もののけ姫を動画配信で無料視聴する方法!映画フルをDVDレンタルする方法

アニメ

映画『もののけ姫』は、日本歴代興行収入第4位(193億円)、観客動員数は1420万人を達成した宮崎駿監督のスタジオジブリを代表する作品。

『もののけ姫』 特報【6月26日(金)上映開始】

『もののけ姫』無料視聴方法

ジブリ作品が大好き!ジブリ作品を手軽に観たい!できれば無料で!と思っている方は多いのではないでしょうか?

私は子供の頃からジブリ大好き!

『もののけ姫』は何回見ても飽きないわ。

私も大好き♪

でも、無料で見れるサービスってあるのかな~?

映画やドラマを気軽に無料視聴するには動画配信サービスがおすすめです。

ジブリ作品でも気軽に見れる動画配信サービスがあるのかを調べたところ、配信しているサービスがあり、無料視聴できることが分かりました。

その動画配信サービスは、『TSUTAYA』です。

TSUTAYAの宅配レンタルサービスを利用することにより、DVDで無料視聴できます。

◎:無料視聴できる
▲:無料視聴できない
ー:配信なし

配信サービス 視聴 サービス内容
TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV 詳細
U-NEXT 詳細
hulu 詳細
TELASA 詳細
music.jp 詳細
FODプレミアム 詳細
dTV 詳細

※2020年11月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

現在、他の動画配信サービスでは、「ジブリ作品」を無料視聴することはできません。
レンタルなどで課金して視聴するというサービスもございません。
理由はスタジオジブリが各サービスに配信権利を売っていないからです。(※Netflixは2020年に世界190カ国でジブリ作品の配信をスタートしましたが、対象国はアメリカ・カナダ・日本を除いた190カ国となっております。)

TSUTAYAでジブリ作品を無料で視聴するためには、宅配レンタルサービスに無料登録を行うことが必要です。

TSUTAYAの宅配レンタルサービスは、自分が見たい作品をサイトからスマホやパソコンで選択するだけでDVDが自宅に届き、見終わったらポストに返却するだけとなっています。

しかも、TSUTAYAのサービスは、30日間無料で試せる期間があるので、初回登録するだけで、ジブリ作品を無料視聴できるのです。

無料で見たい!という方は、30日間無料お試し期間中に解約手続きを行えば、タダで視聴できます。

映画『もののけ姫』を無料視聴したい♪

今すぐ無料お試し

30日間以内に解約 →「0円」

\今すぐ無料視聴するならクリック/

▶▶今すぐ無料お試しを開始する

安心してジブリ作品を無料視聴したい人のために、『TSUTAYA 』のおすすめポイントや、サービス内容を合わせてご紹介していきます。

『TSUTAYA』のサービスプラン

ジブリ作品をTSUTAYAで無料視聴できることは分かりましたが、お試し期間終了後に継続利用を検討したいと考えている方はどんなサービスなのか、おすすめポイントが知りたいですよね。

TSUTAYAサービスの3つのプランをご紹介していきましょう。

  1. スマホやタブレットで配信されている動画が見放題で視聴できる動画見放題(TSUTAYA TV)
  2. DVDをレンタルして自宅に届く定額レンタル8(TSUTAYA DISCAS)
  3. DVDもレンタルできて動画も見放題の動画見放題+定額レンタル8
    (TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV)

ジブリ作品を視聴できるのは、「定額レンタル8」、「動画見放題+定額レンタル8」の2つのプランです。

「動画見放題」のプランでは、ジブリ作品を視聴できないので注意しましょう。

◎:ジブリ作品視聴可 ✕:ジブリ作品視聴不可

プラン 視聴 月額
動画見放題 933円
定額レンタル8 1,865円
動画見放題
+
定額レンタル8
2,417円

「定額レンタル8」と「動画見放題+定額レンタル8」のプランは、自宅にDVDが届くサービスとなっています。

定額レンタル8は、レンタルしたいDVDを選んで、2枚ずつ自宅に送られてきます。

ポストに返して返却完了が確認されると、次の2枚が送られてくる仕組みです。

8枚までは最新作品や準新作などを借りることができるので、料金が高い最新作をお得にレンタルできるのが魅力的なポイント。

8枚のレンタルが終わると、旧作の作品なら追加料金なしでレンタルし続けることができるのがおすすめです。

ジブリ作品は旧作が多いので、8枚借り終わったあとも無料でレンタルして視聴できるのが魅力的になっています。

ジブリ作品は、動画見放題配信を行っていないので、DVDやブルーレイで視聴する必要があることを覚えておきましょう。

2つのプランの中でも、おすすめなのは「動画見放題+定額レンタル8」のプランです。

「動画見放題+定額レンタル8」のプランでは、お試し期間に登録すると、1100円分のポイントがもらえます。

もらったポイントは、動画見放題で最新作など、ポイントが必要な作品に利用できるのがおすすめです。

30日間のお試し期間中に解約・退会を行うことで料金が掛からず、『0円』でジブリ作品を楽しめます。

とにかくジブリ作品が多いのがおすすめポイントで、不朽の名作や、もう一度見たいと思っていた作品が視聴できます。

ジブリ作品は何度見ても飽きず、何回も見たいと思う作品が多いのが素敵ですよね。

旧作なら何枚借りても、追加料金が発生しないところも、魅力的なポイントになっています。

ジブリ作品を昔見て、記憶が薄れてしまっている方や、昔見たジブリ作品を自分の子供にも楽しんでもらいたいと思う方も多いでしょう。

子供や家族と一緒に楽しめるジブリ作品は、追加料金なしで堪能できる、TSUTAYAの「動画見放題+定額レンタル8」がおすすめです!

さらに、DVDが自宅に届くまでは、動画見放題でスマホやタブレットを使って他の作品も視聴して待っておくことができるのも魅力的ですね。

映画『もののけ姫』を無料視聴したい♪

今すぐ無料お試し

30日間以内に解約 →「0円」

\今すぐ無料視聴するならクリック/

▶▶今すぐ無料お試しを開始する

『もののけ姫』作品情報

  • 公開日:1997年7月12日
  • 上映時間:133分
  • 主題歌:米良美一「もののけ姫」

あらすじ

自然と人間の関係をテーマとし続けてきた宮崎駿の集大成的作品で、それまでの日本映画の歴代興行記録を塗り替える大ヒットとなった。山里に住む若者アシタカは、怒りと憎しみにより“タタリ神”と化した猪神から呪いをかけられてしまう。呪いを解く術を求めて旅に出るアシタカはやがて、西方の地で“タタラ”の村にたどり着く。エボシ御前が率いるその村では、鉄を造り続けていたが、同時にそれは神々の住む森を破壊することでもあった。そして、そんなタタラ達に戦いを挑むサンの存在をアシタカは知る。人の子でありながら山犬に育てられた彼女は“もののけ姫”と呼ばれていた……。

出典:TSUTAYA公式サイト

キャスト

アシタカ:松田洋治

サン:石田ゆり子

エボシ御前:田中裕子

ジコ坊:小林薫

乙事主:森繁久彌

モロの君:美輪明宏

ヒイさま:森光子

スタッフ

  • 原作:宮崎駿
  • 監督:宮崎駿
  • 脚本:宮崎駿
  • 音楽:久石譲

『もののけ姫』視聴者の声

宮崎アニメの中でも、比較的シリアスであり、本当に命懸けの戦いが描かれる作品です。

突如平和な村に祟り神と呼ばれる、謎の生物がアシタカの村を襲ってきました。

その祟り神をアシタカが退治しましたが、その際に祟りを受けて、その祟りを取り除くための旅が始まりました。

その旅の道中で人々の争いを目にします。

その際にアシタカは人々を苦しめている人を弓で二人も殺めるというなかなか衝撃的な映像が印象的でした。

物語を進めていくと、祟り神を作る原因をつくった火砲で打たれた弾丸を作ってる村に到着します。

そこで、エボシという女性に合い、エボシは村を作り火砲を造る過程で自然を破壊する事に関してはアシタカと考えが相容れない事、また、そのエボシの命を狙うサンという女性がいることを知り、その過程でサンがエボシの命を狙う場面に出くわします。

サンは返り討ちにあいましたが、そのサンをアシタカは救助します。

エボシはジコ坊に唆され森の神であるシシ神の命を狙いますが、森と神を守る為にアシタカとサンは共闘していきます。

人間離れしたアシタカとサンがエボシやジコ坊の人間の自然を破壊し神を敬わない行動に対して、エボシの村の人々を助けながら説いていく姿は印象的です。

またラストにサンの心はアシタカに対しては開きましたが、人間を許せないと発言したことは、今の時代の警鐘かなと思いました。

やはり自然を守る事の大切さに注目できる作品です。【30代男性】

神様と人間の争いを描いており、映像での凄さと迫力があるすごいアニメでした。

主人公は、呪いをうけたことで、村からでることなり、自分が呪いで死ぬかもしれないという状態になる。

そんないきなりな展開でしたが、その命が削られる中での物語が進む凄さ、そして、人々が、自分達が生きる為に他の土地に住む人々を襲い、戦う。

さらに人間の土地だけじゃなく自然を破壊し、神をも殺そうとするその人間の欲望を見るようなところが、1回2回3回と観る回数を重ねていくとすごみが解ってきます。

このアニメで、大きな不思議になり、そして、人の心に残す言葉がある。

それは、もののけ姫である。題名になっている言葉であるが、主人公ではないのに、題名とされている。

ヒロインではあるが、中心的なキャラは、別である。

そこを題名としながらもこのアニメがしっくりきてしまう題名になってしまっているところだ。

ジブリのアニメで時代劇の雰囲気があるもののけ姫は、これまでのジブリの中でも変わった感じのある作品だと言えます。

自然の映像の凄さなどは、よくありますが、時代劇のようなものは、これだけと言えます。

迫力感ある獣、迫力ある戦闘に加え、壮絶な戦いの中で命というものの大切さをしることができる素晴らしき映画と言えるものです。【30代男性】

数あるジブリ作品の中でも、人気が高く私も大好きな作品ですね。
タイトルは「もののけ姫」となっていますが、実質の主人公は姫よりもむしろアシタカと言う名の少年です。
作中では「神」や「呪い」などのファンタジー要素があり、日本らしく様々な種類の神が居る設定となっています。
主人公アシタカも、神から闇落ちした化け物から呪いを受けてしまう所から物語は始まります。
ジブリ作品らしく、見た人によって多種多様な捉え方が出来るテーマを内包しています。
恐らく間違っていないと思いますが、私個人が感じた作品と通して訴えているテーマは

・人間同士が争う事の愚かさ
・自然破壊や信仰が無くなる事への警鐘

などが隠されているのかな?と感じました。
また、作品名にもなっている狼に育てられた少女サンが、
アシタカとの出会いを経て人間らしさを取り戻していく様子も見どころの一つです。
「人間は嫌いだ」と吐き捨てるサンも、本来は人間。
サンの矛盾した感情が、アシタカによって少しずつ解きほぐされていきます。
主人公たちだけでなく、サブキャラクターたちも個性的で家族で見ていても楽しめますね。
「争い」と「共存」がテーマとなっているので、やや暴力的とも感じるシーンもありますが戦いの無意味さや不毛さを子供に教える意味でも、家族で見たい作品の一つとしてオススメします。【30代男性】

もう幼い頃から何回見たのかわからないくらい見ています。

セリフもほとんど覚えてます(笑)主人公のアシタカがイケメンでかっこいい!!サンは、魅力的で美しいです。

二人とも自分をしっかりもっていて素敵でした。

深くて生きることや愛すること、勇気などについて考えさせられます。映像も斬新なものが多くて惹きつけられます。

内容もしっかりしていてみごたえがあります。

時々グロイものもありますが。

序盤から衝撃的な映像もあり最初から最後まで飽きずにずっとたのしめました。

セリフも一つ一つが重くて心にジーンと来るものが多いです。

声優陣も豪華でよかったです!!

まっすぐで真面目な主人公アシタカが大切な人を守ろうとする姿や、どんな状況においても自分の信念を貫く姿に感動しました。

アシタカの言葉はいつも暖かく優しく包み込んでくれる気がします。

子供の頃にみるのと今現在大人になってみるのでは感じ方が大きく違ってまた楽しめました。

見れば見るほどこの作品の虜になります。

主題歌も素敵ですよね。ジブリの作品の中で一番好きです!

自分の子供の世代や孫の世代まで見てほしい作品です!

神秘的でとても魅力ある作品です。

家族や友達、自分の大切な人たちとみていただきたいです。【20代女性】

【人間と自然の共生】
時代背景などは他の方のレビューが間違いないと思うので割愛。
ある村で王子として暮らしているアシタカが自ら呪いを受け、呪いの謎を暴くために旅に出るというお話。
呪いの根源を探しているうちに同じ人間が自分の欲(家族や村を守る)の為に呪いを作り動物達に呪いを放っていることが判明。

アシタカは片方を滅ぼすのではなく双方共に生きる道を模索していく。

そこで獣に育てられた人間の少女、サンと出会う。
物語では人、獣がお互いの存続の為にお互いを殺そうとする描写が多く描かれている。

いつの世も自分たちの縄張りを広めたがり邪魔者は追い出す、若しくは滅ぼしてしまえというのが通説であるが、それだけでは憎しみの連鎖は止まらない。

争いの中立には神が存在し、どちらかを滅ぼす力を持っているため人や獣は神を崇拝しているのだが、もののけ姫では中立の立場でもある神を殺そうと目論む。

そこに人間の欲深さがとても表れているなと感じる。
最終的にはアシタカ(人間)とサン(獣)が共に生きるという覚悟を決めたため神は双方を滅ぼすことなく場を納めた。

人間の欲深さには果てがない、それは動物界も同じことであるがお互いに共生するからこそ成り立っている世界であるということを改めて感じさせてくれる作品だと思います。
ジブリ歴代の男主人公の中でもダントツの誠実さ、正義感をもつアシタカ。

皆さんも曇りなき眼でこの作品を見るのはいかがでしょうか?【30代男性】

中世の日本を舞台にした、歴史的背景を感じることができる作品でした。

主人公のアシタカは村を襲ったタタリ神と呼ばれる化け物を退治したことで、呪いを受けてしまいます。

村を守るという勇敢な行動をしたにもかかわらず、呪いのために村を追われることとなったアシタカは不遇だと感じました。

旅を続けると、タタラ場という鉄を作る村に行き着きます。

ここで出会ったエボシという女は、村のトップとして人々から慕われていますが、タタリ神を生み出した原因であることもわかりました。

タタリ神は人間が山に住むもののけを怒り、苦しませることで生まれます。

これは、人間の都合のいいように自然を扱ったことの代償といえるのではないでしょうか。

タタラ場で、アシタカはもののけに育てられた人間の娘、サンと出会います。サンは人間のことを憎んでおり、母として慕う山犬と行動を共にしています。

アシタカはサンとともに、エボシ率いる山の破壊、そして生と死を司る神であるシシ神の討伐に対抗します。

人間と自然の関係、環境破壊について非常に考えさせられる、社会風刺を含んだ作品だと感じました。

自然との共存は、サンとアシタカの関係にも現れていると感じます。

最後に2人が出した、互いの世界で共に生きよう、という言葉が答えなのではないかと思います。

全体を通して、非常に自然の描写が綺麗で音楽とマッチしている点も魅力的でした。【20代女性】

ジブリ作品の中でも人気の高いもののけ姫は自然環境について考えさせられる作品の一つです。

世界遺産の眠る屋久島が舞台になったといわれるシーンもあります。自然美しく、苔がまるで光っているかのような美しさと静けさの漂う中でコダマがカラカラと首を動かすシーンがとても印象的でした。

シシ神が首を探しまわり、森をからしながらさまようシーンは手に汗握りました。自分の事しか考えていない人間達に最後は山々に新しい植物の生命を与えた瞬間は、描写もきれいでとてもよかったです。

タタラ村に住む女性がアシタカをすぐに受け入れてくれたのは少し理解できない感じもありましたが、鉄を踏むシーンの歌は現代のどこかの温泉で歌われているような気もしました。

命をつかさどる神、シシ神の首を切り落とすのは天罰が下りそうな気がしますが、それをあまり想定しないで首狩りに出かけるエボシは少し理解出来ない女性でもあり、村を大切に守っている割には最後に村を見捨てようとする設定は少し無理があるかと感じました。

もののけ姫といったら何といっても最後のシーンが素敵です。「アシタカは好きだ。でも人間を許すことはできない」「それでもいい。サンは森で。私はタタラ場で暮らそう。共に生きよう。会いにいくよ。ヤックルに乗って」うるうるになってしまうシーンです。

いいですよね。離れていても、そばにいなくても、一緒に生きていこう。

そんなセリフ言われてみたいと思わせる大好きなシーンです。【40代女性】

もともと好きな作品ですが、このコロナで改めて劇場で公開されていたのを見たらより一層好きなりました。

まず壮大な音楽や自然の絵が、家で見る以上に自分の感情を揺さぶってきます。

そしてもっとも重要なのが内容で、人間の自分勝手な豊かさのために自然、地球を壊していく。何も生まれない戦いを繰り返し、憎しみの連鎖をつなげてしまう。

コロナの時期にこの作品が劇場公開されたのはとても意味があるような気がしました。しし神の怒りが、地球の怒り。

それが今回コロナとしてやってきた。こんなことを言っていると、ちょっと怪しい信仰のようにも見えてしまいそうですが、決してそういうことではありません。(笑)

どうじにナウシカも上映されていたので、自粛で自分を見つめ直す時期でもあったかもしれませんが、地球との歩み方も同時に見つめ直す機会をこの作品がくれたような気がします。

わかりやすい適役としてエボシがいますが、エボシの育ってきた背景や、どうしてタタラ場を作ったのかも知ると、とても共感できる部分もあり、ジブリは大人になって何回見ても新たな気付きをくれるものだと思います。

何かはっきりしたものがわからなくても、この作品をみて何か感じてくれる人が多くいると、未来もだんだん変わっていくことができるのかなと思います。【20代女性】

さまざまな境遇のキャラクターからいろいろことを考えさせられる作品です。

森の神や獣たちも多く登場し、呪いや災いなどが目に見えて表現されているため自然が牙をむくと又は生き物の無念のは恐ろしいという気持ちになります。

その一方で文明の成長により豊かになることもあるという描写もあり、それによる自然破壊もあり現在の情勢を彷彿させるようなシーンもあります。

自然や有力者にとっての敵であるエボシがこの作品におけるヒールになるのではないかと思いますがそれが必ずしも悪ではなく、女性たち、病人たちを救い生きるすべを与えてその人たちの絶対ともいえるカリスマ性のあるリーダーであるのを見ると一概に嫌いにもなれませんでした。

一方で森の住人サンは獣に育てられ森に生きるものです、自然とともに生き物の共にと考えるととても美しいですが獣と同じく人間からすると危険で恐れの対象人物となります。

この二人の対照的な立場がこの作品の世界観をより濃くしているのでしょう。そして旅人アシタカ、人とともに、森とともにと願う強い青年が奔走し森とたたらばの心を揺さぶる人物になります。

物怖じもせず礼儀もあり果敢に動く彼はまさしくヒーローと言えるでしょう。

内容も深くキャラクターも濃ゆいので見ごたえのある作品だと思います。【30代女性】

多くのアニメ動画を制作しているスタジオジブリですが、その被写体となるものの多くは、仮想、架空のものが大多数をしめていると思います。「もののけ姫」の被写体は実際に実在する被写体をベースに制作されています。主人公の「アシタカ」、もののけ姫の「サン」。
そして多くの自然動物たち。
人間が我欲のために、動物たちの住処をあらし、動物を森から追いやってしまう。
全ては人間の勝手な振る舞いから行ってしまうこと。
この我欲のために、森を耕す行為と、それを守ろうとする動物たちの生きざまが、この映画の本筋になっていると思います。そしてそこには、命の尊さが。
我欲のために森を犯し、戦火のための鉄砲を作り、富をこなすエボシ率いる人間たち、同じ人間でありながら森を壊さず動物たちとの共存を願うアシタカたち、、、
ここにこの物語の原点があります。
どちらかが滅びるべきか、双方が生き延びるべきかが問われ、互いの命の尊さを知らされるほか、自分勝手な人間たちのあらましが見えてきます。
なかでも、人間でありながら、人間をにくみ、動物たちとともに、森を守る「サン」の存在はこの動画を知るうえで貴重な人物になってきます。
幼き頃に親に捨てられ動物たちに拾われ育てられる。ここにも人間のわがままさが暗示されているのです。
アシタカはこの森の動物たち、そして人間たちが共存させるための行動にでます。
それが身に降りかかった病を取り除くための試練だとしりながら。
人間としての大切な価値観を教えられるアニメ作品です。【50代男性】

まとめ

ジブリ作品を見たい方は、『TSUTAYA』のサービスで視聴できます!

ジブリ作品を視聴できるのは、「定額レンタル8」、「動画見放題+定額レンタル8」のプランです。

DVDやブルーレイが自宅に届き、ポストに入れて返却完了となるのがおすすめでした。

旧作は何枚借りても追加料金が掛からず視聴できるので、ジブリ作品をたくさん堪能できるのがおすすめです!

TSUTAYAのサービスを利用して、ジブリ作品を楽しみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました