キングダム(実写映画)をopenloadやパンドラで見れない?フル動画の無料視聴方法まとめ

無料動画配信

原泰久さんの同名人気コミックの実写映画化作品であり、2019年の邦画でももっとも話題になった時代劇である『キングダム』。

コミックス通算50巻を超える人気コミック『キングダム』を映像化させたものです。

主役である信役と漂役には「山崎賢人」さんと「吉沢亮」さんがキャスティングされ、共演者には、「長澤まさみ」さんや「橋本環奈」さん、「高嶋政伸」さん、「要潤」さんなど豪華なキャストになっています。

今回の記事では、映画『キングダム』の動画を無料視聴できる方法を調べました。

それでは、映画『キングダム』の無料動画をフル視聴する方法についてご紹介いたします。

映画『キングダム』の無料動画をフル視聴する方法

映画『キングダム』をお得に無料で視聴できる方法はないのか、気になりますよね。

openloadやpandora(パンドラ)などの違法サイトや動画配信サービスで観たい映画を無料視聴できる方法があります。

動画配信サービスといっても、たくさんの種類があるため、見たい映画が配信されているのか、調べるのが大変かと思います。

openloadやパンドラなどの違法サイト

「openload」は世界最大規模の無料ファイル共有サイトでした。

動画を無料視聴できる違法サイトとして有名でしたが、2019年10月31日に閉鎖されています。

以下の2つが主な理由とされています。

  1. 米国政府に目を付けられた
  2. 海外のネット上の著作権侵害を減らすことを目的にした団体「The Alliance for Creativity and Entertainment (ACE)」が動いた

このようなことから、「openload」で無料動画を視聴することはできません。

その他にもpandoraやDailymotionなどの無料視聴できる違法動画サイトがあります。

あなたが無料で見たい映画もpandoraやDailymotionで視聴できるかも知れません。

しかし、注意が必要です。

pandoraやDailymotionなどは、公式ではない方法でアップロードされた危険なサイトなのです。

2020年4月、映画『キングダム』のフル動画がパンドラやデイリーモーションにアップロードされているのかを調べましたが、アップロードされていませんでした。


他にもまだまだ違法アップロードサイトがありますが映画がアップロードされても、著作権が厳しく、早めに削除されます。

万が一、違法アップロードサイトで見たい映画を見ることができたとしても、画質が悪い、動画が途中で固まってしまい見ることができないなど、デメリットだらけです。

さらに無料だからといって見てしまうと、パソコンやスマートフォンにウイルスが侵入される危険性があります。

ウイルスが入ってしまい、大切な個人情報を取られてしまうことは絶対に避けたいですよね。

無料だからといって絶対に見ないようにしましょう。

動画配信サービス

次に映画『キングダム』を無料視聴できる動画配信サービスをまとめましたのでご紹介します。

※今すぐお試し無料登録するには、動画配信サービス名をクリックしてお進み下さい。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT 〇(550ポイント)
hulu ×
ビデオパス 〇(550ポイント)
music.jp 〇(440ポイント)
TSUTAYA TV 〇(550ポイント)
FODプレミアム ×
dTV ×(440ポイント)

※2020年2月時点の情報となります。最新の配信情報は各動画配信サービスの公式サイトでご確認して下さい。

映画『キングダム』は、U-NEXT、ビデオパス、music.jpTSUTAYA TVの4つの動画配信サイトでお試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料で視聴できます。

特にこだわりがなく、お試し期間中のみのご利用をお考えの方は、映画『』が配信されているどのサービスを選んでも登録後、すぐに無料視聴できます。

今すぐ好きなサービスを選んで登録してみるのがいいでしょう。

その中でも一番オススメなのはU-NEXTでお試し登録するだけで600円分のポイントがもらえます。

新作映画は550円分のポイントを利用し期限付で視聴できるので、お試し登録時付与される600円分のポイントを使い無料視聴するができ、その他の作品は見放題で視聴可能です。

また無料会員登録後は見放題作品であれば31日間見放題で視聴できるというのが最大の魅力です!

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

映画を安全に無料視聴するなら動画配信サービス

おすすめはU-NEXT

安心安全に映画やドラマを見るには、信頼できる動画配信サービスで視聴するのが一番です。

その中でも見たい映画を安全に無料で視聴したいなら、U-NEXTがおすすめです。

スマホやタブレット、テレビ等の様々なデバイスで自宅や出先でも好きな時にいつでも見れるため、利用することをおすすめします。

あらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができます。

  1. ウイルス感染の危険性がない
  2. 31日間無料お試し期間がある
  3. CMが流れない
  4. 貸出中がない
  5. 様々なデバイスでいつでも好きな時に見たいだけ見れる
  6. 見逃し配信が見れる
  7. オリジナル作品が見れる
  8. 気になった作品を見てつまらなかったとしても損はしない

さらにU-NEXTは無料会員登録ができ、登録するだけで600円分のポイントがもらえます。

無料会員登録後は31日間見放題で視聴できるというのが最大の魅力です!

新作映画は550円分のポイントを利用して視聴(期限付)できるので、無料でもらえる600円分のポイントを使って無料で映画を見ることができ、その他の作品は見放題で視聴可能です。

ポイントを利用することで、映画を無料で楽しめるのが魅力的ですね。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐU-NEXTで映画を観る

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

U-NEXTの特徴と登録方法

U-NEXTの登録はとても簡単にでき、スムーズに見たい映画を視聴できます。

U-NEXTでは、見放題作品も豊富に取り揃えてあります。

ポイントを使わないでも、映画やドラマ、アニメなどさまざまなジャンルの作品を視聴できるのがおすすめです。

U-NEXTの特徴や登録手順をご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

U-NEXTの特徴やメリット・デメリットは?おすすめポイントも解説!
動画配信サービスと聞いて、思い浮かべるのが「U-NEXT」という方も多いのではないでしょうか? テレビのCMで見かけたり、ネット広告で見る回数も多いでしょう。 でも気になるけど、ほかの動画配信サービスと比べて何がいいのか分からな...
U-NEXTにiphoneやアンドロイドのスマホからお試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 i...

U-NEXTの主な配信作品

邦画

  • カイジ2 人生奪回ゲーム
  • カイジ 人生逆転ゲーム
  • 寝ても覚めても
  • 娼年
  • DEATH NOTE デスノート
  • 斉木楠雄のΨ難
  • アルキメデスの大戦
  • 蛇にピアス
  • DEATH NOTE デスノート the Last name
  • ちはやふる -上の句-
  • 神さまの言うとおり
  • ぼくは明日、昨日のきみとデートする
  • クローズZERO
  • ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章
  • ザ・ファブル
  • 寄生獣 完結編
  • モテキ
  • ひるなかの流星
  • シン・ゴジラ
  • ヒロイン失格

洋画

  • バイオハザード:ザ・ファイナル
  • キングスマン
  • 悪女 AKUJO
  • エスケープ・ルーム
  • ブッシュウィック 武装都市
  • ロスト・シティZ 失われた黄金都市
  • ワイルド・スピード EURO MISSION
  • ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
  • 怪盗グルーのミニオン危機一発
  • ワイルド・スピード/スーパーコンボ
  • ワイルド・スピード
  • プラダを着た悪魔
  • ワイルド・スピード MEGA MAX
  • OSIRIS/オシリス
  • アナベル 死霊博物館
  • バイオハザード
  • タイタニック
  • サリュート7
  • ジャングル ギンズバーグ19日間の軌跡
  • チャーリーとチョコレート工場

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐU-NEXTで映画を観る

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

映画『キングダム』の作品情報

映画『キングダム』予告

作品概要

映画『キングダム』は、コミックス通算50巻を超える人気コミック「キングダム」を映像化させたものです。

キングダムの主役である信役と漂役には「山崎賢人」さんと「吉沢亮」さんがキャスティングされています。

共演者には、「長澤まさみ」さんや「橋本環奈」さん、「高嶋政伸」さん、「要潤」さんなど豪華なキャストになっています。

映画『キングダム』の舞台は「中国春秋時代」。

奴隷少年の信と漂は兄弟同然に育ちながら、いつか天下の大将軍になることを夢見ています。

ある日、漂は秦の大臣である「昌文君」に王宮に召し上げられます。

しかし、クーデターが起こってしまい、重症になってしまった漂は、信の元へとなんとか駆け込みます。

瀕死の状態の漂は信に地図を渡します。

その渡された地図の元に出向くと、漂と同じ顔をした青年がいたのでした。

キャスト

  • 信:山﨑賢人
  • 嬴政 / 漂:吉沢亮
  • 楊端和:長澤まさみ
  • 河了貂:橋本環奈
  • 成蟜:本郷奏多
  • 壁:満島真之介
  • バジオウ:阿部進之介
  • 朱凶:深水元基
  • 里典:六平直政
  • タジフ:一ノ瀬ワタル
  • 敦:大内田悠平
  • ランカイ:阿見201
  • 黒長老:マメ山田
  • 白長老:TERU
  • 昌文君:髙嶋政宏
  • 騰:要潤
  • 信(幼少時代):大西利空
  • 漂(幼少時代):南出凌嘉
  • 昌文君兵1:北岡龍貴
  • 昌文君兵2:大迫一平
  • 昌文君兵3:大地泰仁
  • 昌文君兵4:伊藤友樹
  • 昌文君兵5:関野昌敏
  • 昌文君兵6:大塚ヒロタ
  • 昌文君の家臣:佐藤一平
  • 文官1:酒向芳
  • 文官2:剣持直明
  • 文官3:川井つと
  • 文官4:岸田研二
  • 西の門の文官:信太昌之
  • 朱亀の門の敵将:慈五郎
  • 左慈の部下:三元雅芸
  • 衛兵1:平原テツ
  • 衛兵2:谷口翔太
  • 伝令1:金子岳憲
  • 伝令2:鈴木信二
  • 御者1:尾崎一彦
  • 御者2:名倉右喬
  • 山の民1:黒石高大
  • 山の民2:竜二
  • 山の民3:広瀬圭祐
  • 山の民4:スガマサミ
  • 盗賊1:小水たいが
  • 盗賊2:佐藤文吾
  • 盗賊3:山口孝二
  • 村人:田野良樹
  • 里典の妻:山田あんこ
  • 里典の子:藤倉未邦
  • ムタ:橋本じゅん
  • 左慈:坂口拓
  • 魏興:宇梶剛士
  • 肆氏:加藤雅也
  • 竭氏:石橋蓮司
  • 王騎:大沢たかお

スタッフ

  • 監督:佐藤信介
  • 原作:原泰久
  • 音楽:やまだ豊
  • 脚本:黒岩勉、佐藤信介、原泰久
  • 製作:北畠輝幸、今村司、市川南、谷和男、森田圭、田中祐介、小泉貴裕、弓矢政法、林誠、山本浩、本間道幸

映画『キングダム』の見どころ

映画「キングダム」の見どころは、コミックの「キングダム」では「日本」が舞台なのですが、映画では「中国」が舞台になっています。

しかも、秦の始皇帝の若き物語を描いています。

クライマックスのシーンで使われている「咸陽宮」のセットは、塗装を変えたものの既存しているもので、日本ではこれだけのセットを組めるほどの土地はないと思うほどの迫力があります。

映画「キングダム」のストーリーというのは、漫画「キングダム」の第5巻の「王弟のクーデター編」を描いているのですが、実際の原作との違いはかなり少なく作られています。

原作そのままと言っていいほど、忠実に作られていたので、漫画を読んでいた自分も、面白く観させてもらいました。

ストーリー的には先が分かっていたので、サプライズ的なことはなかったのは残念ですが、知ってるストーリーを映像化して観るのも面白いなと感じました。

漫画は、リアリティよりもキャラの見た目や世界観が優先される事が多くあると自分は思っています。

なので、実写映像になると画面に出てくる人物はリアルな人間のため、とてもリアリティが求められると思います。

そこを豪華な俳優陣、女優陣でカバーしていると感じました。

「さすが」と思わせてくれたのが、「大沢たかお」さんです。

大沢たかおさんは「王騎」役をしているのですが、さすがの演技力で、主人公の信や漂役をしていた「山崎賢人」さんよりも自分は「リアリティがあった」と感じました。

ちなみに、大沢たかおさんはこの王騎役をするために、役作りとして「15キロ増量」したそうです。

「さすが、プロだな」と感じる迫力と演技力でした。

映画『キングダム』のネタバレあらすじ

ネタバレあらすじを知りたい方はこちら。

キングダム(映画)のネタバレあらすじと結末!山崎賢人は体重を10キロ減
原泰久さんの同名人気コミックの実写映画化作品であり、2019年の邦画でももっとも話題になった時代劇である『キングダム』について、ピックアップしていきたいと思います。 原作コミックは、手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞し、これまでにアニメ化...

レビュー・評価・感想

アラサー男です。

まずはレビュー、つまり私が感じたことではなく、ありのままの事実をお伝えします。

この映画「キングダム」は漫画から始まり、アニメ化もして、そして満を持して実写映画化された作品です。

舞台は紀元前の統一される前の中国、所謂春秋戦国時代ですが、撮影が行われたロケ地も、実際の中国で起きた場所で撮影されています。

また、役者達が使う小道具、武器や防具、着物まで全て本物を再現した物を使用しています。

そうして「キングダム」の人間ドラマを再現する試みが成されている作品です。

次に、私の感想です。

「絶対に『王騎』が死ぬところまでは、シリーズを続けて欲しい!」です。

私は漫画もアニメも見尽くした上で、今回の実写化された映画を見ました。

確かに、漫画だからこそ、アニメだからこそ描けた描写は再現できていませんでした。

大沢たかおが演じる天下の大将軍「王騎」は、もっと腕が野太かったものですが、

さすがにそこはアニメ通りにはいかないです。

ですが、実写映画だからこそ、大挙して押し寄せてくる軍団や、得体の知れない王様の命を狙う刺客は、より迫力を増してました。

そして描かれる、山崎賢人が演じる信(しん)の場当たり的で、でもだからこそ重みのある「本当に死んでいった奴らを思うなら、恨み辛みで争うよりも、死んじまった奴らの願いを叶えてやれよ!」という台詞は、令和の幕開けと同時に公開された意味を感じました。【30代男性】

自分は、漫画「キングダム」を読んでいるため、映画化されると聞いた時は「絶対観に行こう」と思っていました。

最近では、コミック漫画を映像化して映画にしているのが多いですが、自分的には「駄作」が多く、今ひとつだったので、キングダムもその駄作のひとつにならないことを祈りました。

映画「キングダム」の簡単なあらすじとしては、時代は紀元前245年です。

秦の戦災孤児である信は、漂と共に奴隷として働いていました。

二人は唯一のし上がれる可能性にかけ、毎日のように剣術を練習していました。

ある日、漂は都の大臣である昌文君によって王宮に使いを出ることになります。

しかし、数年後には瀕死寸前の傷を負って家へ帰ってきます。

漂は、死ぬ寸前に信に地図を渡し、その地に赴くように伝えます。

そこに赴いた信はショックを受けます。

その地図の元へ向かうと、死んだはずの漂と瓜二つの男が王座にいていました。

映画「キングダム」を観た感想としては「やっぱりキングダムは映像化しても面白かった」です。

内容も面白かったのでふが、特に気に入ったのが「映像がとても美しかった」ことです。

前半は暗い部分が多かったので、今ひとつ綺麗な部分がないのですが、後半の巨人みたいなやつが闘っているシーンは、カメラアングルや映像の綺麗さ、迫力に驚きました。

映画「キングダム」は、漫画にも負けないほど面白い内容と映像が綺麗になっているので、おすすめできる映画です。【30代男性】

 

圧倒的映像美、原作に忠実なキャスティング、原作漫画の大ファンも納得の映像化作品。
約5年ほど前に某バラエティ番組で特集され、ミーハーな私はすぐにキングダムの漫画をレンタルしにTSU○AYAに走りました。結果即どハマり。
当時映画化の話など一切出ていませんでしたが、勝手に妄想を膨らませ脳内キャスティングしていました。
それから月日は流れ2019年。キングダム映画化のお知らせが。
正直に言うと、また漫画原作の実写化で山崎賢人さんかよ、とこの時は思ってしまいました。
その他のキャストはそれなりに納得できるものだったのでどうしてもここだけがネックだったのですが、公開されてすぐ映画館に観に行くと、漫画の中から飛び出してきたかのような信がそこにはいました。
嬴政役の吉沢亮さん、成蟜役の本郷奏多さん、王騎役の大沢たかおさん、この三人は私の中で他の人が演じているのが考えられない程キャラクターとシンクロしているなと思いました。
また楊端和役の長澤まさみさんと河了貂役の橋本環奈さんは、再現度はもちろん、その美しさと華やかさで見る人全てを魅了していました。
そしてメインキャストが実際に中国へ行き撮影されたということもあり、世界観と映像美に引き込まれること間違いなしの作品です。【20代女性】

たいていの実写化が悪い評価をもらうところだが、この「キングダム」はそれには当てはまらない。

素晴らしい。

もともとの作品を知っているファンを納得させる作品を作ることは、並大抵のことではないが、見事にそれをやってのけた作品。

実写化のメリットは何個もあるが、その一つは間違いなくリアルな迫力。それが存分に生かせていた。
クールなイメージのある山崎賢人がイメージを良い意味でぶちこわしているのも高評価。長澤まさみの激しいシーンも新鮮で良い。

何度も見たいと、そんな風に思わせてくれる作品である。

一つの作品として素晴らしいので、原作を見ていようが見ていまいが、ともに楽しめる作品。

少し省略されているようなシーンもあるような気もするが、そこは別の世界観を描いている、という捉え方もできるのでご愛敬。
キャストが豪華だと個人的には失敗、という今までのイメージを覆すような作品。色々な意味で新鮮なことがとても多い。

しっかりと見ごたえのある映画を見ると、幸せな気持ちになることができるが、そんな気持ちを思い出させてくれるようだ。

原作のスケールがもともと大きいからか、映画自体に役者が良い意味で引っ張られているようにも見える。

映画に限ったことではないが、自分のなかで、良い作品というのは予想通りにはいかない作品。

まぎれもなく、見る人の予想を大きく超える作品。

そのようなインパクトを残しながらも、原作イメージもキープしている。【30代男性】

何が良かったか。

単刀直入に言うならば、物語の主人公である信(しん)と嬴政(えいせい)のキャストだ。

正直なところ、信が山崎賢人さんに決まったときは「またか」という気持ちがなかったと言えば嘘になる。

売れっ子で実力派俳優──起用する理由はよく分かるが、実写化への出演が多いだけにそうなってしまった。
しかし、フタを開けてみると信は山崎賢人さん以外に適任はいなかったのではと思えるほど良かった。

鬼気迫る演技、ストイックに絞り込んだ体など…下僕の頃の信を完全再現していると言っても過言ではなく、作品に込める思いとプロフェッショナル魂を感じた次第だ。
そしてツートップの一角で政を演じた吉沢亮さんも代えがきかない存在であった。

信の山崎賢人さん同様、いやそれ以上に完全なる政。

信の親友である漂(ひょう)、王の政と2つの役を演じる難しさはあったに違いないが、違和感を微塵も感じさせないほどハマり役だった。
ツートップが盤石なことで、当然ながら作品の安定感は上昇。

「このセリフが来る」と分かるファンでも、信と政を演じる2人に引き込まれて涙腺が緩んでしまうことだろう。

ちなみに2人ともイケメンなので、原作ファンの女性は歓喜しかないはずだ。
少しだけ話は逸れるが、声によって命が吹き込まれたアニメ版と比べても違和感なし。

アニメだと信を森田成一さん、政を福山潤さんが演じていたが、同じ『キングダム』として作品に入り込むことができた。【30代男性】

まとめ

映画『キングダム』を安全に無料視聴する方法について紹介しました。

おすすめなのはU-NEXTです!

お試し登録後、付与された600ポイントを利用し、安全且つ確実に無料視聴できます!

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐU-NEXTで映画を観る

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました