スーサイドスクワッド(映画)のラスト結末は?ネタバレあらすじと感想も

洋画

2016年に公開された映画『スーサイドスクワッド』を特集していきたいと思います。

原作は、おなじみのDCコミックスの同名コミック。

大好評となっている『DCエクステンデッド・ユニバース』シリーズの第3弾でもあります。

映画『ジョーカー』で話題のジョーカー、バットマンをはじめ、アクアマンなど、登場するキャラクターたちの顔ぶれも極めて魅力的です。

キャラクターたちを眺めているだけで楽しめる作品ですが、もちろん、そのストーリーもおもしろくなっていますので、ぜひ、ご期待ください。

スポンサーリンク

映画『スーサイドスクワッド』のネタバレあらすじ

あらすじ

アマンダ・ウォラーによって、スーサイドスクワッドという部隊が作られます。

その面々は、デッドショット、ハーレイ・クイン、キャプテン・ブーメラン、エル・ディアブロ、キラー・クロック、スリップノットなど、危険人物ばかり。

そんななか、メンバーとしてジューン・ムーンが選ばれますが、彼女は魔女の女神のエンチャントレスが憑依していて、人類滅亡を企てていくことに。

エンチャントレスの弟のインキュバスも登場します。

一方、ジョーカーは、交際しているハーレイ・クインがピンチになったため、彼女を救い出しました。

さて、エンチャントレスは部隊を襲っていき、スリップノットは殺されてしまいました。

挙句の果てに、その後、部隊が待っていたヘリがジョーカーに奪われてしまいます。

アマンダ・ウォラーをさらったエンチャントレスは、自身の心臓を取り返し、世界各地を破壊していくことに。

やがて、インキュバスは、エル・ディアブロとともに死にます。

そして、部隊の反撃が始まっていき、ジューン・ムーンはやっと、エンチャントレスから自由になりました。

こうして、エンチャントレスによる一連の騒動は収まって、部隊の面々は以前よりも優遇されていくことになるのです。

ネタバレ

スーサイドスクワッドの発足

文字どおり、スーサイドスクワッドの活躍を描いていく、映画『スーサイドスクワッド』。

しかし、スーサイドスクワッドの発足の経緯は、実に異常なものだったのです。

実は部隊のメンバーたちはみんな犯罪者。

本来、死刑になっていたような者たちばかりで、減刑してやることと交換条件として、起用されていたのでした。

おまけに、もしも反乱を起こしたり、脱走しようとしたら、首に移植された爆弾が爆発するという、恐ろしい仕組みになっていたのです。

まさに史上最凶だといえるようなすごすぎる部隊でしょう。

エンチャントレスの暴走

とにかく、無軌道な連中が暴れまくっていく、映画『スーサイドスクワッド』。

しかし、なんといっても、もっともひどかったのはエンチャントレスでした。

ジューン・ムーンに憑依して、世界を滅ぼそうとするのですからね。

ミッドウェイ・シティの市民を怪物に変えてしまったり、街を支配下に置くなど、一時はどうなることかというレベルでした。

それだけに、ジューン・ムーンが最終的にエンチャントレスから解き放たれて、本当にホッとできる結末になりました。

ジョーカーとハーレイ・クイン

映画『スーサイドスクワッド』では、ジョーカーとハーレイ・クインも見どころに。

本来、映画『バットマン』シリーズで活躍している彼らは、本作でも傍若無人ぶりを発揮することになったのでした。

それでこそこの2人だと言えますが、それにしてもひどいものです。

ハーレイ・クインが、ジョーカーが乗っ取ったヘリで逃亡を企てて、失敗し、結局、部隊に戻る羽目になったりするのですから。

一方、この2人といえば、ラストで、ジョーカーが、刑務所のハーレイ・クインと再会するシーンも見どころになりました。

スポンサーリンク

感想

過去の『DCエクステンデッド・ユニバース』シリーズの作品に遜色のない内容で、映画『スーサイドスクワッド』は傑作でしたね。

他のシリーズ作品も、ぜひ、あわせて鑑賞してみたいものです。

また、映画『ジョーカー』が大流行している今だからこそ、ジョーカーが登場するということだけでも、本作を観る価値は大きいといえるでしょう。

ホアキン・フェニックスさん演じるジョーカーもですが、本作でのジャレッド・レトさん演じるジョーカーもまた、見ごたえはじゅうぶんですよ。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました