映画『X-MENダークフェニックス』無料動画情報

Featured Video Play Icon 無料動画配信

マーベル・コミックス好きな方にとっては不可欠といえる作品が『X-MEN』でしょう。

映画としても有名ですが、今回ご紹介するのは、『X-MEN: ダーク・フェニックス・サーガ』が原作の映画『X-MEN: ダーク・フェニックス』です。

本編もスピンオフも定評のある映画『X-MEN』シリーズだけに、本作への期待も高まっていきますよね。

今回の記事では、映画『X-MEN: ダーク・フェニックス』のフル動画を無料視聴する方法や作品についてご紹介いたします。

映画『X-MEN: ダーク・フェニックス』フル動画無料視聴方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

動画配信サービス

映画『X-MEN: ダーク・フェニックス』は、4つの動画配信サイト(CM広告なし)お試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

U-NEXT TELASA 
music.jp 
TSUTAYA TV

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
[字][吹]
hulu ×
TELASA ○(無料視聴できる)
[字][吹]
music.jp ○(無料視聴できる)
[字][吹]
TSUTAYA TV ○(無料視聴できる)
[字][吹]
FODプレミアム ×
dTV ○(無料視聴できない)
[字][吹]

※2020年7月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

おすすめはU-NEXT

映画『X-MEN: ダーク・フェニックス』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『X-MEN: ダーク・フェニックス』を視聴するためには「440ポイント」を必要としますが、お試し登録時にもらえるポイントを利用することにより、実質無料で視聴することができます。

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTにはその他にもたくさんのメリットがあります。

  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
  5. 読み放題の雑誌約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

やはり入会して一ヶ月無料はとてもおすすめポイントです。

映画やテレビ番組がたくさんありますが、その中で、スマホでご覧になる方に自分個人的なおすすめは、鉄道の運転席から車窓を見る番組があります。

ただ音声も音楽もなく、ただガタンゴトンと走行中の音と、車掌さんと今懐かしい車内販売のアナウンス、今どこを走っているか分かりやすい字幕が、就寝前ベッドからスマホで横になって番組を見ることが、テレビの大画面と比べてU-Nextで見る醍醐味となっています。

就寝前のブルーライトを気にする方や鉄道に興味がない方には物足りないかもしれませんが、でも使い方一つで自分に合った満足の仕方を体験させていただくパートナーがU-Nextだと思います。【40代男性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの特徴と登録方法

U-NEXTの登録はとても簡単にでき、スムーズに見たい映画を視聴できます。

特徴や登録手順をご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

U-NEXTの特徴やメリット・デメリットは?おすすめポイントも解説!
動画配信サービスと聞いて、思い浮かべるのが「U-NEXT」という方も多いのではないでしょうか? テレビのCMで見かけたり、ネット広告で見る回数も多いでしょう。 でも気になるけど、ほかの動画配信サービスと比べて何がいいのか分からな...
U-NEXTにiphoneやアンドロイドのスマホからお試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 i...

パンドラやデイリーモーション

パンドラ、デイリーモーションの無料動画サイトで映画『X-MEN: ダーク・フェニックス』を検索しましたが、フル動画はアップロードされていませんでした。(2020年7月17日時点)
今後、映画『X-MEN: ダーク・フェニックス』の動画がアップロードされる可能性もありますが、その場合、著作権が厳しいため、早めに削除されることでしょう。

これらの無料動画サイトは数多くあり、公式ではない方法でアップロードされた違法なサイトです。

  1. Pandora
  2. Dailymotion
  3. 9tsu
  4. miomio
  5. openload

たとえ違法アップロードサイトで見たい映画を見ることができた場合でも画質が悪かったり、スマホやパソコンにウイルスが感染する危険性があります。

安心安全に視聴したい人は動画配信サービスで観ることをおすすめいたします。

映画『X-MEN: ダーク・フェニックス』作品情報

『X-MEN:ダーク・フェニックス』9.25先行デジタル配信/10.9ブルーレイ&DVDリリース

チャールズ率いるX-MENは、人類と共存し平和を守っていた。しかし、宇宙での任務中、メンバーのジーンが謎の熱放射を浴び、彼女の心の闇に潜んでいたもうひとつの人格が覚醒する。仲間たちは暴走するジーンを救おうとするが、予期せぬ悲劇が起こり…。

出典:U-NEXT

キャスト

  • チャールズ・エグゼビア(プロフェッサーX):ジェームズ・マカヴォイ
  • エリック・レーンシャー(マグニートー):マイケル・ファスベンダー
  • レイブン(ミスティーク):ジェニファー・ローレンス
  • ハンク・マッコイ(ビースト):ニコラス・ホルト
  • ジーン・グレイ(ダーク・フェニックス):ソフィー・ターナー
  • スコット・サマーズ(サイクロップス):タイ・シェリダン
  • オロロ・モンロー(ストーム):アレクサンドラ・シップ
  • 謎の女:ジェシカ・チャステイン
  • カート・ワグナー(ナイトクローラー):コディ・スミット=マクフィー
  • ピーター・マキシモフ(クイックシルバー):エヴァン・ピーターズ

スタッフ

  • 監督:サイモン・キンバーグ
  • 音楽:ハンス・ジマー
  • 脚本:サイモン・キンバーグ
  • 製作:サイモン・キンバーグ、ハッチ・パーカー、ローレン・シュラー・ドナー、トッド・ハロウェル

映画『X-MEN: ダーク・フェニックス』ネタバレあらすじ

ジーン・グレイは、子供だったころ、交通事故で両親を失い、自分だけ助かりました。

その後、チャールズ・エグゼビアから特殊能力を知らされた、ジーン・グレイ。

やがて、ジーン・グレイは、同じような子供たちのいる学校で、彼らといっしょに教育を受けることに。

それからジーン・グレイはX-MENの一員となって、NASAの宇宙船の問題解決に乗り出します。

ジーン・グレイはそこで太陽の爆発に巻き込まれるものの、奇跡的に無事だったため、一躍、みんなのヒーローに。

一方、エイリアンが、人間の女性に化け、ジーン・グレイを求めていきます。

そんなジーン・グレイは、太陽の爆発の影響で強くなっていたのでした。

さて、ジーン・グレイは父が生きていたと知り、彼と交流しますが、その仕打ちに激怒し、強いパワーを発揮してしまったので、レイヴン・ダークホルムが死んでしまいます。

そんななか、エイリアンは、ジーン・グレイに接触し、X-MENと仲たがいさせるため、嘘を吹き込むことに。

一方、誤解からエリック・レーンシャーは、ジーン・グレイを殺そうとし、逆に彼女にやられてしまいました。

ジーン・グレイはエイリアンに自身のパワーをあげてしまい、エイリアンは地球征服計画を明らかに。

ジーン・グレイは、さいわいにも、エイリアンを倒すことに成功します。

が、そのさいに巻き添えを食らってしまって、自身も死んでしまうのでした。

ジーン・グレイの強いパワー

ジーン・グレイの強いパワーが注目となった、映画『X-MEN: ダーク・フェニックス』。

これにまつわるエピソードでは、学校で事実が明らかになるところが興味深いものとなりました。

チャールズ・エグゼビアらがジーン・グレイを調べるなか、あることがいっしょに分かったからです。

それは、ジーン・グレイの交通事故の記憶を、チャールズ・エグゼビアが消していたということでした。

すべては彼女のためにやったこと。

でも、結局、ジーン・グレイは父が生きていると言い出し、彼に会いに行き、レイヴン・ダークホルムの死につながってしまうのです。

何とも皮肉ですよね。

自身の記憶

映画『X-MEN: ダーク・フェニックス』では、ジーン・グレイがエイリアンにだまされ、エリック・レーンシャーが誤解から彼女を殺そうとし、倒されたのが、ひどい展開でしたね。

が、この後、ジーン・グレイはやっと元に戻ります。

チャールズ・エグゼビアが、勝手に記憶をいじったことを、ジーン・グレイにわび、父が彼女を彼に頼んだ時の自身の記憶を見せたからです。

この記憶によって、チャールズ・エグゼビアがどれだけ自分を想ってくれていたのか知ることになった、ジーン・グレイ。

でも、レイヴン・ダークホルムやエリック・レーンシャーの犠牲を思えば、もっと早く行われればよかったですね。

ジーン・グレイの犠牲

映画『X-MEN: ダーク・フェニックス』の最大の見どころは、やはり何といっても、ラストのジーン・グレイの犠牲ですよね。

まさか主人公が死んでしまうとはショッキングですが、感動的な結末といえるでしょう。

そんなラストでもとくに印象的だったのが、学校側の対応なのでした。

ジーン・グレイの犠牲をたたえて、校名をジーン・グレイ・スクールへと改めることにしたのですね。

これには、思わず涙してしまったという視聴者も、少なくなかったに違いありません。

映画『X-MEN: ダーク・フェニックス』感想

マーベル・コミックス系にしては、映画『X-MEN: ダーク・フェニックス』は、異例といえる感動的なラストでしたね。

もっとも、ジーン・グレイが生きていれば、もっとよかった気もしますが。

それはともかく、本作は、ただのバトルアクションではなく、さまざまな要素が複合的に絡み合った、傑作だったといえるでしょう。

バトルアクション系も悪くはないでしょうが、こうした作風もたまには悪くないと思いますので、いつものタイプに飽きた方にはとくにおすすめいたします。

映画『X-MEN: ダーク・フェニックス』視聴者の声

題名に、ダークフェニックスとあり、ファイナルエディションで、ジーンのダークフェニックスや勧誘の話があったので、また同じ話が過去に合ったのか混乱してしまいました。

これは、フューチャー&パストでそれまでの展開が全てチャラになったためで、この映画はメンバーが一緒でも別のお話と思って観るのがいいと思いました。

アポカリプスがあって、さらにそれから10年後の世界のお話です。

ジーン役はゲーム・オブ・スローンズのサンサ役を演じたソフィー・ターナーさんで、清潔感があり、凛としていて、真面目な雰囲気がジーンにぴったりです。

ジェームズ・マカヴォイさん演じるプロフェッサーXは、アポカリプスでスキンヘッドになったので、終始毛のない状態なのですが、毛がなくても、かっこよかったです。

英語の発音がものすごく綺麗で素敵です。
プロフェッサーXがジーンについた嘘がこの世を破滅に追いやります。

ただ、宇宙線を浴びなくてもジーンは凄くて、だからこそ、嫌な記憶は本人のためにも抑えてあげようという思いやりからついた優しい嘘なので、最終的には許してくれますが、もっと早い段階で許してあげればいいのに。と思ってしまいました。

きっと今は自由なフェニックスとなって宇宙のどこかで幸せに暮らしているでしょう。

仲間が悪に染まった時や仲間の裏切りがわかった時、自分だったらどうするかを考えさせられる映画でした。【30代女性】

Xメン映画化の新シリーズの完結編にあたる本作、ダークフェニックスは原作コミックでもダークな内容ながら非常に人気の高いエピソードです。

人気キャラクターであるジーングレイを中心に置いたストーリーテリングがなされた本作。

上映時間が過去の作品の中でも短い作品となっていますが、ジーンがフェニックスになる模様、Xメンの他のメンバーの葛藤や心理的な揺れもキッチリ描ききっています。

短い作品特有の説明不足感が全くない、見やすい作品であると言えます。

私自身、Xメンファーストジェネレーションから続く新シリーズについてかなり好感を持って観ていました。

今作もそれに違わず、原作コミックのエッセンス、しっかり整理されたストーリー、キャラクターそれぞれの演技力が相まった作品であると評価しています。

アクションもミュータント個々の能力が活きるシーンが沢山あり、観ていてワクワクしました。

よくまとまった作品ではありますが、残念だった部分もあります。

1番はオープニングです、Xメンシリーズお馴染みのテーマソングに合わせたオープニングシーンが無く、暗いスタートになっており、いつものXメンだ!という高揚感が無かったのは少し寂しかったです。

評価で言うならば、4点/5点というところでしょう。【20代男性】

色々なミュータントの子供たちが、まだまだいたことを教えてくれた映画でした。

しかも、子供たちの中で、ジーンという主人公は、サイコキネシスとテレパシーの特殊能力を持っているミュータントなんて、羨ましいなと思いました。

そんな彼女の家族との過去シーンは、本当に胸が苦しくなるほど切ないものでした。

しかも、再会してもなお、ジーンを娘だと思っていない父親の言動は、本当に悲しかったです。

そんなジーンがミッション中にあった事故で、自分の中のダークサイドとして封じ込められた人格「ダーク・フェニックス」を解き放ったジーンは、少し怖かったです。

それでも仲間を傷つけないように、自分が怒って傷つけないように、必死に耐えているジーンの姿は見ていて辛かったです。

そんなジーンに襲われてもなお、ミュータントの仲間たちが、ジーンを救おうと立ち向かっていくシーンは感動しました。

ダーク・フェニックスを解放したジーンの力は強大で、今までに見たどの敵よりも最強なのではないかと思いました。

そんなジーンを救って、また皆で笑い合っている姿は微笑ましくて、感動しました。

ジーンを操って世界を支配しようとした悪役を、最後ジーンが倒したシーンは格好良かったです。【20代女性】

コメント

タイトルとURLをコピーしました