映画『レッドクリフ Part I』無料動画情報

無料動画配信

2008年に公開された、映画『レッドクリフ PartI』。

今回の記事では、映画『レッドクリフ Part I』フル動画無料視聴する方法や作品についてご紹介いたします。

レッドクリフPart1 あらすじ予告

映画『レッドクリフ Part I』フル動画無料視聴方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

動画配信状況

映画『レッドクリフ Part I』は、3つの動画配信サービス(CM広告なし)お試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
[字][吹]
hulu ×
TELASA ×
music.jp ○(無料視聴できる)
[字]
TSUTAYA TV ×
FODプレミアム ×
dTV ○(無料視聴できる)
[字]

※2020年9月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

おすすめはU-NEXT

映画『レッドクリフ Part I』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえて31日間無料期間があるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『レッドクリフ Part I』お試し登録後、31日間見放題で無料視聴することができます。

\U-NEXT CM動画/

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

\U-NEXTの特長/
  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録後にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は18万本以上
  5. 読み放題の雑誌が約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

一つ目のいいところは映像が綺麗なところが気に入っています。

他のムービーアプリよりは鮮明だと感じています。
二つ目は、何より作品数が多いところです。
アニメから洋画、邦画が好きでよく見るのですが、たいていのものはあります。

ただポイントで購入必須なのが最新作だと多いですが、ポイントも貰える為特段不便には思っておりません。

またダウンロードしてみれるのもいいです。

料金は他の企業と比べると高めかなぁ、とやはり感じますが、家族割などのパッケージプランもあり、3人まではパッケージに加入できるなどといったシステムもあるため、そこで料金の問題については解決しつつ、毎日の映画の視聴や、漫画も楽しんでいます。
満足してますので是非利用してみてください。【20代女性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの登録方法

登録は5分ほどで完了し、スムーズに見たい映画を視聴できます。

手順をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

『U-NEXT』お試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 iPhon...

自分に合うサービスを選ぶ

動画配信サービス各社の内容を確認し、ご自身に合ったベストなサービスを選びましょう。

動画配信サービス『U-NEXT』
動画配信サービスと聞いて、思い浮かべるのが「U-NEXT」という方も多いのではないでしょうか? テレビのCMで見かけたり、ネット広告で見る回数も多いでしょう。 でも気になるけど、ほかの動画配信サービスと比べて何がいいのか分からないと疑問...
動画配信サービス『hulu』
動画配信サービスは、月額料金を支払うことで、観たい作品を視聴できるのサービスです。 月額料金を支払うことで、どの作品も見放題になるのが嬉しいポイントですね。 観たいときに観れるため、24時間いつでもどこでも視聴できるのがおすすめです。 ...
動画配信サービス『music.jp』
「music.jp」と聞いて、音楽を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか? しかし、「music.jp」は、音楽だけでなく、動画やマンガ、小説など様々なコンテンツを楽しむことができます。 月額料金で見放題のサービスとは違い、月額料金...
動画配信サービス『TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV』
TSUTAYAのネットレンタルサービスに、 TSUTAYA DISCAS TSUTAYA TV があるのをご存知でしょうか? 名前を聞いたことがあるけど、詳しいサービス内容が分からない方も多いのではないかと思います。 ...
動画配信サービス『FODプレミアム』
FODプレミアムという、動画配信サービスをご存知でしょうか? 名前を聞いたことはあるけど、サービスの詳しい内容は知らないという方も多いのではないかと思います。 FODプレミアムを詳しく知りたい方に向けて、FODプレミアムの特徴やメリット...
動画配信サービス『dTV』
dTVは、NTTドコモが提供している動画配信サービスです。 ドコモを使っている方はもちろん、ドコモ以外の方も使用することができます。 映画は邦画や洋画、ドラマも国内から海外など、たくさんのジャンルを楽しめるのが魅力的なポイント。 dT...

映画『レッドクリフ Part I』作品情報

赤壁の戦いといえば、中国文学を代表する『三国志演義』における最大の見どころであり、きわめて有名な物語だといえるでしょう。

そんな赤壁の戦いをテーマにしたのが、ジョン・ウー監督作品である、映画『レッドクリフ』。

2008年に映画『レッドクリフ PartI』が公開され、注目されることになりました。

西暦208年。天下統一をもくろむ曹操は、劉備軍を征討すべく大軍を率いて奇襲する。なんとか逃げ延びた劉備軍の軍師・孔明は、曹操を共通の敵とする孫権との同盟を劉備に進言、自ら使者として赴くことに。そこで孫権軍の司令官、周瑜と体面した孔明は…。

出典:U-NEXT

キャスト

  • (周瑜)トニー・レオン
  • (孔明)金城武
  • (曹操)チャン・フォンイー
  • (孫権)チャン・チェン
  • (尚香)ヴィッキー・チャオ
  • (趙雲)フー・ジュン
  • (甘興)中村獅童
  • (小喬)リン・チーリン
  • (劉備)ユウ・ヨン
  • (魯粛)ホウ・ヨン

スタッフ

  • 監督 ジョン・ウー
  • 音楽 岩代太郎
  • 脚本 ジョン・ウー、チャン・カン、コー・ジェン、シン・ハーユ
  • 製作 テレンス・チャン、ジョン・ウー

映画『レッドクリフ Part I』ネタバレあらすじ

当時、中国は三国時代を迎えていて、その天下を狙って、武将たちの激しい戦いが続いていました。

まず、漢の曹操は、北部を手中にすることに成功して、それに続いて、南部も収めようと、戦いに向かうことにします。

ゆくゆくは中国の天下統一までめざしていた曹操でしたが、そのためには、どうしても、実力者だった劉備と孫権に勝たなければならなかったのでした。

一方、漢は、複数の実力者たちによる戦いによって、天下はすっかり乱れまくってしまいます。

曹操は、劉備と孫権に対して、いきおいではすっかり勝っていました。

そこで、数十倍もの勢力を誇っていた曹操は、劉備に対して、さっそく戦いを挑むことにしたのです。

これに対して、劉備は、すっかりピンチに陥ってしまうことになるのでした。

諸葛亮孔明の一計

このように、一見、曹操に対して、劣勢に立たされているかのように見えていた、劉備。

ところが、そんな劉備には、歴史的に見てもまれといえる戦略家である諸葛亮孔明がついていたため、彼にとっては非常に頼もしい限りなのでした。

そんな諸葛亮孔明は、劉備に向かって、劉備と不仲の孫権と休戦に持ち込んで、曹操を破るために団結してみたらどうかと具申することにします。

劉備と孫権がいっしょになれば、曹操を破ることができるのではないかと、諸葛亮孔明は画策していたのでした。

しかし、このような作戦は、かなり斬新なものです。

結果として、劉備は、曹操がみずからの数十倍もの兵を率いていたことから、この提案に乗って、諸葛亮孔明をさっそく、孫権のところに送ることにしました。

同盟へ向かって

劉備の命を受けて、諸葛亮孔明はさっそく、それまで劉備と関係がよくなかった孫権に会いに行くことになりました。

まず、諸葛亮孔明は、孫権の部下である周瑜と会うことになります。

戦略に関して天下で並び立つ者はいないレベルの知略を持っていた、諸葛亮孔明。

ところが、周瑜のほうも、そうとうな戦術家であり、諸葛亮孔明は、そのことに気が付きました。

一方で、周瑜もまた、諸葛亮孔明がかなりの実力者であると知ることになります。

やがてそんな周瑜は、当初こそ、諸葛亮孔明のことを危険視していたものの、次第にお互いの関係は進展していき、すっかり仲よくなったのでした。

このようなプロセスを経て、とうとう劉備と孫権の同盟へとむけて、ことは動き出します。

勝利のための秘策

孫権には、孫尚香という、手ごわい妹がいました。

孫権、周瑜、孫尚香は、諸葛亮孔明の提案を受けて、劉備に会いに行きます。

こうして事態は前進しだしたものの、まだ劉備にとって安泰とは言えませんでした。

劉備と孫権が手を組んだとしても、曹操の勢力にはまったくかなわないレベルだったからです。

ところが、諸葛亮孔明と周瑜は、曹操にまったく勝ち目がないとは考えていませんでした。

実は、曹操の軍勢のうち、忠誠心が強いのはごく少数で、それ以外は、もともとは曹操の敵で、戦に負けて従った者たちだったからです。

そのため、諸葛亮孔明と周瑜は、曹操に勝つこともできると考えていたのでした。

こうして、劉備と孫権はあらためて、曹操を倒すことにします。

映画『レッドクリフ Part I』ラストの結末

さて、実は、曹操には、天下統一以外にも、戦をしないといけない狙いがあったのです。

曹操は周瑜の嫁である小喬にずっと好意を寄せていて、ずばり、彼から奪って、自分のものにしたいと考えていたのでした。

それもそのはず、小喬はそうとうな美女として知られている女性だったからです。

そのため、曹操は小喬に顔が似た驪姫を側室にしていたほどなのでした。

こうしたこともあって、曹操はいよいよ小喬を手に入れるため、劉備と孫権と戦うことにします。

劉備、孫権、曹操が一戦交えることになったのは、赤壁というところ。

この赤壁は、さまざまな戦法で戦うことができる、まさに絶好の地でした。

やがて、孫尚香が鳩を飛ばして、その後、中国史をおおきく変えるほどの赤壁の戦いが、いよいよ、その幕を開けることになるのです。

映画『レッドクリフ Part I』感想

有名な赤壁の戦いをテーマにした映画『レッドクリフ』のなかでも、前半に当たるため、具体的な戦いの行方は、後半である映画『レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-』に持ち越されることになります。

はたして、劉備、諸葛亮孔明、孫権が、曹操とどのような戦いを進めていくというのか、目が離せませんね。

せっかくですから、本作だけにとどまることなく、こちらのほうも、あわせて確認してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました