レッドクリフ Part II (映画)のネタバレあらすじと感想!史実に基づいた作品

洋画

『三国志演義』に登場する伝説的な戦いである赤壁の戦いといえば、あの長大な中国史のなかにおいても、もっとも有名なエピソードの1つでしょう。

今回は、それをもとにした人気映画『レッドクリフ』シリーズの第2弾、『レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-』を取り上げていきたいと思います。

まさに大迫力の内容ですが、具体的にはどのようなストーリーになっているのでしょうか。

それでは、さっそく、そのあらすじを追っていくことにいたしましょう。

スポンサーリンク

映画『レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-』のネタバレあらすじ

あらすじ

後の中国の歴史に深く刻まれることとなる、赤壁の戦いの開戦のときが、刻一刻と迫っていました。

そんななか、孫権の妹である尚香は、敵である曹操の軍勢に潜入をはたし、孔明に向かってその情報をたれ流していました。

一方、その曹操といえば、赤壁において、劉備と孫権と向かい合っていくことになります。

が、ここで、とんでもない災難が曹操の軍勢を襲ってしまいました。

なんと、曹操の軍勢は、疫病にかかってしまい、ピンチになってしまうことに。

ところが、曹操はあろうことか、これを利用し、疫病を劉備と孫権へ移そうと企てたのです。

これにはさすがに退却せざるを得なくなってしまう、劉備。

孔明は、苦境の孫権に向かって、たったの3日で矢を10万本手に入れるといいました。

信じられない孫権でしたが、彼の予想を覆し、曹操を騙して矢を手に入れて見せる、孔明。

その後、尚香は曹操の軍の配置を把握しました。

そして孔明は、曹操と戦う日の風向きを読み解いていきます。

曹操は、ハプニングにみまわれて、その結果、戦場へ向かうのが狂ってしまいました。

やがて戦いでは火が飛び交いますが、曹操は、孔明の読み通り、風向きのせいで船が燃え、劣勢に。

さらに、撤退した劉備の軍勢が復活したため、とうとう曹操は敗れ去ったのでした。

ネタバレ

尚香の活躍

映画『レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-』では、孫権もですが、妹の尚香の活躍もすごいものに。

曹操の軍勢に潜入するにあたり、尚香は男装を決めていたのです。

これだけでもたいした行動力なのに、孔明には伝書鳩で情報を送っていくのですね。

さらに、尚香は、曹操の軍の千人隊長に見つかってしまうものの、むしろ仲よくなっていき、曹操の軍の配置を把握することができたのでした。

彼女の一連の活躍なしには、劉備も孔明も孫権も、曹操に勝てなかったに違いありません。

孔明の知性

『三国志』とくれば、やはり孔明ですよね。

映画『レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-』でも、彼の能力のすごさはずば抜けていました。

孔明はたったの3日で矢を10万本手に入れようとし、実現させました。

が、その手法とは、なんと、霧が立ち込める中、人間に見せかけた案山子を曹操の軍勢に矢で撃たせ、その矢を奪うというもの。

また、曹操を敗北させた風向きによる火の回りについても、東南に風が吹けば曹操の船を燃やせると読んでいて、的中させたのです。

まったくもって、伝説になるのにふさわしい知将ですよね。

曹操の人間性

映画『レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-』の悪役である曹操も、キャラクターとしてはインパクトで負けていません。

たとえば、疫病を劉備と孫権へ移すため、死んだ兵士たちを流していくという、非道さを発揮していくのです。

が、曹操といえば、間抜けなところも目立つことに。

ハプニングにみまわれたことによって、戦場へ向かうのが狂ってしまった、曹操。

しかし、その理由とは、信じられないことに、美女の小喬に惑わされてしまったというものだったのです。

こういった人間性の対照性は、彼の大きな魅力だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

感想

前作に引き続き、予想を大きく上回る大迫力な作品となった、映画『レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-』。

とはいえ、アクションシーンだけに限ったことではなく、人物描写や頭脳戦など、見逃せないポイントは山ほどありましたよね。

おまけに、やっぱり、なんといっても、史実に基づいた作品であるがゆえに、おもしろさも倍加されているといえるでしょう。

これだけのスペクタクル大作を観ないというのは、あまりにもおしいことですので、仮に中国史が苦手だという方であっても、ぜひ、一度は観賞することを推奨したいと思います。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました