だと、二人は批判するのでした。

そこに世界的セレブでこのパーク開設に尽力したジョンの孫たち・更には数学者として有名なマルコム博士も加わりパーク内のツアーが始まるのですが、エンジニアの一人が電気設備をシャットダウンさせて機能を停止させてしまったところから危険な旅が始まります。

敵となるのは巨大な肉食獣であるティラノサウルス。

その他にも危険な恐竜が多数いる中でもう一度電気設備を回復させなければなりません。

何度も危機に直面し、マルコム博士はティラノサウルスの口の中に吸い込まれていってといったスリリングな場面も展開しながらも協力して立ち向かうのでした。

恐竜をよみがえらせるカギは蚊

あの大きな、しかしすでに何万年も前に死んでしまった恐竜をよみがえらせるカギとなるのが蚊です。原始的な蚊はすでにジュラ紀から生息していたのです。

その身体の中には恐竜の血液があり、DNAを採取することが出来るというわけです。

ジュラシックパークには彼らを育てる研究所もあり、まだ生まれたばかりの可愛らしい恐竜の姿も観ることが出来ます。

一応は島から逃げてしまった時の対応策ということで、必須アミノ酸の一つ・リシンを体内で作ることが出来なくしているのです。

リシンは餌として人間が与えてやるもの、逃げて餌がもらえなくなってしまったら死んでしまうという仕組みです。

だからこそ島の状態をそのままにして逃げ出しても問題なかったわけです。

根本となるのは哲学的なテーマ

ド迫力の映像と恐竜たちが現代によみがえるというファンタジーがヒットの元となったジュラシックパークですが、大きなテーマは生物倫理です。

主人公たちも「神の領域を犯すな」と批判しています。

恐竜たちを管理するために、ジュラシックパークではメスだけを生み出すようにしていました。

メスしかいないのであればこれ以上は増えることは無いというわけです。

それなのに気が付くと研究室内ではない普通にパーク内の草むらでふ化する卵が見つかるのです。

どうやら雄に性転換してしまったというわけです。

DNAの足りずを補填するためにカエルのDNAを使ったことも原因でしょうが、人間がすべてを管理することは難しいというわけです。

リシンを作り出すことができないので放っておくと死滅すると言われていた恐竜たちですが、ジュラシックパーク2でもなぜか生き延びています。

電気設備が回復されただけでは終わらない

ジュラシックパークでは普通に遊園地のように遊べるゾーンもあり、一方で恐竜たちのいる場所もあったのです。

そこを分けるのが高圧電力の流れる檻、電気設備が駄目になったことで彼らは自由に行き来できるようになったというわけです。

つまりは電気設備を復旧させても森の中に逃げていってしまったやつらはそのまま、ティラノサウルスだって自由に歩き回っています。

それにプログラムを起動しなおさなければ機能を果たさないのにそれが出来る人間はもういません。

なので島を抜け出すしか手段はなかったというわけです。

特に最後のティラノサウルスとラプトルの争いは見もの、地上を歩く最強の肉食獣であるティラノサウルスですが小型ながら頭のいいラプトルが数匹で迫ってくると人間のことなどかまっていられなくなるのです。

映画『ジュラシック・パーク』ラストの結末

本部に逃げ込んだ彼らはパソコンを操作して救援ヘリを呼びます。

その後にラプラス・ティラノサウルスの魔の手が迫ってくるわけですがお互いを戦わせることで何とか逃げ延びることに成功するのです。

結局生き残ったのは、グラント博士・エリー博士にマルコム博士・レックス・ティム・ハマンド会長です。

その中には負傷者もおり皆が疲れ切っていました。

何より多くの犠牲も払ってきました。

恐竜たちは今もなおパーク内で生き延びています。ですがリシンが与えられない以上はたとえ卵を産んで次の世代を生み出すように変化してきても少しずつ減っていき、いつかは大昔のように死滅してしまうはずでした。

そう考えているからこそ彼らは穏やかにその地を後にするのでした。

映画『ジュラシック・パーク』感想

とにかく迫力がすごい、一昔前とは思えないほどの技術力の高さでスピルバーグ監督の偉大さが感じられます。

今放映しても大ヒット間違いなし、いつの時代にも変わらない恐竜映画と言えばの代表作なのです。

そもそも恐竜が現代によみがえるという設定も素晴らしい。

その技術を可能とするのが蚊から取り出したDNAということですが、これって本当に出来るのではと信じてしまいます。

クローンとかの技術もまだ出始めの頃だったでしょうから特に、真実味があったことでしょう。

人間が神の領域に手を出してはならない、それはクローン技術が更に発展している今もなお言われていることです。

もしかしたら恐竜もよみがえらせられるかもしれませんが、倫理の問題でストップしているのかもしれません。

正にジュラシックパークのような状態になったら大変です。

ホラー同様に静かに忍び寄ってどんと驚かせるという手法が多く、心臓に悪い作品です。

電気自動車とかは乗ってみたい、恐竜でも小型の草食系だけならジュラシックパークに行きたいです。

でも彼らのことですから進化を遂げてあっという間に大型化しそうで恐ろしいです。

子供の頃は恐竜たちをそのまま残して島から逃げていってしまってどうするつもりだと思っていましたが、ちゃんと対策はしていたのですね。

映画『ジュラシック・パーク』視聴者の声

まず何より恐竜が好きです。

だから夢のテーマパークなのです。

ジョン・ウィリアムズの名曲と共にこの世界の扉を開くということに、まずそれだけで心が躍ります。
6500万年前に絶滅したはずの恐竜たちを蘇らせるなんて大胆なマイケル・クライトンの発想と、その映画化に尽力したスピルバーグ監督に感謝を送ります。
巨費を投じて恐竜を蘇らせ、子どもたちも触れあえるようなテーマパークを作りたいから、世界的権威のある古生物学者の大先生にお墨付きをもらおうと考えます。

研究費用を出してあげるからと頼まれ、渋々ながら出かけた博士とその一行は、目を奪われる光景を見、信じられない体験をし、おまけに命からがら恐竜から逃げるという羽目になります。
恐竜のDNAからクローンを作りました。

でも肉食恐竜まで再現してはいけなかったのではないでしょうか。

バランス上必要だったのでしょうか。

ティラノサウルスやヴェロキラプトルに人間が敵うわけがありません。

映画なので主要キャストは無事に帰ることができましたが、多くの犠牲者を出し、恐竜もパークもそのまま、めでたしめでたしと終わってしまいます。
恐竜については現代でもまだまだ新事実が発見され続けています。

DNA研究も進んでいますので、フィクションでなくなる日がくるかもしれませんね。

リアルで素晴らしかったです。【40代女性】

スティーブン・スピルバーグ監督の有名作品です。

ジュラシック・ワールドを先に拝見したので、シーリズで最初となるこちらの恐竜自体は可愛く見えました。

しかし人間の前に恐竜が現れるという話なので、緊迫感があります。

制作されたのが1993年という事で、その時代の技術力的な意味で、恐竜に少しおもちゃっぽさを感じるだけですね。

内容的にはジュラシック・ワールドよりもハラハラさせられました。

あちらはCG技術の進歩によるリアリティーのあるインパクトを視聴者に楽しんで貰おうという雰囲気でしたが、こちらには制作側の”どうやって怖がらせよう”という強い気持ちが伝わってきました。

その為、映像力だけでなくシナリオにもかなりの練りを加えていると感じます。

最初から最後まで、心を落ち着かせる事のない展開で、ジェットコースターに乗っているような映画ってこういう事を言うのだなと理解出来ました。

また、何故ジュラシックシリーズが人気なのか実感させられました。

こちらが面白いから、続編を出してほしいという声が多く上がったのですね。

アメリカの90年代を味わえるかな?という気持ちで観始めたのは完全なる間違いでしたね…。

心臓がバクバクするような映画を観たい方に、強くおススメしたい作品です。【20代女性】

言わずと知れたスピルバーグ監督の傑作です。
大富豪ハモンドが作った恐竜のテーマパークの視察に招かれた面々が、恐竜たちと対峙することになるというパニックムービーです。
まず、CGで作られた恐竜が素晴らしすぎました。
もう本物にしか見えません。
恐竜って誰もが子どものころ一度はあこがれた生物だと思います。
これで、CGがちゃちかったら面白さも半減ですものね。
本当にすばらしい恐竜を作ったなと思います。
そして、演出もすごくよかったです。
ティラノザウルスの全貌が現れる前にティラノに食いちぎられたヤギが車に降ってきたり、ティラノの足音の衝撃で水がなびいたり、恐竜が姿を現す前からこちらの恐怖心を刺激されました。
スピルバーグ監督はジョーズしかり、激突!しかり、パニックものがほんとうまいなと思います。
出てくる登場人物もみな個性的でおもしろいです。
グラント博士の恐竜好きなところ、それ以外の面では不器用なところがたまらないし、マルコム博士の厭味ったらしいところも好きです。
子どもたちもかわいらしくていいです。
子どもたちの名シーンと言えば、やっぱり、レックスがラプトルを発見してゼリーをプルプルさせるところでしょう。
ゼリーを食べるとき、つい真似したくなります。
全体のストーリーはもちろん、好きなシーンもたくさんあって、何度も見たくなる作品の一つです。【30代女性】

近年復活した恐竜パニック映画の第一作目。

今になって見てみるとしょぼいかな、と思いながら見返しましたが全然そんなことはない。

脚本、演出、キャラクターの配置、音楽の使い方、すべてが文句なしのパーフェクト! いまのようにすべてをCG処理に任せるのではなく、模型が使われていることがリアリティを生み出しているのだと思います。

初めてみたときに感じたリアルさと衝撃は、大人になったいまでも変わらずにワクワクドキドキさせてくれました。

大富豪のハモンドがDNA操作によって現代に恐竜を蘇らせて作った夢の恐竜の楽園「ジュラシックパーク」、開園前に専門家による安全点検のためにと古生物学者、数学者を呼び出し、孫たちとともにパーク見学を楽しんでいたところ、システムトラブルによって「安全」は崩れ去り……というのが筋書き。

専門家と子供たち、という鉄壁の布陣・前半パートでそれぞれのキャラクターの役割が明確に描かれ、怒涛のパニックに突入する筋書きはミステリ・エンタメの王道という感じ。

ありきたりなパニック映画に留まらず、科学技術の進歩のすごさと恐ろしさ、失われた命を生み出そうとする最先端の技術を扱うことの難しさや恐ろしさ、渦巻く人間のエゴを絡めながら展開していく物語は見ごたえたっぷりでした。

1番印象的だったシーンは電流の切れた柵の向こうからティラノサウルスが足音を立てながら登場するシーンです。

ドシッドシッと重工な足音を響かせながら迫りくる存在を車の中でただ待つことしか出来ない、という緊迫の場面は見ている側も恐怖のドン底に突き落とされました。

凶暴な恐竜たちがむき出しの本能で襲い掛かって来る恐ろしさに恐々しながら、それでも目が離せなくなりました。

最近の映画では失われてしまったスリルを味わえる作品だと思います。【30代女性】

ハモンドさんは何を考えているんだって感じです。
たしかに、恐竜がほんとにいたらすごいし、みんな見に行きたくなると思います。
だけど、その危険度たるや、最初からあんなにたくさんの肉食恐竜を再生させる必要はあったのでしょうか。
孫を視察につれてきちゃうところもびっくりです。
それに自分でも言っていたけど、ネドリー一人にパークの安全管理すべてを任せてるのもひどいです。
ネドリーだって、そりゃあ忙しくて腹も立つし、一人でしていたら悪い考えも浮かぶでしょう。
このネドリーというキャラはすごくいいキャラしてて、彼の末路は大好きです。
恐竜を見て、でかいカンガルーとかいうところもちょっとおかしいです。
肉食かどうかはわからなくても、私なら恐竜に出会ったら警戒します。
枝を投げてとってこいとか野犬じゃないんだからと思いました。
とにかく、おもしろいキャラです。
また主役のグラント博士のこともすごく好きで、彼の活躍を見たくて、この作品を何度も見てしまいます。
彼はティラノザウルスから逃れられたりすごいし、そのすごさは彼の知識のなせるわざってところが好きです。
それに、草食恐竜と戯れたり、恐竜に襲われても結局恐竜は好きなんだってところがたまりません。
マルコム博士やエリーも素敵だし、彼らの活躍は何度も見たくなるなあと思います。【30代女性】

ジュラシックパーク。
とても有名な作品なので、一度は映画の名前を聞いたことがある人も多いと思います。
ただ、なんとなく「恐竜の映画」という漠然とした印象しか持ってない人も多いのではないでしょうか。
人間が恐竜に追いかけられるだけの単純なパニック映画だと思っている人もいるかもしれません。
私が最初にこの映画を観たのは小学校の頃。
第一印象は、「恐竜ってカッコいい!」でした。
ちょっと変わった感想かもしれません。
普通は、人間を追い掛ける恐竜を恐いと感じるものですから。
けれど、この映画は、それくらい恐竜が魅力的で個性的な映画なんです。
大人になってからも、改めてジュラシックパークを観ましたか、やはり恐竜がカッコいいです。
一頭一頭に個性があり、ただ人間を追い掛けるだけの恐怖の存在ではありません。
もちろん、しっかり恐い面もありますし、決して人間の味方とはいえないのですが…。
ただ、恐竜を好きになれる映画なんです。
普通はパニック映画となると、恐竜を恐れて嫌いになってしまいそうなものですが、私はジュラシックパークを観て、恐竜が大好きになってしまいました。
恐竜が恐そうだから…という理由で観ていない人にこそオススメしたい映画です。【30代女性】

コメント

タイトルとURLをコピーしました