天使にラブソングをの吹き替え声優一覧まとめ!日本テレビ版

洋画

映画『天使にラブソングを』(日本テレビ版)の吹き替え声優を一覧でまとめてみました。

5月15日(金)に、日本テレビで放送される人気映画『天使にラブソングを』。

楽しくて元気が出る人気コメディー作品ですが、『金曜ロードSHOW!』の視聴者投票で放送が決定しています。

『天使にラブソングを』はテレビ版とソフト版で声優に違いがあり、今回は日本テレビ版の声優さんについて分かりやすくまとめました。

スポンサーリンク

天使にラブソングをの吹き替え声優

デロリス(シスター・メアリー・クラレンス)/中村晃子

 

  • 氏名:中村晃子(なかむら あきこ)
  • 生年月日:1948年1月3日(現在72歳)
  • 出身:千葉県習志野市

主人公のデロリス(演:ウーピー・ゴールドバーグ)の吹き替え声優は、中村晃子さんでした。

中村晃子さんは、1960年代に女優デビューし、1960年代から1980年代始めにかけて主に歌手として活動されています。

多数のシングル・アルバムをリリースしており、『虹色の湖』は80万枚の大ヒットでした。

声優としての活動は、『天使にラブソングを』や『天使にラブソングを2』を含めてあまり多くありません。

海外ドラマについては、『かわいい魔女ジニー』、『刑事コロンボ』、『名探偵ポアロ』といった作品があります。

ヴィンス・ラ・ロッカ / 堀勝之祐

 

  • 氏名:堀勝之祐(ほり かつのすけ)
  • 生年月日:1941年8月1日(現在78歳)
  • 出身:東京都

堀勝之祐さんが演じたのは、マフィアのボスであるヴィンスです。

主人公デロリスとヴィンスは愛人関係でしたが、ある事件をきっかけにデロリスはヴィンスに追われることになります。

堀勝之祐さんは、俳優座出身の俳優として活動を始め、同期には、山崎努さんや松本典子さんがいるそうです。

俳優としても、多数のドラマ・映画に出演されています。

1970年代からは声優活動も始め、誰もが知るアニメの名作に出演されました。

洋画の吹き替えについては、ロバート・デニーロ、アラン・ドロン、ハリソン・フォードといった名優の声を担当されています。

最初の大役は『理由なき反抗』のジェームズ・ディーンだったそうです。

修道院長 / 藤波京子

  • 氏名:藤波京子(ふじなみ きょうこ)
  • 生年月日:1935年1月3日(現在85歳)
  • 出身:東京都

規律に厳しくお堅い修道院長を演じたのは、藤波京子さんです。

修道院長はその真面目さから、デロリス扮する奔放なシスター・メアリー・クラレンスと度々衝突します。

藤波京子さんは、劇団鎌倉座から俳優活動を始めました。

その後、洋画や海外ドラマの吹き替えを中心とした声優活動も並行して開始されています。

これまでに吹き替えを行った洋画・海外ドラマは膨大な数です。

『サウンド・オブ・ミュージック』といった名画の他、『ER緊急救命室』や『CSI:11 科学捜査班』といった近年の人気海外ドラマも含まれています。

『天使にラブソングを』の修道院長ははまり役だったようで、演じた女優のマギー・スミスの他の作品でも藤波京子さんが声優を担当されています。

メアリー・パトリック / さとうあい

  • 氏名:さとうあい
  • 生年月日:1955年2月12日(現在65歳)
  • 出身:東京都

さとうあいさんが吹き替え声優をされたのは、メアリー・パトリックです。

メアリー・パトリックは、ぽっちゃり体系の陽気なシスターで、『天使にラブソングを』観たことがある方なら、必ず印象に残るキャラクターでしょう。

さとうあいさんは、1980年代からアニメの声優もされています。

その多くはサブキャラですが、『ドラえもん』や『クレヨンしんちゃん』などの作品にも出演されているそうです。

そして、人気海外ドラマにも多数出演されています。

洋画については『007』、『ゴースト・バスターズ』、『スター・ウォーズ』など、こちらも誰もが知っている有名作品ばかりです。

メアリー・ロバート / 矢島晶子

  • 氏名:矢島晶子(やじま あきこ)
  • 生年月日:1967年5月4日(現在53歳)
  • 出身:新潟県柏崎市

メアリー・ロバートの吹き替えを担当されたのは、『クレヨンしんちゃん』の初代・野原しんのすけでおなじみの声優・矢島晶子さんでした。

メアリー・ロバートは、修道院で最年少のシスターです。

内気な性格でしたが、デロリスとの出会いにより、歌の才能が開花していきます。

矢島晶子さんも、元々は俳優活動をされていました。

1980年代の終盤から声優活動を開始し、1992年にスタートした『クレヨンしんちゃん』では、主人公の野原しんのすけ役に起用されました。

『クレヨンしんちゃん』のヒットと共に矢島晶子さんも、有名声優になっていきます。

アニメ以外にも、洋画の吹き替えもされている矢島晶子さん。

か弱い少女としんちゃんの声が同じ人とはとても信じられませんよね。

メアリー・ラザラス / 河村久子

  • 氏名:河村久子
  • 生年月日:不明
  • 出身:不明

気難しい年長のシスターを演じたのは、河村久子さんとクレジットされています。

メアリー・ラザラスは、吹き替え版では「メアリーラザロ」と呼ばれていました。

河村久子さんについては、正確な情報がありません。

ただ、同姓同名の俳優・河村久子さん(1923~2002)がおり、この方ではないかと推測されます。

こちらの俳優・河村久子さんはNHK大河『源義経』、『竜馬がゆく』、『風と雲と虹と』などの有名作品にも出演されていました。

現在は歌って踊れる声優さんも多いですが、昔は舞台俳優さんの副業といった色合いが濃かったようです。

河村久子さんも、そうした俳優さんの一人だったのではないでしょうか。

エディー・サウザー / 玄田哲章

 

  • 氏名:玄田哲章(げんだ てっしょう)
  • 生年月日:1948年5月20日(現在71歳)
  • 出身:岡山県

サウザー警部補の声優を担当されたのは、玄田哲章さんです。

サウザー警部補は、デロリスをヴィンスから守り、事件を捜査する優しく正義感の強い警察官。

岡山県出身の玄田哲章さんは、大学入学後に演劇の世界に入り、劇団薔薇座に17年間在籍されました。

1970年代に『科学忍者隊ガッチャマン』の端役から声優活動を開始され、『ドカベン』の岩鬼正美といったメインキャラクターも多く担当されています。

玄田哲章さんのバリトンボイスは特徴的で、アーノルド・シュワルツェネッガーの声でも有名です。

『トランスフォーマー』シリーズでは、アニメ・映画の両方でコンボイ役を演じています。

ジョーイ / 西村知道

 

  • 氏名:西村知道(にしむら ともみち)
  • 生年月日:1946年6月2日(現在73歳)
  • 出身:千葉県

ジョーイの吹き替えを担当したのは、声優の西村知道さんです(ソフト版ではサウザー警部補役)。

ジョーイは、ヴィンスの部下のマフィア。

終盤で、「尼さんは撃てねぇ」の印象的な台詞があります。

西村知道さんは、2020年も現役バリバリの声優さんです。

日本大学芸術学部映画学科を卒業後に俳優活動を開始され、劇団櫂や劇団衝撃弾の創立メンバーでもあります。

1970年代からはアニメにも出演しはじめ、これまでに数えきれない有名作品で声優をされてきました。

西村知道さんは渋い声が魅力的で、中年や老人のキャラクターを多く担当しています。

また西村知道さんには、日本ナレーション演技研究所で講師をしていた時期もあります。

長いキャリアに後進の育成と、西村知道さんが声優界に果たしてきた貢献は計り知れません。

ウィリー / 千田光男

  • 氏名:千田光男(せんだ みつお)
  • 生年月日:1940年3月1日(現在80歳)
  • 出身:北海道

ヴィンスのもう一人の部下・ウィリーの吹き替えを担当したのは、声優の千田光男さんです。

「ナハ!ナハ!」でお馴染みのタレント・せんだみつおさんと読みが同じですが、こちらの千田光男さんは全くの別人になります。

しかし、かつては周囲も二人を間違えることがありました。

ある時は、千田光男さんのギャランティが、せんだみつおさんに振り込まれる手違いもあったそうです。

千田光男さんは、そのバリトンボイスを活かし、1960年代のアニメ黎明期から長きに渡り声優活動をされてきました。

その作品群には、『巨人の星』、『アタックNo.1』、『ど根性ガエル』、『はじめ人間ギャートルズ』、『タイムボカン』など、オールドファンにはたまらないタイトルが並んでいます。

洋画や海外ドラマの主演作品はアニメよりもさらに多く、きっとあなともどこかで千田光男さんのバリトンボイスを耳にしていることでしょう。

 

以上、今回は映画『天使にラブソングを』(日本テレビ版)の吹き替え声優を一覧でまとめました。

映画『天使にラブソングを2』の無料動画視聴方法

映画『天使にラブソングを2』を動画配信サービスの「U-NEXT」で無料視聴できます。

詳しくはこちらからご確認下さい。

映画『天使にラブソングを2』無料動画
映画『天使にラブソングを2』は、1993年に公開され、世界中で話題になり人気になった映画『天使にラブ・ソングを…』の待望の続編です。 今回の記事では、映画『天使にラブソングを2』の無料動画の視聴方法や作品についてご紹介いたします。 映画...
スポンサーリンク

まとめ

  • 主人公のデロリス役の中村晃子さんは80万枚を売り上げた歌手でもある
  • ヴィンス役の堀勝之祐さんはロバート・デニーロ、ハリソン・フォード、アラン・ドロンの声も担当している
  • 藤波京子さんは修道院長役を演じたマギー・スミスの他作品でも吹き替えをしている
  • メアリー・ロバート役は『クレヨンしんちゃん』の初代・野原しんのすけで有名な矢島晶子さん
  • サウザー警部補役の玄田哲章さんはアーノルド・シュワルツェネッガーの声も担当している
  • ジョーイ役の西村知道さんは日本ナレーション演技研究所で講師をしていた
  • ウィリー役の千田光男さんのギャラが手違いでせんだみつおさんに振り込まれたことがある
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました