映画『オデッセイ』無料動画情報

無料動画配信

2015年に公開された映画『オデッセイ』は、火星に置き去りになった宇宙飛行士の男性と、そんな彼の救出をめざす人々をめぐるストーリー。

原作はアンディ・ウィアーの小説『火星の人』で、リドリー・スコット監督作品。

今回の記事では、映画『オデッセイ』のフル動画を無料視聴する方法や作品についてご紹介いたします。

映画『オデッセイ』フル動画無料視聴方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

動画配信サービス

映画『オデッセイ』は、4つの動画配信サイト(CM広告なし)お試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
[字][吹]
hulu ×
TELASA ○(無料視聴できる)
[吹]
music.jp ○(無料視聴できる)
[字][吹]
TSUTAYA TV ○(無料視聴できる)
[字][吹]
FODプレミアム ×
dTV ○(無料視聴できない)
[字][吹]

※2020年8月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

おすすめはU-NEXT

映画『オデッセイ』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえて31日間無料期間があるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『オデッセイ』を視聴するためには「330ポイント」を必要としますが、お試し登録時にもらえるポイントを利用することにより、実質無料で視聴することができます。

オデッセイ (吹替版)

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTにはその他にもたくさんのメリットがあります。

  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
  5. 読み放題の雑誌約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

今現在、たくさんの動画配信サービスがある中迷っている方はU-NEXTをおススメします!!
なぜかといいますと、31日間無料トライアルがあり初めての方でも最初の1ヶ月間は無料でご登録いただけます。
数ある配信サイトの中でも見放題作品数No.1!

最新作の配信もどこよりも早く観ていただけます!
他の配信サイトにはないコンテンツも多数!

書籍、雑誌、アダルトも見放題!
テレビ、スマホ、パソコンにも対応していますので、通勤や休憩時間、お家に帰ってきてからゆっくりなど好きな時間に好きなタブレットでご覧いただけるのも魅力に一つ。
毎月1,200円分のポイントももらえますので、U-NEXT内で使ったり、映画館のチケット購入などにもお使いいただけます。
ご登録は簡単ですので是非ご登録を!【20代男性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの特徴と登録方法

U-NEXTの登録はとても簡単にでき、スムーズに見たい映画を視聴できます。

特徴や登録手順をご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

動画配信サービス『U-NEXT』
[contact-form][contact-field label="名前" type="name" required="true" /][contact-field label="メール" type="email" required="true" /][contact-field label="サイト" type="url" /][contact-field label="メッセージ" type="textarea" /][/contact-form]
『U-NEXT』お試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 iPhon...

パンドラやデイリーモーション

パンドラ、デイリーモーションの無料動画サイトで映画『オデッセイ』を検索しましたが、フル動画はアップロードされていませんでした。(2020年8月13日時点)
今後、映画『オデッセイ』の動画がアップロードされる可能性もありますが、その場合、著作権が厳しいため、早めに削除されることでしょう。

これらの無料動画サイトは数多くあり、公式ではない方法でアップロードされた違法なサイトです。

  1. Pandora
  2. Dailymotion
  3. 9tsu
  4. miomio
  5. openload

たとえ違法アップロードサイトで見たい映画を見ることができた場合でも画質が悪かったり、スマホやパソコンにウイルスが感染する危険性があります。

安心安全に視聴したい人は動画配信サービスで観ることをおすすめいたします。

映画『オデッセイ』作品情報

嵐に襲われて地球へ帰還した有人火星探査計画のクルーだが、そのうちの1人・ワトニーが取り残される。NASAに死亡したと断定されるなか、ワトニーは決死のサバイバルを敢行。やがて彼から生存を知らせる通信を受け取ったNASAは、救出作戦をスタートさせる。

出典:U-NEXT

キャスト

  • (マーク・ワトニー)マット・デイモン
  • (メリッサ・ルイス)ジェシカ・チャステイン
  • (アニー・モントローズ)クリステン・ウィグ
  • (テディ・サンダース)ジェフ・ダニエルズ
  • (リック・マルティネス)マイケル・ペーニャ
  • (ベス・ヨハンセン)ケイト・マーラ
  • (ミッチ・ヘンダーソン)ショーン・ビーン
  • (クリス・ベック)セバスチャン・スタン
  • (アレックス・フォーゲル)アクセル・ヘニー
  • (ビンセント・カプーア)キウェテル・イジョフォー

スタッフ

  • 監督 リドリー・スコット
  • 原作 アンディ・ウィアー
  • 音楽 ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
  • 脚本 ドリュー・ゴダード
  • 製作 サイモン・キンバーグ、リドリー・スコット、マイケル・シェイファー、アディッティア・スード、マーク・ハッファム

映画『オデッセイ』ネタバレあらすじ

マーク・ワトニーは宇宙飛行士で、火星の有人探査計画に参加しました。

無事に火星に着いたマーク・ワトニーたちでしたが、砂嵐に見舞われ、火星から避難することに決めます。

もっとも、マーク・ワトニーは仲間たちから死んだと判断され、そのまま火星に取り残されたまま、地球に帰られてしまうのでした。

しかし、肝心のマーク・ワトニーは、皮肉にも死んでおらず、助かっていたのです。

自分だけ火星に残されてしまったマーク・ワトニーは、おおいにショックを受けるものの、何とか火星で当面は生き抜いていこうと孤軍奮闘していくことに。

さいわい、マーク・ワトニーには、もともと、植物について専門的な知識があったために、水など、必要最小限度のものを確保することに成功するのでした。

マーク・ワトニーの奮闘

マーク・ワトニーは、火星に残された物資のなかから、ある箱を見つけます。

そして、そのなかからジャガイモを見つけて、自力で栽培していくことにしました。

次に火星に宇宙船がやって来るのは、4年も後のことだったので、マーク・ワトニーはそれまで生きなくてはなりません。

なんとか地球への生還をめざして尽力していく、マーク・ワトニー。

一方、地球のNASAでは、みんながてっきり死んだものとあきらめていたマーク・ワトニーが生きていたことが発覚。

しかしながら、マーク・ワトニーが今後も生きていけるとは思えなかったため、地球に帰還中のみんなにはそのことは教えられなかったのです。

マーク・ワトニーは、その後、通信を復活させて、使えるようにすることができました。

地球との交信

こうして、せっかく地球と通信をすることができるようになったマーク・ワトニーでしたが、あいにく単純な交信しかできない状況です。

そこで工夫していって、なんとかマーク・ワトニーは、NASAとコミュニケーションできるようになったのでした。

ところが火星では、マーク・ワトニーがトラブルに巻き込まれ、なんとか命は無事助かったものの、せっかく栽培していたジャガイモは、ダメになってしまったのです。

そのため、残された食糧で苦戦を強いられてしまう、マーク・ワトニー。

一方、NASAでは、そんなマーク・ワトニーを救うため、彼が生きていけるぶんだけの食糧をあらたに火星へと送り届けることを決定。

そのためのロケットを発射するものの、こともあろうに、その打ち上げには失敗してしまうのでした。

みんなの英断

このようにして、NASAからの支援が厳しくなってしまった、マーク・ワトニー。

ところが、不幸中の幸いで、代わりに中国がロケットを打ち上げて、マーク・ワトニーを支援してくれることに決まりました。

一方、NASAでは、帰還中のメンバーを帰還させるか、マーク・ワトニーを救うためにまた火星に向かわせるか、悩んだ末、リスクを最小限度にするため、あえて帰還させることにします。

ところが、一連の問題は、帰還中のみんなの知るところとなりました。

結局、みんなは、NASAの決定にあえて逆らって、あくまでもマーク・ワトニーを助けるために、また火星に戻ることを決めます。

そのため、中国が打ち上げてくれたロケットから食糧を確保すると、マーク・ワトニーがいる火星へ向かって、引き返したのでした。

映画『オデッセイ』ラストの結末

マーク・ワトニーは、みんなが自身を救いに来てくれることを知りました。

しかし、みんなの乗った宇宙船に向けてマーク・ワトニーは出発しますが、よりによってトラブルが発生してしまって、宇宙船にたどり着くことができません。

これを受けて、みんなもマーク・ワトニーを助けるために、そうとうな無理をして、その結果、ようやくマーク・ワトニーは、みんなのもとへたどり着くことができたのです。

一連のようすは、中継されていて、世界中の人々が見守っていました。

こうして、地球に戻ることができたマーク・ワトニーは、その後、NASAの教官となりました。

そしてマーク・ワトニーは、宇宙飛行士をめざして特訓している生徒たちを前にして、自身が火星で送った大変な毎日のことを語っていくのです。

映画『オデッセイ』感想

ここまで映画『オデッセイ』のあらすじを見てきましたが、いかがでしたか?

あまりにも壮絶すぎるマーク・ワトニーの火星での記録がたまりませんね。

そして、何度もピンチに襲われながらもしぶとく生き残っていく、マーク・ワトニーの強運には、さすがに舌を巻かざるを得ません。

同時に、命がけでマーク・ワトニーを助けるために尽力していく宇宙船のみんなの胆力も、ただただ、すごいのひとことに尽きるでしょう。

ただの宇宙系SFではない本作の迫力をぜひ、堪能してみてください。

映画『オデッセイ』視聴者の声

サバイバル映画でした。
火星に取り残されたら、普通絶望しかない気がするのに、そこで生き抜いちゃう、やっぱり宇宙飛行士ってすごいです。
それにそのサバイバルがフィクションだからの偽物って感じじゃなく、ちゃんと科学に基づいたものだったところがよかったです。
いや、実際にそんなことができるのかは定かではありませんが、できそうと思わせてくれる説得力がありました。
私が一番好きだったのは水と食料を自分で作らなければと作物を作るところです。
農業系の描写も見れて楽しかったです。
また、マット・デイモン演じるワトニーは、絶望的な状況なのに、音楽聞いたり、ユーモアを飛ばしたり、明るくていいなあと思いました。
やっぱり、宇宙飛行士と言うのは精神的にも強いというか、それくらいさばさばしているものなのかもしれません。
宇宙にいる人たちも彼を迎えに行こうということになったら、すごい専門的なこと言って作戦考えてて、科学的な話が好きな私は楽しかったです。
火星の話と言うことで、もっとSFチックなもの、宇宙人とか隕石ドカーンとかを連想する人もいるかもしれませんが、そういうのがなくても面白いというのがよくわかりました。
新しいSFの形だと思います。
原作小説も読みやすいと聞いたので、今度読みたいと思います。【30代女性】

2016年マット・デイモンさん46歳の作品です。

さすがですが、30代くらいに見えます。
一人火星に残されたと分かっても、結構落ち着いていて、さすが宇宙飛行士と思いましたが、自分が生きていることを他のクルーが知らないとわかった時やじゃがいもが死んだ時、すごく取り乱していて、段々と追い詰められていく感じがよく出ていました。
アントマンシリーズのマイケル・ペーニャさん宇宙船メンバーで登場していますが、どこにいても存在感ありますね。

好きです。
ドクターストレンジ、アベンジャーシリーズのベネディクト・ウォンさんもエンジニアとして映ってましたね。

好きです。
ミッチ役でロード・オブ・ザ・リング、ゲーム・オブ・スローンズのショーン・ビーンさん出てましたね。

現代の様相のショーンさんを知らなかったので新鮮でした。
出演者が出ているせいか、アイアンマンしよう!とか、エルロンドの会議とか、映画の引用があって面白かったです。
命の危険があっても音楽って大切で、ディスコミュージックしか持ってない船長にカメラで文句を言うシーン好きです。

一番ディスコっぽくない曲これかよ!と突っ込んでしまいました。

最後に船長に直接文句言ってましたね。
いろんな人の支えで、宇宙飛行士は生かされていて、これは宇宙だけの話でなくて、地球でも、人はいろんな人の助けで生きているんだなと思わされる映画でした。

人間は他人とつながっていなくては生きていけないんだなと思いました。【30代女性】

コメント

タイトルとURLをコピーしました