映画『かもめ食堂』無料動画情報

Featured Video Play Icon 無料動画配信

映画『かもめ食堂』は、2006年に公開された作品で原作は群ようこの小説。

主人公の女性がフィンランドのヘルシンキにかもめ食堂をオープンしたことによって展開され、コミカルかつ心温まるストーリーによって、評判になりました。

今回の記事では、映画『かもめ食堂』のフル動画の無料視聴する方法や作品についてご紹介いたします。

映画『かもめ食堂』フル動画無料視聴方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

動画配信サービス

映画『かもめ食堂』は、5つの動画配信サイトお試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
hulu ○(無料視聴できる)
TELASA ○(無料視聴できる)
music.jp ○(無料視聴できる)
TSUTAYA TV ○(無料視聴できる)
FODプレミアム ×
dTV ×

※2020年7月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

おすすめはU-NEXT

映画『かもめ食堂』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『かもめ食堂』お試し登録後、31日間見放題で無料視聴することができます。

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTにはその他にもたくさんのメリットがあります。

  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
  5. 読み放題の雑誌約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

まず圧倒的に見放題の映像が多いです。

他にもたくさんの動画配信サービスがありますが、動画の数は一番ではないかと思います。

実際入れてみましたが、雑誌なども読め、そしてファミリーアカウントで4つまでアカウントを作れるところもポイントだと思います。

それによって様々はデバイスで映画などを見ることができますし、家で時間を過ごすのにもってこいです。

そしてU-NEXT独自作品などもあります。

ポイントが毎月配布されるのでそのポイントを利用して最新の映画などを見ることもできるので結果的にレンタルショップなどで一本一本借りるのよりもお得だと思っています。

また、様々なジャンルの映画や映像があるため、知識なども増えますし、趣味の幅も広がると思います。【20代女性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの特徴と登録方法

U-NEXTの登録はとても簡単にでき、スムーズに見たい映画を視聴できます。

特徴や登録手順をご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

U-NEXTの特徴やメリット・デメリットは?おすすめポイントも解説!
動画配信サービスと聞いて、思い浮かべるのが「U-NEXT」という方も多いのではないでしょうか? テレビのCMで見かけたり、ネット広告で見る回数も多いでしょう。 でも気になるけど、ほかの動画配信サービスと比べて何がいいのか分からな...
U-NEXTにiphoneやアンドロイドのスマホからお試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 i...

パンドラやデイリーモーション

パンドラ、デイリーモーションの無料動画サイトで映画『かもめ食堂』を検索しましたが、フル動画はアップロードされていませんでした。(2020年7月18日時点)
今後、映画『かもめ食堂』の動画がアップロードされる可能性もありますが、その場合、著作権が厳しいため、早めに削除されることでしょう。

これらの無料動画サイトは数多くあり、公式ではない方法でアップロードされた違法なサイトです。

  1. Pandora
  2. Dailymotion
  3. 9tsu
  4. miomio
  5. openload

たとえ違法アップロードサイトで見たい映画を見ることができた場合でも画質が悪かったり、スマホやパソコンにウイルスが感染する危険性があります。

安心安全に視聴したい人は動画配信サービスで観ることをおすすめいたします。

映画『かもめ食堂』作品情報

映画『かもめ食堂』公式予告編

日本人女性のサチエがヘルシンキの街角にかもめ食堂をオープン。
なかなか客が来ない中、初めてフィンランドに来たというミドリと出会ったサチエは、彼女を店に迎え入れる。
さらにヘルシンキの空港に降り立った訳ありな女性マサコも店を手伝うようになり…。

出典:U-NEXT

キャスト

  • (サチエ)小林聡美
  • (ミドリ)片桐はいり
  • (マサコ)もたいまさこ
  • ヤルッコ・ニエミ
  • タリア・マルクス
  • (マッティ)マルック・ペルトラ

スタッフ

  • 監督 荻上直子
  • 原作 群ようこ
  • 音楽 近藤達郎
  • 脚本 荻上直子

映画『かもめ食堂』ネタバレあらすじ

サチエは、フィンランドのヘルシンキにて、かもめ食堂というお店をオープンさせました。

なかなかお客が来ないなか、日本に関心があるというトンミ・ヒルトネンがやっと来店します。

そんななか、サチエはミドリという日本人旅行者の女性とたまたま出会い、親しくなっていくことに。

やがてサチエとミドリはいっしょにかもめ食堂で働きだします。

あいかわらず客足は、トンミ・ヒルトネン以外、微妙でしたが、2人が努力することで、次第に変化が見られていきました。

そしてかもめ食堂にマサコという荷物を探している女性があらたな仲間として加わります。

また、いつも厳しい表情をしているリーサという女性も現れ、実は旦那に逃げられていたという彼女も、すっかりみんなと仲よくなっていくのでした。

そんなかもめ食堂に男が入っていて、みんなはおどろきますが、それは顔見知りの前の店の主人のマッティでした。

マッティは自分が使っていた備品を持ち帰ろうとしていたのです。

さて、マサコは荷物が見つかったので、かもめ食堂から出ていくことに。

サチエとミドリはガッカリしますが、マサコの荷物は中身が違っていて、結局、彼女はかもめ食堂に引き返してきます。

その後、かもめ食堂はかつては信じられなかったくらいの繁盛を見せていくのでした。

最初のお客は、トンミ・ヒルトネン

映画『かもめ食堂』で、かもめ食堂に来店した記念すべき最初のお客は、トンミ・ヒルトネンでした。

さて、日本に関心があるというトンミ・ヒルトネンは、サチエに対して、アニメの『ガッチャマン』のテーマの歌詞を訊きます。

が、サチエはくわしくなかったため、たまたま出会ったミドリに訊いたところ、彼女はバッチリ知っていたのでした。

このような経緯で、まったく見知らぬ人々が1つになっていくとは、なんともシュールな展開ですよね。

うまいコーヒーの淹れ方

サチエとミドリの出会いもおもしろかった、映画『かもめ食堂』。

が、みんなと前の店の主人のマッティとの出会いも、すてきなものだったのです。

まだかもめ食堂が流行っていなかったころ、マッティがやって来て、サチエとミドリにうまいコーヒーを淹れるためのアドバイスをしてくれたのでした。

その方法はおまじないという突拍子もないものでしたが、不思議とコーヒーはうまくなっていたのです。

こうしたこともあって、かもめ食堂は人の出入りが多くなっていくのでした。

リーサが藁人形の呪術を実行する

映画『かもめ食堂』のキャラクターでも印象的だったのがリーサでした。

旦那に逃げられたというリーサは、なんと、みんなに向かって、旦那を呪うために、呪術を教えてくれといい出したのです。

しかも、サチエはこれに応じて、リーサに日本の藁人形の呪術を伝授。

リーサはこれを本当に実行しますが、そうすると、旦那は本当に体調が悪くなってしまうのでした。

手放しで笑うのはちょっと微妙かもしれませんが、これはこれでユーモラスなエピソードですよね。

映画『かもめ食堂』感想

このように、映画『かもめ食堂』は、たわいもない日常を描いた話ではありますが、不思議と強く印象に残って離されないという、独特の展開になっていました。

登場人物もみんな普通の人たちばかりなのに、実に興味深い感じなのが特徴ですよね。

舞台が外国ということを除けば、あまり派手ではない設定ながら、これだけインパクトがあるストーリーに仕上がったことはすばらしい限りでしょう。

異国情緒と日本の風景が混在した映画『かもめ食堂』の風情を、ぜひ、みなさんも味わっていただければと思います。

映画『かもめ食堂』視聴者の声

原作は「群ようこ」さん。

この人の作品が好きな方は、文句なしに観るべき作品である。

彼女の原作のイメージを壊すことなく、まったり、のんびりした世界を忠実に映像化しているからである。

もちろん、そうでない方にも、観て欲しい。ヘルシンキという遠く離れた地で、小さな食堂を開くことになった日本人女性と、現地の人々との、何気ない日常が、ふんわりと描かれたこの作品。

とかく殺伐として、気がめいりがちな昨今、観ているだけで微笑ましい、満ち足りた気分にさせてくれる。

キャストもいい。

小林聡美さん、片桐はいりさん、もたいまさこさんという、個性的な3人が、ナチュラルに気負いなく演じている。

また、この作品は、本当に美味しいものを食べたいと思わせてくれる作品でもある。食べ物の映像が本編の多くを占めるからだ。

しかも、主人公のサチエさんが作る料理は、素朴だけれども、心がこもっていて、いかにもマイペースで芯の強いサチエさんらしいメニューだ。

その料理が、異国の地で、最初は受け入れられなくても、徐々に受け入れられていくという過程が、妙に心地よい。

元気のない時、この映画にちょっとだけ背中を押してもらって、もう一度頑張ろうと思える、そんな作品である。【50代女性】

フィンランドの街中にある食堂を、日本人の女性がオープンし切り盛りしていくお話です。

オタク系の青年などお客さんが一人だけだったのが、予期せぬやってきた仲間と一緒にお店を繁盛させていきます。

日本とは違いどこかゆったりした雰囲気がながれる街中で、お客さんが来なくてもにこやかにお仕事されてる小林 聡美さんに癒されます。

何気ない日常がゆっくりと流れていき、日本を離れてこんな生活もあるのかとうらやましくなります(開店費用に多額のお金を用意する必要はありそうですが)

フィンランド式のおにぎりを考えたり、新しいメニューを開発したりと少しずつ店に活気がでてきて軌道にのってくるのが良かったと素直に思えます。

フィンランドに流れ着いた日本人女性と一緒に働くようになりますが、旅の途中で立ち止まって自分の幸せを考えるのも悪くないのではないかと思わせてくれます。

青いお店のデザインやコーヒーカップ、窓から見える街路の広さなどフィンランドらしいインテリアを見ていても楽しかったです。

働きすぎの方や今の生活に息苦しさを感じている方など、肩の力をぬきリラックスしてみていただきたいです。

見終わった後、少し幸せな気持ちにさせてくれる大好きな映画です。【40代女性】

本作でシナモンロールというものを知りました。

すごくおいしそうで、絶対一度は食べたいと思ったし、初めて食べた時はそれなりに感動しました。

そのほかの食べ物もとてもおいしそうでした。

おにぎりとかとんかつ定食とか定番の日本の家庭料理が出てきます。

やっぱり食堂ものなのだから、食べ物描写が美味しそうじゃなきゃ意味がないと思います。

外国の方にもあの味は受けるのでしょうか。
ほんとに日本の味付けって感じの見た目でした。

お話はたいして何も起こらないのですが、それでもなんか見れてしまう、不思議な魅力がありました。

何がいいのかと聞かれるとよくわかりませんが、一番はキャストの魅力ですかね。

小林聡美さんはいくつになってもどこかかわいらしくて、素敵だし、片桐はいりさんの個性もたまらないです。

自転車走らせ、おにぎりに合う具を探し回ったり、そういう積極的なことをいかにもしそうな感じのする女性です。

もたいまさこさんはあんまり喋りもしないけど、どっか威圧感があって大好きな役者です。

彼女たちは1人が出ているだけでも味が出ていい芝居になるのに、その人らが3人集まっているんだから、もう味が出まくりでした。

舞台がフィンランドというのもいいなと思います。【30代女性】

小林聡美さん演じるサチエはフィンランドのヘルシンキで日本食の食堂をやっています。

小人がやってる変な店と思われているようで、はじめは全く人が入りませんが、ある時、一人の青年がお客としてやってきます。

彼は日本語が上手でガッチャマンの歌詞を全て教えてくれと言います。

最後まで歌えないサチエは街の書店で見かけた背の高い日本人女性の片桐ハイリさん演じるミドリに声をかけ、ガッチャマンの歌詞を教えてもらいます。

話が弾み、ミドリはサチエの家に厄介になることになりました。

その後もスーツケースを航空会社に失くされて困っている、もたいまさこさん演じるマサコがやってきます。

しばらくして3人でお店を切り盛りするようになり、スーツケースが見つかって、マサコは日本に帰ることになりますが、ほのぼのとお店は続いていくというようなお話です。

小林聡美さんはパスコ超熟のCMから飛び出してきたような感じで、いつあのパンが出てくるかと楽しみに観ていました。

ヘルシンキが本当に素敵な街で、どこを撮ってもオシャレに見えます。

サチエ、ミドリ、マサコのお三方とも姿勢が良く、背筋が伸びていて所作がとても美しく、観ていてほっとするような作品でした。

美味しそうな料理がたくさん出てきましたが、一番印象的だったのは、ミドリがサチエの料理を食べて涙するところでした。

料理が美味しいというだけでなく、ヘルシンキへ単身来た理由や日本での生活が大変だったんだろうなと察することができ、海外に行って日本食を食べると、ほっとする感覚を思い出しながら観ていました。

是非ゆったりした気持ちになりたい時に、観てください。【30代女性】

想像していたよりも、ずっと開放的な映画でした。
私もミドリさんのように、フィンランドに対して国民全員が満たされているという大雑把な印象を持っていましたが、全員がそういう訳では無いようです。
しかし、それでも豊かに見えました。

カモメ食堂勤務の女性たちが魅力的だったからでしょうか。

サチエさんは誰の事も否定しない気持ちの良い人でした。

また、去る者は追わず来る者は拒まずの姿勢が格好いいです。

これまでもミドリさんのようなタイプの人に執着されてきた雰囲気がします。

一般的に変人とされる人への対応が手慣れていました。

ミドリさんは、カオナシと千尋を掛け合わせたような人物で、生きにくそうな人間だと感じさせる面ありましたが、思い切った行動が良い方向に転んでいました!

周りの二人が強そうなので、彼女の人生について心配する必要は無さそうです。

マサコさんには凄みがありました。

老老介護の経験には、頭が下がります。

お店が繫盛するまでの過程が淡々と描かれていましたが、中年女性が好きな事をして過ごしている様子にとても癒されました。

最後、サチエさんがプールで拍手を受けている姿を見て、今まで観てきたものはサチエさんの幻想だったのかなと少しだけ思ったのですが、それくらい理想的な幸せが詰まっている作品でした。【20代女性】

とてもゆったりした雰囲気が流れる作品で、ぼぉーと映画を見たいときにおすすめの作品です。
日本のどこかでも成立する話ではあるけれど、フィンランドの風景も美しく、日常を忘れられました。
役者陣は、小林聡美さん、もたいまさこさん、片桐はいりさんと個性派の方ばかりで面白いです。
小林さんはパンのCMとかでもカフェ店長役とかやっていて、食堂を経営してそうなので、すごくこの役に合っているなと思いました。
片桐さんと小林さんの出会いもアニソンだったりして、これぞ日本という感じだし、おもしろかったです。
もたいまさこさんもカバンをなくしたにしても落ち着いていて、まさにもたいまさこという感じの役でした。
急に外国で食堂なんか開いてうまくいくとは思えないし、だいたいどれくらいの値段で売っているのかなとか疑問はたくさんです。
そういうカフェの裏事情みたいなのを描く映画もおもしろそうですが、この映画はそういう話ではありません。
ただ、ゆったり。
出てくる人は大体いい人で、みんなで仲良く楽しく生きているという感じです。
見ているとほっこりするし、おなかも減ります。
日本の定食ってほんとおいしそうですよね。
あれは外国で出そうと思ったら結構高いかもなって感じです。
何かを食べながら見たい作品です。【30代女性】

コメント

タイトルとURLをコピーしました