orange(映画)の結末は?成瀬翔の10年後やネタバレあらすじと感想も

邦画

今回取り上げていく映画は、青春ストーリーの傑作である『orange オレンジ』です。

高野苺さんのコミックが原作で、原作コミックは、2015年に映画化され、さらに2016年にはアニメ化、アニメ映画化までされ、反響を呼ぶことに。

その内容は、未来の自分から手紙が来た高校生たちが、その未来を変えようと奮闘していくという、SF要素のあるものでした。

感動的でありながら、興奮することもできるストーリーですので、ぜひ、ご期待いただきたいと思います。

スポンサーリンク

映画『orange オレンジ』のネタバレあらすじ

あらすじ

高宮菜穂は、なんと自分だと名乗る人物からの手紙を受けとりました。

さっそく手紙を読んでみると、そこには高宮菜穂の未来が書かれていたのです。

成瀬翔という転校生を好きになること、しかし、その成瀬翔は10年したら死ぬという、にわかには信じがたい内容でした。

でも、成瀬翔が実際に転校してきたため、高宮菜穂は、手紙を信じ始めることに。

手紙には、この日には成瀬翔を誘うなと書いてありましたが、高宮菜穂は、ついつい誘ってしまいました。

その後、成瀬翔は2週間、学校に出てきませんでした。

さて、球技大会の代打を頼まれた、高宮菜穂。

手紙には代打をやれと書いてあったため、高宮菜穂は、今度はちゃんと、それに従うことにしたのです。

ネタバレ

手紙は本物か?

手紙の指示通り代打を務めた高宮菜穂は、クラスを優勝に導くことができました。

そして高宮菜穂は、手紙の内容通り、成瀬翔を好きになっていくのです。

話は10年後に飛び、成瀬翔は本当に死んでいました。

高宮菜穂は、須和弘人と結婚して、子供もいました。

一方、話はふたたび現在に戻って、高宮菜穂は、手紙を完全に信じ、成瀬翔の未来を変えようと躍起になっていくことに。

さて、成瀬翔は、先輩の上田莉緒から告白されてしまって、高宮菜穂はすっかりこれに焦ってしまいます。

手紙には、成瀬翔にちゃんと話しかけるように書いてありました。

しかし、いくら手紙にそう書かれてあったからといって、高宮菜穂は、成瀬翔に話しかけることはできなかったのです。

動き出すみんな

さて、高宮菜穂は、上田莉緒にぶつかって怒らせてしまい、これが原因で、成瀬翔と上田莉緒は不仲になります。

これをキッカケに、成瀬翔と話をするようになった、高宮菜穂。

やがて成瀬翔は、上田莉緒と別れますが、これも手紙に書かれていたことでした。

高宮菜穂はみんなで夏祭りに行こうとするものの、みんなの思惑によって、成瀬翔と2人にされます。

が、成瀬翔は、ここで自分の母親が転校してきた日に自殺したという、衝撃的な事実を明かしました。

手紙に成瀬翔を誘うなと書いてあったのは、これを指していたのです。

やがて高宮菜穂は、とうとうみんなに手紙のことを明かしました。

すると、須和弘人は、自分にも手紙が来ていたと言います。

こうして、みんなは、成瀬翔の未来を変えようと、動き始めるのでした。

未来を作る

文化祭がやって来て、ここでも手紙によって、高宮菜穂は、一喜一憂していくことになります。

しかし、みんなは次第に、手紙の言いなりになるのではなく、未来を自分たちで作っていこうと、ポジティブになっていくことに。

その結果、成瀬翔をアンカーにしないよう書かれていた手紙に反して、あえてアンカーになった成瀬翔は1位になり、やっと手紙の未来に打ち勝つことができたのでした。

やがて、手紙の内容でももっとも重要な日がやって来ます。

成瀬翔がいなくなったという日でした。

この日、高宮菜穂と成瀬翔はケンカをしてしまいます。

手紙には成瀬翔に謝るようにと書いてありました。

ところが、高宮菜穂は謝らず、成瀬翔と連絡が取れなくなってしまいます。

スポンサーリンク

ラストの結末

成瀬翔がみんなと音信不通になってしまったのは、自殺した母親が関係していたのです。

成瀬翔は、母親の送信していなかったメールをあらたに見て、その内容にショックを受けてしまったのでした。

母親は、自分が母親失格だと思っていて、そのことを知った成瀬翔は、すっかり自分を責めてしまったというわけです。

そんな成瀬翔は、自転車で走行している最中、危うく、トラックにはねられる寸前になりましたが、なんとか、危機一髪のところで助かりました。

本来、成瀬翔は、ここでトラックにはねられて死ぬ運命にあったのです。

そして、手紙が示していた成瀬翔が死んでしまった世界とは異なった、彼がちゃんと生きている世界が描かれていくのでした。

スポンサーリンク

感想

映画『orange オレンジ』は、ただの青春ストーリーやラブストーリーとは異なって、何かと考えさせられる内容のストーリーでしたね。

人間の命の大切さはもとより、未来は努力によって変えられるということ、そして、過去にとらわれていてはいけないということなど、本作から得られる教訓は多々あります。

ただ映画のストーリーを楽しむだけでは飽き足りないという方は、一度、ご覧になれば、きっと、ご満足いただけるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました