映画『ピンポン』無料動画情報

無料動画配信

2002年に公開された映画『ピンポン』。

曽利文彦監督作品で、主演を務めたのは窪塚洋介。

今回の記事では、映画『ピンポン』フル動画無料視聴する方法や作品についてご紹介いたします。

ピンポン

映画『ピンポン』フル動画無料視聴方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

おすすめはU-NEXT

映画『ピンポン』は、5つの動画配信サービス(CM広告なし)お試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
hulu ×
TELASA ○(無料視聴できる)
music.jp ○(無料視聴できる)
TSUTAYA TV ○(無料視聴できる)
FODプレミアム ×
dTV ○(無料視聴できる)

※2020年9月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

映画『ピンポン』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえて31日間無料期間があるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『ピンポン』お試し登録後、31日間見放題で無料視聴することができます。

\U-NEXT CM動画/

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

\U-NEXTの特長/
  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録後にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は18万本以上
  5. 読み放題の雑誌が約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

圧倒的に動画数が多いです。
他の動画サイトで見つけることが出来なかった作品や有料だったものが、U-NEXTであれば大抵見つけることができる。
価格は少し高額ですが、邦画・洋画問わず動画をたくさん見る方にはコスパは良いと思います。
コロナウイルスの影響で自宅にいる時間がたくさん今だからこそ、こういった動画サイトに登録してできるだけ無駄な時間を過ごすことの無いよう1日1本でも良いから映画を見て、教養を増やす努力をしています。
また、金額が高くて迷っている方は無料お試しの期間も設けられていますので、そういったものを利用して自分の向き不向きを確認確認するのもいいと思います。
ストレスなく見たいものをすぐ見れる環境を作りたいのであれば、U-NEXTは本当にオススメです。【30代女性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの特徴と登録方法

登録は5分ほどで完了し、スムーズに見たい映画を視聴できます。

手順をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

『U-NEXT』お試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 iPhon...

映画『ピンポン』作品情報

松本大洋さんのコミックが原作。

卓球に青春をかけていく高校生たちによって展開されていくという、熱いスポ魂映画となっていました。

才能にあふれ、卓球が好きで好きでたまらないペコ。子供の頃から無愛想なスマイルにとってペコはヒーローそのもの。だが、ペコは上海からやってきたエリート留学生・チャイナに完敗。続くインターハイでは、もう1人の幼馴染み・アクマにも敗れてしまう。

出典:U-NEXT

キャスト

  • (ペコ(星野裕))窪塚洋介
  • (スマイル(月本誠))ARATA
  • (チャイナ(孔文革))サム・リー
  • (ドラゴン(風間竜一))中村獅童
  • (アクマ(佐久間学))大倉孝二
  • (警官)松尾スズキ
  • (太田キャプテン)荒川良々
  • (多胡)近藤公園
  • (五味)平野貴大
  • (孔のコーチ)翁華栄

スタッフ

  • 監督 曽利文彦
  • 原作 松本大洋
  • 脚本 宮藤官九郎

映画『ピンポン』ネタバレあらすじ

ペコは、片瀬高校の卓球部で活躍しています。

しかし、ぺコの態度はお世辞にもいいとはいえません。

また、コーチからは、ペコよりも、彼の友人のスマイルを評価されていました。

さて、辻堂学院は中国人の孔を選手として招いています。

ぺコは無謀にもそんな孔と試合することにしますが、大敗を期して、さすがにへこんでしまいました。

片瀬高校の卓球部では、コーチが、インターハイを意識して、スマイルを強化していこうとします。

もっとも、スマイル自身は、実は、卓球に対してそこまで真剣ではありませんでした。

また、スマイルは、卓球で強くなりたいのに、努力しようとしないペコが嫌いだったのです。

やがてインターハイの予選の日になって、スマイルと孔、ペコとアクマが戦うことになりました。

スマイルとコーチの賭け

コーチは、スマイルに、孔に勝ったら指示をしないが、負けたら言うことを聞かせるという賭けをさせました。

スマイルは、コーチから挑発され、やる気を出すものの、あろうことか、孔への同情から、手加減をして、そのあげく、負けてしまったのです。

これに対して、ついついスマイルを殴ってしまう、コーチ。

ペコは、アクマといいセンまで行ったものの、結局、スマイルとおなじように、負けてしまうことに。

その後、ドラゴンと孔が戦うことになって、ドラゴンが勝利を手にしたのでした。

ペコは、アクマを甘く見ていたため、敗北したことで、自暴自棄になってしまいます。

未成年なのに喫煙して、ゲームセンター通いの日々。

一方、スマイルは、約束通り、コーチの言いなりになっていたのでした。

ペコの改心

アクマは、ドラゴンがスマイルを気に入っていると知ったことで、スマイルに挑戦します。

が、結果は、アクマの大敗でした。

しかも、スマイルはアクマに向かって、才能がないと言い放つのでした。

アクマはショックを受けてしまい、これを目にしたペコは憤ります。

その後、アクマは自暴自棄になったことで、ケンカに走ってしまい、退学させられてしまいました。

ペコも卓球をさぼっていましたが、彼のもとへアクマがやって来ます。

アクマはペコに向かって、卓球をやめないように言いました。

そしてアクマは、ちゃんと努力をするようにと、ペコを叱るのです。

しかしアクマから、自分やスマイルはペコに憧れていたと聞いたことによって、ペコはついにやる気を出したのでした。

ペコの復活

ペコはオババをコーチにして、卓球に打ち込み始めます。

一方、スマイルも、コーチと真剣に向かい合っていきました。

それはコーチが有望な卓球選手だったものの、挫折してしまっていたからでした。

さて、オババは厳しく、ペコは鍛えられていくことになります。

その後、またしてもインターハイの予選がやって来ました。

運悪く、いきなり孔と戦うことになってしまうペコでしたが、彼はとうとう念願だった孔を打倒することに成功します。

スマイルも勝っていきました。

そして準決勝でペコはドラゴンと戦うことになったのです。

しかし、あまりにもがんばりすぎたので、ペコは右ひざをそうとう傷つけていました。

オババからドラゴンとは不戦敗にすべきと言われるも、ペコは納得できません。

映画『ピンポン』ラストの結末

ペコは、右ひざとの戦いで、ドラゴンを相手に、苦戦を強いられてしまいます。

しかし、スマイルからエネルギーをもらったペコは奇跡的に実力を発揮していき、とうとうドラゴンを倒すことができたのでした。

一方、ドラゴンもまた、ペコと戦うことに満足していたのです。

そしてペコはとうとう決勝に進んで、因縁のスマイルと対決をすることに。

スマイルは内心、そんなペコにエールを送っていました。

スマイルは昔、卓球で自分を救ってくれたペコに対して、感謝していたのです。

それから数年が経ち、スマイルはコーチになって、子供を相手に卓球を指導していました。

一方のペコは、日本から海外にフィールドを移し、卓球選手として活動していたのです。

映画『ピンポン』感想

映画『ピンポン』は、熱血な、しかし心温まる卓球ストーリーでしたね。

登場人物たちの強さだけではなく、弱さもしっかり描かれていたのが、何よりも見どころとなりました。

ペコもスマイルも、当初はやる気がなかったというのに、次第に闘志を燃やしていく過程が、実に見事です。

卓球にとくに関心がないという方であっても、これは、観て損をするということはないでしょう。

ましてや卓球好きな方であればなおさらでしょうから、このさい、ぜひ、鑑賞してみることを推奨しておきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました