箱根駅伝2021 東京国際大学駅伝部メンバーまとめ!注目選手は主将・中島に留学生のヴィンセントやムセンビら

東京国際大学駅伝部のメンバーと注目選手についてまとめてみました。

2011年創部とまだ若い東京国際大学駅伝部ですが、箱根駅伝2020では総合5位となり話題を集めました。大躍進を遂げた昨シーズンから、箱根駅伝2021への新たな挑戦に向けて練習に励んでいます。

そこで今回は、東京国際大学駅伝部の注目選手を4名紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

箱根駅伝2021 東京国際大学区間エントリーメンバー

12月29日に区間エントリーが発表されました。

※当日変更あり(1日につき最大4名まで、往路、復路通じて最大6名まで)

【往路】

  • 1区:三浦瞭太郎(3) 東農大二高・群馬
  • 2区:L・ムセンビ(2) 仙台育英高・宮城
  • 3区:内田  光(4) 佐久長聖高・長野
  • 4区:宗像  聖(2) 学法石川高・福島
  • 5区:荒井 雄哉(4) 東海大山形高・山形

【復路】

  • 6区:林  優策(1) 滋賀学園高・滋賀
  • 7区:善田 修平(2) 滋賀学園高・滋賀
  • 8区:熊谷 真澄(4) 高田高・岩手
  • 9区:加藤 純平(4) 九州学院高・熊本
  • 10区:川畑 昇大(1) 須磨学園高・兵庫

【補欠】

  • 佐伯  涼(4) 須磨学園高・兵庫
  • 杉崎  翼(4) 東洋大附牛久高・茨城
  • 芳賀宏太郎(3) 学法石川高・福島
  • Y・ヴィンセント(2) チェビルベレク高・ケニア
  • 丹所  健(2) 湘南工科大附高・神奈川
  • 村松 敬哲(1) 浜松商高・静岡
スポンサーリンク

箱根駅伝2021 東京国際大学駅伝部注目選手

続いては、東京国際大学駅伝部の注目選手4名について紹介していきましょう。

中島哲平(4年/主将)

  • 中島哲平(なかじま てっぺい)
  • 1998年4月13日(現在22歳)
  • 175cm/60kg
  • 人間社会学部スポーツ科学科
  • 茨城県常陸大宮市出身
  • 水城高校(茨城県)

選手としての特徴やキャラクター

今シーズンの東京国際大学駅伝部主将は、4年生でエースの中島哲平選手です。茨城県常陸大宮市出身で、強豪の水城高校から東京国際大学に進学しました。

高校時代は都道府県駅伝2017で4区6位となるなど、全国レベルの実力を示してきた中島哲平選手。進学先に選んだ東京国際大学駅伝部は、2011年創部と箱根駅伝出場校の中でもとりわけ若いチームでした。

東京国際大学の箱根駅伝初出場は、2016年(総合17位)。中島哲平選手が1年生だった2017年は不出場でしたが、2018年から2020年まで3年連続出場を果たしています。

2018年は総合17位、2019年は総合15位と、なかなかシード権獲得には至らなかった東京国際大学。しかし、箱根駅伝2020では往路3位・復路6位、総合5位と大きなサプライズを起こし一躍話題の中心となったのです。

躍進の要因となったのは、4年生中心のチーム作り。2年生から箱根駅伝に出場してきたメンバーが成長し、これに強力な留学生の力が加わったことで、大躍進に繋がったのでした。

箱根駅伝2020では7区にエントリーされていた中島哲平選手でしたが、直前で真船恭輔選手(当時4年/現・八千代工業)と交代となり、箱根駅伝初出走を逃しています。また、中島哲平選手の卒業後の進路については、八千代工業への入社が内定しているそうです。

プライベートでは、”本物の”アイドルファンとしても知られる中島哲平選手。乃木坂46と≠ME(ノットイコールミー/略称はノイミー)の大ファンだそうで、推しメンには北野日奈子さんを挙げています。

練習がない休日にはアイドルのイベントに自ら足を運び、メジャーアイドルだけではなく、地下アイドルもチェックしているそうです。

≠MEについてはメンバーの二人と誕生日が同じであることから、握手会で直接メンバーにそれを伝えたこともあるとか。

駅伝もアイドルも本気。中島哲平選手のチームを引っ張る走りに注目です。

2020年の調子や状態

センセーショナルな大躍進で話題づくしとなった、昨シーズンの東京国際大学駅伝部。新主将の中島哲平選手は、さらなる高みを目指してチームをまとめています。

大志田監督は、出雲駅伝優勝、全日本大学駅伝と箱根駅伝では3位を目標に掲げ、チームの強化に取り組むはずでした。しかし、新型コロナにより、スケジュールは大幅な変更を強いられます。

緊急事態宣言が発令されると、チーム練習は中止に。選手の自主性に任せ個別の練習を継続するも、目標が曖昧になったことから調整は難航します。大志田監督は改めて指導の難しさを再認識すると共に、主将の中島哲平選手も頭を悩ませたことでしょう。

さらに、新型コロナの影響により、優勝を目指していた出雲駅伝は中止。今シーズン初戦となった全日本大学駅伝でしたが、東京国際大学は総合10位となり、3位の目標には届きませんでした。

全日本大学駅伝2020には、中島哲平選手をはじめ、一部主力選手が欠場。8区間を通して一桁順位を獲得したのは3名にとどまり、苦しいレース展開が続きました。

箱根駅伝2020で大躍進の立役者となった4年生たちが卒業し、チーム力全体の底上げが課題の東京国際大学駅伝部。箱根駅伝2021では、昨年順位を上回る総合3位に挑みます。主将・中島哲平選手にとっては、箱根駅伝初出走となるかも注目ポイントです。

イエゴン・ヴィンセント(2年)

  • イエゴン・ヴィンセント・キベット(Yegon Vincent Kibet)
  • 2000年12月5日(現在19歳)
  • 187cm/68kg
  • 経済学部経済学科
  • ケニア(アフリカ)出身
  • チュビルベレク高校

選手としての特徴やキャラクター

東京国際大学駅伝部のスーパー留学生から、一人目は2年生のイエゴン・ヴィンセント選手を紹介しましょう。ヴィンセント選手は、ケニア出身の19歳。母国のチュビルベレク高校を卒業後、東京国際大学に入学しました。

留学当初は日本語を理解するのも難しく、慣れない環境に戸惑うことが多かったとか。ただ、同じ留学生のムセンビ選手のサポートもあり、今ではチームメートから「ヴィンちゃん」の愛称で呼ばれるほど打ち解けています。

東京国際大学の新留学生だったヴィンセント選手でしたが、昨シーズン前はベールに包まれた謎の多い存在でした。ところが、蓋を開けてみると、走った全ての大会で圧倒的なパフォーマンスを披露し、周囲を驚かせます。

箱根駅伝予選会では、ライバルを圧倒する走りで東京国際大学の本大会出場に貢献。さらに、箱根駅伝2020本大会では3区を走り、区間新記録で区間賞を獲得しました。

中継を見ていた多くの視聴者は、SNSで「ヴィンセント選手速すぎ!」といったツイートを連発。ヴィンセント選手の活躍もあり、東京国際大学は過去最高となる往路3位、さらに総合5位に躍進したのでした。

2020年の調子や状態

箱根駅伝2020では、圧倒的な走りで駅伝ファンの度肝を抜いたヴィンセント選手。2019年の10000mの自己ベストは27分47秒76と、学生駅伝界を見渡してもライバルは見つかりそうにありません。

東京国際大学駅伝部が箱根駅伝2021で目標の3位を目指すには、スーパー留学生・ヴィンセント選手の力が不可欠でしょう。しかし、箱根駅伝2020後のヴィンセント選手の様子はほとんど分かっていません。

全日本大学駅伝2020にも欠場したことから、箱根駅伝2021がヴィンセント選手にとって今シーズン初戦となります。

ヴィンセント選手は日本インカレにも欠場しており、箱根駅伝2021での走りにはより注目が集まるでしょう。

ルカ・ムセンビ(2年)

  • ジョン・ルカ・ムセンビ(John Luka Musembi)
  • 2000年12月12日(現在19歳)
  • 167cm/55kg
  • 経済学部経済学科
  • ケニア(アフリカ)出身
  • 仙台育英高校(宮城県)

選手としての特徴やキャラクター

東京国際大学駅伝部のもう一人のスーパー留学生は、2年生のルカ・ムセンビ選手です。ムセンビ選手はヴィンセント選手と同じケニア出身ですが、高校時代から日本で生活しています。

高校時代は宮城県の強豪・仙台育英高校で全国高校駅伝も経験。2年生の時は3区で2位、3年生時は再び3区を走り3位となっています。

東京国際大学進学後は、1年生から3大駅伝に出場する主力選手に。全日本大学駅伝では、アンカーの8区で起用されると区間賞を獲得し、初出場の東京国際大学駅伝部を総合4位に導きました。(出雲駅伝には2020年初出場となるはずが、新型コロナの影響により中止)

東京国際大学は、予選会から勝ち上がっての全日本大学駅伝総合4位だったのです。初出場の大学がいきなり4位となったことは大学駅伝界に衝撃を与え、ムセンビ選手も強い印象を残したのでした。

箱根駅伝2020での走りにも注目が集まりましたが、ムセンビ選手は補員登録となり、箱根初出走はなりませんでした。

ムセンビ選手は高校時代から日本に留学しているため、日本語も堪能。チームメートとのコミュニケーションも問題なく、同じ留学生のヴィンセント選手をサポートする役割も担っています。

箱根駅伝2020の中継では、先輩に強気で走りらなきゃとエール送り、4年生を「山瀬」と呼び捨てにしたりと、周囲を和ませていました。

2020年の調子や状態

箱根駅伝2021を戦う東京国際大学駅伝部にとって、スーパー留学生・ムセンビ選手の成長も欠かせません。ムセンビ選手の5000m自己ベストは、13分45秒15。日本インカレでは、この自己ベストに惜しくも1秒ほど届かなかったものの、5000mで6位となっています。

日本インカレでは、10000mにも出場し、29分17秒98のタイムで10位でした。10000mについては、7月のホクレンディスタンスで自己ベストを出し、10月の東海大学長距離競技会でこれをさらに更新する28分20秒09を記録しています。

全日本大学駅伝2020では、2年連続で8区のアンカーを任されると、大志田監督の期待に応え区間2位となりました。

丹所健(2年)

  • 丹所健(たんしょ けん)
  • 2001年2月7日(現在19歳)
  • 176cm/60kg
  • 人間社会学部スポーツ科学科
  • 神奈川県横浜市出身
  • 湘南工科大学附属高校(神奈川県)

選手としての特徴やキャラクター

今シーズンの東京国際大学駅伝部は、2年生に注目選手が多くいます。神奈川県横浜市出身の丹所健選手も、2年生ながらすでに東京国際大学の主力選手です。

出身校の神奈川県にある湘南工科大学附属高校は、スポーツが盛んな学校。OGには元テニスプレイヤーの杉山愛さん、OBには元サッカー日本代表の福田正博さんらがいます。

また、湘南工科大学附属高校は、あのバスケットボール漫画の傑作『スラムダンク』に登場する「海南大付属高校」のモデルにもなっています。「海南」は、主人公たちが通う湘北高校のライバル校。よく見ると、名前も少し似ていますよね。

高校時代は無名だった丹所健選手ですが、東京国際大学進学後からその才能が開花しました。同学年のスーパー留学生二人に注目が集まる中、箱根駅伝2020の予選会での走りは、目利きの駅伝ファンの注目を集めます。

入学当初は14分36秒だった5000mのタイムも、夏合宿後には14分05秒まで更新するほどに急成長。全日本大学駅伝2019にはエントリーされるものの、ここでは3大駅伝初出走とはなりませんでした。

続く箱根駅伝2020では、同級生の山谷選手に代わり、往路1区を走ります。丹所健選手は、初の箱根路を区間13位で走り終えました。

丹所健選手の箱根駅伝初出走は、意外なところでも取り上げられます。神奈川県にある小学生公式ドッジボールチーム「ヨコハマトップス」は、2期生として所属した丹所健選手の箱根駅伝初出走を祝福。丹所健選手は背番号6を付け、関東大会に2度出場したそうです。

丹所健選手の才能は、今年卒業した伊藤達彦選手(現・Honda)からも太鼓判を押されるほど。昨シーズンのエースから認められたわけですから、将来は東京国際大学駅伝部の有力な日本人エース候補と言えるでしょう。

2020年の調子や状態

箱根駅伝2021へ向け、2年生・丹所健選手の成長は東京国際大学にとって嬉しいニュースとなっています。

7月の東海大学長距離競技会では5000mで自己ベストとなる13分56秒51を記録。5000m13分台は速いランナーの目安であり、上位を目指すには絶対必要になってくる力です。

丹所健選手は、10月の東海大学長距離競技会でも10000mで自己ベストを30秒以上更新する28分39秒63のタイムを出しました。これは、大志田監督にとっても、かなり頼もしい成長ぶりとなっているでしょう。

さらに、全日本大学駅伝2020では2区で起用されると、一桁順位の区間8位で走り終えた丹所健選手。この時、1区を走ったのは、同学年のライバル山谷昌也選手でした。13位でタスキを受けた丹所健選手は5つも順位を上げたことになります。

同じ2年生の山谷選手も、1年生から活躍しているスピードランナーです。丹所健選手とは互いに意識しながら、切磋琢磨して日々成長しています。

以上、今回は東京国際大学駅伝部のメンバーと注目選手についてまとめました。

\他大学の区間エントリーメンバーはこちら/
スポンサーリンク

まとめ

  • 東京国際大学駅伝部は2011年創部
  • 箱根駅伝には4年連続の出場(通算5回)
  • 過去最高成績は箱根駅伝2020での総合5位
  • 主将の中島哲平選手は箱根駅伝2021で初出走なるか
  • 2年生ヴィンセント選手は箱根駅伝2020で区間賞を獲得
  • 2年生のムセンビ選手は全日本大学駅伝2019で区間賞を獲得した
  • 2年生の丹所健選手は成長著しいエース候補
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
箱根駅伝
ロジエムービー

コメント

タイトルとURLをコピーしました