カイジ人生逆転ゲーム(映画)の結末は?ネタバレあらすじと感想をわかりやすく

邦画

福本伸行さんの『賭博黙示録カイジ』といえば、伝説ともいえるギャンブルコミック。

その実写版完結編である映画『カイジ ファイナルゲーム』が、2020年1月10日、公開されることになっています。

そこで今回は、映画『カイジ』シリーズの記念すべき第1弾である、映画『カイジ 人生逆転ゲーム』をお届けしていきたいと思います。

日本を代表するギャンブルネタの映画として知られているだけに、どんな作品なのか、胸は高なりますね。

それではさっそく、そのあらすじを見ていきましょう。

スポンサーリンク

映画『カイジ人生逆転ゲーム』のネタバレあらすじ

ネタバレあらすじ

コンビニのバイトの伊藤開司は、借金の連帯保証人になっていたため、金融会社経営者の遠藤凛子から取り立てを受けますが、支払うことができません。

すると、遠藤凛子は、伊藤開司に対して、借金返済のために、あるギャンブルに参加するよう誘います。

それはかなり大掛かりなギャンブルで、まず、失敗したら強制労働というじゃんけんのゲームに参加するはめに。

伊藤開司は石田光司と組んで勝つものの、石田光司が強制労働させられるはめになったので、伊藤開司も彼を追いました。

すると、伊藤開司も強制労働させられるはめになり、借金返済のため、やむなく働くことに。

が、自堕落な伊藤開司は、賃金を酒で使ってしまいました。

そこで、伊藤開司は、石田光司とともに、ブレイブ・メン・ロードというゲームに参加。

危ない橋の上を渡るというもので、伊藤開司は渡れたものの、石田光司は落ちてしまいます。

大金を手にした伊藤開司でしたが、借金額は引かれ、ほとんど持っていかれました。

そこで伊藤開司はさらなるゲームに参加することに。

今度はEゲームというカードゲームで、勝ったら賞金を獲得して元の生活に戻れ、失敗したらまた強制労働という厳しいものでした。

伊藤開司は、ゲーム中、利根川幸雄の不正を見抜き、見事、勝利します。

が、酔っぱらって気が付くと、賞金は、遠藤凛子とともに消えていたのでした。

じゃんけん

映画『カイジ 人生逆転ゲーム』では、命がけのゲームが次々に登場し、伊藤開司の脅威となっていきました。

まずはじゃんけんですが、命が危険にさらされることはないものの、負けたら強制労働ということで、これも恐ろしさに変わりはありません。

じゃんけんカードを使いきって、星のバッジを集めるという内容で、伊藤開司は、船井譲次を信じて一杯食わされますが、まんまと彼を破り、石田光司といっしょにゲームに勝ったのでした。

しかし、石田光司はミスが明らかになって強制労働となりますから、展開が読めない映画ですよね。

ブレイブ・メン・ロード

複数登場した映画『カイジ 人生逆転ゲーム』のゲームでも、もっとも怖かったのが、ブレイブ・メン・ロード。

2棟の高層ビルのあいだに細い橋があって、ここを渡るという、まさに命がけのゲームです。

伊藤開司は、この狂気のゲームに、石田光司、さらに病気の佐原誠といっしょに臨むことに。

結果は、伊藤開司以外は、落ちてしまいますが、石田光司が途中で脱落したのに対し、佐原誠はちゃんと渡ったものの、風にあおられ、結局、落ちてしまったのでした。

最後の最後まで油断はなりませんね。

Eゲーム

映画『カイジ 人生逆転ゲーム』で最後に登場したのが、Eゲーム。

じゃんけん同様、命に危険は及びませんが、負ければ強制労働が待っているということで、大変なプレッシャーです。

皇帝、市民、奴隷からなるカードを使って、戦いが進められます。

が、利根川幸雄に立て続けに負けた伊藤開司は、彼の不正に気づきました。

その手口は、伊藤開司に埋め込まれたマイクロチップから、彼の心理状態を読むという、恐るべきもの。

結果、伊藤開司が勝ったのに対し、利根川幸雄は永久に労働させられるはめになったのでした。

スポンサーリンク

感想

ここまで映画『カイジ 人生逆転ゲーム』を見てきましたが、始終、緊張を強いられるような内容ですね。

ギャンブル好きの方はもちろん、どういう視聴者であっても、伊藤開司になりきって、そうとうな高揚感を味わえるに違いありません。

第3作の映画『カイジ ファイナルゲーム』の公開に先立って、第1作の映画『カイジ 人生逆転ゲーム』、そして第2作の映画『カイジ2 人生奪回ゲーム』も見て、めくるめく『カイジ』の世界に没入してみましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました