映画『ディストラクション・ベイビーズ』無料動画情報

Featured Video Play Icon 無料動画配信

2016年に公開された映画『ディストラクション・ベイビーズ』。

主人公である泰良(柳楽優弥)は街をさまよい相手を見つけては喧嘩をふっかける若者です。

殴り殴られることそのものが喜びの彼の暴力は、その生き方に魅せられてマネージャー役を買って出る高校生裕也(菅田将暉)、さらに、自動車強奪のついでに拉致されたキャバクラ嬢那奈(小松菜奈)をまきこみ加速を止めません。

今回の記事では、映画『ディストラクション・ベイビーズ』のフル動画を無料視聴する方法や作品についてご紹介いたします。

映画『ディストラクション・ベイビーズ』フル動画無料視聴方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

動画配信サービス

映画『ディストラクション・ベイビーズ』は、7つの動画配信サイト(CM広告なし)お試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
hulu ○(無料視聴できる)
TELASA ○(無料視聴できる)
music.jp ○(無料視聴できる)
TSUTAYA TV ○(無料視聴できる)
FODプレミアム ○(無料視聴できる)
ポイントがたまるまで時間がかかる
dTV ○(無料視聴できる)

※2020年7月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

おすすめはU-NEXT

映画『ディストラクション・ベイビーズ』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『ディストラクション・ベイビーズ』お試し登録後、31日間見放題で無料視聴することができます。

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTにはその他にもたくさんのメリットがあります。

  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
  5. 読み放題の雑誌約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

観ることができる動画のジャンルが豊富なことが良いところです。

個人的に麻雀が好きなのでプロリーグであるMリーグの視聴が可能であり、u-nextのチームも存在していることで観はじめました。

当初は麻雀を観る目的のみだったのですが、アニメや海外ドラマ、男性にとってムフフな動画などラインナップが充実しています。

更に私が視聴するペースより早く続々と動画が追加されていくので私にとってはいつでも見たい動画がある状況で満足しています。

アカウントについてですが、ファミリーアカウントというシステムが導入されていて3つまで他のデバイスで同時再生が可能ですのでその人に合ったアカウントの持ち方ができると思います。

私はスマホとPCで違う動画(麻雀とアニメ)を観たりして活用しています。【40代男性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの特徴と登録方法

U-NEXTの登録はとても簡単にでき、スムーズに見たい映画を視聴できます。

特徴や登録手順をご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

U-NEXTの特徴やメリット・デメリットは?おすすめポイントも解説!
動画配信サービスと聞いて、思い浮かべるのが「U-NEXT」という方も多いのではないでしょうか? テレビのCMで見かけたり、ネット広告で見る回数も多いでしょう。 でも気になるけど、ほかの動画配信サービスと比べて何がいいのか分からな...
U-NEXTにiphoneやアンドロイドのスマホからお試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 i...

パンドラやデイリーモーション

パンドラ、デイリーモーションの無料動画サイトで映画『ディストラクション・ベイビーズ』を検索しましたが、フル動画はアップロードされていませんでした。(2020年7月14日時点)
今後、映画『ディストラクション・ベイビーズ』の動画がアップロードされる可能性もありますが、その場合、著作権が厳しいため、早めに削除されることでしょう。

これらの無料動画サイトは数多くあり、公式ではない方法でアップロードされた違法なサイトです。

  1. Pandora
  2. Dailymotion
  3. 9tsu
  4. miomio
  5. openload

たとえ違法アップロードサイトで見たい映画を見ることができた場合でも画質が悪かったり、スマホやパソコンにウイルスが感染する危険性があります。

安心安全に視聴したい人は動画配信サービスで観ることをおすすめいたします。

映画『ディストラクション・ベイビーズ』作品情報

愛媛県の港町・三津浜。泰良と将太の兄弟はふたりきりで暮らしていた。日々、喧嘩に明け暮れていた泰良は、ある日突然三津浜を離れ、松山市の繁華街に出没するように。強そうな奴を見つけては喧嘩を吹っかける泰良に、高校生の裕也は興味を持ち…。

出典:U-NEXT

キャスト

  • 芦原泰良:柳楽優弥
  • 北原裕也:菅田将暉
  • 那奈:小松菜奈
  • 芦原将太:村上虹郎
  • 三浦慎吾:池松壮亮
  • 健児:北村匠海
  • 岩瀬亮
  • テイ龍進
  • 岡山天音
  • キャンディ・ワン

スタッフ

  • 監督:真利子哲也
  • 音楽:向井秀徳
  • 脚本:真利子哲也、喜安浩平
  • 製作:椎木隆太、大和田廣樹、森口和則、太田和宏、王毓雅、阿南雅浩

映画『ディストラクション・ベイビーズ』ネタバレあらすじ

泰良(柳楽優弥)と将太(村上虹郎)の兄弟は松山市内の小さな港町で二人きりで暮らしていました。

兄の泰良はけんかに明け暮れる生活をしていましたが、ある日、弟や町の人たちの前から姿を消します。

泰良が現れたのは松山市の中心街。

強そうな相手を見つけてはけんかをふっかけ、最後に相手を打ちのめします。

高校生の裕也は、初めは公園のゴミ箱を漁る泰良を仲間たちとからかいますが、夜の街でストリートファイトを続ける泰良に魅せられます。

夏休みで将太が友人たちと松山に遊びに来ていた夜、泰良と裕也は商店街をパニックに追い込み警察に追われる身に。

たまたま自動車に乗っていたキャバクラ嬢の那奈ごと自動車を強奪して逃走します。

泰良の暴走を果たして誰が止められるのか。

孤高のファイター・泰良

映画の冒頭で故郷の町から消えた泰良。

松山市内に現れて、手当たり次第に喧嘩をふっかけて最後に帰っていきます。

負けることがあっても、後から必ず倒します。

そして、強そうなやつ、歯向かって来る奴しかねらわない。

そしてマイペース。

なぜか、ゲームセンターにいた裕也のシャツを脱がせて自分が着てしまう(しかたなく泰良の脱ぎ捨てた、泰良と将太の親代わりの近藤の工場の仕事着を裕也が着たせいで、夏休みで友人たちと遊びに来ていた将太がそれを見て兄が近くにいることが分かるのですが)。

松山のアーケード街で大暴れした後、裕也と行動を共にしますが、どうやら仲間とは一度も思っていない。

裕也がすることを見ているだけで手伝わない。

裕也がひどいことをしても咎めない。お互い「楽しければええけん」という考えで動いているのです。

セコい裕也

「撮影中は、菅田さんが演じる裕也が本気で大っ嫌いでしたから」と小松菜奈さんが述べている通り、裕也はいやな奴です。

最初に公園で泰良と会った時は、ゴミ箱をあさる泰良をからかいますが、裕也の友人が泰良にボコボコにされても助けません。

やがて、泰良が前にやられたヤクザと再戦して勝利したところを見て泰良の闘いっぷりを気に入った裕也。

こいつといっしょにいると楽しいと思います。

ヤクザの弟分がナイフをもって泰良に迫っているのを見て「警察が来た」と言って泰良に助け船を出します。

それから泰良にくっついて歩くのですが、裕也が暴力を振るうのはほとんど女の子ばかり。

そして、「(警察に)捕まったら終わりだ」と考える裕也は、逃亡中も相手を見つけて闘いを挑む泰良についていけないと感じるようになるのです。

ビッチな那奈

万引きの常習者であるキャバクラ嬢那奈。

泰良と裕也が強奪した自動車にたまたまに乗っていたせいで人質にされ、裕也によって口にテープをされ手をしばられ、ついにトランクにつめこまれます。

翌日、裕也にトランクから引きずり出された那奈は自動車の運転を命じられますが、裕也に打ちのめされて横たわっていた男を轢いてしまい、男をトランクに詰め込むように命じられます。

ここまではかわいそうだったのですが、ここから那奈は凶暴さとしたたかさを発揮。

轢かれた男がまだ生きているのがわかると男を殺します。

さらに夜、自動車のアクセルを踏み続けて、別の自動車と衝突すると、重傷を負った裕也をドアに挟みつけて蹴りまくり殺してしまいます。

病院では警察官の前で泣いてみせ、罪を男二人におしつけ、世間から悲劇のヒロインとしてあつかわれます。

映画『ディストラクション・ベイビーズ』ラストの結末

自動車事故の後、泰良は裕也と那奈を残してどこかに消えます。

松山市内のアーケード街の泰良と裕也の暴力はニュースになり、簡単に犯人がわかります。

警察は将太に事情聴取をしますが、将太は何も語りません。

アーケード街の事件のあった日松山市内にいっしょに遊びに行ったスケートボード仲間の友人たちも将太を離れて彼をいじめる側に。

将太はじっと兄との再会を待っているようです。

やがてお祭りの夜。

将太もとぼとぼと祭りの名物のけんか神輿を見に出かけます。

そのころ、警官が港で倒れてうごめいている男に気付きます。

近くにいたのは泰良でした。

泰良の次の相手はその警官になります。

押し倒された警官は発砲しますが、ピストルの銃声に誰も気づきません。

のびて横たわる警官を後に、泰良はどこかへ歩んでいきます。

映画『ディストラクション・ベイビーズ』感想

微妙な笑みをたたえながら、殴られ倒れても立ち上がって最後はやりかえす男。

泰良の暴力は何かの象徴なのか。

いや、そんな人間的な意味を超えているようです。

あえて言えば「楽しければええけん」で個人の自由を、公共の福祉等を無視して、つまり歯向かうものは全部倒してどこまで追求できるかやってしまったのが泰良と言えるでしょう。

日本映画でゴジラを超えるモンスターだと思います。

そして泰良の格闘シーンで、やることは荒々しいのに、泰良と敵の動きが時としてまるでミュージカル映画のすぐれたダンスシーンのように優雅でした。

映画『ディストラクション・ベイビーズ』視聴者の声

主人公の泰良(柳楽優弥)は街で強そうな男をみつけては喧嘩を吹っ掛ける危険な男です。

そして別に暴力を振るっていなくても危険です。

後で泰良と裕也(菅田将暉)に誘拐されてしばらくいっしょに旅をするはめになる那奈(小松菜奈)は万引きの常習者。

度胸はあるはずなのですが、泰良を初めて見るときはさすがに恐れをなします。

スーパーで堂々と店頭の商品を食べているのですから。この男のすることは常人の理解を超えています。

なぜゲームセンターで裕也のシャツを脱がせて自分が着てしまうのか。

おそらくそのシャツが気に入ったからとしか理由は考えられません。

気が向いたときに食べ、人の着るものを奪い、もちろんストリートフ
ァイトをする。

泰良が裕也に言う「楽しければええけん」が彼の全てを突き動かす原理なのでしょう。

徹底的な自由人なのです。

ですが、その自由の確認のしかたが、おそらく強敵をみつけて倒す、自分の体が妨害を打破して強くなるのを感じることなのではないかと思います。

その様は、弱いものを相手に威張る割には警察がこわい裕也や、悪行の限りを尽くしている割には、世間に悲劇のヒロインと思われるように苦心する那奈の小心さと対照的であり、もはや見ていてすがすがしくなります。【50代男性】

「クソガキ」「バカ」「キチガイ」と序盤でライブハウスのロングコートの男に言われていましたが、その通りだと思います。

観始めは主人公がこうなっている理由が全く分かりませんでしたが、何故か引き込まれていきました。

主人公は、好戦的な人を見極めた上で自分から喧嘩を仕掛け、殴り合い血を流す事が大好きな常識外れの男です。

喧嘩相手やその仲間にすぐにその事を見抜かれて、言葉が通じない奴だと見放されるのを繰り返していましたが、喧嘩の場面はリアルティがあり本当に痛そうでした。

菅田さんはショボいですね。

死と逮捕への警戒心は人一倍あるのに、キチガイと行動する事で自身までも勝ち誇ったような態度を取っていて、まさに小者といったキャラクターでした。

主人公がこれまで警察沙汰にならずに済んでいたのは、閉鎖的な環境にいたのと、通報をしない人を選定していたからだと思います。

そのギリギリで保たれていた均衡が、菅田さんの好奇心によって壊され、様々な人が巻き込まれていくのは呆気なかったです。

キチガイとバカが組み合わさった結果、事件になるまでが速かったですね。

小松さんが菅田さんの最期を決め込む姿は爽快でした。

主人公の異常性に早くから気付いて、ずっと気に掛けていた弟の存在には胸が痛みます。

どうしようもない話ですが、観て良かったです。【20代女性】

コメント

タイトルとURLをコピーしました