散歩する侵略者(映画)のネタバレあらすじとラスト!宇宙人たちが概念を奪う

邦画

2017年に公開された映画『散歩する侵略者』についてご紹介したいと思います。

もともとは2005年、劇団イキウメによって上演された舞台作品で、2017年に、それぞれ黒沢清監督によって、映画化、ドラマ化となりました。

映画は、日本アカデミー賞優秀監督賞、芸術選奨文部科学大臣賞映画部門など、あらゆる映画賞を総なめにし、話題になりましたが、どのような作品なのでしょうか…?

それではさっそく、映画『散歩する侵略者』のあらすじについて、見ていくことにしましょう。

スポンサーリンク

映画『散歩する侵略者』のネタバレあらすじ

あらすじ

町で一家が殺される事件が起こります。

その後、立花あきらは血まみれの姿で路上を歩いていました。

さて、加瀬鳴海は、行方不明になって見つかった旦那の加瀬真治の人間が大きく変わっていたことでおどろきます。

週刊誌のライターの桜井は、事件を取材していると、天野という男性に出会うことに。

加瀬鳴海の家に妹の明日美が来ましたが、加瀬真治が彼女の人間を変えてしまいました。

一方、桜井と天野は、立花あきらに会いに病院へ行き、みんなで逃げることに。

加瀬真治、天野、立花あきらの正体は宇宙人で、地球征服が目的でした。

加瀬真治は、自身の正体を加瀬鳴海に明かします。

さて、桜井は厚労官僚の品川から人々のウイルス感染を知らされることに。

加瀬鳴海と宇宙人たちは追われていき、加瀬真治はまた相手の人間を変えてしまい、撃退します。

その後、加瀬真治はウイルス感染が疑われ、病院へ行きますが、そこにはすでに患者がうようよいました。

加瀬鳴海とともに、宇宙人たちから逃げることにした、加瀬真治。

そして立花あきらは加瀬真治に車で轢かれ、天野も品川たちとバトルになって死に、桜井も爆撃を受けてしまいます。

とうとう宇宙人たちの地球征服が始まりますが、さいわい実現はしませんでした。

加瀬鳴海と加瀬真治は逆に、それぞれ人間が変わってしまうのでした。

ネタバレ

宇宙人による地球征服

ご覧のように、映画『散歩する侵略者』は、宇宙人による地球征服の物語です。

しかし、次で述べますように、ただのSFではなく、とても心理描写が濃いものとなっていました。

一方で、桜井が宇宙人の天野に協力して行くシーンは、SF色が濃くなっています。

それは、宇宙に信号を送信するためのアンテナを作ったりと、かなり本格的なものでした。

その後、桜井と天野はアンテナの準備を進めるものの、天野が死亡。

生き残った桜井はそれでも信号の送信に努めますが、爆撃されてしまったのでした。

概念を奪う

映画『散歩する侵略者』は前述のように、心理描写が多い、異色のSFです。

加瀬真治、天野、立花あきらの宇宙人たちは、他人から概念を盗んで、人間を変えてしまうのです。

たとえば、加瀬真治は、加瀬鳴海の妹の明日美から家族の概念を盗み、彼女を他人行儀にしてしまいます。

追われた加瀬真治が相手を撃退するシーンでも、概念を奪うことによって、人間を変えてしまっていました。

映画『散歩する侵略者』がどれだけ斬新な作品なのかがうかがい知れますね。

愛の概念を奪い、抜け殻に

このように、映画『散歩する侵略者』では、宇宙人たちの概念を奪う行為が注目点に。

が、とくに興味深かったのが、加瀬鳴海と加瀬真治の最後でした。

加瀬鳴海は、加瀬真治に、愛の概念を奪うよう、頼むのです。

結局、これに応じることにした、加瀬真治。

その後、加瀬鳴海は抜け殻のようになってしまい、逆に加瀬真治は元の彼らしくなっていきました。

そして、加瀬真治は、加瀬鳴海にこれからもずっと、付き添っていこうと決めるのでした。

やはり単なるSFとは違って、なんとも考えさせられるようなラストですよね。

スポンサーリンク

感想

冒頭でもご紹介しましたように、映画『散歩する侵略者』は、多くの映画賞を獲得するなど、その評価は極めて高くなっています。

宇宙人による地球制服などと聞けば、陳腐に聞こえるかもしれません。

でも、概念とは何かについて深く考えさせられるという点で、本作は実に画期的だといえるでしょう。

一般的なSFには飽きたという方であっても、映画『散歩する侵略者』なら、おもしろく観られること、間違いありません。

まだご覧になっていない方には、一度、視聴してみることをぜひ、おすすめしたいと思います。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました