映画『翔んで埼玉』無料動画情報

無料動画配信

2019年の邦画の中でも、とくに話題作となったのが、魔夜峰央のコミックが原作だった、映画『翔んで埼玉』。

地域ネタというめずらしいジャンル、大爆笑の自虐ネタによって、たちまち大ヒットとなりました。

なにかと存在感がうすい埼玉県をめぐって展開されていく、荒唐無稽ながらもとても感動的なストーリーで、メインキャストが二階堂ふみとGACKTということも評判になったものです。

今回の記事では、映画『翔んで埼玉』のフル動画を無料視聴する方法や作品についてご紹介いたします。

映画『翔んで埼玉』フル動画無料視聴方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

動画配信サービス

映画『翔んで埼玉』は、5つの動画配信サイト(CM広告なし)お試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
hulu ×
TELASA ○(無料視聴できる)
music.jp ○(無料視聴できる)
TSUTAYA TV ○(無料視聴できる)
FODプレミアム ○(無料視聴できる)
ポイントがたまるまで時間がかかる
dTV ○(無料視聴できない)

※2020年8月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

おすすめはU-NEXT

映画『翔んで埼玉』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえて31日間無料期間があるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『翔んで埼玉』を視聴するためには「550ポイント」を必要としますが、お試し登録時にもらえるポイントを利用することにより、実質無料で視聴することができます。

『テルマエ・ロマエ』の監督が贈るディスり合戦開幕! 映画『翔んで埼玉』予告編 /2月22日(金)公開

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTにはその他にもたくさんのメリットがあります。

  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
  5. 読み放題の雑誌約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

U-NEXTのおすすめポイントは、まずお試し期間があることです。
初めてU-NEXTを視聴する人は31日間の無料期間があり、お試しすることができます。
このお試し期間中に新作をレンタルしたり、書籍を購入することのできるポイント、600ポイントが貰えることは大きいと思います。
新作を1本レンタルして見てみるのもおすすめです。
沢山の映画や海外ドラマが豊富にあり、時間を忘れてしまうくらい面白いビデオ・オン・デマンドサービスだと思います。
他社でも多数ビデオ・オン・デマンドサービスはありますが、U-NEXTは結構な頻度で新作が配信されているので、気になっていた映画やドラマを格安で見ることができます。
家に居ながらレンタルなので、ホームステイ週間の今にはとっておきなものだと思います。【30代女性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの特徴と登録方法

U-NEXTの登録はとても簡単にでき、スムーズに見たい映画を視聴できます。

特徴や登録手順をご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

動画配信サービス『U-NEXT』
動画配信サービスと聞いて、思い浮かべるのが「U-NEXT」という方も多いのではないでしょうか? テレビのCMで見かけたり、ネット広告で見る回数も多いでしょう。 でも気になるけど、ほかの動画配信サービスと比べて何がいいのか分からないと...
『U-NEXT』お試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 iPhon...

パンドラやデイリーモーション

パンドラ、デイリーモーションの無料動画サイトで映画『翔んで埼玉』を検索しましたが、フル動画はアップロードされていませんでした。(2020年8月2日時点)
今後、映画『翔んで埼玉』の動画がアップロードされる可能性もありますが、その場合、著作権が厳しいため、早めに削除されることでしょう。

これらの無料動画サイトは数多くあり、公式ではない方法でアップロードされた違法なサイトです。

  1. Pandora
  2. Dailymotion
  3. 9tsu
  4. miomio
  5. openload

たとえ違法アップロードサイトで見たい映画を見ることができた場合でも画質が悪かったり、スマホやパソコンにウイルスが感染する危険性があります。

安心安全に視聴したい人は動画配信サービスで観ることをおすすめいたします。

映画『翔んで埼玉』作品情報

娘の結納のため東京へ向かう、埼玉在住の菅原家。道中、ラジオからある伝説の物語が流れ始める。それは東京屈指の名門校・白鵬堂学院を舞台に、生徒会長・壇ノ浦百美とアメリカ帰りの転校生・麻実麗の出会いから始まる、東京と埼玉の抗争の物語だった。

出典:U-NEXT

キャスト

  • (壇ノ浦百美)二階堂ふみ
  • (麻実麗)GACKT
  • (阿久津翔)伊勢谷友介
  • (菅原好海)ブラザートム
  • (菅原真紀)麻生久美子
  • (菅原愛海)島崎遥香
  • (五十嵐春翔)成田凌
  • (壇ノ浦建造)中尾彬
  • (埼玉県人の青年)間宮祥太朗
  • (下川信男)加藤諒

スタッフ

  • 監督 武内英樹
  • 原作 魔夜峰央
  • 音楽 Face 2 fAKE
  • 脚本 徳永友一
  • 製作 石原隆、村松秀信、遠藤圭介

映画『翔んで埼玉』ネタバレあらすじ

埼玉県民なのが嫌だった菅原愛海は、五十嵐春翔との結納の日を迎えました。

やっと東京都民になれるのがうれしい、菅原愛海。

が、彼女のいる車中では、埼玉県の壮大な伝説がラジオで流れていました。

かつて、埼玉県民は東京都民から弾圧されていたとのこと。

東京都の名門校の白鵬堂学院の檀ノ浦百美は、生徒会長で、東京都知事の壇ノ浦建造の息子でした。

校内では埼玉県民の生徒への差別が蔓延し、檀ノ浦百美もこれに加担していたのです。

さて、白鵬堂学院に麻実麗というアメリカからの帰国子女が現れました。

2人は衝突していきますが、やがて男子同士であるにもかかわらず惹かれ合うことに。

そんななか、麻実麗は埼玉県民だったという、衝撃的な事実が発覚。

2人は進退窮まり、埼玉へ逃避行することになったのでした。

さて、檀ノ浦百美の執事の阿久津翔は、実は、千葉解放戦線のボスで、東京都による千葉県への差別をなくすため戦っていました。

一方、麻実麗は、伝説の埼玉県人こと埼玉デュークの息子だったのです。

檀ノ浦百美と麻実麗は阿久津翔に捕まるものの、逃亡し、歴代東京都知事の金塊スキャンダルをつかむことに。

東京都民、埼玉県民、千葉県民による戦いが始まるなか、檀ノ浦百美はこれを暴露し、壇ノ浦建造は失脚。

一転し、日本全国埼玉化計画なるものが始まるのでした。

埼玉県へのディスり

映画『翔んで埼玉』では、とにかく埼玉県に対する想像を絶するディスりが話題になりました。

その中でもとくに印象的なものになったのが、檀ノ浦百美が麻実麗に白鵬堂学院を案内するシーン。

差別されている埼玉県民の生徒が筋肉痛なのを見た檀ノ浦百美は、冷淡にも草でも食えと言い、これを見かねた麻実麗は生徒に薬をあげたのです。

このことで、檀ノ浦百美と麻実麗の関係は悪化しますが、麻実麗は埼玉県民の生徒から信頼されたのでした。

埼玉県vs千葉県

最終的に手を組んで東京都に立ち向かう埼玉県と千葉県は、当初は戦っていました。

しかし、ここでも爆笑の地域ネタがさく裂します。

なかでも痛快だったのが、たがいを比較するため、ご当地有名人対決が勃発することになったこと。

埼玉県は高見沢俊彦さん、千葉県はYOSHIKIさんの顔を旗に掲げたりして、争っていったのです。

このあまりにもくだらなく、しかし郷土愛に満ちたシーンは、まさに、映画『翔んで埼玉』におけるハイライトと称してもいいでしょう。

チバラギ

以上は、映画『翔んで埼玉』における伝説のシーンの見どころでしたが、現代のシーンにも爆笑シーンは満載でした。

とくに、現代のシーンの中心人物である菅原愛海の、埼玉県出身の父と、千葉県出身の母が、父が千葉県を「チバラギ」と称したことでケンカになるシーンは笑いを誘いました。

なお、菅原愛海は、映画『翔んで埼玉』の最後で、埼玉県伝説に感動した五十嵐春翔から埼玉県春日部市に住むと言われ、ショックでダウンしてしまいます。

映画『翔んで埼玉』感想

信じられないような埼玉県ディスりネタがさく裂しまくった、映画『翔んで埼玉』。

こんな映画が全国で封切られたわけですから、てっきり、埼玉県は激怒かと思いきや、大ウケとなり、むろん、他の都道府県でも大ヒットしました。

演技派の二階堂ふみさんや、クールなイメージのGACKTさんの、予想の斜め上を行くシュールな演技も影響したのでしょう。

あまりにも奇想天外な作風ですが、作者はあの『パタリロ!』の作者だったといいますので、これならある意味、納得することができるのではないでしょうか。

映画『翔んで埼玉』視聴者の声

1982年に「花とゆめ」に掲載された「パタリロ」で知られる魔夜峰央さん作の漫画が原作で、「テルマエ・ロマエ」「のだめカンタービレ」の武内英樹監督が撮影した作品です。
武内監督は本作で日本アカデミー賞最優秀監督賞を受賞されています。

原作の花が周りに咲き誇る美しい男の人のボーイズラブという感じはよく出ていたと思います。

麻美麗役のGACKTさん、埼玉デューク役の京本政樹さん、阿久津翔役の伊勢谷友介さんなど、きれいな男の人と言えばこの3人だよねという3人が選ばれていると思いました。

百美はどうして女性が演じているのかは分かりませんが、伊勢谷友介さんとGACKTさんのキスシーンが濃厚で、ボーイズラブ感が強く出過ぎないよう配慮されていたのかなと推察しました。
主演の二階堂ふみさんとGACKTさんは二人とも沖縄県出身で他の出演者は大体本当に埼玉や千葉の出身だそうですが、出演者の方の郷土愛が滲み出ているように思いました。

個人的にはBro.TOMさんと麻生久美子さんのやりとりが好きです。
賛否の分かれる作品だと思います。

個人的には部落差別を彷彿させるような内容ではないかと不快な気持ちになった部分もあります。

東京周辺の関東の住民は少なからず卑下する気持ちがあるので、この映画が受けたんだろうと思いました。【30代女性】

パタリロの作者の漫画で埼玉をディスっているのがあるとテレビで紹介されていて、本作の原作を知りました。
ずいぶんぶっとんだ作品なので、映画化はどうなのかなと思っていましたが、かなりやばいです。
私は関西出身なので、ちょっとわからないところも多かったのですが、埼玉がかなりディスられてて面白かったです。
それだけでなく千葉もひどかった。
こんなこと言って、埼玉、千葉の人は怒らないのかなとも思いますが、愛のあるディスりだったと思います。
そうそう、そうなんだよっていうあるある系のディスりだったので、地元の人も楽しめたのではないでしょうか。
また、キャスト陣も素晴らしかったなあと思いました。
あの方の漫画ってなんかキラキラしているというか王子さま、お姫様感があるのですが、それがきちんと表現されていました。
GACKTさんは年齢的にいうとアレなのですが、麗役は彼しかできなかったと思います。
だって、王子様然としていますもん。さすがです。
二階堂ふみさんもどこか漫画チックな顔つきなので、この作品にはなくてはならない存在ですね。
話はわかりやすかったですし、ギャグもおもしろくて笑っちゃいました。
それに、間延びすることもなくサクサクと話が進んでいる感じがしました。
今度は、関東出身の友達に見せてみたいなと思います。【30代女性】

Gackt主演のパタリロの原作者さんによる埼玉dis漫画の実写映画化……という事を聞いて、予告などを見て楽しみにしていた作品です。

なかなか面白かったですね。CMや、数多くやられていた宣伝の番組などで面白いシーンのピックアップがほとんどされてしまっていたのが残念な点なのですが、Gacktが高校生役というまさかのキャスティングも見事にハマっていました。

多言語だったりお正月の某番組だったりと、Gacktご本人ネタが仕込まれていますが、内輪盛り上がりになり過ぎないようにうまく調整されていて好感触でした。

伊勢谷友介や京本政樹といった、アニメキャラのようなビジュアルが見事にハマる方々もあいまって、豪華な面白そうな空気が仕上がっていました。
私自身は関東圏の人間ではないので、途中で出てきた現代の家族の千葉と埼玉の関係性だったり、ダサい埼玉と秘境の群馬のようなエピソードについて実感などは感じられないのですが、エネルギッシュな勢いでもって見せて行ってくれるので、最後まで楽しく見ることが出来ました。やり過ぎ感が盛り盛りで贅沢なのはいいですね。
物語の本筋自体は結構オーソドックスなので、ギャグの挟み込みで訳が分からなくならないのはいい匙加減でした。【30代女性】

麻夜峰央さん原作のとんでもない設定のマンガをまさか実写映画化するなんて、ありえないと思っていたら、本当に実写化されたので、まず驚いたこんな個性的なキャラクターを演じられる役者さんがいるのかと思っ ていたら、GACKTさんがキャスティングされた時点で大いに納得した。

彼自身、本当に実在しないのではないかと思えるような現実離れした存在。それに何より美しいので、物語の鍵となる「麻美麗」にぴったりだ。

対する「壇ノ浦百海」には超演技派女優の二階堂ふみ。どうなんだろうと思っていたら、さすがのプロ根性で、ぶっ飛んだ演技を爆発させ、いい意味で私を唖然とさせてくれた。

埼玉県をとことんディスりまくるこの作品、細かい部分をいちいち突っ込んでいたらキリが無いと思えるくらいツッコミどころ満載である。

しかし、その開き直ったともいえる無茶苦茶な展開に、どんどん惹きこまれてしまい、最期にはむしろ爽快な気分にさえなれてしまう、とんでもない映画だ。

圧倒的なパワーで、視聴者すらなぎ倒していくような勢いを、味わって みて欲しい。

少し鬱々とした気分になりがちな昨今。

バカバカしいことを大真面目で行う彼らの姿に、現実を 忘れて、大笑いしてみてはどうだろうか。【50代女性】

コメント

タイトルとURLをコピーしました