映画『怒り』無料動画情報

無料動画配信

2016年に公開された、映画『怒り』。

主演は渡辺謙、ほか、キャストは、綾野剛妻夫木聡、森山未來、松山ケンイチ、広瀬すず、宮崎あおいなど、豪華なものになっていました。

今回の記事では、映画『怒り』フル動画無料視聴する方法や作品についてご紹介いたします。

映画「怒り」予告編が公開!渡辺謙、宮崎あおい、広瀬すずら豪華キャストが出演 音楽は坂本龍一

映画『怒り』フル動画無料視聴方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

おすすめはU-NEXT

映画『怒り』は、6つの動画配信サービス(CM広告なし)お試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
hulu ○(無料視聴できる)
TELASA ○(無料視聴できる)
music.jp ○(無料視聴できる)
TSUTAYA TV ○(無料視聴できる)
FODプレミアム ○(無料視聴できる)
ポイントがたまるまで時間がかかる
dTV ○(無料視聴できない)

※2020年8月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

映画『怒り』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえて31日間無料期間があるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『怒り』お試し登録後、31日間見放題で無料視聴することができます。

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTにはその他にもたくさんのメリットがあります。

  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
  5. 読み放題の雑誌約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

観ることができる動画のジャンルが豊富なことが良いところです。
個人的に麻雀が好きなのでプロリーグであるMリーグの視聴が可能であり、u-nextのチームも存在していることで観はじめました。
当初は麻雀を観る目的のみだったのですが、アニメや海外ドラマ、男性にとってムフフな動画などラインナップが充実しています。
更に私が視聴するペースより早く続々と動画が追加されていくので私にとってはいつでも見たい動画がある状況で満足しています。
アカウントについてですが、ファミリーアカウントというシステムが導入されていて3つまで他のデバイスで同時再生が可能ですのでその人に合ったアカウントの持ち方ができると思います。
私はスマホとPCで違う動画(麻雀とアニメ)を観たりして活用しています。【40代男性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの特徴と登録方法

U-NEXTの登録はとても簡単にでき、スムーズに見たい映画を視聴できます。

特徴や登録手順をご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

動画配信サービス『U-NEXT』
[contact-form][contact-field label="名前" type="name" required="true" /][contact-field label="メール" type="email" required="true" /][contact-field label="サイト" type="url" /][contact-field label="メッセージ" type="textarea" /][/contact-form]
『U-NEXT』お試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 iPhon...

映画『怒り』作品情報

映画『怒り』は、吉田修一原作の同名小説を、李相日がメガホンを取った作品。

八王子夫婦殺人事件の犯人「山神一也」は全国指名手配されていたが、手がかりはまるで掴めなかった…。

八王子の閑静な住宅地で、惨殺された夫婦の遺体が見つかる。しかし、犯人逮捕に結びつく有力な情報が得られないまま、事件から1年が経ってしまう。千葉、東京、沖縄で、それぞれ素性の知れない謎の青年が現れ、周囲に疑念を抱かせるようになる。

出典:U-NEXT

キャスト

  • (槙洋平)渡辺謙
  • (田中信吾)森山未來
  • (田代哲也)松山ケンイチ
  • (大西直人)綾野剛
  • (小宮山泉)広瀬すず
  • (槙愛子)宮崎あおい
  • (藤田優馬)妻夫木聡
  • (明日香)池脇千鶴
  • 田中隆三
  • 今井隆文

スタッフ

  • 監督 李相日
  • 原作 吉田修一
  • 音楽 坂本龍一
  • 脚本 李相日
  • 製作 市川南

映画『怒り』ネタバレあらすじ

とある夏の暑い日、中流家庭の夫婦が惨殺されるという悲惨な事件が起きる。

妻は風呂場で、夫は廊下で各々殺されており、家の壁には”怒”という血と刃物のようなもので切り裂かれた一文字が残されていた。

一年後、山神は今だ逃走中。

警察はTVやポスターで様々なモンタージュ写真を作り捜索を広げていた。

そんな折、山神によく似た3人の男たちがふらりと辿り着く。

千葉で漁師を営んでいる慎洋平と、自らを傷つけような人生を歩む軽い知的障害を持つ娘の愛子の前に現れた田代哲也。

愛子は田代と惹かれ合い、結婚を前提にアパートで同棲を始める。

娘で心配で仕方ない洋平だったが、謎の多い田代とTVで見た「山神一也」が似ている事に気づく…。

ゲイの藤田優馬はその場限りの退廃的な毎日を送っていたが、東京のハッテン所にいた大西直人と出会い共に暮す様になる。

無口だが、心根が優しい直人に惹かれる優馬、だが愛することを恐れ、身体だけの関係だと自分に言い聞かせた。

そんなある日、街で偶然、直人と仲良さげに若い女性がお茶をしている場面を目にしてしまう…。

沖縄の離島に出かけた小宮山泉と友人の知念辰哉は、ボロボロの廃墟で一人暮している田中信吾という男と出会い仲を深めて行く。

那覇に出かけた際、泉に衝撃的な出来事が起こってしまい、話を聞き気持ちを組んでくれた信吾に、辰哉はいつしか憧れを抱く…。

それぞれの物語は「真犯人」を、確実に暴いてゆくのだった。

「山神一也」に似た男たち

東京・千葉・沖縄と三つの土地でそれぞれ描かれる物語、各々確立した話となっており、人物に直接的な共通点がある訳ではない。

ただ「山神一也」という凶悪犯に顔が似ており、謎が多い人物ということだけ。

彼らと接し、愛して生きていく決意を固めた人々が、その男が山神に似ていると気づいた時「きっと彼は違う」と信じる事ができるか、が一番の核となってゆく。

千葉編では田代を愛した愛子は「彼に全部聞いたの、彼は違うの!」と言いつつも、やはり山神と田代が似ている事で警察に連絡してしまい洋平に泣きついてしまったり、東京編でも、身体の関係だった優馬と直人が心も繋がって行き、優馬の実母が癌だということを知った直人がそっと彼に寄り添い、最期も見届ける事で「一緒の墓に入るか?」と誘ったりもしたものの、直人の幼馴染の薫の存在で、直人が信じられなくなり「山神」に似ていると知った優馬は彼が消えてしまった後、探しもしなかった。

沖縄編では、泉と辰哉という高校生コンビが見知らぬ謎の男、田中と知り合う事で様々な「秘密」を共有し仲を深めて行くが、とある事件がきっかけで崩壊してゆく。

田中が「山神」に似ている事も気づいていたが、誰も疑いもせず信じていた。

「山神一也」の正体

真犯人「山神一也」とは、沖縄に逃げていた田中信吾だった。

無人島にやってきた泉と辰也にあっさり信じてもらい、食料や雑貨も差し入れさせた。

泉の事件をきっかけに辰哉の心も掴み、辰哉の父が営む民宿で住み込みでアルバイトの仕事にもありつけます。

人垂らしでしたが、どこか心が全く見えない田中。

だが辰哉は田中を信じていました。

ところがある夜、田中は苛ついた様に台所で暴れ回ると室内もめちゃくちゃに破壊し、屋根づたいに走って逃げて行った。

辰哉はきっと無人島へ帰ったのだと、一人ボートで向かうものの、廃墟の室内には「怒」「知り合った女がヤられてた、ウケる」と石で削られた文字を見つけ絶望する。

田中は悪びれる事なく、泉が那覇で米軍に乱暴された際にも、物陰から笑いながら事を見ており、もっと傷つけろよ腰抜けが!と泉たちを口汚く罵倒した。

信頼とは何だったのか?と辰哉は凍り付いていた。

1年前の殺人事件の真相、動機とは?

社会的底辺を這う様に生きてきた山神一也は、日々募る苛立ちを古いアパートに閉じこもり、ノートに書き殴っていた。

いつもの様に日雇いの仕事場に向かう山神。

日差しが強く暑い、垂れる汗を拭いながら現場へ向かうが、迷子になり見つからない。

雇い主に連絡するも「日付が違う、もう既にその現場は過ぎた」とだけ言い冷たく切られてしまう。

力尽き、その辺にある家の玄関に座り込んでしまう。

その時、家主である女性が山神に気づくが、一度は怖がる様に家に入ってしまう。

ところが冷たい麦茶を持ち、大丈夫かと彼を労う様にそっと差し出した。

普通ならばこんな暑い中、仕事ももらえず冷たい麦茶を貰えるという感謝すべき状況なのだが、山神は幼い頃からの環境で「人を見下す事でギリギリ自分を保っていた」男であった。

彼に取って、他人からの優しい気持ちは「屈辱」以外のなにものでもなかった。

それが殺人事件に至った「動機」であった。

映画『怒り』ラストの結末

沖縄では田中の裏切りに辰哉は怒り心頭だった。

自分だけではなく、大切に思っているはずの泉のことまで初めから見下し利用していたという事実に向き合えない。

そんな辰哉を殴り、挑発する田中。

辰哉は田中が持っていた裁ちバサミを手に田中の腹部を刺す。

田中はよろよろと海岸に出て行き絶叫しつつ絶命した。

「山神辰哉」逮捕と死亡のニュースが全国を駆け巡る。

千葉では警察に通報された田代が東京へ逃げていた。

真実を知った慎親子は泣き崩れていたが、東京駅から愛子に電話を掛けて来た彼に迎えに行くことを伝え、愛子は着の身着のままで飛び出し、田代と合流した。

それを聞き喜びのあまり涙を流す洋平。

東京では「山神」逮捕を聞き、消えた直人を思う優馬。

カフェで薫を見つけ話を聞く。

すると薫と直人は幼馴染で同じ養護施設の仲間であることを知る。

孤独で持病持ちの直人は優馬を本当に愛し、幸せそうだったと聞いた。

そして直人は優馬を待つため、公園にいたが発作が出てそのまま一人で亡くなった事も知る。

カフェを出た優馬は彼を想い、信じられなかった自分を責め大粒の涙を流した。

辰哉は黙秘し口を閉ざしていた。

泉は一人で無人島へボートを走らせ、田中の狂気を知る。

怒りと悲しみに満ちた彼女は海に向かって絶叫した。

映画『怒り』感想

何度も見ている作品ですが、本当に内容が重く見た後どっと疲れます。

それくらい感情が揺さぶられて一気に落ちたり、駆け上がったりする一作だと思います。

李監督の作品は、本当に良い意味で泥臭く、人間臭い作品が多いので見応えが半端ないです。

出演者も実力揃いの人たちばかりですが、特に個人的には沖縄編の主要キャラ3人の広瀬すず、作久本宝の二人は、本当に難しい役柄を見事に演じていたと思います。

身体を張った広瀬すずはもちろんのこと。

事件後、心を閉ざしたものの田中に励まされ、だがその田中に見下され絶望し殺人を起こす高校生を感情豊かに演じていました。

作久本宝は本作がデビュー作だったそうですが、本当に感情豊かに田中とやり合う姿は鮮烈でした。

今は朝ドラでも姿を見られるので、とても嬉しいです。

素敵な役者さんなので、もっと色々な映画に出演してほしい一人です。

そして真犯人役の森山未來は本当に素晴らしく、民宿で全てに苛つきキレ暴れ回る姿は本当に恐ろしかったのに、屋根伝いにするすると逃げる身体能力の高さが「只でもない」男だとよく伝わってきました。

最期の無人島での「山神」としての独白は本当に恐ろしく、素直に怒りが湧きました。

映画『怒り』視聴者の声

最初に殺人事件の概要があって、その犯人かもしれない3人の素性を隠している男の話が、交互に描かれるというスタイルの映画です。
犯人捜しというよりは、なんで人は素性を隠すのかということに焦点をおいた作品かなと思いました。
みんな何かを隠してるものだし、そこも含めて人を信じられるのかってことかもしれません。
でも、それって難しいと思います。
信じたいからこそ、はっきりさせておいた方がいいことも、警戒することも必要でしょうし、なんか簡単にただ信じるってのも違うと思います。
だから、犯人じゃなかった2人の関係者が、相手を疑っちゃって、別れることになるって展開が悲しくもあり、仕方ないことだよなとも思いました。
でも、1人についてはその後やり直しができそうな感じで終わってよかったです。
犯人については、まあ予想通りだったかなと言う感じです。
最初に言った通り、犯人捜しが主軸じゃないのでしょう。
犯人役の人は狂った演技がとてもうまかったです。
てか、最初から何かおかしかった感じがしました。
キャストは、実力派俳優ばかりでとても見ごたえがありました。
相手を信じられなくて悲しむ妻夫木くんとか、娘を思う渡辺謙とか、胸が痛くなる表情がたくさんありました。
見てよかったです。【30代女性】

コメント

タイトルとURLをコピーしました