のだめカンタービレ最終楽章 後編(映画)のフル動画を無料視聴する方法!【玉木宏×上野樹里主演作品】

邦画

2010年4月17日に公開された、映画『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』。

二ノ宮知子の原作漫画のドラマ化の続編を映画化した作品で、前後編2部作で制作されたうちの後編になります。

今回の記事では、映画『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』フル動画無料視聴する方法や作品についてご紹介いたします。

『のだめ カンタービレ 最終楽章 後編』フル動画視聴方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

のだめ カンタービレ 最終楽章 後編 動画配信状況

映画『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』は、4つの動画配信サービス(CM広告なし)でお試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
hulu ×
TELASA ×
music.jp ○(無料視聴できる)
TSUTAYA TV ○(無料視聴できる)
FODプレミアム ○(無料視聴できる)
ポイントがたまるまで時間がかかる
dTV ○(無料視聴できない)

※2020年10月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

\他の『のだめシリーズ』はこちら/

おすすめはU-NEXT

映画『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえて31日間無料期間があるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』お試し登録後、31日間見放題で無料視聴することができます。

\U-NEXT CM動画/

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

\U-NEXTの特長/
  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録後にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は18万本以上
  5. 読み放題の雑誌が約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

他の動画配信サイトよりも動画の種類がとても多いです!
他のサイトでは海外ドラマや韓国ドラマの見放題はかなり種類が少ない印象ですが、U-NEXTは見放題の種類も多く、取り扱っている番組がたくさんあり見るのに苦労する程です。

有料ですが、新作映画やドラマがバンバン追加されているイメージもあります。
ファミリーアカウントも3人まで設定できるので、家族で登録すれば実質1人500円程で見れるのと、それぞれが自分のスマホなどで違う番組を見れてしまう所もすごく良いと思います!
いつもテレビにキャストして見るのですが、他の動画サイトを契約していた時は、毎回動画が止まったり急に画質が悪くなったりサイトの運営でエラーが起きたりすることがたくさんありイライラしていましたが、U-NEXTはあまりそういう不具合がありません。【30代女性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

\他の『のだめシリーズ』はこちら/

U-NEXTの登録方法

登録は5分ほどで完了し、スムーズに見たい映画を視聴できます。

手順をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

『U-NEXT』お試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 iPhon...

『のだめ カンタービレ 最終楽章 後編』作品情報

音楽の世界で自分たちの技術に磨きをかける2人の音楽家の姿を描きます。

ピアニストを目指す「のだめ」こと野田恵と、天才指揮者である千秋真一の2人の恋愛模様はコメディのように描かれていながらも、感動を呼ぶ作品になっています。

千秋に恋するのだめは演奏者としての技量は彼と同じでありたいと願っていたが、千秋と孫Ruiの共演の話を聞き、焦りを募らせる。さらに、ふたりの共演で演奏されたは、のだめが千秋とやりたいと願っていた楽曲だった。微妙にすれ違っていくふたりの行方は…?

出典:U-NEXT

キャスト

  • (野田恵)上野樹里
  • (千秋真一)玉木宏
  • (峰龍太郎)瑛太
  • (三木清良)水川あさみ
  • (奥山真澄)小出恵介
  • (フランク)ウエンツ瑛士
  • (ターニャ)ベッキー
  • (孫Rui)山田優
  • (松田幸久)谷原章介
  • (テオ)なだぎ武

スタッフ

  • 監督 川村泰祐
  • 原作 二ノ宮知子
  • 脚本 衛藤凛
  • 製作 亀山千広

『のだめ カンタービレ 最終楽章 後編』ネタバレあらすじ

フランスのパリで、「のだめ」こと野田恵は、フランクやターニャとともに千秋が引っ越す手伝いをしていました。

そんな千秋には、ルイとの共演の仕事が舞い込んだのです。

すると突然、千秋がいなくなって意気消沈するのだめのところに、峰龍太郎と奥山真澄がやってきたのです。

2人は清良のコンクールの応援に来たのでした。

その晩は、のだめの部屋でフランクとターニャも加わっての大騒ぎになりました。

翌朝、千秋はのだめに、ルイとの共演の話を打ち明けました。

バスの中でのだめは、「千秋先輩のバカ」と呟きました。

そのあと、清良に街で呼び止められ、のだめは清良と公園で語り合いました。

清良のコンクールの当日、のだめはみんなと演奏を聞きに行き、清良はブラームスの「ヴァイオリン協奏曲」を演奏して3位入賞を果たしました。

清良が演奏する姿を見て、自分たちもコンクール出場を目指す決意を固めた黒木とターニャ。

その夜、コンクールでのピアノの演奏を聞いて興奮したのだめは、千秋に「絶対先輩とあの曲やりたいです」と言いました。

その曲は、ラヴェルの「ピアノ協奏曲 ト長調」です。

ラヴェルの「ピアノ協奏曲 ト長調」は千秋とルイが共演する曲でしたが、千秋はそのことをのだめに言いませんでした。

オクレール先生から初めて「メグミ」と呼ばれたのだめ

翌日、清良は龍太郎と真澄に連れられて日本に帰国しました。

そのころのだめは、マルレ・オケのテオから、ルイと千秋が共演する曲がラヴェルの「ピアノ協奏曲 ト長調」だと聞かされてショックを受けます。

なかなか部屋に来ない千秋に電話をしたのだめは、ルイとの共演の曲がラヴェルの「ピアノ協奏曲 ト長調」だということを黙っていた千秋を責めました。

千秋がのだめの部屋のドアを開けると、のだめはつぶれ肉まんになっています。

のだめは、千秋が買ってきてくれた食べ物を食べ、元気を取り戻し、千秋の命じるままピアノの猛特訓を受けます。

のだめは千秋から受けた猛特訓のおかげでピアノが上達し、オクレール先生から初めて「メグミ」と名前で呼ばれました。

千秋とルイの共演を見たのだめ

いままで「ベーベちゃん」としか呼んでもらえないことに劣等感を持っていたのだめは喜び、千秋に電話で伝えようとしましたが留守番電話になっていました。

そのとき千秋は、ルイのいる公演会場に来ていました。

家に帰ったのだめは、千秋が用意しておいた食事を口にして、ピアノの練習に取り組みます。

先の見えない音楽の練習にうんざりしていたのだめは、「イツマデ ヤレバ イイデスカ?」と呟くのでした。

それからしばらくして、千秋とルイが共演するコンサートを見に行ったのだめは、2人の様子に打ちのめされました。

帰宅した千秋を出迎えたのだめは、空元気でもてなします。

のだめの初めての反応を不気味に感じる千秋に、のだめは「泊まっていってもいいですよね?」と訊きました。

シュトレーゼマンと共演したのだめ

翌朝、のだめは千秋に正面から向き合って「先輩、結婚してください」とプロポーズします。

千秋はそんなのだめをまったく相手にしません。

千秋はのだめを家に残して外出してしまいました。

そのあと千秋の家を訪れたシュトレーゼマンに、のだめは抱きついて泣きました。

シュトレーゼマンは「のだめちゃんのピアノを聞かせて欲しい」と頼みました。

のだめの演奏を聞いて感激したシュトレーゼマンは、自ら指揮をするコンサートのプログラムを変えて、のだめに演奏させることにしました。

シュトレーゼマンのマネージャーからそのことを聞かされた千秋は、そのコンサートに駆けつけました。

コンサートでのだめは、ショパンの「ピアノ協奏曲第1番」を、見事に演奏します。

『のだめ カンタービレ 最終楽章 後編』ラストの結末

シュトレーゼマンはコンサートのあと「生きていてよかった」と呟きました。

千秋はのだめに会いに行きましたが、のだめは会いたくないと告げます。

コンサートを終えたのだめは、みんなの前から姿を消しました。

千秋は、自分にとって一番大事な事が、のだめとの未来になっているということを感じたのでした。

のだめはしばらくして、自分の部屋で姿を現し、屋根裏に住む学生の部屋に入り、その学生と演奏を楽しみました。

そのあと、幼稚園に行き子供たちの前でピアノを弾きました。

千秋は、のだめを幼稚園から連れ出してモーツァルトの「2台のピアノのためのソナタ」を2台のピアノで、2人で弾きました。

演奏し終わると、のだめは千秋に抱きつきました。

シュトレーゼマンは、のだめと千秋のこれからが楽しみだと言いました。

『のだめ カンタービレ 最終楽章 後編』感想

のだめが屋根裏部屋の学生と会って、笑顔を取り戻していったシーンを見て、とてもうれしくなりました。

黒木くんから千秋にメールが来たあたりから、感動の渦に飲みこまれてしまいました。

この後編は、ずっしりと重い人間ドラマが中心に描かれていて、見ごたえがありました。

演奏家としてどうあるべきか、というテーマが描かれているように感じました。

千秋とのだめの気持ちがすれ違ってばかりで、切なくなるシーンがとても多いです。

観ていて辛くなりましたが、音楽家としての限界を感じていたのだめが、ヨーロッパでいろんな経験をして、プロの演奏家としての覚悟を決めるというこの映画のストーリー展開は、本当にすばらしく、観ていて飽きることがありませんでした。

あと、のだめ「はい」のバリエーションが秀逸で、そこはこの映画の見どころだと感じました。

それと、コタツに2人で並んで入って楽譜を読むところは、たまらない感動のシーンでした。

それに、パリにまで清良の応援にやってきた龍太郎が素敵でした。

清良が龍太郎の背中に抱きつくところが、とても心を揺さぶるシーンで印象に残りました。

パリとかプラハの景色も最高で、ストーリーも全体的にとても面白かったです。

『のだめ カンタービレ 最終楽章 後編』視聴者の声

音楽とは何たるか、自分の道を進むとはどういうことかを考えさせられる映画でした。
上野樹里さん演じる野田恵ことのだめは田舎の海苔屋の娘で全く親も音楽教育に興味がなく、隣のお姉さんがすごく上手だから絶対ピアノ習わせてくださいって言われて習わせ始めたのがきっかけです。
対して玉木宏さん演じる千秋真一は父親がピアニストで幼い頃から音楽をやるべくして生まれてきたような神童であり、桃ケ丘音大でも首席です。
そんな二人がお互いの音楽が好きで、惹かれあっていきます。

千秋は絶対的トラウマだった飛行機にのだめとなら乗ることができ、パリに来れました。のだめは幼稚園の先生になりたいという夢がありましたが、千秋を知り、背中を追いかけていくうちにどんどん音楽家としての道を歩んでいきます。
自分の道を進むとはただ得意なことを続けるのではなくて、その進みたいという強い意志がないと続けられないんだなと感じました。
そして、同じ分野の道を歩んでいて、ライバルでもあるカップルが相手が成功した時自分のことのように喜び、相手がつまづいた時手を差し伸べられるかというテーマ性を感じました。
音楽とはもともと、神の意図を理解するための学問の一つであり、作者の心に寄り添い自分の心を表現する手段なんだなぁと考えさせられました。
水川あさみさん演じる三木清良のバイオリンなど、他の出演者の方も演奏しているようにしか見えませんでしたが、やはりかなり練習されてからプロの方と合成しているんでしょうか。

本当に素晴らしい演奏でした。【30代女性】

コメント

タイトルとURLをコピーしました