映画『娼年』無料動画情報

無料動画配信

原作は石田衣良の同名小説で第126回直木賞候補作になった作品。

監督は三浦大輔で主役の森中領を松坂桃李、御堂静香を真飛聖が演じています。

描かれるのは単なる性表現ではなく人同士のコミュニケーションであり、奥深い人間ドラマが展開します。

今回の記事では、映画『娼年』のフル動画の無料視聴する方法や作品についてご紹介いたします。

映画『娼年』フル動画無料視聴方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

動画配信サービス

映画『娼年』は、7つの動画配信サイト(CM広告なし)お試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
hulu ○(無料視聴できる)
TELASA ○(無料視聴できる)
music.jp ○(無料視聴できる)
TSUTAYA TV ○(無料視聴できる)
FODプレミアム ○(無料視聴できる)
ポイントがたまるまでに時間がかかる
dTV ○(無料視聴できる)

※2020年7月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

おすすめはU-NEXT

映画『娼年』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえて31日間無料期間があるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『娼年』お試し登録後、31日間見放題で無料視聴することができます。

『娼年』予告

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTにはその他にもたくさんのメリットがあります。

  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
  5. 読み放題の雑誌約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

ユーザーの声

おすすめしたいポイントは『ダントツで動画の数が多いこと』です!

私は主にアニメや国内ドラマの視聴で利用していますが、どの動画配信サービスよりも動画本数は負けていないと思います。

個人的に利用したい決め手のポイントとなったのは名探偵コナンとデジモンシリーズの動画本数でした。

これには本当に驚きです。

だいたいどこの動画サービスでも期間限定だったり一部のみ配信のものが多かったですが、いつでも見放題というのはかなり嬉しい内容です。

特に名探偵コナンはテレビシリーズから過去の映画全てあるので、時間がある時は名探偵コナンにどっぷりつかっています(笑)

デジモンシリーズも最新作の復習として全話+映画も見てしまいましたし、ドラマも昔ハマった懐かしのものが数えきれないほどたくさんありました!本当にオススメです!【20代女性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

特徴と登録方法

登録は5分ほどで完了し、スムーズに見たい映画を視聴できます。

手順をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

『U-NEXT』お試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 iPhon...

パンドラやデイリーモーション

パンドラ、デイリーモーションの無料動画サイトで映画『娼年』を検索しましたが、フル動画はアップロードされていませんでした。(2020年6月16日時点)
今後、映画『娼年』の動画がアップロードされる可能性もありますが、その場合、著作権が厳しいため、早めに削除されることでしょう。

これらの無料動画サイトは数多くあり、公式ではない方法でアップロードされた違法なサイトです。

  1. Pandora
  2. Dailymotion
  3. 9tsu
  4. miomio
  5. openload

たとえ違法アップロードサイトで見たい映画を見ることができた場合でも画質が悪かったり、スマホやパソコンにウイルスが感染する危険性があります。

安心安全に視聴したい人は動画配信サービスで観ることをおすすめいたします。

映画『娼年』作品情報

名門大学に通う森中領は日常に退屈し、無気力な日々を送っていた。ある日、バイト先に現れた美しい女性に導かれ、領は娼夫・リョウとして働くことに。最初こそ戸惑ったリョウだが、仕事を通して女性の持つ欲望の奥深さに気づき、やりがいを見つけていく。

出典:U-NEXT

キャスト

  • 森中領(リョウ):松坂桃李
  • 御堂静香:真飛聖
  • 咲良:冨手麻妙
  • 平戸東(アズマ):猪塚健太
  • 恵:桜井ユキ
  • 田島進也(シンヤ):小柳友
  • 馬渕英里何
  • 荻野友里
  • 佐々木心音
  • 大谷麻衣

スタッフ

  • 監督:三浦大輔
  • 原作:石田衣良
  • 音楽:半野喜弘
  • 脚本:三浦大輔
  • 製作:小西啓介、松井智、堀義貴、木下暢起

映画『娼年』ネタバレあらすじ

東京の名門大学に通う森中領はすべてにおいて無気力で女性やセックスにもたいした興味を示さず日夜バーでのアルバイトに明け暮れながら退屈な日々を送っていた。

ところが、ある日バーを訪れた一人の女性によってその生活が一変する。

その美しい女性、御堂静香は女性向けの会員制ボーイズクラブのオーナーだった。

静香に誘われて娼年となった領はそれぞれの秘めた理由で男を買うたくさんの女性たちと関係を持つようになる。

最初こそ戸惑っていたものの、女性たちの心の奥に秘められた欲望や悲しみなどに触れるうちに娼年という仕事にやりがいを見出していく。

しかし、領のまわりには娼年として働くことを嫌悪する友人もいた。

そしてある日、事件が起こる。

 咲良は御堂静香の実の娘

会員制ボーイズクラブ「Le Club Passion」で娼年として働くにははじめに入店試験を受けて合格しなければいけません。

この入店試験というのが「Le Club Passion」で働く咲良と関係を持つことでした。

咲良は生まれつき耳が聞こえない少女で実は御堂静香の実の娘でもあります。

御堂静香に連れられて訪れた部屋で咲良とベッドイン、そこから領の娼年としての人生がはじまります。

また、作品の最後に起こる事件後に「Le Club Passion」の再建のために動き出すのもこの咲良で、一度は娼年の仕事から離れた領に再びお店で働かないかと声をかけるのです。

領の同級生の白崎恵とは対照的に咲良は領に無理強いなどはせず、領の気持ちを理解し大切にすることで領との信頼関係を築いています。

女性たちの個性的な欲望の数々

女性専用の会員制ボーイズクラブで男を買う女性たちにはそれぞれ他人には言えない秘密や欲望、悲しみを抱えています。

子ども時代に好きな男子の前で失禁してしまったことで人生ではじめての快感を覚え大人になった今もその欲望にとらわれている女性。

彼女は自分が放尿するところを見て欲しいと領に頼みます。

また、不能な夫に代わって妻と関係を持って欲しいという依頼をする夫婦。

領は夫の前で妻を目の前で犯すように要求されます。

その依頼を受けてわざと激しく妻を犯すのですが、その様子を見ながら夫が突然自慰を始めるのです。

この老父は妻が犯される姿に快感を覚える人でした。

また、別のある老女は領の手を握り「自分のことはなして」と領に話を促します。

その話と手の感触だけで達してしまうのでした。

 同僚の平戸東との関係

平戸東は女性向けの会員制ボーイズクラブ「Le Club Passion」の中でも特に優れた娼年でVIP向けの特別な娼夫として働いています。

平戸東についてのエピソードは多くは語られていませんが、深い何かを抱えた人物は伺えます。

領にあうと「リョウは売れっ子になる」と断言するなど人を見る力にも優れている青年です。

領にとっても平戸東はよき理解者の1人で互いの距離を縮めていきます。

平戸東は痛みに快楽を感じるマゾヒストで、ある夜、領にたのんで自分を傷つけてもらい関係を持ちます。

性的な関係ともいえる二人の中を描きつつ、一人一人が何に快感を感じるかを表現する「娼年」という映画の中で平戸東は大切な登場人物です。

 白崎恵との関係

白崎恵は領の大学のゼミの同級生で、領がアルバイトをするバーで飲み放題にするかわりに、ゼミのノートと代返を任されています。

白崎恵は同級生でありただの友達という関係性ではあるものの密かに領への恋心を持っています。

また、自分の価値観が強く、領が娼年として働くことに反対します。

それでも領は娼年の仕事を辞めようとしません。

そんなある日、依頼を受けた領がホテルの一室に向かうとそこにいたのは白崎恵でした。

戸惑う領に自分を抱くように言う白崎恵。

領は仕事として白崎恵と関係を持つのですが、そのことで白崎恵は娼年としてプロの力を体感し、領は自分とは違う世界で生きているのだと痛感することになり、領を引き止めることをあきらめます。

 領の母親も実は娼婦

女性とセックスをした後に領は必ず母親の夢を見ます。

領の母親は小さい頃になくなっているのですが、作品を見ていく中で実は領の母親もかつて娼婦をしていたことがわかります。

母親が綺麗に着飾って出かける日はお土産があったり、自分が体調が悪くても「留守番をしていてね」と家を出て行ってしまう母親でしたが後々にそれが娼婦の仕事のためだったとわかります。

また、母親は領の家から離れた馴染みのない街で突然倒れて亡くなったのですが、それもまた娼婦の仕事で訪れた町でした。

領の娼年としての才能が母親ゆずりだったこと、また、ずっと理解できないでいた母親のとの関係についても映画を見る中でつながりを見せています。

母親の登場シーンは非常に少ないですが、領の人格をつくるにあたってとても大事な核になっています。

映画『娼年』ラストの結末

領は多くの女性と関係を持ちますが心は御堂静香に惹かれていました。

領は静香に迫りますが静香にそれを拒まれ、娘の咲良をすすめられます。

そんな中、静香が経営していたボーイズクラブが違法ということで摘発され静香は逮捕されてしまうのです。

その後、領の元を訪れた咲良によって静香からの手紙が渡され静香の秘密が明らかになります。

実は御堂静香も昔は娼婦として働いていたこと、その仕事のせいでエイズに感染していたこと、咲良が実の娘であることや領の母親のことについてもこの手紙で語られています。

衝撃の事実とも言える内容が次々と明かされますが、母親と自分の関係を含め全てのつながりを感じた領はしみじみとすべてを受け入れるのです。

映画『娼年』感想

まず一言で言えば最初から最後までひたすら濡れ場が続きます!舞台版の「娼年」の時もそのことがかなり話題になってチケットがソールドアウトしていたのですが、映画版の「娼年」もそれに負けず劣らず、かなら生々しくリアルに描かれています。

かといって、アダルトビデオのようかというとそれとも違っていて、それぞれのキャラクターの葛藤や苦しみなど心の面が描かれています。

また、江波杏子さんが演じる老婦人など、ところどころに「え?そんなことってある?w」というコミカルな要素も含まれています。

監督が他にもセックスをテーマにした作品を撮られている三浦大輔さんということで、ただエロいだけの作品ではありません。

ちゃんと登場人物の心の動きが見えます。

ただ、やっぱり1人でこっそり見たい映画です。

映画『娼年』視聴者の声

初っ端からのエロに正直戸惑いを隠せませんでした。

複数の人間と交わる姿がこんなにも長く描かれている映画は珍しいと思うくらい、最後までひたすらセックスに焦点があてられていました。

見終わった後にこれはどうやって撮影をしているんだ?本当にセックスしているのでは?と思ってしまうくらいの生なましさがありました。

もちろん、実際にはしていないそうですが…。

出演されていた女優さんの体当たり演技もまた、どれも素晴らしかったです。

特に印象的だったのは、同級生役を演じていた桜井ユキさんです。

ただのエロではなく、そこから切なくも情熱的な感情が伝わってきました。

表情やしぐさなど、他のお客さんとは違う存在であることが強く見て取れました。

また、鍛え上げられた体は女性から見ても羨ましいと思うくらい美しかったです。

この場面、言葉でははっきり言わなかったけれど、別れも存在しており、娼夫としてある意味覚悟を決めた瞬間でもあったのかなと理解しました。

様々な性癖を持つ曲者達を相手にしながら、戸惑いながらもその世界にのめり込んでいく姿が、妙にリアルでした。

最初は感情もあまりでていなかったように見えましたが、没頭していく中で輝きを増していき、本当の自分を見つけるかのような姿に、良くも悪くもこれが人間なのかと思い知らされました。【20代女性】

私がこの映画を見たのは松坂桃李さんが出ているからというのと今まで見たことのないジャンルの映画で興味があったからでした。

見る前は所詮は世に公開する映画なのであまり過激なことはないだろう思っていたのですが想像よりかなり過激な内容でどんどん話に引き込まれていきました。

なんの変哲も無い普通の男の子が少しずつ変わっていくのも無気力で何を考えてるのかわからなかったのにどんどん人間らしくなっていく姿に目が離せませんでした。

見所は主人公だけではなくてお客さんとしてくる人たちもかなり個性的な人たちが集まっていて一人一人の性の形を見ることが出来ました。

普段なかなか人の性事情を見たり聞いたりすることもないので見ていてこんな人も世の中にはいるのかと、とても面白く感じました。

松坂桃李さんが演じた男の子が入っていった世界は普段私が立ち入ったことのない世界だったので全てのものが新鮮で刺激的でこんな世界もあるんだなと少し勉強にもなる話でした。

この話はきっとそういう世界に立ち入ったことがない人でもある人でも楽しめる作品だなと思いました。【20代女性】

まさに殻を破るというか、それまでの爽やかな好青年のイメージを捨てて松坂桃李が俳優として勝負に出た作品の中の1つだと思います。

この作品は原作からして小説ではありますが主人公が様々な相手との経験により成長していくという話の流れ上ほぼ濡れ場です。

R-18はだてではありません。NTRプレイや視姦など人をかなり選びますし監督のこだわりでまさにギリギリまで描写しています。

ファンによっては生々しくて見るのが辛い方も居ると思いますので原作を読んでから映画を見られることをおススメします。

ただこの作品はその分様々な方のこだわりが詰まっており映像美に溢れています。原作を知っていた私としては良く過激な内容なのにここまで忠実に作り上げて下さったっと感激する出来です。

特に主役の松坂桃李の体当たりの熱演!演技力の高い方だと知っていましたし当時は今までにやったことのないような役に挑戦している感じはしていましたが冷めていてどこか浮世離れしている通常とお店での情熱的な手つき、仕草、表情。

そして相手役の方の演技や何処か排他的な雰囲気が現実世界に作られたのだと衝撃を受けました。

上に書いた通り下手をするとトラウマになるレベルの過激さはありますがその分彼の魅力が光る作品です。

ぜひ見れそうな方はご視聴をおススメします。【20代女性】

娼夫がテーマの映画、ということは前情報として知っていたけれど、松坂桃李くんの映画、ということでそこまで過激なものではないだろう、と、イケメンみたさに見始めた途端、衝撃の展開!

冒頭から、濃厚な、すごく直接的な表現のラブシーンのオンパレード。

いや、ラブシーンなんていう、オブラートに包んだものではないです。

松坂桃李くん演じる主人公は、冷めた、退屈な日々を過ごす大学生。

とあるきっかけで娼夫になり、女性のあらゆる欲望と真っ向から対峙することで、自らも解放していきます。

その過程を描くのだから、娼夫として、仕事として接する女性たちのエピソードが次々と描かれ、大胆なセックスシーンがこれでもか、と映し出され、ドキドキの連続。

松坂桃李くんの裸を、こんなに見る日が来るとは思いませんでした。

この映画を見て、性というのは、人の本質をあらわすものだ、ということを実感しました。

普段はいろいろなもので隠し、取り繕い、見せないようにしているものが、セックスでは見えてくる、それがいいものであれ、悪いものであれ、その人なんだ、と思いました。

売れっ子娼夫のはずが、少々乱暴に見える描写もなきにしもあらずですが、お互いの欲望のぶつかりあいって、こういうことなんでしょうね。【30代女性】

映画「娼年」は、2018年に公開された、石田衣良さんの小説が原作で映像化された作品です。主演を松坂桃李さんが演じて、娼婦の男性バージョンの役を演じました。

依頼をしてくる女性たちとの濡れ場が美しくもあり、下品さは感じられませんでした。松坂桃李さんというかっこよい役者さんという事もありますが、演技力が高い役者さんだなと改めて思いました。

セックスは単なる作業と言っていた主人公が、色々な女性たちと出会いを通じて、本当に女性を喜ばせる事とはなんなのか、プロの娼夫として仕事にプライドをもち、やりがいを見つけていく姿は、とても面白かったです。

想像していた内容と、違って、良い意味で期待以上の作品でした。人生、仕事に対しての考え方を教わった気がしますし、主人公と同じく特にやりたいこともなく、大学生活を送っていた自身にも重ね合わせる事ができました。

仕事に対してのやりがい、プロとしての責任、気持ちをもつ事で変わることができると思いますし、そのような自分がやりがいを持てる仕事に出会えることは素晴らしいなと思いました。【30代男性】

松坂桃李くん好きであればぜひ見るべき作品です。

何しろ初めから彼のお尻が大写しに、とっても美しいのです。

いろいろな女性とセックスする姿なんて見たくないと思うかもしれませんが、なんだかやたらと綺麗で映像的で実感はわかないのです。

むしろ美術の絵を見ている感じ、その題材として取り上げられている程度なので嫉妬心が沸き上がるような事態は起こらないでしょう。

咲良は静香の娘だからいてもいいですが、ボーイズクラブの利用者が特殊過ぎます。

だからこそそれを受け止めてくれる相手が現実世界には出てこず、お金を出して買うしかないのでしょうか。

悲しくなりました。

セックスシーンのやり方が通り一遍なのは気になる、とにかく激しくやれば良いというものでもなく女性としては自分自身を見てもらいたいものなのです。

監督が男性でそちら側目線で描かれているのかも、まあまだまだ不慣れな若者と考えればまた松坂桃李君の可愛さが感じられるでしょう。

こんなイケメンさんがいるなら、お金を出して行ってみたいものです。

それにしても松坂桃李君、頑張ったなと思えました。

女なんてと冷めていた彼が次第に成長し変化していくさまもよく分かり、やっぱり演技の上手い役者さんです。【40代女性】

コメント

タイトルとURLをコピーしました