映画『引っ越し大名』無料動画情報

Featured Video Play Icon 無料動画配信

2019年8月30日公開、最初の土日で19万9千人動員、興行収入2億3800万円という実績を叩き出し、5位にランクインしていました。

原作は土橋章宏の小説「引っ越し大名三千里」であり、脚本もご本人が担当されています。

主演は星野源(片桐春之介役)で江戸時代の姫路藩。

書庫にこもって本を読んでばかりの引きこもり侍・片桐春之介は、突然引っ越し奉行に任命されます。

今回の記事では、映画『引っ越し大名』の無料動画の視聴方法や作品についてご紹介いたします。

映画『引っ越し大名』フル動画無料視聴方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

動画配信サービス

映画『引っ越し大名』は、5つの動画配信サイト(CM広告なし)お試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
hulu ×
TELASA ○(無料視聴できる)
music.jp ○(無料視聴できる)
TSUTAYA TV ○(無料視聴できる)
FODプレミアム ○(無料視聴できる)
ポイントがたまるまで時間がかかる
dTV ○(無料視聴できない)

※2020年7月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

おすすめはU-NEXT

映画『引っ越し大名』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『引っ越し大名』を視聴するためには「550ポイント」を必要としますが、お試し登録時にもらえるポイントを利用することにより、実質無料で視聴することができます。

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTにはその他にもたくさんのメリットがあります。

  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
  5. 読み放題の雑誌約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

視聴できるコンテンツが多いのが一番のおすすめポイントです。
見られる動画の本数は他の動画配信サービスに比べ圧倒的に多いです。
基本料金は高いですが、料金内で4つまでアカウントが作れるので、家族や友人に子アカウントを作って一人あたり500円まで安くなると考えれば妥当な金額です。
新作映画や電子書籍には追加料金がかかりますが、毎月1200ポイントが付与されるため、月に1、2本ぐらいなら新作映画も基本料金内で視聴することが出来ます。
電子書籍はカバーしているジャンルが広く、古典から漫画・科学書まで幅広く取り揃えています。
絶版となり書店では手に入りにくい漫画も電子書籍化され、毎月のポイントで購入できるので非常に重宝しています。【20代男性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの特徴と登録方法

U-NEXTの登録はとても簡単にでき、スムーズに見たい映画を視聴できます。

特徴や登録手順をご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

U-NEXTの特徴やメリット・デメリットは?おすすめポイントも解説!
動画配信サービスと聞いて、思い浮かべるのが「U-NEXT」という方も多いのではないでしょうか? テレビのCMで見かけたり、ネット広告で見る回数も多いでしょう。 でも気になるけど、ほかの動画配信サービスと比べて何がいいのか分からな...
U-NEXTにiphoneやアンドロイドのスマホからお試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 i...

パンドラやデイリーモーション

パンドラ、デイリーモーションの無料動画サイトで映画『引っ越し大名』を検索しましたが、フル動画はアップロードされていませんでした。(2020年7月9日時点)
今後、映画『引っ越し大名』の動画がアップロードされる可能性もありますが、その場合、著作権が厳しいため、早めに削除されることでしょう。

これらの無料動画サイトは数多くあり、公式ではない方法でアップロードされた違法なサイトです。

  1. Pandora
  2. Dailymotion
  3. 9tsu
  4. miomio
  5. openload

たとえ違法アップロードサイトで見たい映画を見ることができた場合でも画質が悪かったり、スマホやパソコンにウイルスが感染する危険性があります。

安心安全に視聴したい人は動画配信サービスで観ることをおすすめいたします。

映画『引っ越し大名』作品情報

江戸時代の姫路藩。書庫にこもって本を読んでばかりの引きこもり侍・片桐春之介は、突然引っ越し奉行に任命される。突然の大役に怖じ気づく春之助は、幼馴染みで武芸の達人・鷹村源右衛門や前任の引っ越し奉行の娘である於蘭に助けを借りることに。

出典:U-NEXT

キャスト

  • 片桐春之介:星野源
  • 鷹村源右衛門:高橋一生
  • 於蘭:高畑充希
  • 仲田小兵衛:山内圭哉
  • 佐島竜五郎:正名僕蔵
  • ピエール瀧
  • 高橋四郎:飯尾和樹
  • 田中衆三郎:和田聰宏
  • 和泉屋新吉:岡山天音
  • 松岡広大

スタッフ

  • 監督:犬童一心
  • 原作:土橋章宏
  • 脚本:土橋章宏

映画『引っ越し大名』ネタバレあらすじ

姫路藩主・松平直矩は、幼い頃から国替えを繰り返す運命にありました。

父は徳川家康の直系でありながら、幕府によって三度の引っ越しを命じられ、その旅の途中で落命という過酷さです。

天和二年(1682年)の今回は、石高も半分以下の7万石に減らされた上に、豊後日田藩(大分県)に移れというのです。

余りの理不尽に藩の重鎮たちは憤りはしたものの、幕府の命令は絶対。

しかし前回まで国替えを仕切っていた人物は過酷なその仕事で身体を壊して亡くなっていました。

そこで白羽の矢が立ったのが、書庫番の片桐春之助だったのです。

引っ越しなど、右も左もわからない中で、彼の“引っ越し奉行”としての戦の火ぶたは切って落とされたのでした。

知恵を集めて…

そもそも、春之助を引っ越し奉行に推したのは幼馴染で御刀番を務める鷹村源右衛門(高橋一生)でした。

彼は「おぬしはその頭を使い、俺は、この体を使う!」と言って叱咤しました。

源右衛門は書庫番としての春之助の力量を大変高く評価していたのです。

そして、意外な人物を紹介します。

前・引っ越し奉行の娘、於蘭(高畑充希)です。

亡き父の仕事ぶりを身近に見ていた彼女の知恵と、残された詳細な記録は、何よりも春之助の力になりました。

更に、この時期の姫路藩は財政難に喘いでおり、引っ越し代を如何に工面するかと悩んでいたところ、春之助の奮闘ぶりを見ていた勘定頭の中西(濱田岳)が商人から金を借りるからくりを授けてくれたのです。

涙を飲んで…

厳封とは土地も収益も激減するという事。

今回は半分以下の国力に落とされた越後松平家では、今の家臣の全てを新天地に連れていくことも、藩の財産の全てを持っていくことも出来ません。

春之助は、その地位に寄らず平等に全ての家臣に対して断捨離を命じ、実行していきました。

勿論、自らも例外ではありません。

愛してやまなかった書物を多数火にくべて、範となったのです。

そして、妻と子を持たない藩士らを集め、一人ひとりに理由を話し、リストラを断行しました。

「もとの15万石にご加増された折には、かならず再び召し抱えられるようにするから」と約束したのです。

共に涙を流して説いた春之助の姿に、男らは納得し、帰農していったのです。

それは幕府の陰謀だった

今回の国替えは、実は徳川綱吉の側用人・柳沢吉保(向井理)の陰謀でした。

直矩は吉保に言い寄られて咄嗟に突き飛ばし、恥をかかせてしまった…その報復だったのです。

しかも次席家老・藤原(西村まさ彦)は旗本の身分と引き換えに、公儀御庭番と通じてこの国替えを潰し、直矩を失脚させる陰謀を進めていたのです。

旅立ちの日、行列を襲う者たちがありましたが。

意気揚々とそれらを打倒したのは源右衛門ら姫路藩士でした。

引っ越しのために鍛え上げた体は伊達ではありません。

家宝の槍まで与えられた源右衛門は大暴れし、圧勝!
かくして豊後日田藩への国替えは滞りなく進みました。

春之助は於蘭と所帯を持ち、ともに新しい暮らしを始めたのです。

映画『引っ越し大名』ラストの結末

春之助の仕事は、これだけでは終わりませんでした。

数年後、日田藩から出羽山形藩へ。

そして15年の月日が流れ、陸奥白川藩へと国替えは続いたのです。

しかしその報せは嬉しいものでした。

15万石へ加増されることになったのです。

ようやくかつての家臣を迎え入れることができる!と春之助は姫路に向かいました。

すっかり逞しくなった元藩士らは、山野を切り拓き、美しい棚田を作っていたのです。

その土地に残る者、白川藩へと合流する者、とそれぞれの意思で運命は分かれました。

帰参した元家臣団を、直矩は涙を流して自ら出迎えました。

永い苦労が報われ、国替えを重ねた家臣も、帰農していた者たちもようやく在るべきところに収まったのです。

映画『引っ越し大名』感想

春之助は、ヨレヨレの裃でダメっぷりばかりが露呈した登場でしたが。

真摯な人柄と書庫番として蓄えた知識が彼を支え、人を動かし、やがて藩を変えていきました。

彼が後半生を賭けて支えた越前松平家は、繰り返された国替えにもめげずに堅実に豊かになっていったのです。

その基礎を作ったのがまさに春之助たちだった、と言っても過言ではありません。

経済という観点から見た侍の人生は、現代に通じる幸福の追求の物語だったのです。

映画『引っ越し大名』視聴者の声

引越しはほんとに大変です。
それに、昔のお役人さんは上からの命令には逆らえなかっただろうし、ほんと命がけの引越しだったんだなと思いました。
時代劇ですから、現代と違うところだらけだったけど、根本は今と同じでした。
運ぶのを自分らでして節約、物を減らして節約って、私も引越しのとき、していたことなので親近感が湧きました。
物を減らすのが難しかったというのもまさに引越しあるあるです。
星野源演じる春之介が書物の内容を何日もかけて覚える場面がすげえなと思いました。
本を減らさなきゃいけないから、内容を今のうちに覚えようって発想がおもしろいです。
でも、書物が燃やされてしまうのはショックでした。
今ならブックオフとかあるし、大切な本を別の誰かに受け継いでもらえるけど、そういうことができないから切ないなと思います。
茶器にしてもせっかく集めたのにかわいそうでした。
この春之介をはじめ、出てくる人が個性的で楽しい作品でした。
春之介は引きこもりのダメなやつっぽい書かれ方でしたが、それにしては人とうまくやっていました。
結局、大切なのは人との交流なのでしょうか。
コメディ的なところもあり、別れた部下たちとまた姫路で再会を果たすところなどはなかなか感動的だったし、思った以上に面白い作品でした。【30代女性】

江戸時代では引っ越しの事を国替えとも呼んでいた、その理由が分かりました。

現代に国を移動するよりも比べ物にならないほど大変な遠行です。

劇内では、今でも理解出来る程度に江戸時代の言葉が使われています。高橋一生さんは、理屈っぽい役を演じられるイメージがあったので、今回の大雑把な役には驚きましたが、とても似合っていました。

片桐と鷹村は良いコンビです。板倉殿の考え抜いた引っ越し策はかなりユニークで、面白かったです。

歌う事で団結するという事でよく合唱をしていましたが、演出としても良い味を出していました。

荷物整理はコンマリさんよりもワイルドでした。クビ宣告の場面は辛かったです。

しかし、片桐は恵まれた環境にいる事によって板倉殿の指南書通りに何とか実行できた訳ですが、板倉殿はどのように人を動かしていたのでしょうか。

低い身分だと中々他人は言う事を聞いてくれません。

謙ってお願いするように、頭を下げて様々な所を回っていたのでしょうか…。

父が酷い扱いを受けたにも関わらず、渾身的に協力してくれた上に慰めの言葉も掛けてくれる於蘭は情の深い人ですね。

彼女を一緒に連れて行っても、文句の言える者はいないでしょう。

昔の引っ越しについて、分かりやすく学べる面白い作品でした。

【20代女性】

星野源さん目当てで見ました。

時代劇はあまり見ませんが、見ない私でも難しくない言葉遣い、コミカルタッチなところも多く、星野源さん演じる主人公が引きこもりの書庫番から少しずつ成長していって立派になっていくまでの過程がとても丁寧に描かれていてつい応援したくなる気持ちが強くなり、楽しめる作品でした。

映画館では年配の方が多かったと思いますが若い世代でも様々なキャストが出ているので楽しめるかと思います。

が、今一つ若いキャストが少ないので若いイケメンが好き!という方には向かないかもしれませんが、子供から年配の方まで安心して見られる映画としては高評価だと思います。

高畑充希さん演じる女性もとても強く、馬を乗りこなすシーンはびっくりですし、高橋一生さんは主人公と反対で勇しく男臭い役でしたのでとてもかっこよく感じました。

及川光博さんはキリッとした役でしたが少し抜けてる感じも笑いの一つでした。

個人的にはわずかしか出なかった向井理さん、もう少し登場しても良かっただろうし、主人公との絡みもあればもう一つ評価を高めたかと思います。

向井さんだけでなく天音くんも今後活躍するであろう役者の一人だったので登場シーンが少なく残念に感じました。

他の脇の役者さんもとても渋かったので落ち着いて、かつ笑えて泣ける映画でした。【30代女性】

全体的な評価は5つのうち4つ!キャスト陣もストーリーの流れも好きです。

星野源さん演じる主人公がどんどん成長していく姿に応援したくなる。彼と対である高橋一生さん演技は残念な人間だけど男らしく勇ましいかっこいい男。

高畑充希さんは馬を乗りこなす勇ましい女性を演じていてカッコ良かったです。

キャピキャピなヒロインなんかより全然良いです。

及川光博さんのロイヤル感のある殿も少し抜けていて面白い。

ドキドキした向井理さんとの絡みが短いのが少し残念。

あと予告や情報で歌うシーンありとあったのだが、思った以上に少なかった。

中途半端だった。

もっと歌って踊ってのシーンがあるとさらによかったかもしれません。また、始まりのタイトルロゴがちょっと貧相であったのが謎。

一番お気に入りのシーンは主人公が仲間たちにまだ純潔であることをみんなの前で言わされているシーン。

とても可愛かったです。普段時代劇を見ない私でも楽しめた作品。

映画館では年齢層高めでしたが老若男女年齢を問わず楽しめる作品かと思います。

エンディングテーマのユニコーンの歌も味わい深い。

今度また見ることができたら公開時にあった応援上映と言ってみんなで掛け声をかけるというのに参加してみたいです。【30代女性】

映画『引っ越し大名』出演者関連作品

高橋一生 映画作品

Featured Video Play Icon
映画『3月のライオン 前編』無料動画情報
映画『3月のライオン』は2017年に公開され、原作は羽海野チカの人気コミック。 原作コミックは、将棋をテーマにした内容で、講談社漫画賞一般部門、手塚治虫文化賞マンガ大賞、将棋ペンクラブ大賞特別賞を受賞するなど、高い評価を受けることとな...
Featured Video Play Icon
映画『3月のライオン 後編』無料動画情報
映画『3月のライオン』の原作は羽海野チカの人気コミックで2017年に公開され、前編、後編の2部作という、大作になっています。 ブクログ大賞マンガ部門大賞、マンガ大賞2011、講談社漫画賞一般部門、手塚治虫文化賞マンガ大賞、将棋ペンクラ...
Featured Video Play Icon
映画『引っ越し大名』無料動画情報
2019年8月30日公開、最初の土日で19万9千人動員、興行収入2億3800万円という実績を叩き出し、5位にランクインしていました。 原作は土橋章宏の小説「引っ越し大名三千里」であり、脚本もご本人が担当されています。 主演は星野...
Featured Video Play Icon
映画『ロマンスドール』無料動画情報
映画『ロマンスドール』は、タナダユキの同名小説が原作で、監督や脚本もタナダユキが担当したという力作。 そんな本作は、ラブドール職人が主人公という、なんとも異色のストーリーで、高橋一生がそのラブドール職人を、そして蒼井優がその嫁を演じた...

映画『引っ越し大名』出演者関連記事

高橋一生の芸能界入りのきっかけは?デビュー作は映画「ほしをつぐもの」
人気イケメン俳優・高橋一生さんの芸能界デビューのきっかけと、デビュー作についてまとめてみました。 高橋一生さんには、実は子役時代がありました。 そして、あのジブリの名作で声優もされています。 今回は、高橋一生さんの芸能界デ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました