スターウォーズスカイウォーカーの夜明けのネタバレあらすじとエンディング!感想も

洋画

今回は、2019年12月20日に公開された映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』のあらすじを取り上げていきたいと思います。

映画『スター・ウォーズ』シリーズは、1977年に始まって以来、実に40年以上も公開され続けてきました。

しかし、本作をもって、とうとう9つにわたるエピソードは完結ということになりました。

往年のファンにとっては、非常に名残惜しいですが、それだけに、最後のエピソードを確認していきたいですね。

それではさっそく、ご覧ください。

スポンサーリンク

映画『スターウォーズスカイウォーカーの夜明け』のネタバレあらすじ

あらすじ

カイロ・レンは、いまやファースト・オーダーのトップとなって、ウェイファインダーなるものを入手します。

これはカイロ・レンを惑星エクセゴルへ導いてくれるという存在でした。

その後、カイロ・レンは、惑星エクセゴルへ到着します。

そこは、岩だらけの殺風景な惑星でした。

さて、カイロ・レンは、そこでおどろくべき人物に出会います。

はるか昔に死んだと思われていた、元銀河帝国皇帝のシーヴ・パルパティーンだったのです。

実は、シーヴ・パルパティーンによって、ファースト・オーダーは動かされていたのでした。

さらに、シーヴ・パルパティーンは、宇宙の脅威となりうるファイナル・オーダーという大規模な艦隊があるという事実を明かします。

ネタバレ

レイに迫る危険

おどろくカイロ・レンに向かって、シーヴ・パルパティーンは、レイを殺せば、ファイナル・オーダーを自由にしていいと告げるのです。

一方、レイは、ジェダイになるため特訓中。

そんななか、レジスタンスに、シーヴ・パルパティーン生存の報が届くことに。

レイは、フィン、ポー・ダメロンらとともに、レイア・オーガナの助言で、惑星パサーナへ向かいました。

惑星パサーナに着いたみんなは、ランド・カルリジアンから、ウェイファインダーを入手するヒントをもらいます。

一方、カイロ・レンは、レイを狙っていき、レイはカイロ・レンとの戦闘を決心。

ところが、ファースト・オーダーの侵攻によって、チューバッカがピンチに陥ってしまうのでした。

チューバッカの命運は

レイは、チューバッカが乗船していたと思しきファースト・オーダーの船を攻撃してしまいます。

なんとか逃げ出したレイたちでしたが、チューバッカは犠牲になったと思われます。

が、その後、チューバッカは生きていると思ったみんなは、さっそく救出に動き始めます。

カイロ・レンがレイを探す一方、みんなはファースト・オーダーのスター・デストロイヤーに入り込みますが、レイは、カイロ・レンから、自身がシーヴ・パルパティーンの孫だと告げられ、ショックを受けることに。

実は、シーヴ・パルパティーンは、レイを探していたものの、彼女は惑星ジャクーで匿われていたのです。

そんななか、チューバッカは、ハックス将軍の手によって、無事に救われたのでした。

レイとカイロ・レンの対決

ハックス将軍は、レジスタンスのスパイで、プライド将軍によって倒されます。

惑星ケフ・ビァに着いたみんなは、ジャナに、ウェイファインダー探しに協力してもらうことに。

が、カイロ・レンが追って来て、せっかく見つかったウェイファインダーを壊して、レイに、自身に協力するよう迫ります。

レイとカイロ・レンのバトルが始まるなか、レイア・オーガナは亡くなり、レイは単独、惑星オク=トーに向かうことに。

ルーク・スカイウォーカーの霊からシーヴ・パルパティーンと戦うよう促され、レイは、ウェイファインダーを見つけます。

そしてエクセゴルへ向かう、レイ。

一方、カイロ・レンは、レイに敗れて本来のベン・ソロに戻りましたが、シーヴ・パルパティーンによって、惑星キジーミが潰されてしまいました。

スポンサーリンク

ラストの結末(エンディング)

エクセゴルで戦っていく、レイとシーヴ・パルパティーン。

レジスタンスはファイナル・オーダーに苦戦を強いられますが、ランド・カルリジアンらに救われたことによって、いきおいを取り戻していきます。

レイは死闘の末にシーヴ・パルパティーンを倒しますが、死にかけてしまいました。

これをベン・ソロがフォースで救いますが、これで彼が死んでしまいます。

その後、レジスタンスは無事にファイナル・オーダーに勝利することに成功し、レイは、惑星タトゥイーンに行きました。

そこで、ルーク・スカイウォーカーゆかりの地を探訪していく、レイ。

そして、ルーク・スカイウォーカーとレイア・オーガナのライトセーバーを、そこに埋めてあげるのでした。

スポンサーリンク

感想

冒頭でもお伝えしたとおり、これにて、映画『スター・ウォーズ』シリーズは終了です。

残念ではありますが、映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』は、それだけに、最終作にふさわしい堂々たる大作でしたね。

レイの勝利はよかったですが、レイア・オーガナや、せっかく元に戻ったベン・ソロ(カイロ・レン)が死んでしまったのは悲劇的です。

とはいえ、彼らやルーク・スカイウォーカーをはじめ、亡くなった人物たちも含め、映画『スター・ウォーズ』シリーズの登場人物たちは永遠に輝き続けることでしょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました