映画『ハリー・ポッターと賢者の石』無料動画情報

無料動画配信

今回の記事では、映画『ハリー・ポッターと賢者の石』フル動画無料視聴する方法や作品についてご紹介いたします。

ハリー・ポッターと賢者の石 予告編

映画『ハリーポッターと賢者の石』フル動画無料視聴方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

おすすめはU-NEXT

映画『ハリー・ポッターと賢者の石』は、5つの動画配信サービス(CM広告なし)お試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
[字][吹]
hulu ○(無料視聴できる)
[字][吹]
TELASA ○(無料視聴できる)
[吹]
music.jp ○(無料視聴できる)
[字][吹]
TSUTAYA TV ○(無料視聴できる)
[字]
FODプレミアム ×
dTV ○(無料視聴できない)
[字][吹]

※2020年9月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

映画『ハリー・ポッターと賢者の石』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえて31日間無料期間があるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『ハリー・ポッターと賢者の石』を視聴するためには「440ポイント」を必要としますが、お試し登録時にもらえるポイントを利用することにより、実質無料で視聴することができます。

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTにはその他にもたくさんのメリットがあります。

  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
  5. 読み放題の雑誌約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

とにかく作品数が多いところがおススメですね。
見放題のラインナップ数はおそらくダントツでナンバーワンだと思います。
邦画、洋画、アニメだけでなく漫画、雑誌も揃っていて、どのジャンルにおいても豊富なラインナップで今まで全く知らなかった作品や昔懐かしの作品まで幅広く出会うことができます。
自分の見てきた作品の傾向などからさまざまなカテゴリー分けで作品を探すことができるので、作品選びも簡単です。
今は31日間無料トライアルもやっていて、どのサービスを利用しようかと悩んでいる人も気軽に試すことができて、気に入らなければ期間内であれば無料で解約することができるので、お試しで契約してみるのもいいかもしれません。【20代男性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの特徴と登録方法

U-NEXTの登録はとても簡単にでき、スムーズに見たい映画を視聴できます。

特徴や登録手順をご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

動画配信サービス『U-NEXT』
[contact-form][contact-field label="名前" type="name" required="true" /][contact-field label="メール" type="email" required="true" /][contact-field label="サイト" type="url" /][contact-field label="メッセージ" type="textarea" /][/contact-form]
『U-NEXT』お試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 iPhon...

映画『ハリーポッターと賢者の石』作品情報

イギリスでの公開は、2001年11月4日、アメリカでの公開は、2001年11月16日、日本では2001年12月1日に公開された、アメリカ映画。

興行収入は、日本で203億円、世界では 9億7千万ドル以上になります。

イギリスの児童文学作家J.K.ローリングによる同名小説の映画化作品で、監督は「ホーム・アローン」シリーズで知られるクリス・コロンバス。

ハリー・ポッター役には、ダニエル・ラドクリフ、ハリーの友だちの女の子・ハーマイオニー・グレンジャー役には、エマ・ワトソン。

両親を亡くし親戚の家で育ったハリー・ポッター。そんなハリーが11才となる頃、魔法魔術学校より入学許可証が届く。親戚の反対を押し切って入学したハリーは、友達と共に楽しく学校生活を送るのだが、やがて学校に隠されたある秘密に気づいてしまい…。

出典:U-NEXT

キャスト

  • (ハリー・ポッター)ダニエル・ラドクリフ
  • (ロン・ウィーズリー)ルパート・グリント
  • (ハーマイオニー・グレンジャー)エマ・ワトソン
  • (アルバス・ダンブルドア)リチャード・ハリス
  • (ミネルバ・マクゴナガル)マギー・スミス
  • (セブルス・スネイプ)アラン・リックマン
  • (クィレル)イアン・ハート
  • (ルビウス・ハグリッド)ロビー・コルトレーン
  • (ヴァーノン・ダーズリー)リチャード・グリフィス
  • (ペチュニア・ダーズリー)フィオナ・ショウ

スタッフ

  • 監督 クリス・コロンバス
  • 原作 J・K・ローリング
  • 音楽 ジョン・ウィリアムズ
  • 脚本 スティーヴン・クローヴス

映画『ハリーポッターと賢者の石』ネタバレあらすじ

イギリス・ロンドン。

プリベット通りの住宅街にダンブルドアがやってきました。

そしてハグリッドを呼び寄せます。

バイクでやってきたハグリッドは、赤ん坊を抱えていました。

ダンブルドアが「この子は、時が来るまでは人間に育てさせるのがいい」といい、バーノンおじさんとペチュニアおばさんの住む家の玄関先に、赤ん坊と手紙を置いて去りました。

赤ん坊の額には、N字の傷がありました。

その赤ん坊の名は、ハリー・ポッターでした。

そして時が流れ、ハリー・ポッターは10歳になっていました。

バーノンおじさんとペチュニアおばさんの間には、ハリー・ポッターと同い年の息子・ダドリーがいます。

バーノンおじさんとペチュニアおばさんとダドリーは、ハリーに対して冷酷です。

ハリーは虐げられながらも、素直で正直に育ちました。

ハリーは階段下の物置を与えられ、そこで寝起きをしています。

ダドリーの誕生日になり、一家で動物園に出かけました。

ヘビコーナーで、ハリーはヘビに話しかけました。

するとヘビはハリーに答えました。

なんと、ハリーの言葉がヘビに通じたのです。

そのあと不思議な事が起こりました。

ヘビコーナーを囲むガラスの中に、ダドリーが閉じ込められてしまったのです。

代わりにヘビが外にでられるようになり、自由になって去っていきました。

動物園は大騒ぎです。

言えに帰ってもバーノンおじさんは怒っていて、ハリーを階段下の物置に追いやりました。

ハリー・ポッターとハグリッドの出会い

ある日、ハリーが住む家に手紙が来ました。

宛名はハリー・ポッター。

ハリー宛の手紙は、すべてバーノンおじさんが捨ててしまいます。

しかし、捨てても捨てても、毎日同じ手紙がハリーに届けられます。

バーノンおじさんは気が変になってしまい、一家を連れて孤島に引っ越しました。

そんなある日、夜中に家の玄関のドアが壊されました。

そして、ハグリッドという名の大きな男が入ってきました。

ハグリッドは、その日ハリーの11歳の誕生日だと知っていて、手作りの誕生日ケーキを渡してくれました。

そしてハリーは、自分が魔法使いの子どもだということを、初めてハグリッドから聞かされます。

ハグリッドは、「ホグワーツ魔法魔術学校」の入学許可の通知をハリーに渡しました。

ハグリッドは、ドアから外に出ました。

ハリーは、このままここに居ても仕方がない事を悟ってハグリッドについて行きました。

ホグワーツ魔法魔術学校行きの列車に乗り込むハリー

ハグリッドとハリーは、ロンドンの商店街にやってきました。

ある場所のレンガの壁が魔法で開き、ダイアゴン横丁に入りました。

そこは、魔法使い専用の商店街なのです。

そこには、グリンゴッツ銀行もありました。

銀行でハリーは、両親が遺していたお金を受けとりました。

商店街で魔法道具を買ったハリーは、「ホグワーツ魔法魔術学校行きの列車」に乗るため、

駅にやってきました。

ハグリッドは、「9と4分の3番線というホームへ行くように」と言うと、姿を消してしまいました。

何とか「ホグワーツ魔法魔術学校行きの列車」に乗ることが出来たハリーは、列車の中で、少年・ロンと親しくなりました。

途中、ハーマイオニーという少女も現れました。

ハーマイオニーは、魔法の力で、ハリーの壊れた眼鏡を直してくれたのでした。

クィディッチの選手に選ばれるハリー

そしてハリーたちは、ホグワーツ魔法魔術学校に着きました。

入学式を終えたハリーたち新入生は、寮分けで4つの寮に分かれましたが、運よくハリー、ロン、ハーマイオニーの3人は同じ寮になりました。

最も優秀な寮は学年度末に表彰されます。

ハリーは、ホウキに乗る授業で簡単にホウキを乗りこなしました。

それを見ていたマクゴナガル先生の推薦で、ハリーはクィディッチの選手に選ばれてしまいます。

そしてクィディッチの試合が行われて、幾多の苦難のなか、ハリーのチームが勝利を収めることができました。

クィディッチの試合が行なわれました。

しかし試合の時、ハリーのホウキが不自然な動きをしたときがありました。

そのときスネイプ先生が、何かの呪文を唱えていることを見ていた3人は、スネイプ先生のことを疑ってしまいました。

映画『ハリーポッターと賢者の石』ラストの結末

ある日、ハリーはハグリッドの口から、ニコラス・フラメルという名と、ヴォルデモートという名を聞きました。

ハーマイオニーが、ニコラス・フラメルについて調べてくれました。

ニコラス・フラメルは「賢者の石」を作った人物でした。

賢者の石は、金を生み出したり、不老不死が得られる水を作り出したりといった魔力を備えています。

今、校長が魔法学校にいないことを知ったハリー、ロン、ハーマイオニーの3人は、今こそヴォルデモートが襲ってくるに違いないと思い、賢者の石を守ろうと動き出します。

寮を抜け出そうとするハリーたちの前に、同じ寮のネビルが立ちはだかります。

寮をハリーたちが抜け出すと、その罰で、寮の評価点数が減らされてしまうのです。

しかしハーマイオニーが魔法を使って、ネビルを動けなくしてしまいました。

先に進んだハリーたちでしたが、魔法力のある木のつるにつかまってしまいます。

ハーマイオニーが、「もがかずにじっとしていれば抜けられる」と教えてくれます。

次の部屋に入った3人は、巨大なチェス盤を目にします。

ロンは自分が盾になって、ハリーを先に行かせました。

ハリーはハーマイオニーに、フクロウを使って校長に助けを求めるよう頼みます。

ハーマイオニーは、ロンのことは自分に任せて先に進むようハリーに言います。

辿りついた場所にいたのは、クィレル先生でした。

ハリーたちが疑っていたスネイプ先生は、クィレル先生の呪文の反対呪文を唱えて、ハリーを守っていてくれていたことがわかりました。

クィレル先生の後頭部には、ヴォルデモートが取り憑いていました。

クィレル先生は、ハリーに、賢者の石のありかを言うよう詰め寄ります。

するといつのまにか、ハリーのポケットには賢者の石が入っていたのです。

ハリーはクィレル先生に襲われました。

しかし、ハリーがクィレル先生に触れると、クィレル先生は、粉々になって消えてしまいました。

ヴォルデモートは居場所がなくなり、透明な姿になって、ハリーの身体を通過して去っていきました。

ハリーはベッドで目を覚ましました。

そこへダンブルドア校長がやってきて、ロンとハーマイオニーが無事であることを、賢者の石を破壊したことを告げました。

ダンブルドア校長からハリーは、母の愛という、1番強い魔法で守られているのだと教えられます。

1年が過ぎ、学年度末になったので、寮の順位が発表される時がやってきました。

ハリー、ロン、ハーマイオニーの活躍により、ハリーたちの寮が最高得点で優勝しました。

そして、生徒たち全員が、家に帰るための列車に乗り込みました。

ハグリッドはハリーに両親の写真を渡してくれました。

ハリーは元の家に戻ることになるのですが、自分にとっての家は、ここ、ホグワーツ魔法魔術学校なのだとそう思うのでした。

映画『ハリーポッターと賢者の石』感想

ファンタジー映画「ハリー・ポッターシリーズ」の第1作目になります。

監督は「グーニーズ」や「ホーム・アローン」のクリス・コロンバスだけあって、子供映画として、さすが手堅い作りをした傑作です。

主役の3人は、とても可愛らしくてキュートで魅力的です。

この映画の続編が、8作目まで続くわけですが、出演している子供の成長の早さに驚きます。

成長するにつれて、意地悪なところも目立ってくるハリーですが、この1作目のハリーは、素直で可愛くて、共演のエマ・ワトソンも可愛いですし、1作目の子供たちが一番好きです。

能力のある主人公と、間抜けな親友、賢くて可愛い女の子といった、よくある定番のつくりが大ヒットに繋がった映画なのだと思います。

大人が観るには、普通にしか感じないストーリー展開ではありますが、きっと子供が観ると楽しいだろうと想像することのできる映画です。

エマ・ワトソンを見ると、美人の女性は子供の頃も美しいのだと思いしらされます。

ハリーがヘビと話したり、透明マントが登場したり、ハリーの額にあるNの傷など、続編に絡んでそうなことが、たくさんあって期待させられます。

ファンタジー映画としては、群を抜いた秀作だと思います。

映画『ハリーポッターと賢者の石』視聴者の声

ハリー・ポッターシリーズの第1弾の映画化です。
1弾では、ハリーが、自分が魔法使いだと知って魔法学校へ入学するまでも描かないといけないから、映画でやるとなると大変だろうなと思っていました。
だけど、すごくわかりやすくまとまっていました。
フクロウが何度も何度も、ハリーのもとへ入学許可の手紙を運んでくる描写もよかったし、魔法学校に入るための準備をするところもよかったです。
短くなっていてもここはあってほしいと思うシーンがあったという印象です。
原作を読んでいたときから、魔法の道具がすべてそろう、あの横丁に行きたいなと思っていましたが、映像で見るとなおさらでした。
ペット屋にならぶふくろう、杖屋でも杖の選び方(選ばれ方)、とても楽しそうでした。
魔法学校に入ってからも、今回は紹介的な意味合いもあり、そんなに一つのときの心理描写を細かく書いているわけではありませんでした。
でも、雰囲気は伝わってくるし、楽しかったです。
ほうきの授業のところとかいいですね。
ハリーの得意なことが何かがよくわかるシーンで重要です。
子どもたちはまだ小さい子たちばかりだけど、周りの大人はイギリスの名優ばかりでした。
とくにスネイプ役のアラン・リックマンなど原作のスネイプそっくりでたまりませんでした。
あの厭味ったらしさ、スネイプにしか見えません。
いろいろ端折られているところももちろんありましたが、ハリーたちが賢者の石を探して、先生たちが仕掛けた罠に挑むところは丁寧に描かれていましたし、大満足の作品でした。【30代女性】

ハリー・ポッター役のダニエル・ラドクリフはお父さんが映画の関係者で観劇しているときに、たまたまハリーポッターのオーディションに誘われて見事ハリーの役を得たそうです。

持ってますね。
ハリー・ポッターの原作本も読みましたが、映画もとてもリアリティがあって面白いです。

原作で「杖を振る」とか、「杖を腰につける」とか記述があって、杖って「おじいちゃんおばあちゃんが歩く時に使うやつ」というイメージがあったので、そんなもん腰につけたら重いやろと突っ込んでいましたが、なるほどそういう形のものねと、本作を見て納得しました。

ガス灯を消すライターや、ハグリッドが乗っているバイクなども精巧に考えられているなと思いました。

どうして、魔法界の宝をマグルに置き去りにするのか、その理由は後々分かってきますが、本当にこの選択肢でよかったのか、かわいそうになる程、惨めな生活を送るハリーに胸が締め付けられます。

音楽が本当にいいですね。

よく考えられていると思います。

音楽担当のジョン・ウィリアムズさんはこれまで「未知との遭遇」「スターウォーズ」「ジョーズ」「ジェラシックパーク」などの音楽を担当されており、この映画といえばこのメロディという人間世界宝のようなお方です。

子供と一緒に観られるのもいいです。【30代女性】

ハリーが初めてホグワーツに行く話で、ハリーと一緒に私も初めて見るホグワーツ魔法学校の内装、先生、そのほかの人々(人々って言っていいのかわからないけど、帽子とか)にドキドキワクワクしたのを覚えています。
ハリーがほうきの授業でいきなり才能を見せるところも好きだし、クリディッチもいまだにルールがよくわからないけど楽しかったです。

また、スネイプ先生のキャラクターもよく示されていて、この作品を見れば、ああ彼はこういう人かっていうのがわかります。
スネイプ先生はハリーに対して冷たいです。
その理由は、ハリー・ポッターシリーズの最後のほうにならないと明らかにされませんが、ハリーには冷たくしちゃうけど先生として生徒を守らなきゃいけないという葛藤がみてとれて、とてもおもしろいです。

ああ、先生も大変だなと思います。
その二面性がスネイプ先生をすごく魅力的なキャラにしていると思いました。
また、ハリー、ロン、ハーマイオニーもまだまだ子供で、それなのに、トロールと戦ったり、人間チェスをしたり、すごい勇気でかっこいいなと思います。
ちょっといろいろ詰め込みすぎだなと思うところもありますが、シリーズ一作目として、すごくいい作品でした。【30代女性】

コメント

タイトルとURLをコピーしました