キャプテンアメリカ ザ ファーストアベンジャーの動画を無料視聴する方法!吹き替え・字幕配信サイトまとめ

洋画

2011年に公開された、映画『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』。

監督は、ジョー・ジョンストン。

スティーブ役には、クリス・エヴァンス、ペギー役には、ヘイリー・アトウェル。

フィリップス役には、トミー・リー・ジョーンズ。

今回の記事では、映画『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』フル動画無料視聴する方法や作品についてご紹介いたします。

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャーのフル動画無料視聴方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

ザ・ファースト・アベンジャー 動画配信状況

映画『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』は、4つの動画配信サービス(CM広告なし)でお試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
[字][吹]
hulu ×
TELASA ○(無料視聴できる)
[字][吹]
music.jp ○(無料視聴できる)
[字][吹]
TSUTAYA TV ○(無料視聴できる)
[吹]
FODプレミアム ×
dTV ○(無料視聴できない)
[字][吹]

※2020年11月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

おすすめはU-NEXT

映画『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえて31日間無料期間があるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』を視聴するためには「330ポイント」を必要としますが、お試し登録時にもらえるポイントを利用することにより、実質無料で視聴することができます。

\U-NEXT CM動画/

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

\U-NEXTの特長/
  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録後にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は18万本以上
  5. 読み放題の雑誌が約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

U-NEXTは他の動画配信サービスの中でも月額料金が高いと言われがちです。

しかし、U-NEXTにあるドラマ、映画の種類は1番多いと思います。

邦画、洋画、海外ドラマ、韓流、国内ドラマ、アニメなど他にもジャンルがいくつかあり、その中からまたホラーやコメディー、ラブロマンスなどにジャンル分けされていて、探すのも大変と感じるくらい多いです。

また、俳優や女優ごとにオススメも分けられているので、興味のあるものをどんどん見つけることができ、全く飽きません。

また、DVD時代は見逃した映画を観るのに一年くらい待たなければいけませんでしたが、新作映画もいち早く入ってくるので、そのままの熱量で観ることができます。
毎月1200ポイント入り、そのポイントで映画が観れるのもお得感があり、オススメです。【20代女性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

\他の『MCUシリーズ』はこちら/

U-NEXTの登録方法

登録は5分ほどで完了し、スムーズに見たい映画を視聴できます。

手順をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

『U-NEXT』お試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 iPhon...

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャーの作品情報

第二次世界大戦中、小柄で貧弱な青年スティーブは、軍の極秘プロジェクト「スーパーソルジャー計画」の中心人物アースキンによって製造された血清により、屈強な肉体を持つ超人兵器「キャプテン・アメリカ」へと変貌を遂げ、敵と戦います。

虚弱体質故、兵隊として祖国に尽くすことができずにいたスティーブは、スーパーソルジャー計画なる極秘プロジェクトの被験者として志願。見事鋼の肉体と驚異的な身体能力を手に入れるが、マスコットキャラとして活動する彼を兵士たちは冷笑していた。

出典:U-NEXT

キャスト

  • (スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ)クリス・エヴァンス
  • (フィリップス大佐)トミー・リー・ジョーンズ
  • (シュミット/レッド・スカル)ヒューゴ・ウィーヴィング
  • (ペギー・カーター)ヘイリー・アトウェル
  • (バッキー・バーンズ)セバスチャン・スタン
  • (ハワード・スターク)ドミニク・クーパー
  • (ドクター・ゾラ)トビー・ジョーンズ
  • (エイブラハム・アースキン博士)スタンリー・トゥッチ
  • (ダム・ダム・デューガン)ニール・マクドノー
  • (ゲイブ・ジョーンズ)デレク・ルーク

スタッフ

  • 監督 ジョー・ジョンストン
  • 音楽 アラン・シルヴェストリ
  • 脚本 クリストファー・マルクス、スティーヴン・マクフィーリー
  • 製作 ケヴィン・ファイギ

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャーのネタバレあらすじ

第二次世界大戦中の1942年3月。

ナチスのヨハン・シュミットの部隊が、ノルウェーのトンスベルグに侵攻し、強大なパワーを持つキューブを手に入れました。

そのニュースはアメリカにも伝わります。

そのころニューヨークに住む青年スティーブは、とても愛国心が強かったため、何度も軍へ入隊を志願していました。

しかし彼は生まれつき病弱で、体格も貧相だったため、毎回断られ続けていました。

そんなある時、街のごろつきに注意したスティーブは、反撃に遭い殴られます。

それを親友のバッキーが助けました。

バッキーはスティーブとは対照的で、女性たちに人気があり、甘いマスクと屈強な肉体を持ち合わせていました。

バッキーはすでに軍に入隊が決まっていて、スティーブと共に未来技術の展覧会を訪れます。

そこの徴兵センターでの兵士募集に申し込んだスティーブは、アースキン博士に愛国心と正義感を認められ、アメリカ軍の極秘プロジェクト「スーパーソルジャー計画」の被験者となります。

一方、キューブを入手したシュミットは、新エネルギーを開発し、実験を暴走させていました。

実はアースキン博士には、アメリカに亡命する前にナチスでシュミットを実験台にして

血清の実験をしていたという過去があります。

軍のマスコットになったスティーブ

そしてスティーブに、アースキン博士が製造した超人血清が投与さることになりました。

さらにハワード・スタークにより「ベータ線」が浴びせられたことで、筋骨隆々な体格に変貌し、人間を超えたパワーを手に入れたスティーブ。

しかしその直後、シュミット率いる秘密結社「ヒドラ」が放った刺客により実験場が爆破されて、アースキン博士は殺されてしまいます。

スティーブは刺客を追いつめて、自決させてしまいました。

超人血清の製造法は、アースキン博士と実験場と共に消え去ることとなり、スーパーソルジャー計画は凍結され、スティーブは唯一の超人兵士になったのです。

それからは、上院議員ブラントのアイデアにより、戦意高揚のための軍のマスコット「キャプテン・アメリカ」になるスティーブ。

バッキーを助け出したスティーブ

ただの見世物に成り下がったスティーブは、慰問のために訪れたイタリアで、兵士たちから馬鹿にされます。

しかし馬鹿にされたことで、国の為に戦おうとしていた初心を取り戻すスティーブ。

そんな時スティーブは、親友バッキーの所属する部隊がヒドラに襲撃され、バッキーが捕らえられたことを知りました。

スティーブは、女性士官ペギーや、ハワード・スタークの協力でヒドラの基地に乗り込み、バッキーを助け出します。

ヒドラの基地から脱出する際スティーブは、シュミットが怪物のような顔をした「レッドスカル」にされた姿を目の当たりにします。

シュミットはアースキン博士の手によって未完成の血清を投与され、醜い姿にされてしまっていたのです。

特殊部隊を結成したスティーブ

たった一人でバッキーたち捕虜を救出したスティーブは、フィリップス大佐に認められ、バッキーと共にヒドラ壊滅のための特殊部隊を結成することになります。

ハワード・スタークは硬くて軽い金属ヴィブラニウムで作った盾と、新しいスーツをスティーブに与えました。

スティーブは「キャプテン・アメリカ」として、数多くのヒドラの秘密基地を叩き潰していきました。

そんななか、ヒドラに協力するゾラ博士が乗る列車を攻撃した際に、バッキーが谷底へと落ちてしまい生死不明になりました。

悲しみに暮れるスティーブでしたが、そんなとき捕らえたゾラ博士が、キューブのパワーを利用して世界中の都市を爆撃するヒドラの計画について、話しはじめました。

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャーのラスト結末

スティーブは、最後のヒドラの基地を叩き潰しに向かいます。

戦いの末、最後のヒドラ基地は破壊され、シュミットは爆弾を積んだ飛行機で飛び立ちました。

スティーブはシュミットの飛行機に乗り込み、死闘を繰り広げます。

そんななかキューブが暴走し、シュミットが消滅しました。

スティーブは、爆弾を積んだ飛行機を北極海に沈めます。

ハワード・スタークはキューブを回収するも、スティーブを見つけることはできず、そのまま70年の月日が流れました。

スティーブは氷漬けになった姿で、SHIELDの捜索隊に発見されました。

蘇ったスティーブは、すっかり変わってしまったニューヨークの街並みに衝撃を受けます。

そんなスティーブに、SHIELDの長官ニック・フューリーが、新たな任務を与えました。

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャーの感想

超人血清の実験台になって成功したのはよかったものの、戦時国債ツアーに回されて、最前線の兵からはバカにされるという流れは面白かったです。

それに、今作のキャプテン・アメリカの軍服改造型スーツは格好良かったです。

それと、戦時中が舞台だったのが独特で、面白かったです。

国のためにキャプテン・アメリカが広告塔のようになって活動していたプロパガンダの要素も、それはそれで楽しめました。

しかし、親友のバッキーが割とあっさりやられてしまったのは、ちょっと残念な気がしました。

でも、氷に包まれて目覚めたら70年後、という最後のシーンでテンションが最高潮に達しました。

生真面目でつまらない男のイメージがあるキャプテン・アメリカですが、ひ弱なモヤシっ子がヒーローになるまでのストーリーは、観ていてやっぱりワクワクしました。

それに、友情と恋愛の要素もあったのは、良かったです。

キャプテン・アメリカが、超人的な力を獲得しているのに、女性関係になると弱腰になりがちなキャップは、とてもかわいかったです。

全体的にストーリー展開がスムーズで、飽きることなく観られました。

あと、盾を攻撃に使ったアクションは新鮮で面白かったです。

それに、ジョークもちりばめられていて、笑いどころも満載でした。

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャーの視聴者の声

今作、キャプテンアメリカ・ファースト・アベンジャーの見所魅力としてはやはり、スティーブロジャースという弱かった人間がどのようにして、キャプテンアメリカというヒーローに生長するのかです。
また、今作は他のマーベル作品と異なり、時代設定が1940年代と、戦時下の世界を描いていることもあり、他作品とは町並みも違うため、マーベル作品としては少し風変わりかもしれません。
そして、今作はそんな戦時下で、スティーブという青年は国を救うために軍への入隊を志願するのですが、肉体的な強さのない彼は軍でも役に立てず...
そこで、登場したのがスーパーヒーロー、強化された人間として戦場を駆け回る計画でした。
これで、肉体を強化されたスティーブは遂にキャプテンアメリカとして、戦場駆け回り、国を救うヒーローへと生長しいていくのです。
そんな様子がじっくりと描かれ、最初のアベンジャーの誕生談としては十分な時間をかけて存分に楽しめる物語となっています。
他にも、今後の作品でキーとなるキャラクターが何人も登場するので、そこも見所です。
今後の作品で重要な始まりの物語となる今作はマーベル映画を楽しむ作品としては欠かすことのできない一作であること間違いなしです。【20代男性】

マーベル・シネマティック・ユニバース(以後MCV)第1フェーズの5作品目。

キャプテン・アメリカ誕生の瞬間と活躍を描いた作品。監督は「ミクロキッズ」「ジュマンジ」等の監督を勤めたジョー・ジョンストン。

第二次世界大戦下の青年スティーブ・ロジャーズが何故キャプテン・アメリカと後世に名を残すヒーローになったかが描かれている。

軍の適性試験をパスできないほどの小柄な体格だったスティーブは、スーパーソルジャー計画と命名された超人的な肉体を持つ兵士を作り出す被験者に選ばれる。

その血清は本人の精神性も増幅するため、高潔な精神を持つものがふさわしいと判断されたためだ。作中の血清を作成者の博士との問答や指揮官の突発的な試験での行動で、その精神性が表されている。

また作中では現実の世界でのキャプテン・アメリカの役割を反映させた演出も特徴的。この映画を見終えた後、1940年代のアメリカン・コミックの歴史を紐解くとこの映画の描写についてさらに深い理解を得る事ができるだろう。
キャプテン(大尉)・アメリカとしての功績とスティーブ・ロジャーズという青年の成長を描いた今作は、キャプテン・アメリカとタイトルに入った3作品の始まりとしても、MCVを最大限楽しむためにも外すことができない一作だ。【20代男性】

今作の映画「キャプテンアメリカ:ザ・ファースト・アベンジャー」では主人公のキャプテンアメリカことスティーブ・ロジャースのほぼ半生を描いた作品で普段スーパーヒーローは「銃」を使用しないという固定概念がありますがこれを上手く砕いた作品がこの映画だと思います。

キャプテンは第2次世界大戦の伝説のヒーローであり「兵士」なので拳銃やマシンガンを使用するシーンが多くあります。

しかしこれに全く違和感が無いのがキャプテンの魅力と自身の信念と正義感と表れだと思います。

1人の兵士として仲間を集めて様々な戦地に彼なりの考えと正義観で赴く姿やシーンはまさに題名通りの「最初のヒーロー」と言える作品だと思います。
そしてキャプテンは恐らくシーンには無い所で練習したと思いますが、シールドの使い方がかなり上手く敵に当てて自分に返って来るという計算法を様々な戦法で編み出しているのは凄いなと思いました。

映画「アベンジャーズ」でもキャプテンがマシンガンを使用してロキに洗脳された戦闘員を銃殺するシーンがありますがそれにより作品制作の選択肢が多くなったと制作の方が言っていたのは正解のシーンだなと私も思いました。

今作は原作にも忠実で絵が上手い所や劇用のシールドとコスチュームが登場する所なども再現されているシーンがあるのでキャプテンアメリカが好きな方やアメコミが好きな方にはおすすめの一作だと思います。【20代男性】

2011年に公開されたキャプテン・アメリカの単独主役作品1作目で、第2次世界大戦中、主人公スティーブ・ロジャースが初めてキャプテン・アメリカ(通称キャップ)となり悪の組織ヒドラとの闘いが描かれていくというファーストのタイトル通り、キャップの誕生秘話が描かれました。
超人兵士となる前の虚弱体質だった頃からも、キャップの愚直なまでの正義感や芯の強さは後の時代でのトニー・スタークとの度重なる衝突も招きつつもこの頃から既に一貫しているのが伺え、長きに渡ってMCU世界を支え続けていって実績の大きさを改めて感じつつ、酷な言い方をすればそれまで日本での知名度があまり大きくなかったキャップがすっかり馴染みの存在に成長したきっかけも本作からと思うと更に感慨深いといえますね。
ヒーロー映画とはいえ、第2次世界大戦中でもSF的なハイテク兵器を駆使するヒドラが浮いてるんじゃないかっと思いましたが(笑)、後のシリーズでも時代をまたいで悪事を続けていたという事実から逆に説得力を感じさせましたね。
本作のラストで敵戦闘機と共に北極海に消えたキャップが冷凍冬眠状態になり目覚めたら70年後の現代というなんとも壮絶すぎる生い立ちとなりましたが、ここでニック・フューリーも絡ませて次回作「アベンジャーズ」への布石を盛大に煽らせる締めくくり方になっていて、単独映画としても見ごたえはありますが、正にフェーズ1の役者が揃ったという雰囲気が醸し出されていたなっと感じさせました。【30代男性】

コメント

タイトルとURLをコピーしました