映画『突入せよ!あさま山荘事件』無料動画情報

無料動画配信

2002年に公開された映画『突入せよ!「あさま山荘」事件』。

原作は警察官僚で、実際に捜査にかかわった佐々淳行さんの『連合赤軍「あさま山荘」事件』です。

今回の記事では、映画『突入せよ!「あさま山荘」事件』のフル動画を無料視聴する方法や作品についてご紹介いたします。

映画『突入せよ!「あさま山荘」事件』フル動画無料視聴方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

動画配信サービス

映画『突入せよ!「あさま山荘」事件』は、2つの動画配信サイト(CM広告なし)お試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
hulu ×
TELASA ×
music.jp ○(無料視聴できる)
TSUTAYA TV ×
FODプレミアム ×
dTV ×

※2020年8月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

おすすめはU-NEXT

映画『突入せよ!「あさま山荘」事件』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえて31日間無料期間があるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『突入せよ!「あさま山荘」事件』お試し登録後、31日間見放題で無料視聴することができます。

映画「突入せよ!あさま山荘事件」予告

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTにはその他にもたくさんのメリットがあります。

  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
  5. 読み放題の雑誌約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

U-NEXTを使い始めて約3か月です。

きっかけは引っ越したマンションがインターネット無料!そしてU-NEXTの使用料も無料なことでした。

それまではNetflixを使用していましたが、韓国映画やドラマが好きな私にとってはU-NEXTが最適で、どっぷりはまってます。

U-NEXTは無料で視聴できる韓国ドラマのラインナップが豊富だと思います。

韓国で放映されたばかりの新作も多いです。

レンタルに行かなくても定額で見放題できるのはうれしいですよね。

私はお気に入りの俳優さんの名前でドラマを検索して楽しんでいます。

その他、おすすめ作品は本当に面白いものが多いのでかなり信用しています。

次々に新しい作品が入荷されるし、作品が多すぎて見切れません!【30代女性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの特徴と登録方法

U-NEXTの登録はとても簡単にでき、スムーズに見たい映画を視聴できます。

特徴や登録手順をご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

動画配信サービス『U-NEXT』
動画配信サービスと聞いて、思い浮かべるのが「U-NEXT」という方も多いのではないでしょうか? テレビのCMで見かけたり、ネット広告で見る回数も多いでしょう。 でも気になるけど、ほかの動画配信サービスと比べて何がいいのか分からないと...
『U-NEXT』お試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 iPhon...

パンドラやデイリーモーション

パンドラ、デイリーモーションの無料動画サイトで映画『突入せよ!「あさま山荘」事件』を検索しましたが、フル動画はアップロードされていませんでした。(2020年8月10日時点)
今後、映画『突入せよ!「あさま山荘」事件』の動画がアップロードされる可能性もありますが、その場合、著作権が厳しいため、早めに削除されることでしょう。

これらの無料動画サイトは数多くあり、公式ではない方法でアップロードされた違法なサイトです。

  1. Pandora
  2. Dailymotion
  3. 9tsu
  4. miomio
  5. openload

たとえ違法アップロードサイトで見たい映画を見ることができた場合でも画質が悪かったり、スマホやパソコンにウイルスが感染する危険性があります。

安心安全に視聴したい人は動画配信サービスで観ることをおすすめいたします。

映画『突入せよ!「あさま山荘」事件』作品情報

1972年2月19日。連合赤軍の5人が「あさま山荘」に女性ひとりを人質に立てこもった。それにより長野県警と警視庁の猛者たちが繰り広げた、10日間にも及ぶ攻防が始まる。「人質を必ず生きて救出すること」が、男たちに与えられたただひとつの使命だった。

出典:U-NEXT

キャスト

  • (佐々淳行)役所広司
  • (宇田川信一)宇崎竜童
  • (野間長野県警本部長)伊武雅刀
  • (丸山参事官)串田和美
  • (石川警視正)山路和弘
  • (大久保第九機動隊長)矢島健一
  • (内田第二機動隊長)豊原功補
  • (後田巡査)遊人
  • (山野第二機動隊小隊長)遠藤憲一
  • (佐治警視)松岡俊介

スタッフ

  • 監督 原田眞人
  • 原作 佐々淳行
  • 音楽 村松崇継
  • 脚本 原田眞人

映画『突入せよ!「あさま山荘」事件』ネタバレあらすじ

避暑地として全国的に有名な軽井沢で、1972年、おおきな緊張が走ることになります。

極左の過激派である連合赤軍のメンバーたちが潜伏しているという情報があったからでした。

やがて、連合赤軍のメンバーたちは、あさま山荘に潜伏しているものとみられ、長野県警はさっそく、調べに向かいます。

すると、あさま山荘内の連合赤軍によって、ライフルで狙撃されてしまったのでした。

その一報を受けた警察庁長官の後藤田正晴は、警察庁幹部の佐々淳行を軽井沢に派遣することにします。

その後、後藤田正晴は、人質の無事な解放、許可のない武器の使用禁止、犯人をすべて生け捕りにする、人質の交換に応じない、マスコミとのいい関係の構築、警察から犠牲者を出さない、といった方針を固めました。

警察の内部対立

佐々淳行は、丸山昂とともに、軽井沢へと向かいました。

あさま山荘では、小雀彰夫という管理人がメディアから取材を受けています。

小雀彰夫の嫁の小雀真理子は連合赤軍によって人質にされていました。

長野県警は連合赤軍を説得するものの、交渉はそうとう厳しそうな感じです。

そんななか、佐々淳行は、あさま山荘に到着しました。

ところが、現地では、長野県警と警視庁が縄張り争いを繰り広げていたのです。

佐々淳行ら外様は、地元の長野県警から、けっしてよく思われていなかったのでした。

両者の対立は、ごく些細なことから、あさま山荘事件をめぐることに至るまで、なにかと拡大していくことになります。

結局、佐々淳行は、自分たちが折れて、長野県警に主導権を与えることにしました。

深まる現場の混乱

その後も、長野県警と警視庁の対立は続きました。

長野県警は必要最低限の協力を求めていたものの、警視庁は自分たちのほうが経験豊かだと考えていたからです。

おまけに、あさま山荘周辺は、冬のため、過酷な環境でした。

が、ここであらたな事件が起こってしまいます。

わざわざ他県からやって来たやじ馬の男性があさま山荘に近寄って、連合赤軍から狙撃されてしまったのでした。

男性は、その場では命が助かったものの、結局その後、亡くなってしまいました。

さらに、これだけでは収まらず、警察も、あさま山荘に勝手に近づいて、連合赤軍から狙撃されてしまうという事態に。

こうしたことは後藤田正晴が知ることとなり、佐々淳行は後藤田正晴から怒られてしまいました。

鉄球作戦の登場

現場ではさすがに綱紀粛正が行われるものの、あいかわらず混乱が続いていきます。

これにはメディアや世論も不満を高めていくことになってしまいました。

佐々淳行は苦境のなか、あさま山荘の玄関を鉄球で破り、催涙弾や放水で攻撃することを検討します。

その後、佐々淳行のもとに、警視庁の宇田川信一がやって来て、心強くなっていきました。

宇田川信一の部下によって、あさま山荘の玄関を鉄球で破る計画は、実行に向けて、どんどん準備が進行していきます。

もっとも、長野県警のほうは、警視庁とは異なって、なかなかうまく事を運べませんでした。

一方、計画をめぐっては、天候の問題で先送り論も出ますが、これは退けられ、予定どおり実施されることになったのです。

映画『突入せよ!「あさま山荘」事件』ラストの結末

とうとう、あさま山荘の玄関に向かって、鉄球がぶち当てられることになります。

そして警察があさま山荘に突入して、連合赤軍との応戦が続いていくことに。

結果、警察側からは後田成美が助かったものの、内田尚孝と高見繁光が殉職してしまうという悲惨な展開に。

これで現場に動揺が広がるなか、佐々淳行はついに自分自身もあさま山荘に突入。

見事、連合赤軍を制圧して、人質になっていた小雀真理子を救出することに成功しました。

こうしてあさま山荘事件は解決となり、佐々淳行は自宅に戻ることができたのです。

佐々淳行は内田尚孝のことで悔やみ、警察を辞めたいと思ってしまいました。

が、後藤田正晴から電話がかかってくると、とたんに士気がみなぎっていったのです。

映画『突入せよ!「あさま山荘」事件』感想

さすが、実在の事件が元ネタとあって、映画『突入せよ!「あさま山荘」事件』は大迫力でしたね。

警察と連合赤軍の戦闘シーンもさることながら、現場の人間関係がリアルなものになっていたという印象です。

後に、佐々淳行さんは危機管理で活躍し、後藤田正晴さんは政治家となりましたが、彼らのやり取りも緊迫感に満ちたものでした。

それにしましても、映画そのものは満足のいく出来ではありますが、くれぐれも、こうした事件が2度と発生しないことを祈るのみですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました