サヨナラまでの30分(映画)のフル動画を無料視聴する方法!キャスト・ネタバレあらすじも

邦画

2020年に公開された映画『サヨナラまでの30分』。

萩原健太郎監督作品で、主演は、新田真剣佑と北村匠海のダブル主演というもの。

ほか、キャストは、久保田紗友さん、葉山奨之さん、上杉柊平さん、清原翔さんなどとなっていました。

今回の記事では、映画『サヨナラまでの30分』フル動画無料視聴する方法や作品についてご紹介いたします。

サヨナラまでの30分のフル動画を無料視聴する方法

「U-NEXT」の無料トライアル

映画『サヨナラまでの30分』は、動画配信サービス「U-NEXT」の無料トライアル(お試し期間)を利用することにより、無料視聴できます

サヨナラまでの30分

見放題作品が約18万本
業界人気No.1の動画配信サービス
「U-NEXT」でフル動画配信中

無料トライアル登録時に600Pが付与され
ポイント利用ですぐに無料視聴できます

登録は5分ほどで完了

31日間以内に解約 →『0円』

\U-NEXTの特長/
  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録後にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は18万本以上
  5. 読み放題の雑誌が約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

月額制で邦画と洋画はもちろん、ドラマやアニメも数多く揃っています。
ついこの間公開したばかりの映画の配信がものすごい早いです。

おまけに雑誌や漫画も配信されているので、いくつもの配信サービスに加入するくらいならここ一つにしたほうがお得です。
毎月ポイントが大量にもらえるのでレンタルにも使えて無駄がなく、一か月無料登録するだけでもポイントがもらえてありがたいです。
画質は文句なくきれいでスマホで見ても画面が潰れず、テレビやパソコンの大画面で見ると迫力に圧倒されます。

デバイスがいくつも対応しているので、普段はスマホで見ていますが4Kテレビに繋ぐとそのすごさがわかります。
どこにしようか迷ったら「U-NEXT」に入るのがおススメです。

月額料金に見合うだけの価値があります。【30代女性】

サヨナラまでの30分のフル動画配信まとめ

サヨナラまでの30分
今すぐU-NEXTで無料視聴
サヨナラまでの30分
無料視聴できる他のサービス

music.jpTSUTAYA TVFODプレミアム

※2020年12月時点の配信情報となります
サヨナラまでの30分
動画共有サイトで検索
動画共有サイトは画質が悪かったり、スマホやパソコンにウイルスが感染する危険性があります。安心安全に視聴したい人は動画配信サービスで観ることをおすすめいたします。万が一、視聴する場合は自己責任で視聴してください。

映画『サヨナラまでの30分』作品情報

亡くなったバンドのヴォーカルが、他人の姿でメンバーたちの前に現れるという、なんとも不思議な物語となっています。

メジャーデビューを目前に解散したバンド「ECHOLL」。1年後のある日、突然現れた大学生の颯太がメンバーに再結成を迫る。強引だがどこか憎めない颯太に、少しずつ心を動かされていくメンバーたち。実は颯太の中身は、1年前に死んだボーカルのアキだった。

出典:U-NEXT

キャスト

  • (宮田アキ)新田真剣佑
  • (窪田颯太)北村匠海
  • (村瀬カナ)久保田紗友
  • (山科健太)葉山奨之
  • (重田幸輝)上杉柊平
  • (森涼介)清原翔
  • (村瀬しのぶ)牧瀬里穂
  • (窪田修一)筒井道隆
  • (吉井冨士男)松重豊

スタッフ

  • 監督 萩原健太郎
  • 音楽 Rayons
  • 脚本 大島里美

映画『サヨナラまでの30分』ネタバレあらすじ

宮田アキは、2013年、フェスで村瀬カナという女性を目にします。

やがて宮田アキと村瀬カナは交際に発展。

宮田アキのバンドのECHOLLに、村瀬カナが加入したのでした。

ところが、そんななか、宮田アキは、交通事故によって、帰らぬ人に。

その後、窪田颯太という男性が村瀬カナのカセットプレーヤーを拾います。

すると村瀬カナの目の前に、なんと、亡くなったはずの宮田アキが現れたのでした。

ところが、村瀬カナからは、宮田アキは窪田颯太にしか見えません。

実は、宮田アキは、カセットテープによって、30分、窪田颯太の身体に乗り移ることができたのです。

宮田アキは、窪田颯太の身体で、解散していたECHOLLのメンバーに接触。

やがて山科健太の心を動かすものの、森涼介や重田幸輝からは、ECHOLL復活の理解は得られませんでした。

ECHOLLの復活

その後、ECHOLLは復活を遂げ、復活ライブを敢行することに。

ヴォーカルをすることになった山科健太は苦戦しますが、宮田アキの協力によって、会場を盛り上げていきました。

そして窪田颯太は、宮田アキに対して、今後もこうした関係を続けることに同意します。

ECHOLLのメンバーたちは、村瀬カナに復帰するよう、彼女の家を訪ねて、説得しました。

宮田アキとのことが脳裏によみがえっていく、村瀬カナ。

が、結局、村瀬カナは、ECHOLLに復帰しないと決めたのです。

さて、窪田颯太はスマホを忘れてしまい、村瀬カナは、彼が働く店に、スマホを届けに向かいました。

窪田颯太と村瀬カナは次第に親しくなっていきます。

その後、ECHOLLのメンバーたちは、窪田颯太に、自作の曲を聴かせるよう、求め始めました。

窪田颯太と村瀬カナの接近

ECHOLLはフェスに出演することになりました。

窪田颯太は、張り切って、宮田アキとともに楽曲制作に取り掛かります。

やがて窪田颯太は、カセットテープで新曲を聴かせようと、村瀬カナとデートすることにしました。

窪田颯太と村瀬カナは、うまくやっていくものの、あいにく、カセットテープは拒否され、フェス出演も断られてしまいます。

感傷的になっていく、村瀬カナ。

その後、窪田颯太は、村瀬カナと語り合い、彼女は、宮田アキが亡くなったことへの悲しみを語っていきました。

これに窪田颯太は理解を示し、あらためてカセットテープを渡すのです。

が、村瀬カナは、カセットテープをいじっていて、宮田アキの存在を確信するのでした。

そして窪田颯太はこれに困惑してしまいます。

窪田颯太の葛藤

窪田颯太はECHOLLを脱退すると主張し始めます。

これに対して、宮田アキは、カセットテープに窪田颯太のことが多く記録され、その反面、宮田アキのことは薄まっていくと言いました。

宮田アキは、窪田颯太に、みんなとの関係がダメになっていいのか問うものの、彼は宮田アキの消滅を恐れていたのです。

さて、村瀬カナは、窪田颯太との関係で悩み、宮田アキとの思い出のカセットテープを片付けていきました。

宮田アキは、窪田颯太に、バンド活動をするため、身体をまた貸してほしいと頼みます。

これに窪田颯太は、宮田アキが薄まるのをやはり嫌がるのでした。

その後、窪田颯太は、ECHOLLへの復帰を拒否してしまいます。

しかし、窪田颯太は、やがてECHOLLのフェス会場へ行くのでした。

映画『サヨナラまでの30分』ラストの結末

一方、村瀬カナも、みずからの考えを改めて、ECHOLLのフェス会場へ行くことに。

みんなは、フェス会場で自分たちの力不足を悔いていきます。

これをしっかりと励ましていく、プロデューサー。

カセットテープのことを持ち出して、プロデューサーは、たとえ上書きをしても、ちゃんと音は残っていると語っていきました。

そんななか、窪田颯太と村瀬カナが現れ、ようやく完全な形になったECHOLLは、フェスに出演。

窪田颯太は宮田アキとの秘密を言いたかったのですが、宮田アキの想いを受け入れ、窪田颯太として活動していくことに。

その後、宮田アキはとうとういなくなって、窪田颯太は、あくまで窪田颯太として、ECHOLLのみんなと、そのままフェス会場で歌っていくのです。

映画『サヨナラまでの30分』感想

予想していたよりもはるかに、映画『サヨナラまでの30分』は切ないストーリーとなっていました。

最終的に、宮田アキがそのまま消えてしまったことは、とてもショッキングな展開というほかありません。

ところが、窪田颯太の性格を変え、ECHOLLと距離を置いていた村瀬カナを活動に復帰させ、おまけに、解散していたECHOLLを完全復活させることまでできて、宮田アキもそうとう満足だったのではないでしょうか。

今後の流れとして、ECHOLLがどうなっていくというのか、後日譚もぜひとも、見てみたい気がしますね。

映画『サヨナラまでの30分』視聴者の声

亡くなった人が、ある人と30分だけ入れ替われるようになって、またバンドを始めようとする話です。
亡くなった人がよみがえる話ってよくありますが、その後することが恋愛とか子どもに会うとかじゃなく、バンドをするってのが新鮮でした。

私がバンドミュージックを好きなこともあってすごく感動しました。

仲間が亡くなってしまって、1人は恋人でもあって、彼女のことを思うととても今すぐバンドを再結成する気にならないというメンバーの気持ちもよくわかったし、それでも音楽が好きだし、いい曲を聞いたらまたやりたくなる感じがすごくバンドマンらしいなと思いました。

アキは恋人のことが心配だってのはあったと思うけど、それ以上に歌を歌いたかったし、曲を完成させたかったのかなと思うと泣けてきます。

また、だんだんアキでなくて颯太がみんなに受け入れられる展開に悲しくなってきました。

それは仕方がないところはあるし、死んでいるんだからいつかは消えるとアキも納得していたのでしょうが切ないなあと思いました。
アキを消したくないと思う颯太もいい人だし、潔いアキはかっこいいし、もう主役の二人にメロメロです。

キャストもすごくよくて、新田真剣佑さんも北村匠海さんも雰囲気のある男前でバンドマンぽい、ミュージシャンぽい感じがして、ハマり役だなと思いました。【30代女性】

コメント

タイトルとURLをコピーしました