アウトロー(映画)の吹き替え動画を無料視聴する方法!トムクルーズ主演作品の動画配信サービスまとめ

洋画

2012年に製作された、アメリカのアクション映画。

米軍の憲兵隊捜査官だったジャック・リーチャーは、街から街へとさすらいながら、様々な事件に巻き込まれながらも、法や権力に頼ることなく、自らの正義にのみ従い、たった一人で悪党に制裁を与える孤高のヒーローです。

監督は、クリストファー・マッカリー、ジャック・リーチャー役には、トム・クルーズ。

今回の記事では、映画『アウトロー』フル動画無料視聴する方法や作品についてご紹介いたします。

『アウトロー』予告編

アウトローのフル動画を無料視聴する方法

「U-NEXT」の無料トライアル

映画『アウトロー』は、動画配信サービス「U-NEXT」の無料トライアル(お試し期間)を利用することにより、無料視聴できます

アウトロー

見放題作品が約18万本
業界人気No.1の動画配信サービス
「U-NEXT」でフル動画配信中

お試し登録後、見放題で無料視聴できます

登録は5分ほどで完了
31日間以内に解約 →『0円』

\U-NEXTの特長/
  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録後にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は18万本以上
  5. 読み放題の雑誌が約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

「U-NEXT」ユーザーの声

ドラマ、映画で検索して出てこない作品はほぼないと思います。

ドラマも日本のものだけでなく、海外、特に韓国ドラマが好きな人は満足できるほど揃っていると思います。

作品のページの下には出演者も表示されおり、人で作品を絞りたい時はその人の一覧に飛べるようになっています。

また、関連作品やこの作品を見た人にオススメの作品も見ることができるので自分好みの映画をどんどん発見することもできます。

そして、マンガなども見ることができるので、映画やドラマを見ると同時に漫画バージョンを見るという楽しみ方もできます。

また、一部ですがライブ映像も見ることができるので様々な楽しみ方ができると思います。

そして、新作の表示も早いのですぐに作品を見ることができます。

とても重宝しています。【30代女性】

アウトローのフル動画配信まとめ

アウトロー

今すぐU-NEXTで無料視聴

※2021年2月時点の配信情報となります

アウトロー

無料視聴できる他のサービス

hulumusic.jpTSUTAYA TVdTV

※2021年2月時点の配信情報となります

アウトロー

動画共有サイトで検索

YouTube

動画共有サイトは画質が悪かったり、スマホやパソコンにウイルスが感染する危険性があります。安心安全に視聴したい人は動画配信サービスで観ることをおすすめいたします。万が一、視聴する場合は自己責任で視聴してください。

アウトローの作品情報

白昼の川沿い、対岸から6発の銃弾が発射され、5人が殺された。元米軍スナイパーのバーが逮捕されるが、「ジャック・リーチャーを呼べ」というメモを残して意識不明に。バーの弁護士・ヘレンと共に事件を捜査するうち、リーチャーは真の巨悪の尻尾をつかむ。

出典:U-NEXT

キャスト

  • (ジャック・リーチャー)トム・クルーズ
  • (ヘレン)ロザムンド・パイク
  • (ロディン)リチャード・ジェンキンス
  • (エマーソン)デヴィッド・オイェロウォ
  • (ゼック)ヴェルナー・ヘルツォーク
  • (チャーリー)ジェイ・コートニー
  • (ジェームズ・バー)ジョセフ・シコラ
  • (キャッシュ)ロバート・デュヴァル
  • マイケル・レイモンド=ジェームズ
  • アレクシア・ファスト

スタッフ

  • 監督 クリストファー・マッカリー
  • 原作 リー・チャイルド
  • 音楽 ジョー・クレイマー
  • 脚本 クリストファー・マッカリー
  • 製作 トム・クルーズ、ドン・グレンジャー、ポーラ・ワグナー、ゲイリー・レヴィンソン

アウトローのネタバレあらすじ

アメリカのペンシルベニア州ピッツバーグ。

アレゲニー川の川沿いにあるPNCパークの対岸にある立体駐車場から、PNCパークに向けてスナイパーが銃で狙っていました。

そして、スナイパーは5人を射殺して、白いバンで逃走しました。

立体駐車場には、狙撃に使われた銃弾の薬莢と、駐車料金のメーターのなかに、犯人が入れた25セント硬貨が残されていました。

硬貨の指紋は、ジェームズ・バーという元米軍のスナイパーの指紋だったので、ジェームズを家宅捜索したところ、ジェームズはベッドで寝ていて、ガレージには白いバン、地下室ではライフルが見つかります。

逮捕されたジェームズは取り調べで否認し、ジャック・リーチャーを呼んで欲しいとだけ言いました。

ジャックは、元は米軍の憲兵隊捜査官でしたが、今は街から街へ渡り歩く流れ者なので、行方が掴めません。

エマーソン刑事とロディン検事には、ジャックに連絡を取る方法がなかったのですが、そこへジャック本人が現れました。

ジャックは、ジェームズの事件を報道で知ったのでした。

そしてジャックはジェームズに面会したいと言いましたが、ジェームズは移送中の車の中で、他の囚人たちからの暴行により、昏睡状態になっていました。

弁護士のヘレンと共に事件を調べるジャック

ジェームズはかつて、イラク戦争に派遣されていたとき、殺人衝動によって何人もの人間を殺した過去があり、そのときジャックに逮捕されていたのです。

ジェームズはジャックの能力をよく知っていたので呼び寄せたかったのです。

ジャックは事件現場を見に行き、6発撃たれたうちの1発が外れていることを不審に思います。

ジェームズが狙撃したのであれば、1発も外すわけがないのです。

それに、銃痕や指紋など、ジェームズが犯人になるような証拠が、揃いすぎていたのです。

ジャックは弁護士のヘレンと共に、事件を調べなおします。

ヘレンは、被害者の一人である若いベビーシッターの父親に会います。

一方、ジャックは、夜に訪れた飲み屋で、サンディという女性に話しかけられたのが元で、チンピラたちに喧嘩を吹っ掛けられてしまいました。

サンディの勤務先に行ったジャック

翌日ジャックは、ジェームズのクレジットカードの利用履歴をヘレンに見せてもらいました。

するとジェームズは、毎週末、長距離のドライブをしていたのです。

その後、ジャックはサンディの勤務先を訪れます。

するとサンディは、ジェブという同僚に頼まれてジャックに絡んだのだと打ち明けました。

ジャックはジェブの家に行き、家の中を捜索していましたが、そこにジェブの仲間たちがやってきて襲ってきたので、返り討ちにしてジェブの居場所を訊きました。

しかし、ジェブの居場所を知る者はいませんでした。

ジャックは被害者の5人について、詳しく調べてみました。

するとジャックは、本当のターゲットは5人の内の1人であるオーライン・アーチャーという女性だと突き止めます。

殺されたサンディ

オーラインは、亡き夫の建設会社を売却しないと決めていたので、その建設会社のライバルであるレーベンダウエル社が、チャーリーという殺し屋を雇ったのだとわかりました。

その頃サンディは、夜の道で男たちによって殺されていました。

サンディの死体が、ジャックの滞在している宿泊施設のゴミ捨て場に捨てられていたので、エマーソン刑事は、ジャックをサンディ殺害の犯人だとして、追跡を始めました。

実はその殺人は、エマーソン刑事が裏で手引きしていたのです。

そのころ、ヘレンはレーベンダウエル社が、これまでに数多くの不正をしている事実を掴んでいました。

しかしヘレンは、エレベーター内でエマーソン刑事にスタンガンを当てられ、誘拐されます。

アウトローのラスト結末

無差別乱射事件の黒幕は、レーベンダウエル社を経営するゼックという男でした。

ゼックが殺し屋のチャーリーに狙撃を命じたのです。

その後ヘレンに電話をしたジャックは、ヘレンが誘拐されていることに気づき、救出に向かいます。

ジャックが敵のアジトに行こうとすると、ジャックとは昔からの顔なじみのキャッシュが現れます。

ジャックはキャッシュに援護射撃してもらい、ゼックの手下たちを倒していきます。

そしてエマーソン刑事を一撃で始末しました。

ゼックとの一騎打ちになったジャックは、容赦なくゼックの頭部を撃ち抜きました。

「殺してしまったら、真相を明らかにできない」と怒るヘレンを置いて、ジャックとキャッシュは、去っていきました。

後日、ジェームズは昏睡状態から回復して、ヘレンと会話できるようになりました。

アウトローの感想

トム・クルーズはいつもかっこよくて素敵な映画です。

退役軍人でめっちゃ強くて、あと頭の回転も早かったですし、見とれてしまいました。

やっぱりトム・クルーズは、こういう役が一番好きだなと思いました。

とくに印象に残ったシーンは、群衆に紛れてバスに乗り込むシーンで、とても好きになりました。

それと、5人を殺したと疑われたスナイパーのジェームズが、なんでそんな事をしたのかを、弁護士であるヘレンと一緒に追うという話でしたけど、ヘレンも利発な顔つきだから、弁護士がめっちゃ似合っていて良かったです。

さらに、ジェームズが残した証拠が多すぎておかしくない?と思っていたら、ジャックも同じこと言っていて、やっぱり!と思ったし、ミステリー要素とアクション要素もふんだんにあって、わりと楽しめた映画でした。

あと、元上司のおじいちゃんが出てきたあたりから、盛り上がってきて、おじいちゃんの狙撃の腕が冴え渡っていてカッコよかったです。

それになんといっても、アクションは少なめながら、その中のカーチェイスシーンは見応え充分でした。

トム・クルーズが操る70年シボレーのカーチェイスが格好良くて、特にこのカーアクションは、今まで見たことの無いカメラのポジションで、とても新鮮に感じました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました