シビルウォー キャプテンアメリカの動画を無料視聴する方法!映画の吹き替え・字幕無料動画配信情報まとめ

洋画

2016年に公開された、アメリカのSFアクション映画。

今回の記事では、映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』フル動画無料視聴する方法や作品についてご紹介いたします。

映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』フル動画無料視聴方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ 動画配信状況

映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』は、4つの動画配信サービス(CM広告なし)でお試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
[字][吹]
hulu ×
TELASA ○(無料視聴できる)
[字][吹]
music.jp ○(無料視聴できる)
[字][吹]
TSUTAYA TV ○(無料視聴できる)
[字][吹]
FODプレミアム ×
dTV ○(無料視聴できない)
[字][吹]

※2020年11月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

おすすめはU-NEXT

映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえて31日間無料期間があるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』を視聴するためには「330ポイント」を必要としますが、お試し登録時にもらえるポイントを利用することにより、実質無料で視聴することができます。

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

\U-NEXTの特長/
  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録後にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は18万本以上
  5. 読み放題の雑誌が約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

一つ目のいいところは映像が綺麗なところが気に入っています。

他のムービーアプリよりは鮮明だと感じています。
二つ目は、何より作品数が多いところです。
アニメから洋画、邦画が好きでよく見るのですが、たいていのものはあります。

ただポイントで購入必須なのが最新作だと多いですが、ポイントも貰える為特段不便には思っておりません。

またダウンロードしてみれるのもいいです。

料金は他の企業と比べると高めかなぁ、とやはり感じますが、家族割などのパッケージプランもあり、3人まではパッケージに加入できるなどといったシステムもあるため、そこで料金の問題については解決しつつ、毎日の映画の視聴や、漫画も楽しんでいます。
満足してますので是非利用してみてください。【20代女性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの登録方法

登録は5分ほどで完了し、スムーズに見たい映画を視聴できます。

手順をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

『U-NEXT』お試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 iPhon...

映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』作品情報

アベンジャーズの戦いで一般市民に犠牲者がでたことで、アベンジャーズを国際連合の管理下に置くための「ソコヴィア協定」が提案されました。

この協定に賛同したのは、スターク、ナターシャ、ジェームズ、ヴィジョンたち。

しかし、スティーブ、サム、ワンダは賛同しませんでした。

やがてスタークとスティーブの間の溝は深まっていき、直接対決になってしまいます。

世界の危機を救ってきたアベンジャーズだったが、その活躍に伴う被害も拡大。ついに彼らの活動は、国連の管理下に置かれることとなる。この措置を巡って、キャプテン・アメリカはトニー・スタークと対立。やがて、アベンジャーズを二分する戦いが勃発する…。

出典:U-NEXT

キャスト

  • (キャプテン・アメリカ/スティーブ・ロジャース)クリス・エヴァンス
  • (アイアンマン/トニー・スターク)ロバート・ダウニー・Jr
  • (ブラック・ウィドウ/ナターシャ・ロマノフ)スカーレット・ヨハンソン
  • (ウィンター・ソルジャー/バッキー・バーンズ)セバスチャン・スタン
  • (ファルコン/サム・ウィルソン)アンソニー・マッキー
  • (ウォーマシン/ジェームズ・“ローディ”・ローズ)ドン・チードル
  • (ホークアイ/クリント・バートン)ジェレミー・レナー
  • (ブラックパンサー/ティ・チャラ)チャドウィック・ボーズマン
  • (ヴィジョン)ポール・ベタニー
  • (スカーレット・ウィッチ/ワンダ・マキシモフ)エリザベス・オルセン

スタッフ

  • 監督 アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ
  • 音楽 ヘンリー・ジャックマン
  • 脚本 クリストファー・マルクス、スティーヴン・マクフィーリー
  • 製作 ケヴィン・ファイギ

映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』ネタバレあらすじ

世界各地で平和活動を行っていたアベンジャーズ。

スティーブ・ロジャースは、生物兵器を狙うテロリスト「ブロック・ラムロウ」の企てを阻止しようと、アベンジャーズを率いてアフリカのナイジェリアの都市ラゴスに出撃しました。

企てを阻止されたブロック・ラムロウは、スティーブを道連れにして街中で自爆しようとしますが、間一髪、スカーレット・ウィッチがラムロウを宙に放り投げます。

すると近くのビルが被害を受け、大勢の死傷者が出てしまいました。

そのことでアベンジャーズは、国際的な非難を受けることになり、各国政府は「ソコヴィア協定」を制定することで、アベンジャーズを国際連合の管理下に置こうとします。

アメリカ国務長官のサディアス・ロスが中心となって、アベンジャーズに「ソコヴィア協定」への署名を求めました。

トニー・スタークは協定に賛同し、ジェームズ・ローズ大佐やヴィジョン、ナターシャ・ロマノフも同様に賛同します。

スタークは、ソコヴィアで犠牲になった青年の母親から叱責されていたのでした。

しかし、スティーブは「自分で判断する権利と責任が奪われる」として、署名を拒みます。

サム・ウィルソンとワンダ・マキシモフもスティーブの意見に同調し、スタークたちと対立することになりました。

ウィーンで起こった爆破テロ

そんななか、スティーブのかつての恋人だったペギー・カーターが亡くなり、ロンドンの大聖堂で葬儀が執り行われました。

葬儀に参列したスティーブは、ペギーの姪孫シャロン・カーターと会い、己の正義を貫くことを決意します。

オーストリアのウィーンで行われた国連会議では、ソコヴィア協定の署名式が執り行われることになりました。

アベンジャーズからもナターシャが出席します。

ナイジェリアの事件ではワカンダ王国の国民が多数犠牲になっていて、その署名式にはワカンダ王国の国王ティ・チャカと、王子ティ・チャラも出席していました。

ワカンダ国王ティ・チャカは演説を始めます。

すると爆破テロが発生して、ワカンダ国王ティ・チャカは死亡してしまいました。

監視カメラ映像で容疑者とされたのは、バッキー・バーンズでした。

王子ティ・チャラは復讐に向かいます。

ウインター・ソルジャーに変身したバッキー

バッキーが操られていると思ったスティーブは、ブカレストに潜伏していたバッキーと会い、バッキーが爆破テロと無関係だったことを知ります。

そこにドイツ警察特殊部隊が突入してきます。

そして王子ティ・チャラが変身した「ブラックパンサー」も現れました。

戦闘になり、スティーブとサムはバッキーと共に捕らえられてしまいます。

バッキーは厳重な監視のもとに置かれ、精神鑑定にかけられます。

しかし、そこに鑑定医を装った、ヘルムート・ジモという男が現れ、バッキーを洗脳して再び暗殺者ウインター・ソルジャーに変えてしまったのです。

ウインター・ソルジャーは屋上のヘリで逃げようとしましたが、スティーブに追いつかれ、二人は共に川へと落ちていきます。

スティーブは意識を失ったバッキーを連れ、サムと共に行方をくらました。

国務長官のサディアス・ロスに、スティーブたちの捕縛を迫られたスタークは、ピーター・パーカーを仲間に迎えます。

空港での戦い

その後バッキーは、潜伏先の廃工場で正気を取り戻し、暗殺者ウインター・ソルジャーは自身の他にも作られていて、シベリアに冷凍されて眠らされていることをスティーブに告げました。

ヘルムート・ジモが、シベリアに眠る他のウインター・ソルジャーたちを目覚めさせてしまう恐れがあるため、スティーブたちはクリント・バートン、ワンダ、そしてスコット・ラングを仲間に引き入れ、空港からシベリアに向かおうとします。

しかし、空港ではスタークが待ち構えていたのです。

スタークはピーターやヴィジョンなどと共に、スティーブたちを阻みます。

そしてついにヒーロー同士による壮絶な戦いが始まり、ブラックパンサーもバッキーに襲いかかりました。

するとナターシャが寝返り、スティーブとバッキーはクインジェットでシベリアへと向かうことに成功しました。

映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』ラストの結末

スティーブとバッキーはシベリアの施設にたどり着き、眠らされたウインター・ソルジャーを確認しましたが、すでにヘルムート・ジモにより殺されていました。

するとスタークも、爆弾テロの犯人がジモであることに気づいて、やってきます。

ジモはそこで、スタークやスティーブたちに、ある映像を見せます。

それは、事故死したと思っていたスタークの父が、バッキーに殺された時の映像でした。

スタークはバッキーを殺そうとし、戦いに発展します。

そしてバッキーは負傷し、自ら再び冷凍睡眠の状態に入ることを選びます。

スタークはアイアンマンスーツを破壊されるもスティーブに「父が作った盾を持つ資格はない」と言い、キャプテン・アメリカの盾を取り上げました。

そしてジモは自殺を考えましたが、ブラックパンサーに「生きて罪を償え」と言われて自殺を止められます。

映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』感想

すごく内容が濃かったです。

そしてめっちゃ面白かったです。

まず、大好きなスパイダーマンが不意打ちで登場したのが嬉しかったです。

出るのを知らずに観たから余計興奮した〜。

一番テンションが上がったのが空港での戦闘シーンでした。

物が次々と壊れていく様子が、もし自分がそこにいたらと思うと恐怖に震えました。

なぜか自分が一般市民になって戦いを観ているような感覚になる映画でした。

自分の正義を貫く人たちだから、衝突するのは仕方がないかもしれないと思いましたが、どっち側の気持ちも否定することができず、辛くなる場面もたくさんあって、「もう喧嘩はやめて!」と叫びたくなりました。

全員の気持ちがそれぞれ共感できたので、戦っている姿を見る度に、否定と肯定が交互に押し寄せてくる感じになりました。

あと、ナターシャのバイクシーンとアクションがかっこよかったです。

それに、ヒーロー同士の闘いシーンも、個性と個性のぶつかり合いで素晴らしい。

バッキーの洗脳されている時と洗脳が解けている時の表情の違いも絶妙で良かったです。

メイおばさん役のマリサ・トメイは可愛すぎでした。

「これからどうなっちゃうの?」という心配は残りましたが、次作が楽しみになる終わり方でした。

映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』視聴者の声

今作シビルウォーはキャプテンアメリカ三部作の最後の作品であり、時系列的にはアベンジャーズエイジオブウルトロンの後の話になります。

つまり、エイジオブウルトロンで起きた事件がとても深く関わってくるのが今作なのですが、シナリオ的な魅力はその結果から生まれたヒーロー同士の殴り合いアクションです。
マーベル作品内で偶に見るヒーロー同士の戦いですが、今作はそのスケールがとてもでかく、そして悲痛なものとして描かれています。
今作は勿論キャプテンアメリカが主人公なのですが、他にもアベンジャーズのようにたくさんのヒーローが登場し、いわばこれはアベンジャーズ2.5のような雰囲気を持つ
作品になっています。
そんなたくさんのヒーローが登場刷る今作ですが、注目のキャラクターは4人います。
一人目は今作から初登場となったキャラクターであり、とても有名なキャラ、スパイダーマンです。
色々な作品で描かれてきた彼ですが、たくさんのヒーローの中で活躍する彼は今作が初なため、注目です。
そして二人目はブラックパンサーです。
彼の注目はやはりそのクールな装備です。
バイクに乗ったり、戦闘したり彼のスーツでしかできないような迫力のあるアクションを楽しめます。
そして最後の二人は主人公キャプテンとアイアンマンです。
この二人の関係性が今後の作品、そして今作の焦点になるので、注目です。
そんなたくさんのヒーローを一度に楽しめるシビルウォーおすすめの一作です。【20代男性】

アベンジャーズじゃないのにアベンジャーズしている点で他の単独ヒーロー作品とは明らかに一線を画しています。

まさにアベンジャーズ2.5と言った感じで出演陣も豪華。

ただ内容は明らかにネガティブ系でソコヴィア協定をめぐるヒーローたちの対立を主に描いていて中盤では2陣営に分かれて喧嘩バトルをしだし何やってんだ?と思いつつもバトルシーンはやっぱなんだかんだで良いというよくわからない感情を覚えました。

協定に調印すべきだと主張するアイアンマンを支持する派閥と自由に動けくて遅れを取る場合があるから救える命も救えなくなるんじゃないかと主張するキャプテン・アメリカの対立が主なんですけど、それぞれそういう主張に至ったトラウマの出来事があります。

スタークは前途有望な身近な人材をヒーローたちの戦闘時の爆発で失っているという出来事があって、キャプテン・アメリカは権力一極集中構造がヒドラのような悪の組織を生み出したという事実(他にもありますけど)があります。

結末も意外性があり最後は仲良くなってウィンター・ソルジャー軍団を倒すんでしょ?と思いきや一連の騒動を操っていた影の黒幕の手によりスタークが知り得なかった衝撃の事実が判明し展開は予想だにしない方向に転がっていくといういつものアベンジャーズじゃない方向性の展開だったので話の内容はネガティブ路線ですがこの作品が自分の中では結構印象に残っている作品です。【30代男性】

コメント

タイトルとURLをコピーしました